« 陰陽大戦記#30 | トップページ | 金色のガッシュベル#105 »

ボボボーボ・ボーボボ#56

「間違いなくガジェット君最強の巻」

たった4日間で世界征服を果したという百年前の毛狩り隊.しかし聖地でのパワーアップによってGブロック隊長を打ち倒したボーボボは,売られた喧嘩はもれなく買う男なのでこのまま旧毛狩り隊をぶっ潰しに行くと意気軒昂.そこで道案内を偉そうに申し出るのが久しぶりの破天荒.首領パッチおやびんのためなら死んでもよさそうなこの男が再加入したことによって露になるのがバカご一行の派閥争い.3派に分かれた派閥抗争は目的地にたどり着いてもまだ続く.
破天荒が案内したのはネオ毛狩りランドMAX.実は元Aブロック基地で,天の助はいきなり心の故郷を失った.待ち受けるのは遊園地のような地獄のアトラクション.3対3の3狩リヤルールに従って旧毛狩り隊と激突する3人の戦士は,それぞれ派閥が別だった.

軽い序盤のはずの前回が,あまりにも凄まじいハジケっぷりで驚いた「ボーボボ」.特に勢いだけで全部持っていくような回の場合は,マンガよりもアニメのほうが見る側に時間的なコントロールをさせない分効果的なのかも.もう一つ忘れてならないのが音で,説得力のある声や絶妙の効果音が見る側にもたらす破壊力は甚大.この先旧毛狩り隊として登場する大量の新キャラも,その演技力を十二分に発揮してくれるとうれしい.今回は遊園地でバトルこと内紛開始.恐らく最強のキャラはガジェット君で間違いないと思います(笑).
アバンはボーボボショッピング.いきなりテロップが間違っているという大技が炸裂するんですけども(苦笑)天の助の堂に入ったご案内ぶりが特に素晴らしい.そういや深夜の通販番組,よく中堅クラスの芸人さんがやってるよなぁ…(笑).もちろん嘘ショッピングなんですが,その嘘にがっくりする珍しい奴が2名ほど発生.

前半.百年前にたった4日で世界征服をやったという箔つきの旧毛狩り隊.しかしボーボボ側もパワーアップを終了した上に覚醒しているので,Gブロック隊長程度ならば前回ご覧の通り相手になりません.この勢いをそのままに旧毛狩り隊もぶっつぶしに行く!と決意するボーボボ.その単純極まりない行動ぶりに…心が休まるなぁ(笑).さらに破天荒が道案内として登場.サイバー都市でもちょっと出て来ましたがここでようやく合流です.ボーボボ組ではソフトンと並ぶ実力派のクールな美形なんですが,オレンジのトゲトゲに御執心なのが玉に瑕.おやびんLOVEの一点だけで全員に軽蔑されるという珍しい属性の持ち主です.
一方旧毛狩り隊では隊長クラスがついに覚醒.ブロック順からするとAブロックのハンペンが最強で,Bブロックのランバダ,Cブロックの風神のジェダ,Eブロックのコンバット・ブルース,Fブロックの宇治金TOKIOという序列となるはず.ハンペンが発動したのは「3狩リヤ」で即席トリオ同士の対戦という新企画.すっかりパワーインフレーションに置いていかれた4世は,大道具役になっちゃってますね(苦笑).
旧毛狩り隊も倒す,という点では総員相違ないものの,破天荒の加入によってグループ内の微妙なバランスがあっさり崩壊.力を持つ芸人ならば隙あらば主役の座を奪いたいと考えるのは当然.結局師弟関係の首領パッチ&破天荒のハジケ組,入口から出口までの天の助&ヘッポコ丸のとこ屁…ではなくへっとこ組,残りものだが最強のボーボボ&ソフトンのぐるぐる頭派の3派に分かれ,移動と敵討伐を兼ねて派閥抗争開始.
ハンペンに命令された大量の旧毛狩り隊が襲来に対し,気合を入れる恒例のアレは当然初出ですよビュティさん(苦笑).破天荒と首領パッチによる恒例のアレは正直やりすぎでわけがわからない.とはいえこの不条理なウォーミングアップ終了直後に,地面を両手を上に伸ばしてそのままごろごろ転がっていくベテランたちの反射神経恐るべし(笑).若手のヘッポコ丸が完璧に置いて行かれてます.これぞわんぱくアタック(天の助除く)で,さらに騎馬に乗り換えて毛狩り隊を跳ね飛ばしていくボーボボ.毎度ながら毛狩り隊が気の毒ですがこれは序の口.破天荒は鍵真拳のLOCKを披露し,それに「ROCK魂」で対抗するボーボボ.LOCKが石化系とするならばROCK魂は魅了系.同士討ちの発生するROCK魂のほうがタチが悪い! 天の助の「漢ブーメラン」は明らかに挑発技.敵の足止めにはなるんだけど,本人のダメージもでかいんだよなぁ.
蘇った毛狩り隊は相当の在庫があるようでまだまだ大量.ここで首領パッチは呼び出すのが百体合体ハジケロボ! 数多すぎでキャラが把握できないどころではなく,合体過程がレゴブロック並みだわ完成品が明らかにフリーキーだわ2,3機余るわと大失敗.で,恐らくはそんなスケールのでかい茶番につい見とれた毛狩り隊どもを,全員で不意打ちして回ったんじゃないかと思います(苦笑).
走るボーボボたちの前についに見えてきた門と,ラストの雑魚.彼を倒せば派閥争いの勝者と勝手に決めて全員で一撃を入れたはずが…なんと勝者は水族館に行ったはずの田楽! さすがはおいしいところにはしっかり噛んでくる漢です.無視されるけど.
到着したのは天の助のAブロック基地.元は畑に植えた箸であり,主を失った基地はすっかりぼろぼろで天の助は郷愁に浸るわけですが,それを一気に潰して姿を現すのはネオ毛狩りランドMAX.地獄のアトラクションで待っていたのは,Fブロックの宇治金TOKIO,Kブロックのチスイスイ,Pブロックのスターセイバー.相手方の即席隊長トリオに合わせてボーボボ側から出ることになるのはボーボボ・破天荒・天の助.破壊力のボーボボ,トリッキーな破天荒,そしてリアクションの天の助.この即席トリオはまともに機能できるのか.

