« 「ボボ屋」行きました | トップページ | 天地無用!GXP#16 »

金色のガッシュベル#67

「お前ら笑えれば後はどうなってもいいと思ってるだろの巻」

空中に引き上げられ危機に陥ったティオの前に現れたガッシュたち.ガッシュの手を掴んだティオ,しかし再開を間もなくガッシュの踏み台にされてしまう.ティオが本を清麿に返すと,清麿は飛行魔物にザケルガを放つ.飛行魔物はティオを放したもののこれは落下と同義.ガッシュが落ちかかるティオを助けてくれるものの結局落下.しかしウマゴンが2人に回収に成功する.
ガッシュたちにナゾナゾ博士とウォンレイたちも加わって戦力は大幅に増強.石版魔物を指揮するビョンコは陣形を整える.ここで場を引き受けると言い出したのがナゾナゾ博士.マジョスティック12を使って石版魔物に隙をつくるというのだ.そして飛び出す超能力集団マジョスティック12.石版魔物に対してももちろん質問をぶつけることは忘れない.しかしその前にどう数えても11人しかいないマジョスティック12.なんと1名有休休暇中.その1名が休暇を切り上げて戦線に復帰.味方の皆さんは泣いていますが清麿は泣けず,そして呆然とするビョンコ.「さて!仲間はずれはだーれ?」…真っ白になっていく敵.ところがこの問題を間違うビョンコ.ナゾナゾ博士の正解はフライング・ビート.なぜなら飛べるから.俺のときはビックボインだったぞと異議を唱える清麿.そしてスーツは3人で,どいつもこいつもバカばかり.何はともあれ質問に間違ったので石版魔物に襲いかかるマジョスティック12たち.

前回から引き続きの絶体絶命のピンチに集結する仲間たち.ヒロイン・ティオの危機を颯爽と救うヒーロー・ガッシュという構図からはじまって間違いなく感動的に展開できる状況.これを贅沢にギャグに持っていくという原作のクレイジーっぷりに加え,その原作よりクレイジー増強というアニメ制作側の判断が大馬鹿で素晴らしい(笑).大和屋氏の間違った方向へのやる気が激しく伝わってきますよ! 純粋なギャグとしては演出が物足りないんですが,笑えましたんでこの努力と成果は認めたい(苦笑).

前半はティオがガッシュに救われるのかと思ったら案外ぞんざいに扱われて気の毒.顔を踏まれるわ落ちかかるわ本当に落ちるわと大活躍のティオさんとそれをなんとかしようと頑張るもののうまくいかないガッシュ.飛行魔物から清麿たちのところへ飛び移ろうとして大失敗したときの清麿の「あ」あたりから避けようのない笑いのオーラが満ちてきやがります.
ガッシュたちはなんとか地上に降下成功.仲間とも合流し石版魔物とのパーティバトルになるのかと思ったら出てくるのはナゾナゾ博士.清麿たちは回復しているように見えても遺跡から戻ってきたばかりで確実な戦力としては計算に入れることができず,戦力として計算できるキッドとウォンレイだけでは敵との人数差があるという状況.なので不意打ちを狙う博士の作戦は正しいんですが!でも,誰も笑いを取りに行けとまでは言ってない(苦笑)!
そして出てくる愉快な12人.見て驚け!聞いて驚け! ビックボインはもちろん特別扱いで今日も揺れてます.3人まとめてご紹介とか11人しかいないとか1名メジャーリーグに挑戦中という嘘とか給料払ってるとか,次々出てくるネタの数々に対し趣味のツッコミを頑張る清麿さん.でもさすがにあの量にはへこみ気味.味方のやる気すら削ぎかねない危険な戦法を展開するナゾナゾ博士と,敵のはずなのにむしろナゾナゾ博士と組んで清麿を苦しめるビョンコはどうすればいいんでしょうか(苦笑).

後半はさらに盛り上がるマジョスティック12と盛り下がっていく清麿さんの見事なコントラスト.すごいけど実戦には不向きな11人の超能力者.ツーライティングアイはまぶしいだけ.ロケットフットは速いけど持久力なし.単独では使い物にならないというレベルの問題ではなく,むしろ彼らの頭の悪さが実に巨大な問題なわけで.あまりの惨状に清麿たちが加勢しようとするも押しとどめる博士.「彼らを信じてやってくれ」って清麿でなくても信じられるわけもなく,むしろこの味方の側への精神攻撃をやめてくださいという気持ちで一杯です.ただし博士の狙いは隙をつくことで,一撃がもっとも効果的となる瞬間を待てという指示に違いないんですが…11人の賭けている命もプライドもフルに発揮した能力も見えやしない(苦笑)! そして最後は真打の彼女! 止めようとする清麿の前ではじまるボインチョップ…呆然とする魔物どもを背後から狙い打つ博士の知略,というかむしろ卑怯! ここまでの博士の精神攻撃に耐えきった清麿はラウザルクをガッシュにかけてまともな戦いがスタート.戦術としては最小の力で最大の効果を上げ,しかも本の持ち主を傷つけない「遠くにぶん投げる」を選択.2体をぶん投げるも最後の魔物の技に飲み込まれそうになるガッシュ.しかしウォンレイのサポートで完勝.ビョンコも撤退したのでビックボインはチョップをやめてよし.
博士と12人のおかげで敵を撃退できたことでようやく訪れた静かな夜.ここで博士が話し始めるのはロードの正体のことで,あのおっかない2人の名前が出てきます.ガッシュたちには遺跡で傷ついた体と心を静かに休息させてもらいたいんですがどうなることやら.次回に続きます.

|

« 「ボボ屋」行きました | トップページ | 天地無用!GXP#16 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/1106696

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#67:

« 「ボボ屋」行きました | トップページ | 天地無用!GXP#16 »