« 金色のガッシュベル#97 | トップページ | 浅草骨董市とか壊れたりとか失敗とか »

焼きたて!!ジャぱん#20

「その無念こそ次への火種の巻」

準決勝Bブロック.冠との戦いに挑む河内だが,雪乃の姦計によって生地が固まらない.どう頑張っても固まらない生地に苦戦している河内と,その様子が滑稽だと笑いをこらえている雪乃.次第に周囲も河内の様子がおかしいことに気がつくのだが,河内自身には原因がわからない.
冠は河内の苦戦の理由を知っている.だからこそ,河内が実力を出し切れたとしても勝てないパンを焼く.海洋酵母を使ったパン・オー・アルブは黒柳を過去の甘い潮風の思い出とアブノーマルな恋愛に誘い,デーブを立たせる素晴らしさだ.それに対し3時間を費やしても生地を固めることすらできなかった河内は,ついに倒れてしまう.

どんなに真面目に見えたとしても,全てをリアクションのために費やしていること間違いなしの「ジャぱん」.とはいえさすがに今回の主役は溢れ出る汗と涙.あの女のために観客の前で大恥をかかされることになる河内の努力と闘志が和馬にどのように継承されるかが見ものとなります.特に前半終盤の悲壮な河内は,声の演技とも相まって高テンション! 奮い立たなきゃ漢じゃないというお膳立てが見事に整えられる様子が素晴らしい.

前半.雪乃の罠にすでにはまっていることを知らない河内は必死で生地に襲いかかり,しかしエンドプロテアーゼの効果で生地は固まるわけがなく.ここで大爆笑をかみ殺す雪乃が見事な憎らしい! 今後,凶悪なる敵として立ちふさがってくることを考えると雪乃の下衆ぶりを十二分に表現しておいて損はありません.この段階で河内の生地の真相を理解しているのは雪乃と冠のみ.とはいえ周囲もその異常には気づきはじめてはいます.和馬やマイスター,店長などの気づきは速いですね.しかし悲劇は,当の河内がその異常の理由に気づかないこと.少しでも発酵を促すために暖房を入れてもらうわけですが,冠のパンが見事に膨らんでいるのだから,やはり温度が原因ではないよなぁ…40度を越えるまで部屋を暖めても,雪乃に殺された生地は蘇ることはありません.
罠にはまった河内に未練を残させないために,確実に敗北する敵を相手に全力を振るう冠.海洋酵母でつくられた海藻入りのフランスパン,パン・オー・アルブが黒柳に見せる幻覚は…3年前の愛の記憶.キャシーとの潮風と金髪の思い出は,なぜかホモ疑惑に(苦笑).リアクションの上品さがさすが冠製作という感じ.金髪繋がりで襲われてしまうマイスター.黒やんの体質は承知しているはずなので「恋愛は数値化困難」は冷静な冗談に違いない.そして,もう一人の審査員は立った! デーブが立った! 声の満点よりも,メイドの名前からして当初からバレバレだったネタを全力でやる捨て鉢の姿勢が大好きです(苦笑).
敵は満点.もはやパンを焼いたとしても勝てる可能性はなくなり,熱中症の河内はついに観客のブーイングの中で意識を失います.ここまで才能のなさを根性と努力で補ってきた河内ですが,今度ばかりはどうにもなりません.なんせ冠は強すぎる…とはいえせめて己の全力を出し切って敗北したかったのに,熱によって崩れていく河内.彼の独白で展開されるこの部分,月乃さんが泣きながら止めてるんですけども.その止める声が聞こえないところが河内の朦朧とした意識をよく表現していて素晴らしい.

後半は炎が和馬にうつるまで.あまりにも悲惨な敗北を癒してくれたはずの月乃さんの胸すら夢で,河内はいきなりお気の毒(苦笑).間抜けな笑いが入ることで前半までの激しい展開が上手に減速され,ここから先はいつものノリに回帰していきます.医務室に運ばれた河内は敗北確定.40度以上の部屋で3時間どろどろの生地をこね続けるという荒行も無に帰して,墓前の約束は守られないことに.もちろん,いくらなんでも生地がおかしかったことは明らかなのでマイスターが調査に入ってくれるようですが,それでも結果は変わらないと冷静に判断する河内.今回何を作ったって勝てたはずの冠ですが,わざわざ全力を尽くしてくれたおかげで,河内は悔しくても納得しているようです.むしろ現在問題なのは決戦会場で落ち込んでいる和馬のほう.病の深いパン馬鹿であるからこそ,パンを作らせてもらえなかった河内の悔しさが心に来て,激しく落ち込んでおります.しかしそれを放っておけないのは南東京以外にももう一人.落ち込む和馬を引きずり上げるのは,次の対戦相手,諏訪原!
あまりの迫力にここまでまともな勝負がさせてもらえない諏訪原.彼をここまで研ぎ澄ましたのは,新人戦の敗北の記憶.諏訪原にとっても和馬はなかなか乗り越えられない天才で,それでも熱くなったり冷やしたりしながら(笑)努力によって越えようとしてきました.才能も努力も河内以上の諏訪原は,己のパンの道を極めるための第一歩としてどうしても新人戦の雪辱を晴らしたい! 「スーパーベーパーアクションシックスハンドレットフォーティエイトクロワッサン」って書き文字が意味なく上手くて素晴らしいなぁ(笑).しかしそんな諏訪原の激しい挑発すら,和馬を浮上させるには至らず.さらに月乃さんにまで抱きしめられて,「辛かったら逃げてもかまいません」なんて言われては…もちろん,ここは漢としては逆に奮い立たなければなりません! 河内も和馬をけしかけるために戻り,優しい音楽の中で己の願いを和馬に託します.「優勝してくれへんか」

彼自身の自覚はともかくとして,和馬の天賦の才は周囲を圧倒しています.もちろんその才には,生まれつきの太陽の手や類稀なセンスや自由すぎる発想だけでなく,入社前から継続しているジャぱんのための飽くなき努力も含まれるでしょう.彼に唯一欠けていたものがあるとすれば,勝利に対する強い執念.これを河内が,和馬の心に叩き込んでくれます! 次はいよいよ準決勝Aブロック戦で,本気の和馬がつくるのはジャぱん史上最強の44号! 和馬の本気が審査員を連れていく場所は,果たして子ども向け作品としてどうなのか(笑)! 黒やんのリアクションがある一線を本当に越えてしまう次回に続きます!

|

« 金色のガッシュベル#97 | トップページ | 浅草骨董市とか壊れたりとか失敗とか »

「レビュー◆焼きたて!!ジャぱん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/3267560

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたて!!ジャぱん#20:

« 金色のガッシュベル#97 | トップページ | 浅草骨董市とか壊れたりとか失敗とか »