« 陰陽大戦記#36 | トップページ | 金色のガッシュベル#111 »

ボボボーボ・ボーボボ#62

「人外夜行の狂喜の宴の巻」

コインゲームをモチーフとした死生トリプルステージ.内部で3つに区切られたステージで展開されるのは,6対6のダブル3狩リヤバトル.ライスとサービスマンを呼び寄せたボーボボ側だが,早々に田楽と天の助が脱落.対する旧毛狩り隊はルブバが脱落しただけで未だ6人揃っていない.天国エリアに一人送られてしまったビュティを救うため,参上したのはサービスマン.不言実行・百発百中のサービスマンの大サービスが炸裂するのだが,旧毛狩り隊Dブロック隊長・レムは眠って全てを受け流した.一刻も早くビュティを助けるため,ボーボボは首領パッチの犠牲とライスの助けによって現世エリアから天国エリアへの移動に見事成功.爆睡真拳と鼻毛真拳のバトルについては次回をお楽しみにということで,まずは地獄に送られた首領パッチとリタイアした天の助の大暴れがはじまった!

旧世代との激しい戦いによって,勢い重視のナンセンスなバトルがなおも加速する「ボーボボ」.今回の見所はもちろんサービスマンの大サービス! もちろんビュティさんにとっては激しい拷問です(苦笑).人数不足を補うべくボーボボが適当に選んだライスとサービスマン.かたや珍奇コスチューム,かたや露出芸と下品極まりないわけですが,勝敗は別としてその持ち味は存分に発揮されてます.そして今回の真の主役は…一人で黙々と地味な芸に励んでいた天の助とそれを釣り上げた首領パッチ.コスプレは首領パッチのお家芸なんですが,これに微妙なかたちで巻き込まれる天の助改めが愉快でなりません(笑).
今回のアバンはビュティさん美容室へ.カタログのキメっぷりは実にあいつららしく,ついでに天の助のボケも実に彼らしく.でもいくらなんでも「ね」は不倶戴天の敵なんだから間違っちゃダメだ(苦笑).

