« 荒れそうな南風 | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#17 »

魁!!クロマティ高校#23

「イメージという名の魔物祭りの巻」

マスクド竹之内,年齢のせいか最近視力の悪化が気になる.そこで眼鏡を買って装着.もちろん笑いをとるためではない.
食事に誘われたがあっさり断る神山.そのことから,「最近つきあいが悪い」,「最初よりも冷たくなった」という声が巻き起こる.神山,それは自分の「おとなしい」とか「優しい」というイメージのためだと神山理論を展開.例えば足を組んで机の上で上げるにしても.本を読むにしても,神山がやるのと林田がやるのでは伝わってくるイメージが違う.というわけでさらに実験です.…実験?
神山理論(詭弁)にも負けず,「そりゃイメージのせいもあるかもしれないが神山もやっぱり変わった」とのご意見.確かに変わったかもしれないが,でも変化なしには進化はないとまたもや神山理論炸裂.しかし変わらない良さというものがあることもまた事実で.
デス高の山口,子分の石川とともに寿司を食いに.しかし寿司屋にはゴリラ.しかも板前.そんな厳しい状況で時間差ノリツッコミ(天然)を披露する石川に,山口は師匠気分ですっかりご満悦に.

ある事物についてつきまとう,真実ではないが強力なイメージこと「偏見」.今週はそれに惑わされる15分.神山の屁理屈&脱線ぶりはすでに安心して見ていられる領域に達しています(笑).人間が世界を見るときには,その人間のすでに持つ偏見やイメージの枠組みのフィルター越しに見るのが普通です.それはつまり心の眼鏡.だからこそ.「たまにしか怒らない人が怒る」なんてのは眼鏡に合わないから驚いてしまうし,ゴリラに本を読ませるのもマイクを持たせるのも選挙に出すのも当然眼鏡に合うわけがない.ただし投票まではさすがに,という判断にクロ高生の限界点の常識を見ました(笑).それから,夏休み明けに髪を染めるクラスの女子と新マスクのマスクド竹之内は同類で鳥人間であるという判断でよろしいですか?

山口&石川&ゴリラの寿司屋コント.天然ボケらしく素晴らしい時間差ノリツッコミを見せる石川ですが,一度気がついてしまうとすっかり及び腰で面白くありません.林田だったら,ゴリラに気がつかずに料金払ってそのまま店を出るところまで披露してくれたかもしれないのに惜しいなぁ.山口,ゴリラの存在を「こんな面白いシチュエーションはない!」と大絶賛なわけですが,奴はクロ高では日常風景の一部に過ぎないというのもまたクロ高の層の厚さを示すものと言えましょう(苦笑).ゴリラが転がり込んだ感動の物語(ベタ)を適当にでっち上げる山口がとても楽しそうだ.
そして今週もナレーションが最高.その上EDが校歌で野球編.素晴らしい! 見えなくなってますが予告のラスト,フレディが潰れていませんね.

|

« 荒れそうな南風 | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#17 »

「レビュー◆魁!!クロマティ高校」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/289821

この記事へのトラックバック一覧です: 魁!!クロマティ高校#23:

« 荒れそうな南風 | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#17 »