« 金色のガッシュベル#106 | トップページ | いちご100%#6 »

焼きたて!!ジャぱん#29

「出オチ出しっ放しはアリですか?の巻」

憎き南東京支店を倒すため,サンピエール九州支店から本店に雪乃が呼び寄せたのはどこかで見た顔のおっさんトリオ.最初はパンタジアの雪乃が自社の支店を潰そうとするのをいぶかしがった3人だが,どこかで見たような南東京支店の仕打ちを聞いて腹を立て,雪乃のために働くことを決意する.
サンピエールはパンタジアのダイエットジャぱんを早速真似し,しかもテレビでパンタジアのものは偽者だと言い張る.資金力で黒を白にしてしまうサンピエールに対し,和馬は56号で対抗しようとするのだが材料が足りない.そこで河内が持ち出したのが父の形見とも言える黒い材料.これで和馬は白を黒へと変える.

いろんな意味で行き過ぎている原作をさらに行き過ぎた表現で描く「ジャぱん」.今回はその原作がない,完全オリジナルの1話なんですが…なんだろうなぁこの話(苦笑).製作会社の強みはよく出てると思うんですが,そこにあまりにも頼りすぎてギャグとしては散漫な印象に.南東京支店での会話部分とかはいい感じなんだけどね.笑いはインパクトの勝負.大ネタは匂わせても最後の最後まで出さないほうがいいんじゃないのか…ってこっそり入ったギャグが一番危ないよ(笑)! ちなみに黒いおっさん3人はアバンから御出座.

前半はサンピエール九州支店の3人が雪乃に踊らされるの巻.買収を成功するには,現状では絶対に伏せておかなきゃまずいサンピエールと雪乃の関係.その割にサンピエール本店で代理も立てずに支店の連中を呼びつける雪乃.後の事を考えていないわけではなく,後で何が起きてももみ消せると自信があるのか,あるいは話の都合だろうな(笑).ダイエットジャぱんのからくりをあっさり見抜き,この程度つくって見せると言い切る荒くれ男3人.さすがに雪乃がなぜここにいるのかにも疑問を持ってくれたものの,そこはおやじ転がしには定評のある雪乃.あっさり甘言で3人をころころと転がしていきます.それに使ったのが河内,冠,月乃の苦しみってのは最悪だ! 悪い河内や悪い冠はともかく,悪い月乃さんはいくらなんでもひどいよ(苦笑).もちろん雪乃の腹の底は雪どころではなく,春先の豪雪地帯並みに下手すれば行き倒れた死人が出てきそうな勢い.3おっさんはすっかり騙されて手先として働くことに.…そんな様子を霧崎GMに公衆電話で伝える斥候の孔雀のクー.南東京支店はなんとかなるからさ,もう,目立ってしょうがないから携帯電話くらい持たせろよ(苦笑)!
九州からやってきた3人のおかげで,早速追い詰められていく南東京支店.客が来ないという前フリのあと,和馬と店長に仲間が次々に危機を伝えます.まずは「大変です皆さん!」の冠.サンピエールがダイエットジャぱんをパクったという情報はある意味折込済み.いくら難しいことをしていても,実際にそれを実現しているサンプルがあれば,謎解きは格段に楽になるものです.次いで「みんな,えらいこっちゃで!」の河内がやってくるわけですがこれは冠と同じ情報なので意味なし.本店に行ったはずなのに古巣に浸りっきり,一応彼も田舎から身一つで出てきて毎日パン作りに明け暮れてしまった男なので,行き場のなさを軽蔑しないでやってください(苦笑).あと,和馬は0円のパンをつくることを解決策と考えるのはやめてくれ(笑).そして最後は「皆さん,大変ですわよ!」の月乃.彼女はこれまでの情報に加え,テレビ放映のネタをきっちり掴んできました.この三人三様の入り方,いかにもな感じで良く出来てますね.
月乃に言われて見たテレビでは,サンピエールがテレビで大々的なキャンペーン中.問題なのは近所のパン屋こと南東京支店のパンを偽者呼ばわりする大嘘.…そういう中傷は全社的な影響が出るからやめたほうがいいんじゃないのか(苦笑)? 「文句があるならかかってこい!」と例の3人は自信満々.しかし,あいつらは偽者.どんなにそれっぽく描かれていても,出る作品を間違ってるんだから偽者はあいつらです(笑)! しかし資金力で黒を白にしてしまうサンピエール.このままではフランス行きの前に南東京支店がつぶれてしまうかもしれないので,対抗手段を講じることに決定.
和馬がサンピエールのダイエットジャぱんに対抗するべく提案するのが,おいしくって健康にいいジャぱん56号.入社試験で河内が生地をダメにした因縁のアレの登場に,河内はどうにも複雑な気分.あれを不幸な事故だと思っているのは,和馬だけだもんなぁ(苦笑).56号の重要な材料は夢の自然健康素材とも称される米ぬか.独特の苦味はあるものの,新米の米ぬかと和馬の特製生地があればその問題もクリア済み! しかし問題は今が新米の季節ではないこと.いくらなんでもこれから6ヶ月は待てない彼らの前で,河内はあるものを和馬に差し出します.
小瓶に入っている黒い何か.これは河内の父が食パンに混ぜるものとして試行錯誤していた食材です.夢の途中で運悪く命を落とした河内の父には完成できなかった材料を見て,和馬はこれで勝てると宣言! 小瓶を持ち歩いていたところはご都合主義ですが.序盤の出来事からうまく材料を拾ってきて,いよいよ白を黒に塗り替えます.

