« 近況&サイト成長状況 | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#9 »

PAPUWA#23

「空回りの男たちの巻」

軍用艦が砂浜に着陸.コタローを迎えに来たシンタローが下りる.以前島で暮らしたシンタローにとっては懐かしい.タンノ・イトウのナマモノコンビには眼魔砲でご挨拶.他の島の住人にも帰還の挨拶を,しかし見たことのない嫌な顔が.
キンタローは主旨としてこの島にいられる時間は1日しかないことを伝えるが,難しい部分が多すぎて子守唄状態.早速コタローの名を呼んで探し始めたガンマ団総帥ことシンタローの後頭部に,家政夫リキッドがあわててキックをかます.もちろんこの判断はシンタローの怒りを買うことに.そんな弱者リキッドの立場をさらに悪くする元上司ハーレム登場.甥っ子のシンタローには叔父さんが考えることくらいお見通し.しかしこの叔父さん,ガンマ団には戻らない.使い込んだ部下の給料3億は返さないと宣言する最悪の親族ぶり.
集まってくるガンマ団縁の男たち.先にマジックの指図で島に送られたガンマ団4人衆も姿を見せる.でもシンタローはデコピンでお許し.ただしアラシヤマにだけは焼き鏝のご用意.そんな中,リキッドはシンタローに,コタローを連れて帰ったらどうするのかを尋ねる.シンタローには,コタローにやってあげたいことがたくさん.けれどそのためには適応訓練の必要がある.それを聞いていたリキッド,シンタローに「ロタローは渡さない」と宣言する.

ずっとパプワくんたちと一緒にいたい.そんな願いを叶えたいロタローですが,シンタローの到着はその願いを吹き飛ばしてしまいます.今週は,体格のいいお兄さん&おっさんたちが浜辺で喋って蹴って殴って主張して泣いて悩み,その間にパプワとロタローとナマモノたちがはさまっているといういつもに増してむさ苦しい展開.特にリキッド,弱くてもシンタローに喧嘩を売らなければいけないほどにロタローのことを大事に思っていて,さらに自分の力不足に男泣きするわけで湿っぽいったらありゃしません.そんな中での乾燥剤になっていたのがろくでなし親族ことハーレム隊長のわがままぶり.リキッドの元隊長でシンタローとロタローの叔父にあたるハーレムは,パプワと並んで最も状況を理解している人間なわけですが,ともかく素行がよろしくない(苦笑).それでも元上司には違いなく,最後にはリキッドに「完璧になる奴はいない」という言葉をかけます.それが実際どういう意味なのかは次回を請うご期待というところ.それと,せっかく先週あそこまでやったのだから,今週もトットリ・ミヤギ・コージの三人はぜひ血まみれでご登場頂きたかったですね(苦笑).

リキッドが未熟者なのは周知の通りですが,それは強いシンタローも同じこと.その未熟さを覆い隠すためのガンマ団の制服がコタローの辛い記憶を呼び覚まし,彼を暴走させる原因となってしまいます.しかしパプワのおかげで暴走は止まり,ただしコタローは返してもらえないままに.島での暮らしによって,パプワの言葉だけで自分の力を鎮めることができるほどに今のコタローは強くなっているわけで.その強さも含め,今のロタローを知らないシンタローが彼を取り戻すためには,表面だけで取り繕うのではなく,今をそのままに受け入れる覚悟が必要です.その覚悟ができるのかどうか.ついでにコタローは自らの過去を受け止めることができるのか.そして心戦組の出番は残っているのか(笑)などについても次回以降を請うご期待.

|

« 近況&サイト成長状況 | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#9 »

「レビュー◆PAPUWA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/281779

この記事へのトラックバック一覧です: PAPUWA#23:

« 近況&サイト成長状況 | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#9 »