« BURN-UP SCRAMBLE#12 | トップページ | 東京メトロ&駅ナンバリング開始 »

ぷうたん#142

「いいか4月1日は気をつけろ!の巻」

今日も新しい部下の横暴に頭の痛いぷうたんの相方.なんせ自分がこれまで大切にしていた顧客を横から奪おうとするのだ.出してくる企画案は自分が心の中で暖めていたもの.その上打ち合わせ中には客との間に変な目配せをしている.出てくるお茶だって自分のだけが2ミリ程度少ない.しかし「お前ら結託してるんだろ」と部下と客を問い詰めても不思議そうな顔をされるばかり.我慢しきれなくなった相方は競馬場で電車代までむしられて以来自宅に戻っていないぷうたんに相談する.ここしばらくの野外生活ですっかり健康的に日焼けしたぷうたん,相方の訴えに「それは被害妄想だぷう」とごく当たり前のアドバイス.

ナンセンスの王道を突っ走る「ぷうたん」,快調です.どう考えても子どもにわかるわけのないネタを着ぐるみの力で強引に押し切る姿勢が素晴らしい.前半のコントは今期のテーマ「職場の医学」中心で構成されていますが普段よりもバイオレンス風味が強く,脚本・演出・そして演じ手のぷうたんたちも,視聴者が「ちょっとやばいんじゃないか」と感じるくらいの迫真の演技ぶりというかもう発症してるようなそうでもないような.特に相方の演技は素晴らしく,共演する新人と客役の腰が完全にひけていました.わざわざセットが壊れやすいウレタンなのも壊れる面白さというよりはむしろ怪我をさせないためなのではないかと勘ぐりたくもなるってもんです(苦笑).しかしトークコーナーでは普通に税金と地下鉄について時事ネタトークしていたので大丈夫のようです.よかった.
後半のゲストコーナーではなぜか巨大なゴリラの着ぐるみが出演.意味もなくいるってのは「カリキュラマシーン」以来の伝統ですが,異様にリアルなゴリラだけが画面に映り,それ以外のスタッフ(ぷうたんを含む)が消えてしまいます.聞こえてくるのはプロ根性でスタジオに唯一残ったカメラマンのくぐもった悲鳴のみ.画面の中心で黙々と寿司を握り続けるゴリラの様子が本当にシュールです.

|

« BURN-UP SCRAMBLE#12 | トップページ | 東京メトロ&駅ナンバリング開始 »

「メモ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/381448

この記事へのトラックバック一覧です: ぷうたん#142:

« BURN-UP SCRAMBLE#12 | トップページ | 東京メトロ&駅ナンバリング開始 »