前半はサービス! 3ステージでのダブル3狩リヤバトル.天国エリアにはビュティさんと眠り続ける敵,現世エリアにはボーボボ・首領パッチ・ライスと敵ランバダ.地獄エリアには天の助を落とした敵.そして外には田楽と天の助で,天の助は田楽を組み立て中…というのが今回の初期状態.中でも厳しいのは天国エリアで一人きりのビュティさん.ツッコミである彼女は基本的に戦力になりません.他のバカはどうでもいいとしてビュティさんだけは助けたいボーボボは,エリアを隔てる壁をスプーンで壊そうとして当然失敗.それに首領パッチが余計な効果音をつけるもんだから,敵に目覚めてほしくなビュティさんには迷惑な限り(笑).壊そうとボーボボが取り出したのは田楽マンスプーン.やってることは地味なのに首領パッチの口SEがやかましい(笑).そのままでは敵が起きてしまうとビュティさん悲鳴.さらにスプーンが折れてもっともっとやかましい(苦笑).そのやかましさと目覚まし時計で目覚めた旧Dブロック隊長レム.蓋は開いたもののまだ寝てる.ビュティさん,気持ちはわかるけどツッコムと起きてしまうよ(苦笑).
このままではツッコむ以外の手のないビュティさんは敵の魔手に落ちるのみ.こんな大ピンチに花道をクマとともに登場した救世主は…なぜかEXILEなサービスマン! 作品随一の下ネタ野郎の登場に「悪夢だー!」とシャウトするビュティさん! 有言実行から不言実行へ.言葉少なく仕事をこなすと宣言するかのごときサービスマン.真実探しにやってきたというこいつに対する,ビュティの「ないから帰れ」という絶対零度のツッコミが最高だ(笑).ボーボボたちに向ける親しさのこもったツッコミとは違い,その冷え切りぶりがたまらないですよ!
もちろんサービスマンは過たず天国エリアに到着.あまりに過酷な宿命にビュティが発してしまったシャウトが,ここまで眠り続けていた敵を起こしてしまいます.レムが発する爆睡真拳奥義・イビキは空間全体を満たす激しい全方位攻撃.これを無駄に軽やかに美しくかわすサービスマンは無駄に飛んで…とどめの360度サービス連発から空中サービスへと繋がるコンボはいろんな意味で無駄.だってレムは寝てるから! 睡眠は間を完璧にぶち壊しネタを完璧にスルーするだけでなく,寝ているという行為自体がいろんな意味で挑発的という強力なボケ.その先駆者であるブーは偉大なわけですよ!そんな凶悪な戦士の間で 「いろんな意味で速く来てー!」と悲鳴をあげるビュティさん.シモネタも睡眠も両方ともツッコミにくいので,はやく助けてあげて!
現世エリアでは天国エリアを目指すべくボーボボが行動を開始.道具こと被害者は首領パッチで,その首領パッチを尊敬するライスがツッコミ役に落ち着いてます.いくら妄想を抱いても壁が壊れることはなく(笑)しかもランバダまでもが現世エリアに本格参入.パッチスロロボで出した変なビュティコイン程度ではノーダメージの強敵です.
ボーボボはランバダをライスに任せ,首領パッチとともに突破口探し! …まあ,「ともに」ったって首領パッチはあくまで道具.仲間というよりはむしろ出来の悪いソナーです(苦笑).上がだめなら今度は下と,排出口を通じて隣のエリアに移動することを考えたボーボボは首領パッチこと鳥人間を隣に飛ばし,地獄エリアへと邪魔者を追っ払うことに成功.文字通りバカを地獄送りにしたところでやっと真面目に考えるボーボボ.首領パッチが視界に入ってしまうと集中できないんだろうなぁこいつは.
ボーボボが思いついたのはコインの通る道経由でのエリア移動.ライスのモリモリポックンのフォローも受けて,ボーボボはついに現世エリアから天国エリアへの移動に成功! ランバダがコインを落としまくったことによって道が生まれてしまったとライスに皮肉られ,ランバダは怒り狂います.変なビュティの姿で田楽を潰したその真価については,後半で紹介されますんでお楽しみに.
ついにばらばらに動き出した3バカ.ボーボボはコインバンク経由で天国エリアへと移動し,地獄エリアでは一人迷って泣く子羊首領パッチの前には旧Rブロック隊長の浪漫貴公が登場.そして…このエリアの外に出された点の助は,あの大雑把なところてんの四角い手からは想像もつかない繊細な仕事で,田楽フィギュアを見事に組み立てていきます.その合間には宇治金TOKIOがやってきて勝手にリタイアしてるんですがそれはまあどうでもいいや(苦笑).

