« (書いてる奴が)ダメレビューでごめん | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#8 »

PAPUWA#22

「いと高き空の奥よりの巻」

島の皆さんの夢を背負って巨大竹を登るリキッドだが,「なんで俺が」と不平で一杯.そこで,わざと怪我したふりしようと考えて落ちてみる.ところがオショウダニのスティックのおかげであえなく失敗.むしろ「わざと?」と下で待っていらっしゃる皆さんに疑いを抱かせてしまうことに.コタローのお仕置きも怖いので再び登るリキッド.トットリ・ミヤギ・コージの3人組も,自分たちの願い「コタローを連れ戻す」を叶えるために竹に登りたい.まずは隠れ身の術,草むらに化けて竹に近づくことにした.
リキッドは竹の上でナマモノを発見.電撃技で落とす.さらにチャイナ姿のウマ子が下から来たのでこれは蹴り落とす.落ちたウマ子,地表を這って接近中の3人組の上に落下.中の3人はもちろん流血.血まみれに.
そんな合間にもリキッドの様子を見にくるちみっこたち.もちろんただ見にくるだけで手伝ったりはしない.重いなーと思ったらリキッドの籠の下に特設ゴンドラがつけられていたり.そのゴンドラをリキッドが落とすとこれも絵に描いたように3人組の上に落ちる.やがて困難を越えて登るリキッドの前に,巨大なパンダが現れた.

次々に迫る危機を自力で突破していく,いつもに比べると比較的強いリキッドの姿が珍しい(笑).リキッドは立場的・実力的にちみっこのみなさんと元上司&同僚には絶対勝てないのですが,それ以外の連中相手だと比較的いい勝負をします.ただし,ウマ子に完勝してたのは出来すぎ.何か超常の力でも働いていたようなので,すぐにその反作用である不幸がてんこもりでやってくるのです.具体的には来週に.
そして今週も頑張るものの報われないトットリ・ミヤギ・コージの3人組.先週からベタネタがずっと続いていて今週はどうかと思っていたのですが,ゴンドラに潰されたあたりからやっぱり面白くなってきました(笑).後半では竹の中から登っていく3人ですが,パンダの爪で流血するあたりは完全なお約束で先が読めているんですけども,それでもどうしても面白くてたまりません(苦笑).
あとはウマ子の「女子高生はパンダが好き!」ですね.気の毒なセキノ.そして目が腐ってるコージ….竹の直径がシーンごとに違ってる気がしますが,それは気にしちゃいけません(笑).

島の連中がいつも通りのバカ騒ぎをやってる一方で,シンタローがとうとう島に到着.彼の眼下に広がるのはあの懐かしいパプワ島の姿.再び戻ってきたこの島で,彼は,そしてコタローたちは何を得,何を失うことになるのか.飛ばされたロタローの短冊が示すとおり,ここから先,物語は核心に向かって進み始めます.笑えるけれども同じくらい泣ける「PAPUWA」の真髄のはじまりです.

|

« (書いてる奴が)ダメレビューでごめん | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#8 »

「レビュー◆PAPUWA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/255281

この記事へのトラックバック一覧です: PAPUWA#22:

« (書いてる奴が)ダメレビューでごめん | トップページ | BURN-UP SCRAMBLE#8 »