« 焼きたて!!ジャぱん#19 | トップページ | 陰陽大戦記#22 »

3月上旬アニメ雑感

皆様,年度末をいかがお過ごしですか? 自分はものすごい忙しさと不調と眠気にやられております.やむなしの休日出勤のおかげでどうにも疲れが抜けないだけでなく,溜まった録画を消化する時間が取れないのが本当に辛い! 今日は霞ヶ関だったしね!というわけで今日の雑感は現在消化しているものだけの不完全版です.夕方や土日放映作品でいつもは触れているのに落ちているのは,録画を消化できてない分になります.

<日曜>
 ○まほらば
 △UG

「まほらば」面白い! 正直,あまりに媚びた記号的な可愛らしさは大の苦手なんですが,丁寧なつくりと声の力でありがちな物語をきっちり描いている様がいいなぁ.適度な濃さの笑いや端正な作画も素晴らしい.「UG」は…一番のウリである作画が非常に微妙になってきたぞ大丈夫か? 濃すぎる芸風は標準以上の作画と演出で支えないとあっという間に客が離れてしまうはずなので,ここは必死で粘ってほしいところですが.

<月曜>
 ○ギャグマンガ日和,ファンタジックチルドレン
 △月詠

「ギャグマンガ日和」は予想通りの出来が楽しい.原作の絶妙の下手さが凄腕の作画で描かれていたりすると,勿体無いやら素晴らしいやらと複雑な気分です.ここまで素晴らしい出来になってくると5分番組という長さが勿体無い.本来の原作のテイストだと,もう少しテンション低めでリズムもゆっくりしたものになるはずなんだよなぁ.「ファンタジックチルドレン」,過去を明らかにしたあとで,ついに現在のネタばらし中.ヘルガが何者であるかは明らかになったものの,残る大きな謎はトーマ.これはどのあたりで明らかになるんだろう.現在の素晴らしい盛り上がりを見ると,開始当時の敷居の高さが本当に勿体無い.もう少しだけとっつきやすかったら,もっと多くの人がこの面白さを共有できたはずなのに. 「月詠」は急展開.修行の成果で一足飛びに力関係が逆転してしまってどうなるかと思ったんですが,これはこれで,変形ヒーローものとしてはアリではないかと.

<火曜>
 ○巌窟王
 △スクールランブル,tactics

「巌窟王」,友人の死という逆境の中で大人になっていくアルベールに対し,もはや己の力に食われているようにしか見えない伯爵.原作を知っていて物語がどのように終着するかがある程度わかっていたとしても,そこに至る軌跡が読めないことが面白い.作画も抜群だ! 「スクールランブル」は開始当初のラブコメは一体どこに消えたのか(笑).恋愛模様としては主に播磨のおかげで当初よりも随分複雑になったわけですが,甘酸っぱいというよりは火薬の臭いが漂ってるのがいいよなぁ.「tactics」は今期のアニメ中でもキャラの立ちっぷりだけなら上位に入ると思います.肝心の物語が少々弱いのが勿体ないですが,目を惹きつけるものは確かにあって,意外と深夜アニメらしい出来ではないかと思います.

<水曜>
 ○BECK,魔法先生ネギま!
 △ゼノサーガ

「BECK」ついに大舞台へ.ここまでの冗長にすら見えた下積み描写のおかげで,大抵の危機ならなんとかなりそうな少年たちの頼もしさがいい.「ネギま」は原作をコンパクトに消化中.各キャラの掘り下げはもちろん原作が素晴らしいわけですが,物語世界の面白さで視聴者をひきつけて関連商品を購入させるにはこの戦略で正解だと思うのでまあよし.とりあえず本作最萌キャラであるネギ先生がちゃんと可愛いんだからいいじゃないですか(笑).「ゼノサーガ」,ゲームだとプレイヤーが操作するキャラが巻き込まれていくことで臨場感を感じることができるんですが,これをそのままアニメ化しても臨場感を視聴者に伝えることはできません.同じ題材でも視点を変えるくらいの工夫は必要だったんじゃなかろうか.

<木曜>
 ○らいむ
 △女神さまっ,舞-HiME

「らいむ」はツッコミがいがありすぎてもう,もう(笑)! 視聴するのが本当に楽しい.他サイトさんたちが舞-HiMEで軒並み鬱祭りをやってる最中ににこにこしていられたことを思うと,これはある意味勝ち組ではないかと(苦笑)! 「女神さまっ」はゆっくり展開中.さすが落ちものの古典で,王道の歩みぶりは揺るぎもありません.キャラが増えてベルダンディが揺らぎはじめてから先が勝負でしょう.「舞-HiME」は…切ないってのはどう頑張ってもなんともならないところで,じんわりと立ち止まって感じるものであって,いくらキャラをひどい目に遭わせても,すぐ状況が変わっていくんじゃ短期間の痛みしか感じられないわけです.愛らしい彼女たちをさらに輝かせるはずの切なさがまったく機能していないのは,アクションものとしてはともかく,萌えものとしては問題があると思います.

<土曜>
 ○学園アリス
 △ギャラリーフェイク,好きしょ

「アリス」はようやく主役が並みの扱いに.世界観も主役を巡る謎もかなりしっかりできていて,そこがしっかりとした軸になっているので,話ごとにムードの振れ幅が大きくても安心して見られるのがいいですね.「フェイク」は,もちろん原作は素晴らしいんですが,見慣れてきてしまってアニメはこれでいい気がしてきたぞ(笑).芸術品として作品単体としての完成度を上げるのではなく,あくまでマニアでない人間が眺める娯楽作品として作りこんでいくのが正しいと思います.「好きしょ」については,主にソフトンがボーボボに変わるという自分ならではの面白さで見ているわけですが(苦笑),愛はともかく,段々この世界の謎が気になってきました.割と楽しみにしているかも.
---
今のところはこんな感じ.消化しきれていないものも年度末までにはなんとか消化できるといいなぁ.特に取り上げているものも現在1週間程度遅れてますが,のんびりお待ちいただければと思います.

|

« 焼きたて!!ジャぱん#19 | トップページ | 陰陽大戦記#22 »

「アニメ短評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/3215206

この記事へのトラックバック一覧です: 3月上旬アニメ雑感:

« 焼きたて!!ジャぱん#19 | トップページ | 陰陽大戦記#22 »