後半は首領パッチと天の助の独壇場.地獄ではじまる子羊VS武士の戦いは圧倒的な子羊有利.小規模でも強い団体の長であり,ボーボボをここまで手塩にかけて育ててきた首領パッチ親分の前に,ボーボボ以外の敵はなし! 浪漫貴公の放つ幻獣真拳奥義・W羅生門が異世界から幻獣を呼ぶ技であるのに対し,すでに幻獣っぽい首領パッチがさらに幻獣を呼び出すという倒錯ぶりがたまらない.その上呼び出された幻獣も呼び出した幻獣も実は獣ですらない(笑)という破綻ぶり.
早々に敗北し場外に出された天の助は,いつの間にやら眼鏡&無精ひげ.訥々とした喋りぶりのプラモ名人へと変貌していたところを無理やり召還. 「ボクは完璧が好きなんだ」と呟くこのおっさん,実に見事なマニアぶり.役柄にさえ恵まれれば個性的な俳優としても大成しそうなところてんを釣り上げるのは,地獄からの呼び声である首領パッチの釣竿だ! 敵がつくったルールにそのまま従っているようじゃハジケリストとしては失格.ルールを破り無理やりに敵を巻き込んでいくことこそが,敵の支配する場の空気を奪う最も強力な手段なわけですよ.天の助にマスクをかぶせ「マスク・ザ・天三郎」と言い切る首領パッチとその変身をあっさり否定する天の助.否定しても認めても首領パッチたちの意見に従うことになってしまうので,浪漫貴公は身動き取れません.
敵が決めたお仕着せのルールをぶち壊すことからはじまる首領パッチのハジケは,急激にこの地獄を包み込んでいきます.W羅生門から出てくる幻獣はかわいいのやらゼリー状で,愛らしさにも定評のある首領パッチの眷属どもです.小さな幻獣に襲われて金で解決しようとする浪漫貴公,切ないほどのヘタレぶり(苦笑).浪漫貴公と肩組んで「まあ元気出せゴエモン君」といきなりなれなれしい首領パッチ.敵を有利にするルールを壊し,敵の武器である幻獣を奪った首領パッチが次に狙うのは敵の存在そのもの…なんて,なんて恐ろしい!
幻獣をブリの生態DVDBOX(20万円)で手なずけてしまった首領パッチ.浪漫貴公は幻獣を飴で釣ろうとするわけですが,すでに幻獣は首領パッチの僕.「いらねえよゴエモンのくせに!」 ときっぱりゴエモン呼ばわり.あまりに強すぎる首領パッチ.浪漫貴公がデータスコープで見た正体は…ショールーム・メゾトピアパッチ! とはいえボーボボのアフロの中にもいろいろ入っていたから,視聴者にとっては特に驚くほどのことじゃない(苦笑).天三郎が言う通り,ハジケリストはありのままでも中身は多彩.天の助の5%だってゼリーでできてます!
己の力量を見せつけることによって,敵のハジケる隙を奪っていく首領パッチは大技を披露.羅生門の中に自分のトゲを投げ込んで,浪漫貴公の存在そのものをぶち壊す眷属を呼び出します.出てきたのは1~4エモンと6,7エモン.彼らの危険な計算遊戯,2+3は….懐かしいUくんとのラブ・アフェアを彷彿とさせる凄まじい攻撃だ! 獣でないどころか無生物ですらない,数という概念によるハジケについに巻き込まれてしまった浪漫貴公は己を「5エモン」と認めてしまいます.真の姿は旧Rブロック隊長のイシカワ・ゴエモン.確かに盗人なんだから地獄行きなんだよな(笑).

地獄の戦いは新たな敵・旧Yブロック隊長のカンピョー君の登場によって混迷の度を増していきます.小さいけれど上に向かって突き立つ指がヤバすぎるカンピョー君.そりゃもう確実に親御さんに叱られるデザインと芸なので(苦笑)登場しちゃっただけで大事なわけですよ.特にリアクションのスペシャリストである天三郎とのカラミが楽しみ.
さて,現世エリアでのライスVSランバダ戦は2人のビジュアルのまともさもあって真面目なバトルぶり.そんな戦いではハジケリストとしての強さが発揮されるわけもなく,ランバダのオーラ・オブ・ポリゴンによって退場させられてしまうライスは哀れ.このフィールドのラスボスはやはり彼なのか? そして天国エリアでのレムVSボーボボは,次回からが本当の戦い.どんなギャグも居眠りでかわすという見事な防御能力を見せているレムですが,その攻撃の詳細については次回をお楽しみに.子どもにはきっと大人気のカンピョー君のヤバい芸が目一杯披露されることを祈りつつ,次回に続きます!

|

« 陰陽大戦記#36 | トップページ | 金色のガッシュベル#111 »

レビュー◆ボボボーボ・ボーボボ」カテゴリの記事

コメント

今晩はついにボーボボにゴエモン出ましたね。それはそうと最近ブログ立ち上げました良かったら来て下さい。

投稿: 三河のまさ | 2005.06.19 00:10

そしてあっという間に退場していくのが「ボーボボ」らしいですね.
サイト開設のご連絡ありがとうございます.眺めさせていただきました.

投稿: Rowen | 2005.06.19 01:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボボボーボ・ボーボボ#62:

« 陰陽大戦記#36 | トップページ | 金色のガッシュベル#111 »