« 道東が心配だったり | トップページ | プラネテスごっこ »

PAPUWA#16

「父は辛いです,でも元部下のほうがもっと辛いですの巻」

今日はパプワ島の父の日.リキッドが洗濯して家に戻ると,ロタローとパプワ,ちみっこ2人によるリキッドのお葬式が行われていた.リキッドも今日はパシリからパパに格上げ(つーか普段がパシリって…)ということで,まずはドリンク剤のプレゼント.やばい煙&「すすれよ」とささやくドリンク剤,38万也.その他役立たずの道具も多数プレゼント.しかしながらというか当然というか,プレゼントにかかるお金は全部リキッドが貯めた老後の積み立てから出されている上に,実印までなくなっている始末.
続く「父の日」という名のいじめ・アウトドア編.ちみっこのつくったはりぼて族車にぐっと来るリキッド.走らせると早速暴走,崖から落下しても止まらない.ハンドルはきかず,ブレーキもきかず,最後には木にぶつかってばらばらに.中に入ってたエンジンことハムスターは逃亡する.リキッドはすっかり怪我だらけ.そこにやってきた針の名人こと元同僚マーカー.神経を麻痺させるつぼを刺されてさらわれるリキッドは売られていく子牛の目に.

今回はかなりの愉快要素満載です.前半は原作通りなのですが,後半,売られていった子牛がどんなひどい目に合ってしまったのかがオリジナルで書き起こされていて,ここがどうにも,これ以上ないくらいに気の毒.頭の上がらない凶暴な元上司&同僚に監禁されたリキッドは,上司と同僚の父の日の思い出をネタにしていじめられ放題.似合わないティータイムやら,ロッドのイタリアンジョークのお勉強やら,マーカーの中国四千年の体力づくりやら,Gの熊けしかけられやらと次から次へと元特戦部隊の溢れる妄想と奇行が炸裂.というか熊けしかけるのにドイツ哲学は関係ないだろう(苦笑).最後のハーレムの,父の思い出(冗談)のナンセンスさもなんとも言えない.一番好きなのはもぐらたたきでしたが.
確かにこんな職場だったら脱サラしたくならないわけがないわけで.しかも家庭に戻ってもちみっこ達からはあんな扱いしかされないわけで.これで動物が可愛くなかったらこの島はリキッドにとって地獄に間違いなさげです.ただ,そんな扱いをされていてもリキッドは根本的にちみっこたちのことは可愛いがってるんだから,偉いよなぁ.

|

« 道東が心配だったり | トップページ | プラネテスごっこ »

「レビュー◆PAPUWA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/123617

この記事へのトラックバック一覧です: PAPUWA#16:

« 道東が心配だったり | トップページ | プラネテスごっこ »