« 陰陽大戦記#35 | トップページ | 金色のガッシュベル#110 »

ボボボーボ・ボーボボ#61

「そのツッコミはまさに神技の巻」

先代の毛狩り隊との激しい戦いは相変わらず続いている.ウォータースライダー,アイススケートと3狩リヤを次々に突破するボーボボたちを待ち受ける次の舞台は巨大なメダルゲーム.装置上部の円魔盤から3つに区切られたエリアに落とされ闘わされる,6対6のダブル3狩リヤステージだ.天の助以外は現世エリアに落ちたボーボボたち.待っていたのはこのエリアの番人,元Zブロックの泡玉のルブバ.彼の泡玉によってビュティだけが隣の天国エリアに連れ去られてしまい,ボーボボたちはツッコミがいない大ピンチを迎える.この危機を切り抜けるためにボーボボは助っ人を呼び,それに応えて早速参上したのは,先代のハジケリスト,米の貴公子・ライスだった.

笑いとバトルという水と油を混ぜて固めて出来た「ボーボボ」.単に面白いことをやっているわけではなく,勝敗を競うための暗黙のルールがあるのはご存知の通り.単純に言えば一部の例外を除いて相手のネタふりに対し受身に回ったら劣勢.その劣勢が一定時間継続すると奥義が入るようになり,これが決まった時点で勝敗が決します.例外はツッコミ.彼らは観客なので基本的に勝敗には関与しませんが,適切なタイミングで投入されるツッコミによってボケに拍車がかかるので重要.テンションにいち早く持ち上げるためには,ツッコミが重要な役割を担うわけです.そんなわけで今回はツッコミの女神・ビュティさんの超絶テクニックが目玉.これは一見…ではなく一聴の価値あり.
アバンは意味もなく天国を求める愚か者たち.そりゃ本編で敵が準備した三択なら「天国」は確かに怪しいですけども,アバンはちょっと別物ですよビュティさん.天国の扉の中には田楽が板前姿でおまちかね.握ってくれるのは天国…でも電卓…でもなくリモコン.確かにテレビのリモコンは,週に1度,このようにして我らを至福の天国に誘ってくれるわけです.

前半は恐怖のコインゲームが始まるまで.アイススケート場の悲劇を乗り越えた我らがボーボボとその仲間たち.絶妙で最悪のコンビネーションも冴え渡る一同が次に狙うのはコインゲーム.移動中に首領パッチたちのおふざけにビュティさんが軽くキレてるのが楽しい(笑).さて,馬鹿でかいコインゲームを前にした一同は巨大なコインにもう夢中.金に目がないのは相変わらずです.このエルドラドに待っていたのは元Zブロック隊長の泡玉のルブバ.もちろんボーボボたちは黄金境に夢中でルブバのことなんか無視しているのはいつもの通り.6対6のダブル3狩リヤルールとか,大事な話してるんですけどね(苦笑).
早速コインゲームの中に吸いこまれたボーボボたち.一応天の助に空気を吹き込んでみたりして抵抗してみるんですが,はじけてしまって無意味….彼らがまず送られたのはステージ上層の円魔盤.吸い込まれた戦士どもを適当に振り分ける装置によって天の助が落下.行き先が天国・現世・地獄の3択となればその行き先は自明と言えます(笑).ボーボボたちがピヨピヨ隊で意味なくなごんでいるとビュティさんが落ちそうに.もちろん真のヒロインはライバルを蹴落とすべきなので首領パッチがそこに仕掛け,ボーボボが怒って首領パッチを落とすといういつもの茶番.結果,3人が現世エリアに落下.
このエリアの番人はステージ全体の番人でもあるルブバ.シャボン玉で攻撃するシャボン真拳を使いこなす彼の力によって,まずはビュティさんが隣のエリアに送られてしまいます.このままではツッコミがいない! 直後にファイティング田楽マンが壮絶なテーマ曲とともに(笑)やられてるんですが,これは完璧にボケ損でそのまま退場.多少外してもツッコミがフォローしてくれれば芸として成立するはずなんですが,ビュティさんがいないので安全ネットが外れてしまってます.わずかなすべりも許されないこの過酷な状況に,ボーボボたちは仲間を呼ぼうとするんですがあいにく電波の届かない場所.そこで首領パッチを打ち上げ,バカ衛星経由で緊急招集をかけるボーボボ! アドリブ展開でもきっちりついていく首領パッチはやっぱり偉いなぁ.ちなみに衛星はP506.どうやら松下のようです.
ボーボボが呼んだのは2人の腕効き.まずはLAで凄い商談をお断りしているサービスマン.アメリカはサービスマンに一体何をやらせようってんだろう? 確かにシモネタは万国共通で面白いけど,たぶん国賓のおもてなしには使えないぞ? 彼はボーボボの連絡を受けて戦友のもとへ直行…という状況を放映しているテレビを見る家族一同.普通の作品だと緩いメタネタにしか見えないんですが,ここまで親御さんに嫌われている作品だと「家族で見ている」ってのがものすごく異常な光景に見えてしまう(苦笑).
ルブバは続けて毒泡を放射.触ったら死ぬという凶悪な攻撃なんですが,この状況で輝くはずの天の助がいない.ゆえにボーボボは首領パッチのチャームポイントを使って泡を破壊し,さらに「奥義・ドミノ世界記録に挑戦!」脈絡が皆無の不条理芸なのかと思ったら…痛恨のミス毒の泡がで水の泡に,ってのはボーボボらしくないほどに,実に洒落てますよ? ツッコミがいないゆえにわずかなミスも許されないこのフィールドに,お米とともに登場するのが米の貴公子・ライス! 米袋をかっこよく着る天性のベストドレッサーぶりは今日も絶好調(笑)! …ああ,ここにビュティさんがいてくれれば!