後半.暴走ガジェットエリアでのバトルは.宇治金TOKIO・チスイスイ・スターセイバー組とボーボボ・破天荒・天の助組で開催されることが決定.派閥が違うので主役側のコンビネーションには不安たっぷり…とはいえ彼ら個人の能力は相当高い.例えば内紛に乗じて宇治金TOKIOの放つ「キンキン氷」を引き受けるのは当然天の助.ところてんはどんな残虐行為を浴びたって平気で,押し出しすれば復活だって簡単.リアクションだけは苦手なボーボボにとって,天の助がいる意義は大きい.
この暴走ガジェットステージの主役は,床の線路に沿って走る巨大なガジェット君.モデルは懐かしいチクタクバンバンで,暴走メカらしくぶつかった対象には無差別攻撃をかましてくるので注意が必要.チスイスイは得意の高速移動で自由自在に動こうと思ったら,フィールドの上で焼肉やってるバカに衝突(笑).彼が敵側のリアクション要員なんだろうか.宇治金TOKIOは見事な蹴りをボーボボたちにお見舞いした上にガジェット君の上にスターセイバーとともに騎乗.ガジェット君の上は攻撃を受けづらい安全な場所.まずはこの状況をややこしくするガジェット君を止めようと提案する破天荒ですが,残る2人がふざけてしまって止まらない(苦笑).とはいえボーボボたちにとって笑いを取る事が最優先事項なんだから,彼らなりに真面目にやってますよ!
チクタクバンバンらしく,ガジェット君も正方形の大きなタイルに描かれた線路を組み替えることで進路を変えることが可能.チスイスイの誘導で迫るガジェット君を迎え撃つのはボーボボ.タイルをトランプチックに組み上げて,それを崩して「快感板崩し!」 これは平面的に展開されて当然のバトルに高さを無理やり持ち込んだ妙手! 上に乗ってる2人にもちゃんとダメージが入ってます.さらに破天荒と天の助のところにもガジェット君は迫るわけですが…破天荒,天の助はやられてなんぼなんだから回避行動に協力するわけないだろう(苦笑)! この窮地をボーボボのアレンジが救います.天の助の写真家ネタを受けて敵を撮影し,敵を幻惑することでガジェット君をコースアウトさせたなら…フィールドが爆発! 「なんだこのフィールド」と参加者の皆様には大不評ですが,チクタクバンバンはそういうものです(笑).
フィールドの崩壊によって攻守を変えた2組.ボーボボたちは派閥争いをやめてチームプレー.とはいえガジェット君のコントロール役に天の助を当てるのは「失敗しろ」と言っているようなもの.ぬのはちまきもぬシミュレートも見事に無意味で,ちゃんと味方に当ててます(笑).その怒りの捌け口になっちゃったのがチスイスイ.やっぱりこいつ,リアクション要員なんだなぁ….
怒った宇治金TOKIOが放つ夏奥義奥義・真夏の田舎! 田舎の幻覚を伴う大技で,超激辛の自分を雰囲気で食わせようとする宇治金の恐るべき罠! しかしその程度,ボーボボたちの内紛の激しさに比べればどうってこともなく,暇そうだった首領パッチ猫によって見事に妨害される始末.けれど首領パッチ師匠のルール無用の凄さに比べると,破天荒はまだまだ修業が足りず伝説の技も発動失敗.…ヘッポコ丸の芸の中では,やはりバトルマニアが一番彼の性に合っている気がするなぁ.

ガジェット君があまりにも強すぎて(苦笑)敵味方ともまともな行動が取れないこのフィールドで,持ち味を出し切って場を制するのは一体誰か.…強さはともかくとして,持ち味に関してはやっぱりいいリアクションを見せている天の助か? 正方形の上の線路のごとく先の見えないこのバトル,一体どうやって収拾をつけるのかと思ったらさらに拡大するんですか? 勢いだけでどこまで無茶ができるのか.次回に続きます.

|

« 陰陽大戦記#30 | トップページ | 金色のガッシュベル#105 »

レビュー◆ボボボーボ・ボーボボ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボボボーボ・ボーボボ#56:

« 陰陽大戦記#30 | トップページ | 金色のガッシュベル#105 »