« たぶんレビューじゃないんです | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#7 »

PAPUWA#21

「はじまりのおわりのはじまりの巻」

馬鹿息子グンマ,ようやくコタロー探査機を完成するも,すっかり落ち込むマジックお父様.シンタロー総帥がキンタロー博士を引きつれ,基地に御到着してしまったのだ.グンマ,津軽ジョッカーをコタローの身代わりにしようとするも,シンタローはロタローがいなくなったことも,4人衆が戻ってこないことも既に全て知っていた.そんなわけで,マジックもろともガンマ砲で基地をぶっ飛ばすシンタロー.
パプワ島は七夕の日.パプワたちも短冊に夢を書く.リキッドの短冊にはスーパーの特売日や小学生レベルの夢が.ちみっこたちはそれを人生の汚点として迷わず灰に.ロタローの短冊には「ずっとパプワくんたちといっしょにいられますように」という愛らしい夢.ただし2枚目は「家政婦はずっと家政婦でいいや」.ついでなら書くなよ.
心戦組も短冊づくり,ウマ子は白装束で怨念を込めつつリッちゃんへの愛を短冊に叩き込んでやかましい.隣では沖田に筆を刺されて流血する近藤.そんな修羅場で短冊を書こうとする土方だが,侵入したナマモノ・イトウとタンノに邪魔されたので斬ったりと相変わらず騒がしい.
パプワハウスではちみっこたちの「富&名声」「永遠の若さ」「世界征服」と俗な夢溢れる短冊が完成.これを山の向こうのジャイアントイッポンダケに飾りに行くことに.

ロタローの兄,シンタローが21話にしてとうとう基地に帰還します.溜めなし眼魔砲がお得意なロタロー(コタロー)のお兄さん.ついでにとってもブラコンで,チャッピーに噛まれるのと家事もお得意です.現在は馬鹿父の跡を継いでガンマ団総帥の地位に.一緒に行動するキンタローはシンタローの従兄弟.シンタローと対等にやりあえる実力者でかつお気遣いの紳士,というのは既に前作(原作)で描かれているのでより楽しみたい人はそろそろ読んでおきましょう.
さて,最大のキーパーソンの登場でゆっくりと物語が動き出します.先週の嫌な予感はきっちり的中.案の定ガンマ団基地の一部&パパはシンタローのおかげで崩壊.帰ってきたキンタローに抱きついたり泣いてお見送りしたり,今回は異様にグンマが愛らしいものの…あんたいくつだよ(苦笑).

そして島では今回もウマ子が大暴れ.しかし珍しくリキッドにはあまり影響はなく,かわりに周囲の連中がひどい目に.確かに今週の段階でウマ子に巻き込まれたら登るところにたどり着かないからなぁ.そのとばっちりをモロに受けたのがウマ子に轢かれたりイトウに襲われたりのガンマ団4人衆-1でした.ウマ子自体も打ち上げ火山で上空ではじけてアフロになったりデンジャラスな服装(空手着?)になったり.そうそう.「恥ずい」ってもう言わないらしいですよ?
皆の夢とか使用済み靴下を背負ってジャイアントイッポンダケに挑む家政婦リキッド.仲良しのナマモノや心戦組の短冊はともかく,コモロとかオショウダニとかヤマギシとか元上司&先輩のものまで持って行かなきゃいけなくて気の毒.「世界よ俺の胞子に染まれ」って何だよ(苦笑).ロタローとハーレムの脅し方が同系列.さすが血縁,やることが一緒.七夕を教えてくれたパプワの友達に会いたがるロタローなのですが,彼に会って全てを思い出したときには,もう今と同じではいられません.短冊に書いた願いはどうなってしまうのかってことなどを踏まえ次回へ続きます!

|

« たぶんレビューじゃないんです | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#7 »

「レビュー◆PAPUWA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/231137

この記事へのトラックバック一覧です: PAPUWA#21:

« たぶんレビューじゃないんです | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#7 »