« ボボボーボ・ボーボボ#57 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#29 »

金色のガッシュベル#106

「ボケにコケにされるこの屈辱!の巻」

空飛ぶブリの罠によって,建築中の橋の上に誘い出されてしまったガッシュと清麿.待ち受けていたコーラルQとグラブはガッシュの技と全て知り,その対抗方法まで考えてきているという頭脳派…のはずなのだが,むしろポンコツぶりのほうが問題だった.ツッコミがわりのザケルガをを封じる形に変形し,ラシルドも変形でしのぎ反撃するコーラルQ.ところがガッシュの力がそれを上回り勝負は決まらない.データよりも強くなっている敵に対抗するには3分の時間稼ぎが必要.コーラルQはこの3分をボケだけで乗り切ることはできるのか.

ギャグの合間に戦いをはじめ,やがて戦いが激しくなっていくという戦闘描写を得意とする「ガッシュ」.対コーラルQ戦はその形にぴったりはまる構成で,今回はその戦いの中盤,ギャグはふんだんに含まれたままで戦いだけが激化していきます.コーラルQの歌絶唱と珍妙な変形は基本的に真面目なツッコミ,清麿の心を蹂躙.天才である彼に正常な思考をさせないグラブの策なのかもしれませんが,テンション次第で術の出力や頭の回転が上がる清麿には,正直逆効果だと思います(笑).

前半.コーラルQのありえない変形については前回ザケルガでツッコんだからいいとして,相手がガッシュの全ての呪文を知っている上に,攻略手段も考えてきていることを警戒する清麿.しかもティオやウマゴンまで,このあたりにいる魔物の調査と攻略方法は完璧という敵の主張.チーム戦を得意とするガッシュたちにとっては,タイマンを仕掛けられるのはやっかいな話.ガッシュの場合は防御や移動に関しては専門家にどうしても劣るため,そこを突かれると厳しい.ガッシュの加勢を受けるとウマゴンやティオを倒すのが難しくなるので,まず主力のガッシュを不意打ちで潰すという行動は実に理にかなったものなんだけど…(苦笑).
ザケルからザグルゼムまで,ガッシュの術を全て把握していると挑発してくるコーラルQ.でも,ツッコミのザケルガはちゃんと効いていたので(苦笑)それがただのブラフにしか見えない清麿がまたザケルガを当てたなら…やっぱり効いてしまう情けなさ.ここでハッタリだと判断し攻撃の手を緩めてしまった清麿の判断の甘さが災いし,コーラルQの新たなる曲,ポンコツ体操をフリつきで見るはめに陥ります.実に激しい精神攻撃!
グラブと一緒に歌って踊る,ポンコツロボットコーラルQ.…エンディング? 天才の癖に真面目に一緒に踊ってるグラブもおかしいですが,おふざけは許さないものの意外とつき合いのいい清麿がガッシュとともにちょっとだけ乗ってあげているのもおかしい.この世界の天才はこんなのばっかりか….ラストは体でQの字をつくり,全力のダンスが決まったところに容赦ないザケルガ.「ピヨ麿」呼ばわりのコーラルQに責められたって,ツッコミの前でボケるほうが全面的に悪い(笑)! さらに「コーラルPがいれば!」と妄想トークでボケをかぶせるコーラルQ.…だからツッコミの前でボケちゃだめだって! そんな暴力的な掛け合いの合間に,純真に何もかもを信じて地味にボケ続けるガッシュを誰か構ってやっちゃくれませんか.
しかし,コーラルQはともかくとしてグラブはきちんと考えています.現在の変形パターンではザケルガが防げないというもうどうしようもない解説のあとで,呪文の力で変形体操なしに盾の型に変形するコーラルQ.ツッコミをやめた清麿の指示で放たれたザケルガを跳ね返し,逆に敵の攻撃を防ぐためのラシルドを2段ロケットで攻略! かっこいいコーラルQのテーマが流れる中,ブラフではなくついに真価を発揮するコーラルQ…のはずがそれを超えてくるのがガッシュ.数々の戦いで磨かれた彼の基礎体力は,既にグラブの計算を上回っていました.
計算外の力に対抗するためには,20%のパワーアップが必要.…戦う前からそのくらい余分にパワーアップしておけばこんなことにはならないはずなんだけどね(苦笑).データを書き換える時間を稼ごうとするコーラルQが選んだのは,一時的な撤退…道はもうないけれど.しかも自分で壊したんだけれど(笑).少しでも相手有利と見れば徹底してボケてツッコミの行動を止めてしまう,どうにもやりにくい相手です.

