« 焼きたて!!ジャぱん#30 | トップページ | 陰陽大戦記#33 »

いちご100%#7

「ことごとく期待を裏切る男の巻」

(A)もうすぐクリスマス.真中は自分の周囲の女の子たちにプレゼントしたいのだが金がない.そこでバーガーショップでアルバイトをすることに決めると,そこではさつきもアルバイトをしていた.学校でべたべたしてくる彼女とは違い,手際よく対応よくさらに美しいさつきは見事な店の看板ぶり.けれど,店に2人きりになった瞬間からいつもの猛攻がはじまった.

(B)クリスマスまでもうすぐ.店でプレゼントのためのバイトに励む真中のところに,西野がやってきた.試作したケーキの味見をして欲しいと頼まれた真中は西野の家へ.部屋でお手製のケーキを食べた真中に対し,西野は思わせぶりな行動を次々に取る.両親は十時を過ぎるまで帰ってこない.このまま雰囲気に流されたら何をしでかすかわからないと逃げ出す真中の背中に,西野がすがりついて言う.「流されたらどうなるか,知りたいの」

原作の強みと弱みをよく把握して,見せるべきところにのみ注力していくかわりにそれ以外の部分は全力で手を抜く!(笑)豪快な割り切りっぷりがたまらない「いちご」.萌えアニメとしては問題がありすぎなんですが,資金や時間に余裕のない深夜アニメとしては素晴らしいファイトぶりを見せているんじゃないかと! もちろんダメぶりが楽しい種類の作品なので,ツッコミどころは笑い涙が出るほどに多々あるんですが,それを勢いと雰囲気で無理に突破していく様子がさらに笑いを誘うという芸風の破壊力恐るべし.今回は前半が勢い,後半が雰囲気と見事に二極化.現在暫定トップの東城を追う2人の少女の攻めっぷりが見事です.

前半はいきなり冬に…時間経過が本当に速いアニメだ.クリスマスを前にプレゼントのことを考え始めた真中.それをあげる相手はやはり3人.こいつが「3人とも好き」という下衆であることが実に良くわかるシーンです.暇はあるけど金がない真中はアルバイトを決意するわけですが,同じ店にはさつきも在籍しているというわけで,もうベタベタのお約束のひどい奴が目の前に広がっていきます(笑).
己の領域にエサが迷い込んだということで上機嫌のさつき.教育係という絶好のポジションにつけながらも,まずはシフトの条件を口実に真中を遠ざけてじらします.で,他の競争相手がいないからこそできるさつきのじらしに見事にひっかかる真中はやっぱりバカ.手際がよくて対応も良い上に素敵なさつきはお客さんから大人気で,むしろハンバーガーよりもさつきを頼みたい客が多そうな気がするぞこの店(笑).それに比べて入ったばかりの真中は裏方で苦闘中.距離をおくことによって飢餓感をいい感じに煽ったところで,本当の攻めが炸裂だ!
さつきが狙っていたタイミングがついに到来.真中と店に2人きり,仕込みは終わり客も来ない…ということで,どきどきする真中にさつきが提案するのはレジ打ちの練習.ほぼ距離なしの学校での攻めとは異なり,1メートル以上を保ってきたバイト先の距離感をそのまま継承すると見せかけて,実際は真後ろに陣取って密着するというエロ授業(笑)! 至近距離での直接攻撃を得意とする彼女にしては珍しく距離を考えたこの攻めぶりに,真中は背中が気持ちよくてグロッキーに(苦笑)! もはや倒されるのは時間の問題かと思われたそのとき,思わぬ闖入者がさつきを妨害…唯だ! 東西南北の一人ではあるものの他の3人からはすっかり置いていかれた彼女は,迫るさつきを食い止めようとするんですけども,この先の結果を考えると逆効果だったんじゃないか(笑)?
妹的存在としてお兄ちゃんを取られるわけにいかない唯は,さつきと真中を客として監視.ついでに気に食わないさつきの髪の長さについていちゃもんをつけ,女同士の真剣バトル開始! …たぶんそういう野蛮ぶりを見せ付けてしまうと,男にその趣味がない限り敬遠されそうですが(笑)開始ったら開始.さつきは報復に注文されたバーガーに大量のカラシを投入.このトロイの木馬を見事に食らった経験の浅い唯は,報復としてマスタードを放射! もはやちょっとした悪戯を遥かに超えた2人の暴れっぷりを止めるしかない真中.もし別の客が来たら即座にさつきがクビになりそうな状況を,なんとか食い止めることに成功したようです.
けれど本当のお楽しみはこれからだ! マスタードを食らったさつきが汚れた下着を洗おうと脱いでいるところに唯がきて,素直に謝罪.客商売としては店員のさつきが客の唯に謝るべきなんですが,そのあたりまでは真中にはまだわからないようで.しかもあれほどさっき迫られていて,その狙いが全然わかってなかったことまで判明して目も当てられない惨状です(苦笑).そして半裸のさつきの抜群のボディに見とれる唯に,立派な胸を良い作画で見せつけたなら,「たれるだけ」と毒舌で報復してまたもトラブルに.さつきの距離をきっちりとった最初の攻めはどこへやら.ついに真中に半裸を見せつけそうになってみたり(笑).結局真中がひどい目に遭ったのでなんとなくいい気分なんですが,とりあえずこんな店は営業停止にしちゃえと思います.

