« 焼きたて!!ジャぱん#38 | トップページ | 魁!!クロマティ高校 THE MOVIE+メカ沢くんの日曜日 »

焼きたて!!ジャぱん#39

「もはやパン作りに無関係の試練の巻」

苛烈な妨害を受けながらも,課題の甘いパンを作りあげて生きて帰ってきた日本チーム.しかしピエロは,大会委員会の決定で無人島の戦いは無効試合になったと告げた.サンピエールのオーナーが暗躍した結果をもはや覆すことはできないが,ピエロは日本チームなら再試合も勝ち残れると信じている.
再試合にはまたもや輸送機が登場で,今度の舞台はメキシコだ.サンアングスチン川での魚パン勝負…のはずが,5千メートル上空からのスカイダイビングでは日本チームだけが川から逸れていく.和馬たちがインストラクターに落とされているのは千五百メートルという深さを誇るウアウトラ洞窟.しかも高所恐怖症の諏訪原は気絶してしまい,パラシュートも開かず地の底へと真逆様!

生き延びるのが最優先でパンはむしろどうでもよくなってきた「ジャぱん」.さすがにパンアニメとしては問題がありそうな気がするものの,まだバトルはクライマックスじゃないからいいや(笑).前回は特に演出面が抜群に素晴らしい回でしたがあれすらも実は今回以降のための前フリ.深刻な状況と大間違いのリアクションが融合する瞬間は,今回の先に待っているのです.

前半は病室からダイブまで.前回辛くも生き残ったゴキブリの和馬とハゲの河内と諏訪原.彼らを診てくれるのは特別出演の獣医さん.彼は絶対音感の持ち主なんですが最近その音感がちっとも生かせていないことでもおなじみです(笑).見た通りに熱中症でしかも手当ても済んでいるので,無関係な獣医は早く退室していただきたい.
さて気を取り直して本編へ.あの状況で1週間生き延びた日本チームは満身創痍.その中でも凄かったのはやはりパン作りを推し進めた和馬.本作も料理モノの端くれとして,太陽の手のような肉体的な才能よりも極度の集中力や知識・応用力のほうが重要視されるのはお約束.前回のヤシの樹液の利用もまた,和馬が祖父にくどくどと繰り返された知識を生かしたものでありました.…和馬,お前なんで昔話の回数なんかわざわざ数えてたんですか? なにはともあれ無人島でタイヤキパンを1つ作り上げ,ついでに生き延びて帰ってきた和馬のことを黒やんも感心.さすがは主役.全ての経験がパンに繋がる男です.
さらに日本チームの部屋を訪れたのは,ちゃんと花を持って見舞いに来たピエロ.なんせ日本チームのなけなしの体力を前回ラストでごっそり削っていったのは彼のリアクションなので当然なわけですが…今日のピエロは素顔なので,視聴者と違ってリアクションが見えない和馬たちにはこのさっぱりとした美形が誰なのかわからない(苦笑).「どちらさんでっしゃろ?」という河内の問いに視聴者はメイクでもしなおすのかな?と思うところですが,いきなり脱皮してピエロ顔を見せる! メイクがめんどくさいから素顔を整形して,素顔を後から着ているというピエロ.いや,着ている時点で素顔じゃないし.和馬も「大変なんじゃね」の一言でスルーするのはどうかと思う.ボケどもの明後日の方向での激突を横で見ているツッコミ河内は,心乱れて仕方ないようです.
こんな愉快なボケ祭りをあっさり無視して,最終審査の結果を知りたがるのが勝負の鬼・諏訪原.準決勝は4チームで争われるもののパンを提出したチームは5つ.ではどのチームがが落ちるのか…と思ったら,なんとあの無人島戦を無効試合にすると大会委員長が決めただなんて! あれだけひどい目に遭わされた日本チームだってパンは作れたのに,自然災害が原因の再試合なんて日本チームだけでなくピエロだって納得できないわけですが,彼は所詮雇われピエロ.運営委員会の決定に逆らう権限などそもそもないわけで.
日本チームの命をかけた成果は運営委員会の手によって闇に葬られることに.そんなことは自分達だけでなく他国だって許すわけがない…はずが,なんと既に他国の代表は再試合を了承済み.サンピエールの息のかかったアメリカやフランスはもちろん,日本までもが既に賛成! ここにきて極悪な雪乃が日本から彼らの足を引っ張ってくれたことに対し,怒りに震える諏訪原と河内.見舞いに来た割には病状を悪化させそうな情報を持ってきてしまったピエロですが,ここまでの真実を見てきたピエロが日本びいきになってくれたことこそが,今後の展開で日本チームの命綱となります.