後半は取り残されたものたちよりスタート.置き去りにされて泣いている鈴芽のところに来たのは,仕事が終わったらしいサンビームとウマゴン.事情を聞いたサンビームはあっさり魔物の罠と判断するんですが,さすがに引っ越して間がない彼らしく,鈴芽に道を聞くことの無意味さまでは知らなかったようです.…毎度物凄い迷いぶりを見せていたけれど,こいつ,外では雲を目印にしてたのか(笑).工場まで一緒だったウマゴンが方角については把握しているようで,サンビームはグルービーに鈴芽を置き去り.鈴芽,お前はもう家に帰れ.
さて,本格的に盛り上がるのかなと思っていたらいきなり腰の折れたコーラルQ戦.入力の時間稼ぎにグラブが呼んだのは,前回宇宙に消えたはずの空飛ぶブリ! 超天才のつくったスーパーロボットに違いないので,普通なら戻ってくるときに燃え尽きるとか無粋なこと言っちゃいけません(笑).これはガッシュを誘うには最高のエサ.鼻が効くくせにバレバレの正体を見破ることができないのは,目にしただけでなけなしの理性が全部吹っ飛んでしまうんだろうなぁ.バカなガッシュを背景に清麿を越えると宣言するグラブ.パワーアップだって10%アップの30%だ! …どうにも中途半端なんですが(苦笑)短時間でいじれる限界と考えればわからないでもないかな.
ここで珍妙な展開に見とれていた清麿はようやく正気に戻り,まずはザケルガでブリを落として魅了状態のガッシュを元に戻します.夢が醒めたことに泣くガッシュに対し,その怒りはコーラルQにぶつけろとさくさく煽ってバトル再開.同じボケでもガッシュの扱いならばお手の物です.周囲の状況から効果的なジケルドを食らわせて,相手の動きを封じるという頭脳プレーを久々に見せる清麿.しかし気合の入った清麿の計算は,相手のインチキ変形のおかげであっさり無効化.天才の割に頭の悪い清麿がせっかく頑張ったのに,ゴムに変形されたためにジケルドが消えて清麿ついに号泣(苦笑).ここまでボケにおもちゃにされて,プライドの高いツッコミが平常心を保てるわけがありません.ガッシュは彼なりに真面目なんですがボケなのでその苦悩を理解してくれるはずもなく,相手はぼよんぼよん.…ついに号泣の末にぶちぎれる清麿.ここまでやったコーラルQは,無事な体で帰れないこと確定です(苦笑).

ガッシュのラウザルクに対しバイク形態で挑むコーラルQ.あのふざけたデザインとは裏腹に,強化状態のガッシュの高速移動を凌駕.ついでにそのサイズを生かしたパワーも相当なもので,強化状態の上に気合を爆発させたガッシュが力負けしてしまいます.ボケまくりながらもザケルガ,ラシルド,ジケルド,ラウザルクを確かに攻略してきたグラブの知略の前に絶対絶命のガッシュと清麿.認めたくはないものの相手は確かに強く,残る手札はザグルゼムとバオウのみ.ガッシュの持久力と根性は信頼できるものの,心の力には限界がある.しかしあの屈辱を晴らすため,清麿は負けるわけにはいきません! 詰みの近い状況をひっくり返す清麿の手はどのような姿を描くのか.本気の清麿の怖さが見える次回に続きます.

|

« ボボボーボ・ボーボボ#57 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#29 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/4117360

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#106:

« ボボボーボ・ボーボボ#57 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#29 »