後半は西野が情感たっぷりに演じます.残念ながら営業停止にはならなかったようで未だにバイトに励んでいた真中とさつき.そのさつきがおつかいに出かけた隙に,前女王の西野が店に乱入! 自分が作ったロールケーキを味見して欲しいと提案し,自分の家にご招待する西野さん.ケーキぐらい渡してしまえばいいのにわざわざ家に部屋に招待するのは,もちろん下心があるから! …しかしさすが女の子の理解に致命的な障害を抱えた真中が意図に気がつくのがあまりに遅い(苦笑).西野の部屋でケーキを喰う幸せなバカは能天気にケーキを誉めたりしてますが,CDをかける西野の魅惑の後姿あたりから,ようやく彼女の罠にひっかかりはじめます.
己の領域にケーキという罠で餌を誘い込むことに成功した西野は,ようやく状況を理解して意識しまくる餌に対しラッシュをかけます! 西野の両親の帰宅は10時過ぎとその唇から聞かされて動揺するしかない真中.まさに理性の滅多打ち! これがさすがに堪えた真中は即座に逃走を決意するわけですが,背を見せた直後に見事な西野の追い打ちが入り!ついに出た真後ろに陣取って密着する誘惑!…って書いてると実は前半とあんまり展開が変わらないような気が(笑)! 「雰囲気に流されたらどうなるか知りたい」,「なんでも,していい」.…邪魔者が入る可能性が限りなく小さいこの場所で,ついにフィニッシュブローを放つ西野! さすがは前女王,ここまでされて落ちない奴は男ではないという一撃にもはや倒れこむしかない真中…と思ったら真中はただの男ではなく「最低の男」.ここまで身を投げ出した西野さんに別人の顔を見てしまって躊躇するという情けなさ!
これやって落ちないなんてのは西野にとっては恥以外の何物でもなく,その屈辱を晴らすように真中に突きつけられる最後通告.待つのが苦手だった彼女にとって,3人の間をうろうろするしか能のない真中はじれったいわ面倒くさいわとどうしようもなく,それでも最初のわくわくを自分にくれるかもしれないと思ったから,ここまで続いてしまったのだけど.…けれど,本当は自分も東城のように真中の夢に巻き込まれてみたかった.時は戻らず,彼女の後悔ももはや消えるわけもない.だから西野は,真中にさよならを告げます.

クリスマスイブもバイトに精を出す真中.西野の衝撃の告知はプレゼントのことを真中の頭から見事に吹っ飛ばしました.一人働く負け犬のところに,映像研究部の仲間たちが登場.中にはさつきや東城もちゃんと混じってるんですが,ふられたばかりのバカには皆の笑顔はまぶしすぎてときめくことすらできない…そんな切ない年の瀬.実にいい気味だと思います(笑).
そして帰り道,ケーキ売り場で西野の真意をようやく理解したアホ真中.今日以外に意味を持たないあのケーキは,きっと今日のため.あのとき部屋に招いてくれたのもそういうつもりで…ってもうケーキ食ったあとは向こうはずっとそういう感じだったじゃねえかよ.よく考えろ真中(苦笑)! そんなわけで,本当に好きだったことと本当にふられたことを身を持って知った真中が過ごす,寒すぎる年の瀬.お前にはそれがお似合いだと強く強く思いつつ,次回に続きます.

|

« 焼きたて!!ジャぱん#30 | トップページ | 陰陽大戦記#33 »

「レビュー◆いちご100%」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/4175439

この記事へのトラックバック一覧です: いちご100%#7:

« 焼きたて!!ジャぱん#30 | トップページ | 陰陽大戦記#33 »