そして再試合! サンピエールオーナーに最後通牒を突きつけられた大会委員長が準備した舞台はメキシコ.またも登場した輸送機で運ばれた彼らは,サンアングスチン川流域で魚に関係のあるパンをつくることになります.期間は5日,パンの条件だけでなくその他の環境も無人島戦に比べれば格段に緩くはなってるんですが,五千メートル上空から降下させられるのがあまりにも厳しい(苦笑)「なんでパン職人のワイらがそんなことせなあかんねん!」という河内の叫びが切ない.舞台に関しては,前の戦いから既にパン職人が対応できる範囲を華麗に越えてますよ.しかしフランス代表の一番下(斜め)が言うとおり,大会委員会の決定は絶対.日本チームを含め,全員パラシュート降下をやらされることになってしまいます.
スカイダイビングに必要なのはパンの腕には完璧に無関係な高所対応能力.なんとこれのない奴が日本チームに1名在籍.高所恐怖症の諏訪原が青くなってます! もちろん初心者を一人で落とすわけにはいかないのでインストラクターがついてはくれるものの,日本チームについた男たちは空ではなく地獄への案内人.和馬たちの真後ろで露骨にこそこそ話している様子が大変よろしくありません.
目標ポイントに到達し,降下していくパン職人たち.既に限界突破の諏訪原も含めて日本チームも降下を開始するわけですが,なぜか彼らだけ向かってる方向がおかしい…これぞ大会委員長の秘策! ろくな装備もない日本代表を千五百メートルの巨大な縦穴,ウアウトラ洞窟の底に落としてやるのです! インストラクターにはわざとらしく切り離され,縦穴に向かうのは和馬たち3人のみ.和馬と河内は予備のパラシュートを開くことに成功したものの,高いのが怖い諏訪原は気絶したまま自由落下! 落差六千五百メートルの衝撃が意識のない男を襲うのか?

後半はピエロ超活躍.もちろんパン作りにはまったく無関係な,しかし致命的な危機に襲われながらも意識がない諏訪原! ここで必死で諏訪原を助けようとする河内が以外.空中でパラシュートを外そうとしてみたり,大声でひたすら悪口を言って目を覚まさせようとしてみたり.ここまで河内のどうでもいい発言に諏訪原が神経質につっかかるというコンビネーションを見せてきたわけですが「ホンマは! お前のこと大好きやねん!」…情に篤い河内はこの喧嘩相手のことを相当気にいっていたのです.
「後生やから目ぇ覚ましてくれ!」…と登場人物が叫ぶパン職人アニメもどうなのかと思いますが,ここでピエロの見せる超絶パフォーマンスがさらに凄かった! ピエロがいれば超安心.輸送機から自由落下してきたピエロは河内たちを追い抜いてしっかと諏訪原を抱え,さらに背中の布がありえない面積に広がった! …世界レベルなので客を喜ばせるためにパラシュートなしの降下までこなす…というピエロにツッコミたいけれど,今回に限っては諏訪原の命が助かったので感謝している河内が愉快.
和馬たちがピエロとともに落とされてしまったのは,世界で最も深い洞窟の1つウアウトラ.この奈落の底で諏訪原は目覚め,日本チームがいきなり遭難していることを知ります.目的地である川に向かおうにも,この洞窟から脱出する手段はピエロすら知らない! …運営委員会はもちろん彼らがここに落ちたことを知っているはずですが,万が一助けが来るにしても期限である5日後なのは確実な上に,この陰謀が明るみにならないように行方不明の事故として処理される可能性が圧倒的に高い.家族を残して死ぬのは嫌だと動揺する河内に「ごめんね」と謝るピエロ.諏訪原の命は救えたものの,ここから脱出するだけの装備は世界レベルも持ち合わせていないのです.
誰だって落ち込んで座り込みたくなるこの過酷な環境で,唯一平常心に近いのが和馬.事態の深刻さを理解できていないのか,あるいは深刻な感情なんてそもそも持ち合わせていないのか.和馬が横穴を発見したことから始まるのがピエロの装備コント.額のライトは言うに及ばず,パン調理用の小麦粉も調味料も調理器具一式も全部どこかに抱えていたらしいピエロに対する「アニメだからって,やりすぎや」というツッコミが素晴らしい.今回の河内の細やかな突っ込みとテンパリ具合は見事です.大和屋氏効果だろうか? で,物資を見せびらかすピエロに対しあっさり流して先行する日本チーム.両方とも大変なマイペースぶり.
狭い横穴の先にはイグレシアの滝.これに対しフリオ・イグレシアスでナタリ~とまた偉く古いネタをぶつける和馬と対応するピエロ.古いネタだとわかってる河内も含め,お前ら一体いくつですか(笑).この滝は目的地のサンアングスチン川にも繋がっているものの,それには洞窟内を息継ぎなしで2,3キロ泳がなければならない.河内は「あんただったらなんかできそうや」と純真な目で見つめてみるものの,ピエロは魚類じゃないし装備は浮き輪しか持ってない(苦笑).「もう…あかん…」と涙ぐむ,たぶん作り手に一番愛されているかわいそうな河内.
もはやピエロのミラクルも期待できないこの状況下.どうしたって重苦しくなる状況を彼なりの必死さで壊してみるのが和馬.水の中を泳ぐブラインドケーブテトラに対し,心温まるうんちくをさらりと披露する世界レベルのピエロ.1万人のお客の誰も知らないことまで知っていなければならないうんちく王のピエロに,「すごいんじゃねえ」と普通に感心している和馬.…もちろんこれはぎすぎすした場を少しでも緩めようとする2人の気遣いに違いないんですが,限界の河内や諏訪原にはそんな心遣いは届かない.ストレスが10倍になるという閉鎖空間でテンパッた2人にこれ以上の負荷をかけるのはまずい,と判断したピエロは,ある覚悟を決めます.

