« ニニンがシノブ伝#7 | トップページ | 写真・キャラホビ2004行きました »

金色のガッシュベル#70

「ベルギムE・O(の声)がすごく楽しそうだなぁの巻」

遺跡に再突入したガッシュたち一団.しかしゾフィスの罠が皆を待ち受けていた.ゾフィスの攻撃によって崩れ落ちる階段.落ちれば底には燃え滾る溶岩が待っている.緊急事態にばらばらになりかける皆だが,互いに手を差し伸べて4人ずつのグループに分かれて避難することに.キャンチョメ組とキッド組,ウォンレイ組とティオ組,ガッシュ組とウマゴン組が完成してそれぞれに安全な壁の中の通路へと避難する.特にガッシュたちはウマゴンの力走で階段を上りきり,頂上への最短コースを進むことに成功.「もし分断されそうになったときには,近くにいる者と組んで最悪でも2組になるようにする」…昨日の打ち合わせの中でナゾナゾ博士が緊急事態用の作戦として指示していた「作戦E」はとりあえず成功だ.
しかし,彼らの進む道の先には並みの石版魔物よりも強い四天王が待ち受けている.ガッシュたちの前に現れたのは宙に浮かぶ沢山の星.その沢山の星のそれぞれから,ガッシュたちを狙う破壊光線が照射される.キャンチョメたちの前に現れたのは巨大で叫んで回転する椅子の魔物.とても強そうだ.そしてウォンレイたちの前には,少年型で武術系らしき魔物と,その魔物と同じような凶悪な雰囲気を漂わせる本の持ち主が待ち受けていた.

遺跡再突入編はいよいよ始まる本格的なバトルの嵐.今回からは2組ずつ分かれての戦いが3元中継されていきます.最初の作戦通り集団で突っ込んでいくと圧勝か乱戦になりそうで,どちらの場合もそれぞれの面子の基本性能の紹介をやるには向かず.ゆえにまずは分散させ,少人数での特徴を生かした戦いを見せるのは物語のつくりとしては正しい.ただしそれをやらされる登場人物たちにはたまったもんじゃありません(苦笑).今回は分断と敵の顔見せがメインで実際に物語が動き始めるのは次回以降.ゆえに,今回は現状について整理しながら見てみましょう.

前半は前回からの続きで,危機に陥りながらも事前の打ち合わせより脱出していくガッシュたち.やはり事前の打ち合わせは重要です.間違っても敵の本拠地の中でやるべきもんじゃありません(笑).組み合わせは能力的にはキャンチョメとキッドの色モノ組,ウォンレイとティオの物理攻撃・物理防御組,ガッシュとウマゴンの高速移動攻撃組で分かれました.魔物だけでなくパートナーの組み合わせもまた面白く,色モノフォルゴレと頭脳派の博士の珍妙コンビ,リィエンと恵の女の子コンビ,清麿とサンビームの平常心+思考コンビとなっています.ただしパートナーの戦闘能力だと,ひどい目に遭い慣れている清麿やフォルゴレのいない女の子コンビは持久力の面でかなり不安です.
溶岩の上でガッシュたちを罠にかけたゾフィス,溶岩の上で追い討ちすれば確実に一同を倒せたはずなのに己の手を直接下さないのは,己の手を汚すのが面倒なのか,それとも手を出して反撃される可能性があるのが恐いのか.
ガッシュと清麿が大変なことになってる頃,もちのき町では高嶺家に鈴芽が来訪.学校休む理由が「古代遺跡の研究」でも特に誰にも不思議に思われてないあたりが実に清麿ですが,「ガッシュちゃんが一緒だから無茶はしない」という予測は大間違いですよ! 次々に鈴芽を襲う不幸ですが実害がほとんどないんだからいいじゃないですか.遺跡は洒落にならない状況になっていきます.

後半はそれぞれの組を襲う強い石版魔物たち.ガッシュたちの前には星,キャンチョメたちの前には巨大な椅子の魔物.ティオたちの前には格闘系魔物.さて問題です.この中で一番笑えるのはどれでしょう(笑).ガッシュたちを狙う無数の星はそれぞれがビーム攻撃を仕掛けてくる上に,魔物やパートナーの姿も未だ見つからないという状態.ただし清麿の沸きやすい頭をサンビームが冷やしているので,敵の居所をつかむという謎解きだけは清麿の本領発揮でなんとかなりそうです.サンビームがウマゴンのお腹を撫でまくっているのが面白い.
そして笑いでは本命の回る巨大な椅子の魔物ことベルギムE・O.随分な奇声だなーと思ったら千葉さんです.本当はもっと太くて響く声かなと思っていたんですがこれもまあよし.千葉ベルギムがどんなとんでもないことになるのかも楽しみです! どう考えても正面からぶつかると負ける相手に対し,トリッキーなフォルゴレと博士のコンビネーションがどのように炸裂するのか…ってもう面白い方向にしかいかないんですけどね(苦笑).「そこを通してくださーい!」「答えはノー!」ってやり取りが素晴らしくもうダメ.目と口から噴出しているそれは一体なんだ!
最後の部屋は最も深刻.武術格闘系の魔物ツァオロンに加え,セウシルにヒビを入れるほどに強い上に己の意思で戦っているパートナー玄宗.この2人の動きを止めるにはトリッキーな作戦か遠距離攻撃が最も効果的でしょうが,そのスペシャリストは両方とも別室に.2人の武術家に力で対抗できるのはウォンレイのみで,軍師役も不在.この苦境をウォンレイが,そして女の子たちがどうやって乗り越えるのか.次回に続きます.

|

« ニニンがシノブ伝#7 | トップページ | 写真・キャラホビ2004行きました »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/1259541

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#70:

« ニニンがシノブ伝#7 | トップページ | 写真・キャラホビ2004行きました »