« ボボボーボ・ボーボボ#65 | トップページ | 金色のガッシュベル#114 »

7月開始新番組チェック・1

いやもう大変なんですよ.本当に大変なことになってるんですよ今週の「ガッシュ」が! あ,現在サンデーで連載中の奴なので,コミックスで読んでいる人には結構先の話,アニメのみ見ている人にはさらに先の話になるんでしょうが…とんでもないことになってますんでお楽しみに(笑).ただし,この回だけつまんで見てしまうと相当激しいネタバレになりますんで,雑誌連載派以外は我慢して見ないことをお勧めしときます.この話を今のアニメの品質でやられたら相当凄いことになるに違いない.久々に雷句先生の師匠が誰なのかを痛感させられた1話でありました.

さて,今日は7月開始の新作について感想を.今期はそれなりの出来になっているものが多くて,派手にぶっ壊れていることでおなじみの独自アンテナにひっかかる凄い電波はいなくて残念.この分だと「いちご」の抜けた穴はしばらく先の「アストロ球団」で埋めることになりそうです.実は「らぶげ」にかなり期待してたんですが,思った以上にちゃんとしていて非常に残念.あのあかほり先生ならば,筆舌に尽くしがたい底抜けアニメを見せてくれると思っていたのに(苦笑)! ボケるために生まれてきたとしか思えなかった「らいむ」のような脅威の逸材が次に出てくるのはいつになるのやら….
てなわけで新番組「かわいい」編.タイトル前の記号は見る前の期待→見た後の評価.

△→△かみちゅ!
原作未読.これは凄まじい作画アニメだ.神や物の怪の類を当たり前のように受け入れる世界の中で,少女たちの動きを緩いユーモアを込めた目線で丁寧に追っていくようです.大事件が起きても,逆に事件が1つも起きなくてもかまわないという展開に対する自由度の高さが目立つわけですが,それゆえに終盤の落としどころをどうするかで評価がまったく変わりそうな気がします.作画が良すぎる副作用で,きっちりまとめて当たり前,ちょっとでも外せば皆ががっくり来そうな予感.プレッシャーに負けずに頑張れ.

-→△シュガシュガルーン
原作未読.人の心を奪って偉くなれ!って基本構造が「さくらん」と実によく似ている気がするのですが(笑).そんなわけで恋愛モノというよりはオブラートをかけまくった変形水商売ものとして見ると愉快そうな予感.まだまだ絵と物語と音が一体化していないので楽しめるところに至ってないものの,数話かけてうまくかみ合ってきたら結構いいところまで行けるポテンシャルはあるんじゃないかと思います.

-→△おくさまは女子高生
原作数話読んだことあり.1週間の休暇の末に僕らの「いちご」みたいな奴がもう戻ってきた(笑)! 東城と唯とさつきを足して3で割ったような麻美さんのエロスが初回から大爆発&全開.とはいえ物語そのもののタガの外れっぷりやら狂いっぷりやら全てをかなぐり捨てたスピード感やらは偉大なる先人に比べると物足りない.やはり少女は競ってこそ花.同格のライバルと競い合うようになってからのダメの加速を期待したい.

-→○奥さまは魔法少女
今期のかわいい中ではこれが予想外に良かった.もう途方もなく「忘却」なんだけど(笑)比喩が圧倒的にわかりやすいところがうれしい.品質を落とさず比喩も極度に難解にはせず,コンパクトにきっちりまとめることができたら優秀なショートシリーズとなりそう.主役の嬉子さんがエロ可愛くてたまらないわけですが,ここで彼女を完璧に男の思うとおりに動かすと凡百のアニメの中に埋もれてしまうので,いかに彼女が紙一枚のところをすかしていくかが一番の鍵になるんじゃないかな.

