« 今日の雑感 | トップページ | サイドバーにアンケートをつけてみた in Nitro »

金色のガッシュベル#41

「キャンチョメの術以上にみんなの表情が七変化の巻」

ルシカの羊を取り戻すために,フォルゴレとともに敵のいる洞窟に向かうキャンチョメ.まずはポルクでいかにも強そうに変身.でも見た目が変わるだけなので,相手を殴っただけで手が痛い.魔物バーゴの炎攻撃がキャンチョメに向かい,その盾となってこんがりとなるフォルゴレ.そこで復活の呪文・「鉄のフォルゴレ」斉唱.気力だけでフォルゴレは復活,もちろんこんがりのダメージはそのままだ.敵の攻撃をサーカスで鍛えた技で避け,コポルクやポルクで相手を翻弄するも,結局相手を逆ギレさせる結果に.フォルゴレは逃げようとするが,それでも羊を取り戻したいキャンチョメ.そこに,キャンチョメを追いかけて来たルシカが飛び出した.ルシカを守るために敵に向かっていくキャンチョメ.守りたい.その気持ちが本を光らせる.第3の呪文をフォルゴレが唱えると,キャンチョメの体が天を突くほどに巨大化した.

ルシカのために,自分の身の危険を顧みず敵に向かっていく2人なのですが,実は清麿たちと戦ったときと強さが変わっていません(笑).そして以前清麿がひどい目にあった本の持ち主に化けるポルクは,今回もとっても有効.もしかするとポルクは,人間の目ではあからさまに違いがわかるけれど,魔物には区別がつかないような技なのかも.(水野の目は魔物以上に信頼できないと思うので除外).
今回はどの部分もとても表情豊か.後半,フォルゴレとルシカのおそろいでの百面相が楽しいけれど,ルシカはちょっと崩れすぎかも? 3つ目の呪文の正体をフォルゴレが悟るあたりの音楽の使い方が実に正解.本を奪おうと炎の中に飛び込んでいった,いろんな意味でかっこいいフォルゴレが原作どおりに見られてよかったです(笑).
最後の,玉乗りでルシカが拍手してくれるところが泣けます.キャンチョメはいつかもう一度,ルシカに会うことはできるんでしょうか? …まだまだこれからも迷いそうだから,どっか間抜けなタイミングで出会ってしまいそうですが(苦笑)

こういう脇だけの前後編なんてのは,12話程度の短いシリーズでは味わえない楽しみでもありますね.ちなみに(どうやら)国語のテスト結果,岩島たち4人は0点.水野10点,清麿100点.日本はごく普通の1日でした.

|

« 今日の雑感 | トップページ | サイドバーにアンケートをつけてみた in Nitro »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/139473

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#41:

« 今日の雑感 | トップページ | サイドバーにアンケートをつけてみた in Nitro »