後半は白を黒に! 月の下,斜め向かいのサンピエールに向かう南東京支店の4人組.店内ではテレビでの言葉の通り,3人のどこかで見たことのある顔のおっさんがお待ちかね.勝負を挑みにきた4人が自社の釜で焼いて持ち込んだのは,黒いブラックジャぱん.しかもおいしいかどうかで,店の名誉と閉店をかけた大勝負…ってまた随分とでかく出たなぁ月乃さん.まだモナコカップに全てをかけるかどうかの覚悟も出来てないはずなんだけど,ここで万が一負けてタネを失ってしまったら一体どうなったことやら(苦笑).月乃さんに無謀な賭けをさせるほどの完成度があるらしいブラックジャぱん.パンから香る竹の香に警戒しながらも,喰いつく黒い3人のおっさんの前に広がる光景は…まずは前フリ,昔話だ.
竹をどっかで見たような形の斧で切り取ったおじいさん.その中にいたのは雪乃のかぐや姫.いきなり数年後,結婚の願いを扇の一撃で断る武闘派の姫君に成長! その一撃は,雪乃のついた嘘の真実をなぜか幻覚として3人に見せていきます.なぜそうなったのかについての理論的な説明は一切なし(苦笑).さらに泣きもせず,育ててくれた2人を置いて月に帰るわがまま姫の横暴ぶりで真実がまた一つ現れ,最後は黒い三連星が月面で姫に食らうあまりにも残酷な仕打ち.ああ,テロップが寒いなあ….かぐや姫のところに向かう黒い3人を待っていたのは,ノーベルガンダムに乗った姫.もちろん踏み台にした上に,ハリセンで3機を撃破.うーん,折角やるんならこのノーベルはバーサークさせないとだめじゃないですか(笑)! 「ひでえー」とやられる彼らの脳裏ではげていく最後の雪乃の嘘.そう.雪乃は真っ白い白雪姫なんかじゃない.嘘で塗り固まった,真っ黒な女だ!
どうしてパンを喰ってそこまで理解できるのかはよくわからないんですが,雪乃の嘘を思い知った3人.ジャぱん56号改自体も竹炭が入っているはずなのにおいしく焼けてます.竹炭そのものは健康食品としてメジャーな素材なんですが,炭ならではの焦げ臭さと食感の悪さという問題を抱えていました.これを炭を高温で焼くことで焦げ臭さを消し,さらに食感の悪さは太陽の手&手甲でつくった特製生地で解決!ってそこを太陽の手で解決してしまうのは,ちょっと大雑把過ぎるのではないかと(苦笑).「ジャぱん」の良さはパンに関してはあくまでも理論中心に良さを示すところで,凄い生地だから万事OKのような説得力のない主張をしないところなんだけども…その直後のまっくろくろすけの歌にやられたから,OKです(笑)! たぶんここが今回一番危ないギャグだと思います.
素材と手の組み合わせに完全敗北した黒い3人のおっさん.人のいい彼らはパンタジア側に偽者呼ばわりを謝罪し,さらにダイエットジャぱんも販売停止に!と言ったところでそれを止める月乃さん.多少不利でも正々堂々の勝負を求めるこの人こそ,正義の味方で良い人な,月乃姫,かぐや姫であったわけです.

翌日.3人のおっさんはサンピエール本店に甚大な損害を与えて逃走.南東京支店に余計なちょっかいなんか出さなきゃこんなことには….おかげで南東京支店は大盛況.日本人は黒いものを食べることに抵抗感がないのだとウンチクを披露する店長をイカ墨スパゲティで台無しにしてみる月乃さんとか,へそ曲げる店長とか,タレの準備が終わってない和馬とか.孔雀も含め(笑)やっぱりボケは,好き勝手にボケていられるときが一番幸せだよね.
いよいよ次回からはモナコカップ編.新人戦を遥かに超えるとんでもないスケールの物語! でも,今回の調子じゃオリジナルは時期尚早だと思うので,原作を上手く使って頑張ってくれ.河内が冠に頼まれた百億のピエロとはどのような辱めなのか.新キャラの声も気になる,次回に続きます.

|

« 金色のガッシュベル#106 | トップページ | いちご100%#6 »

「レビュー◆焼きたて!!ジャぱん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/4139090

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたて!!ジャぱん#29:

« 金色のガッシュベル#106 | トップページ | いちご100%#6 »