« 選挙行ってきました | トップページ | 金色のガッシュベル#65 »

ニニンがシノブ伝#1

「お約束お色気忍者コント開幕の巻」

(A)試験勉強中の楓.物音に気がついて窓のカーテンをめくると,ベランダにピンクのくの一がいた.「隠身の術!」と気合を入れた割には姿の消えないくの一.そのままで楓のいる室内に侵入.どうやら自分は消えていると思い込んでいるらしく楓のベットに寝てみたりぬいぐるみに抱きついてみたり.楓が突っ込みを入れると狼狽するくの一.彼女は忍者学園に在籍するくの一のシノブ.現在は頭領から与えられた課題で試験中とのこと.その試験内容は「女子高生の下着を集めてくること」という最悪なもので,抵抗しようとする楓だが「頭領の言葉は絶対なのです!」とシノブは分身の術を実行.結果手だけが分身してむしろ怖いことに.では今度は手裏剣!と宣言したものの持ってきていなかったことにひらあやまりするシノブ.かわりにカラオケ割引券を差し出すシノブに「本当に忍者なの?」と最もな疑問をぶつけてしまう楓.

(B)学校から帰宅する楓の前にシノブ登場.派手なお目見えの割には降りられず.いやん.先日の礼を述べるシノブは楓を自分の学校にご招待.楓さんを大変な目に合わせつつもなんとか学校のある山に到着.もちろん怒る楓.そこに登場したのは音速丸.シノブの未熟さを責め弱点攻撃カモンと挑発.シノブの一撃は間違いなく弱点にヒットしているが耐える音速丸.お返しとして嫌な動画を見せてくる.そんな痛い師弟コントというかこの不条理な現状から逃げようとする楓だが,引き止められてしまう.

今期最も楽しみにしていた忍者ギャグコメディがいよいよ開幕.ものすごくベタなネタを高度な技術力でテンポよく見せてくれるに違いないと思っていたら思った通りに! 特に動きと小物へのこだわりが素晴らしく,シノブの動きっぷりや楓さんの下着棚など本当に丁寧な仕事で見所満載(笑).まだまだキャラ紹介段階なので大きな冒険は見られませんが,今後紹介が一通り済めばアニメーションとしても大冒険をする話が見られるのではないかと期待です.

前半は真夜中の街を飛ぶくの一,猫に気をとられてコケるというスタート.このセオリーの守りっぷり,手堅さに震えが来ます! シノブさんが侵入したのはもう一人のヒロイン楓さんのお宅.ニセ透明薬コントで侵入してくる間抜けくの一に突っ込まないといけなくなった気の毒な楓さん.きっと音速丸あたりに騙されていたに違いないわけですが,生まれつき素直な性格なのか変な洗脳でもほどこされているのか妙に素直すぎるシノブさんの今後が不安でなりません.身のこなしは軽く,分身の術だって部分的には可能なくらいなので才能のある子だとは思います.けれどなんせ音速丸を鷹だと信じきれるなんて…ボケとしてはかなり重症.試験に落ちたり裸を想像されたりするよりは,下着ドロの犯罪のほうがマシという精神構造は状況によっては非合法活動を行わなければならない忍者ゆえの教育のたまもの…のわけはないな(笑).そして下着あさりのエマニエル忍者と成り下がりかけるシノブですが,結局盗むのは悪いことだとギブアップ.そこについ仏心を出してしまった楓さんは,己のパンツで餌付けしてしまったシノブに異様に慕われることとなります.パンツ握り締めて喜ぶくの一って絵が間抜けでいいなぁ(笑).

後半はどうにも緩い忍者学校と音速丸についてさらにご紹介.間抜けセクシーな登場の上で,「ありがとう!」と楓さんに礼を述べていながら「にゃーだ」といきなり横のネコに意識を持っていかれている素敵なシノブさん.ボケるために生まれてきたような子です.そして気が優しくかつツッコミの才に恵まれてしまったがゆえにシノブさんにさらわれる可愛そうな楓さん.怒る楓さんをなだめるための忍法小話.確かに夫婦喧嘩をなだめる方法ですがあのちゅーはどうも本気のような(笑).
そして忍者学園の中ではもうべたべたの忍者屋敷コントが展開.門番との合言葉など古典の教科書のよう.そしてイカレた頭領(ひげつき)がご登場なわけですが,若本氏の声で「お前たちもここで死ぬのだ!」とか言われると昔なら怖かったはずですが最近はあまり怖くないですね(苦笑).そんな黄色くて丸い頭領に「音速丸じゃないの?」と突っ込んでいく楓さん.ひげだけで個体認識しているバカシノブを前に,お約束で「音速丸呼んでみなさいよ!」とさらに責め立てる楓さん.そこで「呼んだらテレビが爆発するよ!」という頭領の苦し紛れの発言に丸め込まれてしまうシノブさんが,本当にどうしようもありません(苦笑).そして記憶飛ばしの術は結果的に頭領に炸裂して幼児化.そしてシノブさんは脱いだら傷だらけサービスなわけですが,体が傷だらけになるような特訓で女子高生の下着を盗ませているのかと突っ込んだほうがいい気がするのですが! 今後はよりマニアックなネタが増えてくるはずですが,今回のようなノスタルジックなほんやりしたノリはぜひキープしていただきたいなぁと思いつつ,次回に続きます.

|

« 選挙行ってきました | トップページ | 金色のガッシュベル#65 »

「レビュー◆ニニンがシノブ伝」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/943032

この記事へのトラックバック一覧です: ニニンがシノブ伝#1:

« 選挙行ってきました | トップページ | 金色のガッシュベル#65 »