« しりとり竜王戦ドラフト会議・予選1回戦 | トップページ | しりとり竜王戦ドラフト会議・決勝 »

しりとり竜王戦ドラフト会議・予選2回戦

お題と最初の文字という制約の中でいかにハジケて他人の世界を飲み込んでいくかが問われる「しりとり」企画.今回はドラフト会議ということで新人棋士と竜王の戦いが繰り広げられるわけですが,ドラフトから予選1回戦までの展開については1つ前の記事でご確認を.

以下は記事(というか能書き)を読んだことを前提に書きますよ.板尾チームの勝ち残りはまこと・高山・温水.有野チームの勝ち残りはMEGUMI・トム・嶋.お荷物がいなくなったことと2回目ということで新人が打ち方に慣れてくる2回戦は,新人とは思えない素晴らしい手も散出するとても面白い展開となりました.特に板尾チームのネタのレベルの高さ,有野チームの連携力は素晴らしい.

板尾チームの2回戦のテーマは「悪そうな言葉」
皆が手を上げて言いたがる中,誰がどう見てもチーム内でこのネタが一番得意に違いない高山の「貴様ぶっ殺してやる」という直撃弾というよりむしろ釘バットからスタート.危険なネタを受ける名人板尾は「留守番番長」と己の得意な方向でかわし,まことの「宇都宮まで暴走」はリアルでですが迫力は今ひとつ.続く板尾の「うなぎ高校」は観客爆笑.だってうな高だし! そして温水の「うるさい奴ら」は力はないんですが温水さんが不良におびえていることが察されて面白い(笑).板尾の「ラテン殺し」は言葉の勢いのみですが,受ける高山の「死体泥棒」に至っては意味も含めて悪すぎです! あまりの迫力に板尾も直球で「宇宙一バカ」と流しますがそりゃ「頭の」悪そうな言葉な気が(笑).まことの「課長は朝帰り」は微妙なニュアンスの手.受ける板尾は手からぽろりと駒を落として場を支配した上で盤サイドで駒を鳴らして出た答えが「理科室のワル」,直球だ(苦笑).そして温水の「ルージュを縦に引く」…これは技巧系のネタとしてはものすごくレベルが高い! 飲まれたか板尾は「九年生」って言い出して「く」だってと叱られて 「空中番長」と終了.

予選とは思えないほどのレベルの高さに笑いっぱなしの予選でしたが,戦力外通告では結果まことが残り,高山,温水は戦力外に.高山がとてももったいないんですが,板尾竜王の「一緒にやるのが怖い」というコメントがある種の名誉です.名人に「やりにくい」と感じさせたことは,今後敵として戦う際には心理的に大きな利点となるはずです.温水は周囲が強すぎたんで仕方がないかと.まことは冷静に素直な手を打ち返すので,板尾自身の技を霞ませるような手は打たないと判断したがゆえの選択でしょう.

有野チームの2回戦のテーマは「ジーンとくる言葉」
板尾チームが皆こぞって手を上げていたのに対しこちらのチームは葬式のように手が上がらない! 結果珍しく名人よりスタートすることに.有野の「すべり台のあと」は有野が得意な少年時代.MEGUMIの「ともだち思い」は素直にその世界観を継承してよし.ここで有野が「行かず後家の妹」と微妙なネタをぶつけます.受けるトムは「父さんと呼びたかった」とドラマを感じさせる台詞で返し,有野は「たらいまわしの生活が終った」と流れを生かして妄想内ドラマを開始というか終了,よかった(笑)! 雰囲気を察した嶋は「たらいまわしの親」と受けてより複雑な物語.クライマックスを演出しようと有野が「やっぱり母さんだよ」と持ってくると,これをMEGUMIが「養子はお断りだよ」とどんでん返しを演出! 彼女は相当賢いです.さてドラマは終ったので有野が「よっ,日本3番目」と変則ネタをふってみると,トムもとぼけて「目からうどんこ」と返す始末.意思の疎通は取れてますがネタとしてはだめじゃないか(苦笑).そして有野は「子守をする子ども」と一番得意な方向へ.これに素直な嶋は「もらいもんばかり」と再び世界を再構築.有野の「リヤカーが業務用」MEGUMIの「ウシガエルが主食」ともうよくわからない風景しか浮かばないんですが,有野の「9時前でした」は…やっぱり死亡時刻なんだろうな.そしてトムの「田谷力三」って浅草オペラ!どっからその人名が出てくるんだか.有野が「牛に殺された」と直前の自分のネタを補完して,最後は嶋が「たくあんとごはん」で「ん」で綺麗に終了.

こちらもバラエティに富んだネタが溢れて面白い戦いとなりました.特に全員のテンションを高めて行う連携はこちらのチームのほうがよく出来てましたね.新人棋士の実力は3人とも伯仲なわけですが,実際に有野が選んだのはトム.自分にはないネタの力の安定ぶりと,芸暦の高さゆえの潜在的な対応力の強さを見込んだものと思われますが,何分どんな反則技を使ってくるかわからない飛び道具なので味方とはいえ要注意です.MEGUMIも嶋もそれぞれに思った以上の健闘ぶりを見せてくれたのがよかったですね.

結果,板尾・まことと有野・トムのタッグがそれぞれに完成したわけですが,その後の最終戦の展開については決勝記事に続きます.大長編ですいません(苦笑).

|

« しりとり竜王戦ドラフト会議・予選1回戦 | トップページ | しりとり竜王戦ドラフト会議・決勝 »

「レビュー◆しりとり竜王戦」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/1036545

この記事へのトラックバック一覧です: しりとり竜王戦ドラフト会議・予選2回戦:

« しりとり竜王戦ドラフト会議・予選1回戦 | トップページ | しりとり竜王戦ドラフト会議・決勝 »