« 写真・ジャンボリー行きました | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#13 »

金色のガッシュベル#89

「思い切りやりすぎてたぶん大失敗?の巻」

前回まで遺跡で死闘を繰り広げていたはずが,なぜか今回はこたつで新年の挨拶をかますガッシュ.ブリを全裸で食う主役にツッコミつつ,おせちに食傷気味の清麿.重箱の中に残ったものからVのあいつを思い出しているとフォルゴレたちまでやってくる.フォルゴレご提供の聞きたくもない話ときたらビクトリーム出演のどうでもいい夢で,こんなもんが正夢になったからって清麿に付き合う義理はない.なのにビクトリームが主役の映画を作るから意見を聞きたいと妄想を垂れ流すフォルゴレはガッシュたちには大人気.ボスのビクトリームに部下のガッシュたち一同…というキャスティングで繰り広げられるフォルゴレ妄想映画.正直視聴者側にも,なんでこんなもんが放映されているのかという事実も含めてわけがわからない.

辛く長い戦いのトンネルを潜り抜け,ようやく一息つける場所に出てきた「ガッシュ」.今回は実に2ヶ月以上ぶりの純粋なギャグ回なんですが…なんだこりゃ(笑).正直物語としては「破綻」以外に表現のしようがないし,画も部分的にはきれいでもどうにも癖が強すぎるんですが…許す!他の奴が許さなくても自分が許すからもうぶわーっとやれぶわーっと(笑)! 原作の小ネタを拾い集めて物語の体裁に整えそこなった前のめりの怪作.縦横無尽に暴れる若本氏と千葉氏に対し,昨年を代表するツッコミの一人,高嶺清麿が果敢に戦いを挑む様子を頭を抱えつつご覧下さい.大丈夫,ついていけてないのは君だけじゃない!

前半.もう前回までのいろんなものが全部台無しになる冒頭の展開.石版魔物編,随分と長かったんで作中の時期が何月頃なのかわからなくなってしまったんですが,さすがに帰ってきたら正月ってことはないはずで,これはスペシャルだから今回限りってことかな? ガッシュが新年のご挨拶をする一方,視聴者を無視しておせちに飽きる清麿.この時点ですでにダレダレの妙な雰囲気が漂っているわけですが,この先のクレイジーぶりは常軌を逸していて最後まで見通したあとだと全裸ブリとか割とどうでもいいネタに見えてしまうあたりがものすごくダメ(笑).お重に残ったメロンから思い出されるのはやっぱりあいつ.つうか石版魔物編で一番記憶に残った魔物があの方だという事実を,魔界に戻ったゾフィスやデモルトが知ったら一体どう感じることやら….妄想のビクトリームバイクは失走.さらにV様は容赦なくサブタイトルまで食う始末.
このしょうもない話の狂言回しを務めるのはフォルゴレ.嫌な予感がしたらしく戸を閉める清麿の判断は間違っていません.で,わざわざやってきてご紹介するのはフォルゴレちょっといい話.無理に聞かされているのに「聞きたいのかい?」なんて言われたらそりゃ黙って外に放置というツッコミを食らわせてもいたしかたなし.しかも内容が初夢話だってんだから救いようがありません.目覚まし時計がV字だから見てしまった幻覚…って,「意味がさっぱりわからない」という清麿の冷たいツッコミが最高なので,泣いていいですか(笑)?
夢以外の何者でもなく,夕焼けの大地に立つ帰ったはずのビクトリーム様.伝説のベリーメロンが頂上にある石の塔をモヒカンエースを連れて登ります! V様のために頑張るモヒカンエース.落下しそうになったのを食い止めたのは彼のはずなのに,頂上のメロンは分けてもらえません.光り輝く伝説のメロンをV様が食ったら雲間から顔を出したのは神こと創造主.「喰ったものの願いを1つ叶えよう」でもおかわりはだめ.だってもう喰っちゃったから.だったら自分を主役に映画をつくってくださいと願うビクトリームとそれに応じてしまう創造主…という悪夢という名のバカ話.当然のように清麿は無視.他人の夢の話というのは聞かされてもリアクションが取りにくい迷惑なネタの1つですが,ここまで電波が漂ってしまったら本当にどうしていいのかわからないですよ(苦笑)! しかも正月の初夢ネタなのでフォルゴレの夢は現実化.そりゃ世界のヒーローなんだから勝手に監督でもなんでもやればいいと思うんですけども,どうしてわざわざ日本に来て清麿の意見を聞かなければならないのか,わけがわからない! 清麿がしごく真っ当な対応をしている一方で,ガッシュとウマゴンは妙にフォルゴレトークに夢中.これは魔物にだけ効く魅惑の呪文ですか? この電波世界の中で,「どういう展開なんだこれは」とぼやく清麿.今回,お前の気持ちだけは本当によくわかるぞ!
フォルゴレが考えた新作のプロット「00F華麗なるVを叩け」.00Fの新しい任務は,電撃のガッシュ・首絞めのティオ・メルメルのウマゴン,そしてボスのビクトリーム(とモヒカンエース)の魔の手から人質の美女ことビックボインを助け出すことだーと盛り上がるフォルゴレの前,廊下で寝るというネガティブなツッコミをぶつける清麿.このあたりでフォルゴレが諦めてくれれば今回の話も終了なんですが,まだまだ続いていきますよ! 例のキャッチマイハートを踊り狂うV様,メロンが切れたので持ってこいカモンとガッシュに命令すると,次々投げつけられるのは緑の野菜.…お前ら新春から何意味不明なことをやってるんですか(苦笑).

