« 怪奇大家族#4 | トップページ | 陰陽大戦記#5 »

焼きたて!!ジャぱん#3

「単純だけが持つ力の巻」

パンタジア入社最終試験.課題の黒輪さんことクロワッサンの作り方どころか存在も知らなかった和馬.月乃が作り方を教えてくれると言うのだが,その前に河内にさらわれる和馬.実力者である諏訪原を倒すには自分の力だけでは無理と判断した河内は,太陽の手の和馬を仲間に引き込んで同じパンをつくり,和馬との点差によって最高点を取ろうと考えたのだ.試験なのに2人で作ることに抵抗する和馬だが,河内の浪花節的なバレバレの演技に騙されて協力することに.クロワッサンはジャぱん43号に似ていることが判明.通常のクロワッサンが54層,並み以上のクロワッサンが108層であるのに対し,和馬はその3倍,324層のクロワッサン生地をつくった.

笑いの質が特殊ゆえに非常に難しい原作に挑戦中の「ジャぱん」.今回は原作のおかしさを描き切るにはたぶん演出がまともすぎて今ひとつ.パンづくりの部分や悔やむ河内の部分など,ドラマ部分は情感が出ていて悪くないですし,河内のずるい演技や月乃の怪しい可愛らしさもなかなか素敵な出来上がりなんですが,最高の見せ場であるリアクション部分がどうにも薄い! 作る側もまだまだ試行錯誤段階なので仕方ないんですが,外しても仕方ない全力の気合で思い切り行ってくれなきゃだめだ(苦笑).というかむしろやりすぎで外しているあたりが面白いというメタ構造なので,積極的にまっとうな道を外れていただきたい(笑).
前半は黒輪さん探訪.そういや和馬は新潟から新幹線で来たんだなぁ…とそれはともかく.黒輪さんについて実家に電話をかけるほどにもの知らずな和馬.サンピエールが撤退したあとは,独力でパンづくりを続けた上に菓子パンすら買わなかったようで.そしてそんなもの知らずの技術力を利用しようとするずるい河内.基本的なパン知識だけでなくライバルの動向にまで気を回せる男なんですが,今後の超人パン職人バトルの中では,違和感があるほどに普通な男となっていきます.そして謎の少女月乃.「人を見る目はあるほうなんです」と手を取って,太陽の手を確かめてしまうあたりが神秘的でよろしい.そして手を舐めるコケティッシュな仕草.月乃さんやっぱり可愛いなぁ….
河内は実力派の諏訪原を倒すため(和馬の腕を利用するために)手を組むことを提案.単純ゆえにまともな正義感を持ち合わせていた和馬は卑怯だと拒否するものの,ここで河内は土下座を敢行! 弟たちを路頭に迷わせないために,どうしても勝たなければならないのだと訴える河内.もう明らかにやりすぎなんですが(苦笑),これまた単純ゆえにものを疑わない和馬は号泣.和馬の単純さとアホぶりはいかにも少年漫画の主役らしく,小者の河内とは好対照.しかしこのジャぱんバカはやはり天才で,その深遠なる考えに追いつかない凡才河内が思わず叫ぶのが…「なんやて!」(笑)やっぱりこれがあってこそのこの作品です! 生地を仕上げた和馬は月乃とともに一時退場.

