« 金色のガッシュベル#77 | トップページ | 陰陽大戦記#2 »

怪奇大家族#2

「オサム,後ろ,後ろー!の巻」

幽霊や超常現象に対し恋慕のごとき憧れを抱く父・オサム.幽霊を見た人ををうらやましく思う始末だが,まったく霊感がないのでいくら幽霊がうろうろしていても見えはしない.
次の日.日中であってもオサム以外は心霊体験を味わっている忌野家.子どもの霊に階段から突き落とされる妹,台所でポルターガイスト現象が発生していて便利だった母,祖父に供えたまんじゅうが(自分で1つ食べたので)1つ消えた祖母.ラストはともかく,心霊現象はあるとキヨシが昨日の夜中の現象について説明.女に腹の上に乗られた上に大量の水と魚を布団の上に吐かれたわけだが,それをあっさりおねしょ扱いされて信じてもらえない.
そんなのんきな忌野家のただならぬ気配に気がついた通りすがりの霊媒師・十中八九郎が訪問するものの信じない妹に話も聞いてもらえない.一方幽霊の存在を家族に信じて欲しいオサムは,戸棚の中から何かを取り出した.

ユーモア溢れる「一度は見てみたい」幽霊ネタをリアルな演出で小粋に飾る「怪奇大家族」.導入ゆえに説明部分が大目の1話に続き,今回からはいよいよ1話のフォーマットが見えてきます.初回にこの家を訪れたのは忌野家でしたが今回は霊媒師.この調子で毎回家に外部からの訪問者が訪れるという形で続くんでしょうか.
序盤,いい大人のオサムがいきなり心霊本を音読しているという素晴らしい幕開き.その上「いいなあFさん!」ってうらやましがる一言に大笑い.その父が会いたくてやまない幽霊さんなんですが,実は部屋一杯にうようよ.完璧に「志村後ろ」状態の父がどうにも面白い.この幽霊さんたち,きっと父が会いたがっているから行ってみたけど見えなかったに違いない.怖いけどいい連中かも.
忌野家ではキヨシだけが霊能力に目覚めているため幽霊がよく見えてますが,父以外の家族も能力自体はあるのでしっかり霊障を受けています.階段の上から突き落とされるなんてのは当たり所が悪いと大人でも死ぬのでかなり危険な悪戯ですよトシオ(仮)君.父がトシオ君について説明してくれますが素行も相まってまったく信じてもらえない始末.日常的に霊の被害を受けているキヨシとしては家族には信じてもらいたいところなんですが,母も祖母もボケキャラゆえに話が通じない.母のポルターガイストに対する,ミキサーとか回してくれて「便利」って評価はどうだろう(笑).祖母の前からまんじゅうが1つ消えたのは,自分で1つ食べたことと皿から1つ消えたことの関連性が頭の中で消えているのか,それともわざと遊んでいるのか.そして気の毒な主人公のキヨシは,幽霊と自分がともに苦しい霊障についてきっちり説明.上に乗った幽霊と下で乗られているキヨシが両者ともに「苦しい」と言い合うのがとても面白い.水だけでなく魚まで吐いた女幽霊ですが,魚が喉に詰まって苦しかったのか,魚には実体があるのかないのか.謎は深まるばかりですが布団が濡れた原因をおねしょと断定されるキヨシ,霊よりもむしろ家族の方がタチ悪い可能性があるくらいにとても気の毒(苦笑).
そんな忌野家に通りすがりの霊媒師(僧形)・十中八九郎が訪問.が,いきなり妹にシャットアウトを食らいます.そして家族に信じてもらえない(実はキヨシは信じてる…というか実際に見ているんですが)オサムは独自の行動に出ます.

幽霊に塗らされた布団を部屋でドライヤーで乾かす可愛そうなキヨシ.ものすごく不本意そうな表情が抜群です.アサミさんはすっかりキヨシの部屋に居ついてしまったようですが,自分の口から床に垂れた血をあわててティッシュで拭いてます.部屋に遊びに来た彼女がこぼれたジュースを拭いているんならもっともっと幸せなはずなのに! 同じ夜に妹は台所で幽霊らしきものを目撃.強がりながらも怯える妹ににたりとする父.妹は結局眠れない一夜を過ごすことに.
そして次の日.ほぼ留守の忌野家に気合を入れてやってきた霊媒師を迎えたのはおばあちゃん.この家は霊の通り道である霊道3本の交差する上に立っているのだとすごい解像度の地図を見せて説明する霊媒師.そして「この家は呪われています.いずれ大きな災いが!」ぽっくり亡くなった祖父と同じことを言いつつ,霊媒師は祖父と同じように家中を巡り,彼らしく悪霊退散と符をばらまき,やがて元凶の地下の開かずの間に近づきます.結局妖気が強すぎて近づけなかった霊媒師は出直すと祖母に言って家の外に出ると…いきなり轢かれて死にましてわあびっくり! あまりに意表をつく展開に驚く視聴者の前でぼよんぼよんと揺れる乳の意味がまったくわかりません(苦笑)!

終盤は帰ってきた妹よりスタート.そのへこみぶりにご満悦の父ですが,駄目押しの超常現象を起こしたら父のいたずらがバレてしまいました.なんせキヨシは本物が見えてますからね(苦笑).リモコン遠隔操作で幽霊を演出するその情熱は確かに別の方向へ向けるべきなんですがそれはともかく.この一件で今後ちょっと無茶な超常現象が起きても家族は父の仕業だと考えてしまいそうで,案の定直後に幽霊の皆さんで頑張って起こしたポルターガイスト現象を父の仕業とあっさり断定する家族.キヨシのカウンセリングですっかり好意的になったのか父に協力してくれるあたりはやっぱりいい連中らしく,「幽霊はいるんだ!」と泣く父を慰める幽霊の皆様方.
なんだかよくわからないうちに家族の危機?を救ったらしいキヨシですがここまではプロローグ.なんせ祖父の後ろには変な石が意味あり気に飾られてますし,車に轢かれた霊媒師も霊になって家に居つくつもりのようで…この家はどうなってしまうんだろう.そしていきなり空を見つめておかしくなる祖母! それにうろたえる(笑)霊媒師の霊! 祖母は一体何に反応しているのか.家に何かが近づく気配があって引っ張ったまま終了なわけですが,結局またこいつも次回終了時にはこの家に居つくことになるんでしょうか.次回に続きます!

|

« 金色のガッシュベル#77 | トップページ | 陰陽大戦記#2 »

レビュー◆怪奇大家族」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇大家族#2:

« 金色のガッシュベル#77 | トップページ | 陰陽大戦記#2 »