後半も何ひとつ得るところのない物語は堂々と続きます.Vの体勢でなぜか部下役にされたらしい清麿はビクトリーム様にご質問.「赤ん坊の頃からVですか?」は証拠写真もあるので正解です.この事実に対し「千年前に写真があったのかー」とものすごく緩い声でツッコむ清麿.この野放図な電波の放出を,画面の前でどれだけの視聴者が耐えているのやら(苦笑).さらに質問コーナーは続き,ウマゴンはダンボールでVをつくってもらいました.よかったね! …製作中の効果音が間違ってるとかツッコミどころは山ほどあるんですが,もう,どうだっていい気分.この壮絶な展開に対し異議を唱えた勇気ある人物は,突然登場したティオ.手厳しい指摘と話してる奴の前で寝るのと比べれば,どちらがひどいかってのは一応自明なんですが…ティオの提案も自分勝手だからなぁ.
ティオが提案したのは己が映画で輝くためのヒロイン投入案.ガッシュたちの首を絞め…というか握りつぶしつつ主張するも,フォルゴレのシナリオは当然ずれてます.レイラの葉書で遠征した上に騙されるピュアなV様というのはどうだろうと提案されてもなぁ…レイラがヒロインというのは今回の一連のフォルゴレの提案の中では最もまともな設定だがどうか?
さて,懲りることなく話はなおも回ります.ねえ,もう止めませんか(苦笑)? フォルゴレ妄想のラストは果たし状からはじまる一時代前の学園もの.しかも果たし状を出したのがかしこいベルギムEOってのがもういけません.しかも捕われの人質ことヒロインどもはどいつも微妙.どれくらい微妙かというと鈴芽が一番マシというくらいに微妙.ベルギムとV様の対決は学生服で校庭で.その理由も「なんとなく」という豪快ぶり.満ち満ちたツッコミどころに囲まれて,本当は無視したいはずなのに突っ込まざるを得ない清麿.お前の気持ちだけはよくわかる! はじまるタイマンは高さ勝負からはじまって,画だけは本格的な呪文対決へと変遷.これが両者とも硬い画ながらもまともに呪文を撃っている,その無駄な技術力の使いっぷりはほめてあげたいところです.人質を助けた上でついに来るのはチャーグル! V様のチャーグルの犠牲となって倒れていく仲間たちの思いを背負ったチャーグルイミスドンで挑んだところが,ベルギムもさすがは千葉氏だけのことはあってディオガリュウスドンで反撃されて大ピンチ.しかし今回の主役はビクトリーム.メロンさえあれば地上最強のバカであることは間違いなく,復活の上に新技披露で花々しく勝利! …やっと終わった! しかしそれを聞いていたのは自分を含めて2人だけでありました.

ラストはティオお手製の微妙なお雑煮ネタでものすごくとってつけたようないい話にした上で終了.若干2名締め出されてますが,…もういい.疲れた(苦笑).まさに彼でなければできない仕事というわけで,クレイジー大和屋万歳.でもぜひ今回限りでお願いしたいぞこんな話! あまりに凄すぎてシリアスなエンディングが大変に気の毒な状態なんですけども,次回もこの状態かもしれないな.さて次回.作画が微妙なんですが原作でもしっかり笑わせてくれたあの話に,どんな珍妙なアレンジが加わるかが楽しみです.清麿,別の意味で大活躍第二弾の次回に続きます!

|

« 写真・ジャンボリー行きました | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#13 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/2545324

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#89:

« 写真・ジャンボリー行きました | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#13 »