後半は死生トリプルステージでビュティさんの超絶テクニック炸裂.首領パッチ・ライス・ボーボボは3代揃ったキング・オブ・ハジケリスト.…要するに病の深すぎるボケが3人(苦笑).ツッコミがいないと何をしでかすかわかりません.こんなとき頼りになるのがビュティさんで,本人も自分がいないと暴走が止まらないとちゃんと認識しているんですけども別室なのでどうにもならず.ちなみに天国エリアでは,強敵が爆睡しております.
ノリで呼ばれたとはいえライスのハジケっぷりは激しく,どんな深刻な話題もそのナースコスプレ姿で一撃で台無し! 意味不明のセクシーぶりはボーボボたちにとっても手に余る凄さ.このベストドレッサーめ(笑)! 敵が血呼玉で仲間を呼んだので,それに対抗して夢と希望を飛ばしてみたり,「よかっ種ー」と飛んだ喜びを首領パッチが畑に蒔いたらボーボボローラーに踏み潰されて「よくも大切なお米を!」と怒るライス…と3人のハジケリストはまさにやりたい放題.特にライスがボーボボたちのハジケについていってるだけで誉めたいところなんですが,そこに裸エプロンをかぶせてしまうあたり,セクシーぶりに意味はないけども(苦笑)凄いぞ!
そして始まる過酷なバトル.敵はまだルブバ一人きりなんですが,彼の準備したステージはなかなかの難物.巨大なコイン落としであるゆえに,下の段は上の段のせり出しによって落とされる可能性が高い.…そんな場所にうっかりお肉屋さんを開いていたアホこと首領パッチ.もちろん店はあっさり壊れ,さらに「そんなとこ客来ないよ!」ともっともなツッコミが壁の向こうからやってきた! これぞビュティさんの絶技,見ないでツッコミ! 全身を巨大なシャボン玉に変えて迫るルブバを米で固めてそのまま握って遠足に行くという「遠足でGO!」についても「見えないけどきっと技じゃないでしょそれ!」とビュティさんの見解は実に的確! ここまで一緒にやってきて,ボーボボたちが何をしているのかをある程度読めているがゆえの適切な対応はライスを驚かせます.ボーボボたちのボケのとどめはよりによってドラゴンボールパロディなんですが(苦笑)これを台詞の流れだけで「別の意味でノリすぎ」と判断するビュティさん.ツッコミの教養として名作は一通り押さえていると見た(笑).
1対3(+ビュティ)の有利なバトルを展開しているボーボボたちが暴れていたその頃,天の助は一人きりで地獄で動揺.リアクション芸人は最も過酷な環境でこそ輝くわけですが,彼の芸はあくまで盾.敵を倒す攻撃手段がないために一方的にやられるあたりが彼らしい.心を落ち着けるためのぬの絵本も十分おかしかったものの,白眉はやはり謎の叫び.天の助の絶叫実況曰く,そぼろが飛んだりバミューダトライアングルったりしているようなんですが,一体何が起きているというのか?
血呼玉に誘われて現世エリアには旧Bブロック隊長のランバダも参戦.変なビュティに化けてビュティさんに濡れ衣をかぶせたことで既におなじみ.彼が現世エリア参加者全員の実力を見るために大量にコインを落としても,ボーボボたちはお賽銭にしてみたり自販機でかにを買おうとして失敗したりライスにパンを食わせようとしたりと相変わらずのマイペース.ステージの特性を理解した彼らは,コインが増えた程度ではもはや揺るぎなし.3人のハジケ力をボーボボに集め,ハジケリスト協力奥義・ハジケ砲をルブバにぶつけて勝負あり.なんだかまずそうな丼に変わってしまったルブバはちょっぴり気の毒.

3人の力によって敵を1人戦闘不能に追い込むことに成功したボーボボたち.しかしボーボボ側にも手痛い損失が.組み立てキットとなって退場している田楽はまあどうでもいいとして(笑)地獄エリアでは天の助が早々にリタイア! 断末魔の悲鳴とともにギターと一緒に出てくるこいつ.…真面目な尾崎ファンに見つかったら叱られるぞ(苦笑)? さらに天国エリアからはビュティさんのツッコミの声が消えてしまったのも不安.6対6と名乗るには未だ敵味方ともに欠員が多いこのバトルに,次に加わるのは一体誰なのか? …ボーボボ側の残る1人はサービスマンなんですが,彼は最強でありかつビュティさんの天敵.相性の悪いあの2人が上手くやっていけるかどうかも大変に不安(苦笑).次回に続きます!

|

« 陰陽大戦記#35 | トップページ | 金色のガッシュベル#110 »

レビュー◆ボボボーボ・ボーボボ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボボボーボ・ボーボボ#61:

« 陰陽大戦記#35 | トップページ | 金色のガッシュベル#110 »