« ボボボーボ・ボーボボ#22 | トップページ | 仕事が佳境 »

金色のガッシュベル#57

「人数と戦力と勝利は一致しないのでの巻」

サバンナで敵と対峙するブラゴとシェリー.3対1の戦いを前にしても,1対1では勝てないから徒党を組んでいるのだとブラゴ.だったらなぎ払いなさいとシェリー.敗北どころか相手との戦力差すら認めない強気の2人.その言葉を笑う敵の3匹.しかし3匹もただの石版魔物ではない.サイレントルーラー.「静寂の支配者」の名を持つ強敵だ.
戦いがはじまる.ブラゴは向かってくる剣を皮1枚で避け蹴り飛ばし,突進は飛んで避けて片手で止め投げる.そして空中からの攻撃も呪文なしで避け耐え切るブラゴは,「貴様ら本気で戦え!」と敵を怒鳴りつける.この戦いを見守るのはビョンコとアルム.石版魔物であるアルムはあの3匹が状況で戦い方を変えることを知っていた.3匹は今度は地下から飛び出す鎖で縛られるブラゴに空中から攻撃.それに追い討ちで剣で止めを刺そうとするものの,ブラゴの体は強く通じない.この戦いの中,ブラゴがシェリーに見出してもらいたいのは,技でも戦術でも魔力でもなく,どんな状況にも動じない強い心だ.

石版魔物編の序章も終結に向かっています.今回は今後の戦いについてのもう1組の主役,ブラゴとシェリーの戦いを堂々とご披露.石版魔物との3対1の戦いは先回までガッシュたちがひどい目に遭わされていますが,ブラゴ組は危なげもなく1組だけで1話で戦いが終結.仲間の参入があってはじめて勝てたガッシュ組とは格が違います.まあそうは言ってもブラゴ組は他の魔物との連携をしていないので,余計に強くならなければならないわけですが,ガッシュ組は最悪本を燃やされても志を継いでくれる仲間がいれば本当の意味での敗北ではないですから,戦いに挑む姿勢としてはブラゴ組よりはずっと強いんですけどね.にしても,ブラゴ組がかっこよく戦ってるときにガッシュたちが必ず間抜けな日常ってのはなんとかならないんでしょうか.一度ガッシュたちがひどい目に遭っている間に優雅なホテル暮らしを楽しむシェリーさんとか出していただきたいですよ(苦笑).
上の粗筋からは外してあるのがその間抜けな日常.今回はティオだけでなくアイドル恵さんまでお招きして高嶺家での休養なわけですが,さすがに決戦前なので相手の居場所の探索も開始.ティオのとんでもない包帯の巻きっぷりに苦しめられる清麿と逃げるガッシュがらしくていいなぁ.心配された清麿の怪我は額を切っただけのようですが,最近やたら出血してるのは,プロレスラーのように何度も切った傷の部分が切れやすくなっているのかも.聞き逃せないのが清麿母の鼻歌.音楽と同旋律同タイミングで地味に手間がかかってますね.

後半は,清麿の父(考古学者)の部屋からタイルに関係ありそうな本を清麿以外の3人で集めて,清麿がそれを調べるという方向で調査を開始しますが.恵さんはともかくガッシュとティオは間違いなく手伝いには向いてません(苦笑).そしてその本を調べる清麿は,調べることに集中していて相手が恵さんだと気がつかない始末.「もっと速く,じゃんじゃん持ってくるんだ!」とか命令してしまったあとで自分の暴言に気がついてひっくり返る様がとても愉快.考古学がわからなかったりレディについて聞いたりジョーじゃなかったのかと残念がったり,今回はガッシュたちや清麿の年齢相応の行動や思考がたっぷり見られたのはよかった.戦いの場では相当の背伸びをさせられてるわけですから,普段はあんなもんだと思いますよやっぱり.
母が買い物から戻ってきて夕食が完成.恵はテレビの収録(フジ?)に向かったのでティオとガッシュ,本の持ち主探しから帰ってきたウマゴンまで食卓に並んだのに忘れられてる清麿さんがおいしいなぁ.

さて平原の3対1ですが,サイレントルーラー組がその名の由来である共鳴し強化された超音波による3方向からの攻撃を開始.さすがの状況にシェリーが寄ってくる本の持ち主をぶっとばしながらブラゴのもとへ向かい,超音波によって音が聞こえなくなった空間で戦います.シェリーさんがいない間は音がないので背後からの攻撃に気がつけないブラゴはどうしても劣勢に.そこに虫のいどころの悪いシェリーさんが本の持ち主を蹴り飛ばしつつ参上.この蹴り飛ばす様が美しい.背中合わせで着実に攻撃を当てていく2人はあっさりと石版魔物撃破.強いです.
そして本の持ち主たちが心を操られていることを知ったシェリーさん,心を操れる魔物は親友,ココの心を操って巻き込んだ魔物・ゾフィスしかいないと知って魂を青白く燃え上がらせます.あの2人にばれたということでロードは仮面をとってゾフィスに戻り,ココも素顔に.こっそり集めた石版でつくった我が軍団,総勢40名余の割には随分たくさんいた気がするけどきっと効果なのではないかと(笑).次回は序章の最終段階.予告の様子だと,アイドル恵さんの日常も垣間見られるんでしょうか?

|

« ボボボーボ・ボーボボ#22 | トップページ | 仕事が佳境 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/606333

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#57:

« ボボボーボ・ボーボボ#22 | トップページ | 仕事が佳境 »