「脱出する方法を思いついたさ!」と軽くとんでもないことを言い出したピエロ.世界レベルなら2,3キロを息継ぎなしで泳げるはずなので,自分が出て助けを呼びに行くというピエロの申し出に対し大喜びする河内と諏訪原! 特に靴を舐めるほどに喜びまくる河内はやりすぎだ…(苦笑).しかし泳ぐには体力が必要.だから今回の題目である魚のパンをつくって欲しいと申し出るピエロに,日本チームは嬉々としてパンづくりの計画を練りはじめます.ピエロの提案によって再びチームワークと平常心を取り戻した日本チームだがしかし!「ごめんよ日本代表.実は僕,カナヅチなんだ…」世界レベルだってできないことはやはりあるわけですが,この状況で泳げないってことは結局未来がないわけです.和馬たちは知らないけれど既に死を待つしかないこの状況,過酷な環境とリアクションが融合する奇跡の瞬間を心待ちにしつつ,次回に続きます!

|

« 焼きたて!!ジャぱん#38 | トップページ | 魁!!クロマティ高校 THE MOVIE+メカ沢くんの日曜日 »

「レビュー◆焼きたて!!ジャぱん」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
私が見ているアニメは、この中で言うと、ジャぱん、陰陽、いちご です。

ジャぱんは、電子レンジのピエロの回だけ漫画で読んだことがあって、その回も無事放映され大笑いしました。ピエロが笑えます

レビュー全般への質問なのですが、こんなに長文で正確に細かく書かれているレビューはどのようにして書いているのですか?
手間がかかっているように思われるのですが。

まさか一度見だだけで暗記されているのですか!?
それとも、ビデオなどに録って、見返しながら書かれているのですか?

また、一本のレビューを書くのに要する時間はどのくらいですか?

個人的に気になっていたことで、
よろしければ、お答えねがいますー^^

投稿: aya | 2005.08.06 23:41

レビューは,録画したものを一時停止と巻き戻しを駆使しながらメモして,それをベースにして時間をかけて書き出しています.一度見ただけでは絶対無理です.
1本書くには最低でも2時間以上かかります.ただ,メモさえ取ってしまえば録画を見なくても作業できるので,別の作品を見たり,ちょっとした時間を見つけて書いていることが多いです.
手間は物凄くかかってますが,趣味ってのはそんなもんではないかなと.
あと記事自体はあんまり正確ではないので,自分も内容を保証しませんし,決して真に受けちゃいけません.自分で見て裏を取ることは大切です.…それに,実際の作品のほうが面白いですしね.

投稿: Rowen | 2005.08.08 23:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/5224632

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたて!!ジャぱん#39:

« 焼きたて!!ジャぱん#38 | トップページ | 魁!!クロマティ高校 THE MOVIE+メカ沢くんの日曜日 »