後半は試験の結果.次の日,最終試験の課題を提出する一同…のはずが出したのは河内と諏訪原の2人きり.しかも河内は真っ黒な炭を出してくるわけで,実際は立場にかこつけてひたすらにうまいパンが食いたいだけにしか見えない黒柳(笑)からはやはり叱られるのでありました.提出しなかった月乃は実はパンタジア南東京支店のオーナーで,残るのは和馬なわけですが…なんと主役なのに辞退.これまでの顛末を知っている月乃の登場に失格を覚悟した河内ですが,薄いのでただでも焦げやすい生地をわざと真っ黒に焦がさせた和馬の指示に従って,河内はスプーンで黒いクロワッサンを叩くと…「月が出よった!」
そしてお待ちかねの炸裂する黒柳のリアクションは月世界旅行.ここまでまともないいドラマを積んできたからこそ,ここで滅茶苦茶なリアクションを食らわせれば絶対に笑えるはずなんですが,原作の絵をそのままアニメに持ってくるだけでは動きがなく,無茶さがどうにも足りません…ここで「プラネテス」で培った技術を生かさないでどうする(笑)! クロワッサンを手にした偉大な一歩は間抜けでいいんですけどね.素晴らしき歯ごたえにもだえる黒やん.やっぱりこの人,審査なんかどうでもよく美味い物が食いたいだけだと思います(苦笑).そして諏訪原も試食を希望しのけぞるうまさ! ここもあおって回って透過光が必要以上にぎらぎら輝いてほしかった….結局河内が優勝し本店に迎えられることになったわけですが,月乃から聞いた和馬の辞退の真相を聞いて動揺.単純ゆえに嘘をつけなかった和馬は,単純ゆえに河内のために辞退.疑うことを知らないお人よしの田舎者の和馬の純真さは,ずるい河内の涙腺と決意を横から殴りつけるわけです.ゆえに「田舎モンは始末におえない」と泣く河内.
結局本店の採用最終試験に残った4人から,和馬と河内,そして月乃の3人が離脱という体たらく.名門の入社試験の割には非常にお粗末な結果に終わるわけですが,これすらも凋落の予兆なのでしょうか….そして試験から離れた彼らが向かうことになるのは南東京支店.バカ天才和馬と基本ツッコミ異常ボケ要員河内のコンビは,今後も「なんやて!」な活躍を繰り広げていきます.次はいよいよ序盤の影の主役であるアフロがやってくるというわけで,次回に続きます.

|

« 怪奇大家族#4 | トップページ | 陰陽大戦記#5 »

「レビュー◆焼きたて!!ジャぱん」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ちょっと検索していたらこちらへたどり着きましたv
『陰陽大戦記』と『焼きたて!じゃパン』を観ているので、感想、楽しく読ませて頂きました★これからもお邪魔しようと思いますv(今度から別々にコメント分けますね、一緒にしてしまってすいません)

『陰陽大戦記』に対するツッコミが、私もそう思った!って感じでした。(こちらは原作を読んでないので、どのぐらい原作に忠実かは分からないんですが)

『焼きたて~』は、原作を読んでるので、私も、黒やんのリアクションに物足りなさというか、もう一歩!って感じがしてたので同感です。無茶さが欲しいところですよね♪
原作後半に出てくるアブないギャグとか、アニメでどう大人の事情で料理されるのか、いまから興味あります。すでに前回・前々回の放送でカット・修正された部分とかが残念、って感じだったので。
キラキラなエフェクト効果とかが地味なのはやはり子供の視聴者を配慮してなんですかねぇ。まぁそういうのも必要なんでしょうけど。

関係ないですけど、いま、すごく気になる事があるんです。それを調べていて、こちらのブログがヒットしたんですけれども。
『焼きたて~』のアニメのコピーライトに、”(C)橋口たかし/小学館・パンタジア・テレビ東京”ってなってますよね。
この、パンタジアって・・・?このパン屋、実在なの?!みたいな。
もしかして、橋口たかしさんが有限会社にしていて、その名称なのかな、みたいな風にも思ったんですが。
もし、何かご存知でしたら情報教えてください!
すっごく気になってます・・・

はじめてなのに長々と失礼しましたv
また、感想楽しみにしてます★

投稿: ゆの | 2004.11.01 11:36

ども,コメントありがとうございます.「陰陽」と「ジャぱん」以外もできましたらごひいきに.面白いですよー.

「陰陽」は原作(というかマンガ)はアニメと別の話なので,式神キャラとおもちゃと基本設定以外はオリジナルではないかと思います.リクは滅茶苦茶ですよね(笑).
「ジャぱん」はテレビの規制の問題よりはむしろ,演出がふっきれていないだけではないかと(苦笑).でも演出が吹っ切れるのって結構時間がかかるので,そこにたどり着けるかどうか,しばらく見守ってあげようかなと思います.

「パンタジア」は(恐らく)製作委員会ですね.
製作委員会については,この記事が詳しいかな.
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/wcs-bun.cgi?ID=265972&FORM=biztechnews
制作資金提供している各社の共同体って奴ですね.そんなわけでパンはつくっていないものと思われます(笑).
でも,ローソンでは「ジャぱん」を商品化して,販売しているみたいですよ.

投稿: Rowen | 2004.11.02 00:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/1800613

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたて!!ジャぱん#3:

« 怪奇大家族#4 | トップページ | 陰陽大戦記#5 »