○→△あかほり外道アワーらぶげ
ものすごく期待してたのに! そんなまともなものをつくっちゃダメだ(笑)! バカ脚本なんですが作画が思った以上に良く「フタコイ」はこんな風だろうかと放映前に夢想していた感じにむしろ近かった.台詞のバカぶりはなかなかで良いバカアニメになりそうですが,それでは破綻の美を求めるアンテナには反応しないというのが自分の天然ネガティブキャンペーンぶりをよく示しています.この先作画や脚本が崩壊したら大喜びで書き出しそうな気がしますので,書かないで終わるのが望ましいなぁ本当に(苦笑).

かわいい編はこんな感じ.主にかっこいい編はまた来週.

---
おまけ1

陰陽大戦記 覇者の印
「陰陽大戦記」のPS2用アクションRPG.現在流派章が四になりました.基本的に物語は一本道.間の伏魔殿という流派を問わぬ修行の場にひたすら潜って修行に励む…というのが序盤の展開です.コゲンタで妖怪と戦い,リクで仕掛けを解き,2人で大ジャンプをするってのが基本操作になるんですが,微妙な方向調節が非常にしにくかったり,謎解きするには視野が狭く視点の変更がしにくかったり,攻撃している最中に背負ってしまって苛立ったり(苦笑)と操作性に関してはかなりの問題を抱えてます.特にボス戦.必殺技入れる余裕がないんだけどどうすればいいんだ.印を切る直前に入れなければならない攻撃があるわけですが,この攻撃がタメがでかいわ遅いわで敵にまともに届かない.うまく入ったときは大ダメージが狙えるんですが,それを狙ったときに食らうであろうダメージを考えると,印は切らずにコゲンタにひたすら殴ってもらったほうがまだなんとかなるってところが辛い.
とはいえこれを投げ出さずこつこつと進めていけるのは,合間に流れるムービーがかなり面白いから.シナリオを進めている最中に出てくるムービーも結構楽しいですが,特筆すべきは天神町への帰還.フルボイスでの掛け合いはついつい微笑んでしまうくらいに絶妙! モモちゃんの妄想とかリナちゃんのトラさんLOVEとかリュージの野菜とかマサオミの弁当とかソーマの偏食とか驚くべき邂逅とか,今となってはなかなか拝めないリクのボケた日常を見るためだけに闘神石のかけらを拾いにいく今日この頃.おかげでちっとも強くなりません(笑).昨今の本編のハイテンションぶりに疲れた心を癒してくれるので,ファン向けアイテムとしては意外と優秀ではないだろうか.

おまけ2 終了番組感想・追加

3:3:1 ああっ女神さまっ
マニアなら誰もが知っている古典を実に丁寧にアニメ化.常に良い方に話が転がる,癒し系展開の魅力は十二分に発揮できたんじゃないかな.今となっては物語構造もキャラも目新しいものではなくなってしまったけれど,それでもそこらの無限ループな類似品に比べると風合いや品の良さは格違いに良い.アニメ化で付加された要素がなかったのは残念.でも,深夜にのんびり眺めるにはちょうどいい温さで,結構面白かったです.

|

« ボボボーボ・ボーボボ#65 | トップページ | 金色のガッシュベル#114 »

「アニメ短評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/4861695

この記事へのトラックバック一覧です: 7月開始新番組チェック・1:

» 17年夏の新番組・いぬまとめ [いぬ日記]
まこっちゃん記:紅さやか ● 「おくさまは○○」というのが、二つ同時期になるなんて、奥様ブームか!?「奥様は スク水眼鏡ロリつるぺたツニテツンデレ魔法幼女女子高生ふたご妹メイド」とか始まれば完璧なのに。あと「奥様は 男」とかあってもいいな。今期の、いぬまとめ開始ー。 まこっちゃん記:一橋ゆりえ ● 「かみちゅ!」中学生が神様になる話。絵も動きも背景も丁寧。神様になるところは、名場面。一橋ゆりえかわいー。 まこっちゃん記:ぺと子 ● 「ぺとぺとさん」妖怪と共存している世界の話。少女の微エロ描写が、そ... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 01:46

« ボボボーボ・ボーボボ#65 | トップページ | 金色のガッシュベル#114 »