« 陰陽大戦記#50 | トップページ | 金色のガッシュベル#124 »

ボボボーボ・ボーボボ#72

「本格的に始まっちゃったよ新展開の巻」

新皇帝決定戦に乱入することを決めたボーボボ一行.開催場所の入り口,地下に続く穴の周囲は既に死屍累々.穴に飛び込んだ一行は,ばらばらにされてそれぞれ別のコースを進むことになった.
ビュティと同じ魔の海底トンネルを進むことになったのは首領パッチ…というよりはパチ美.宇治金TOKIOも加わって3人で通路の番人を突破するはずが,パチ美は逃走し宇治金は役にたたない.しかしビュティは自分ひとりでも戦うとヒロインの意地を見せ,その意地がパチ美と宇治金のライバル心に火をつけた.

大きな山を越えて今度は穴へ.内容よりもむしろ改編期になっても新展開&特番で放映不能という状況に戸惑う「ボーボボ」.たしか今のお家にはそのうち新しい住人が来るはずなんだけど,お前ら一体どこに行くつもりだ(苦笑)? 今回はノリ重視でややツッコミが空回り気味.要所で入るのでギャグ自体はわかりやすいものの,バランスとしてはちょっとくどいかもしれない.そんな状況の中で豪華に使い捨てられていくのが私市淳と中原麻衣! 相変わらず声優に関しては無駄に総力戦.
アバンは突如ジャンケンで,その結果ミュージカルをやることに決定.無駄にノリノリな3バカ+田楽に対し,「おれは~バトルオタク~」と外すへっくん.…それが君のテーマなのか(笑).芸人たるもの芸事は,何でもそれなりにこなすか笑いを取るかのどちらかが出来なきゃダメですよ.まあ,たしかに気の毒ではあるけども(苦笑).

前半.マルガリータ新皇帝決定戦を知ったボーボボたちはもちろん乱入決定.毛狩り隊の中枢を叩けるからというよりは,うまいこと次の皇帝になることが狙いだ(苦笑).モグラを拷問?して聞き出した会場には「君も皇帝になっちゃえ」という惹き文句もキュートな看板がでかでかと.周囲にはちゃんと先の恐怖を暗示する惨状も用意されているので,気を引き締めろといきなり力を入れて演説をはじめるソフトン.もちろんそんな演説を真に受けるような間抜けは,ヘッポコ丸程度しかいないわけですが.
てなわけで大穴目がけて突撃するボーボボたちと,それに巻き込まれる者たち.縦穴の壁のカエルの彫刻の口に連れ込まれ,一同はそれぞれバラバラに….ビュティと首領パッチ,ボーボボとヘッポコ丸,ソフトンと田楽.破天荒は自分で道を選び,天の助はお約束なので一人で落下&リアクション.首領パッチとボーボボがちゃんとツッコミ役と同行しているところなんて,さすがハジケリスト,隙がない.
ビュティと首領パッチが到着したのは,コースナンバー26・魔の海底トンネル.到着直前からパンダに技をキめられてみたり,通路に噴き出す海水を食らってみたりとリアクションで視聴者の注目を集める首領パッチ.なんせパチ美さんはビュティとヒロインの座を巡って争う宿命のライバル.少しでも目立ちたいパチ美が決して味方ではないってことがビュティさんには辛い.
ツッコミであるビュティさんはどんなボケよりも強いものの戦闘力はほぼ0の上,ライバルは敵愾心剥き出しで頼りにならない.こんなときに仲間になるのが,旧Fブロック隊長の宇治金TOKIO.…もちろん首領パッチ以上に頼りにならねえっつうか意味ねえ(苦笑)! 敵のはずの宇治金がわざわざ接触してきたのはコースの番人を一緒に倒したいから.そんな宇治金を完食の上に壁に容器を投げつける首領パッチ.仲間として認めるための儀式なのかあるいは拒否なのか意味のない八つ当たりなのか.…やっぱり一番最後が正解か.
頼りないものの勝手に1人増えた仲間.しかし番人・火鎖清十郎を前に,いきなり怯えた仔犬ちゃんのようにビュティさんの陰に隠れる宇治金…と首領パッチ(笑)! 装備は布の服のみで棍棒すら持ってないビュティさんには辛い.そんな頼りなさ過ぎる3人に,火鎖はギャラクシーチェーンを放つ! 宇宙だしジャンプだし東映だし,なんとなくアレを思い浮かべてしまうなぁ.
一応宇治金が夏真拳奥義・真夏の太陽で反撃しようとするけれど,これは自爆技で昏倒.お前バカだろう.首領パッチは魚に変形して仲間を見捨てて広い海へとランナウェイ.そんなどうにも頼りにならない2人の身柄と,1人分の酸素ボンベの引き換えを火鎖に提案されるビュティさん.自分の命と2人の仲間?の命を天秤にかけることになったビュティさんは…きっぱりと選択.
ボーボボとともに歩んできたこれまでの驚くほどに長い旅.それはビュティにとって,常に仲間に助けられ庇われてきた旅でもありました.仲間の助けがなかったらたぶんビュティさんはここにはいない…今のビュティさんの命は仲間のものだから,「仲間を裏切るわけないでしょ! 私一人でも戦う!」と毅然と言い放つ! 戦闘力皆無でもその毅然たる態度はまさにヒロイン! 戦場の華!
凛と咲く華の姿にパチ美は愕然.王道を歩むビュティさんの姿に追い詰められて突撃だ.ビュティを襲うプラネティックチェーンを妨害する,大量の水とともにやってきたお魚をくわえた大バカ者.「ヒロインは俺じゃー!」って宇治金までいきなりヒロインを目指し始めたのは,たぶんノリだけだと思います(苦笑).とりあえず仲間たちに救われた格好となったビュティさんだけど,海底トンネルには新たな登場人物が…あの強敵,ハレクラニがやってきた!

後半.まずはビュティさんコースの行方なんですが,大量の金とともにゴージャス真拳の使い手ハレクラニ再臨.金の力で全ての無茶を通そうとした大ボスの一人です.もちろん首領パッチも宇治金もお金は大好きなのでハレクラニ大好き(笑).火鎖を奥義・デス100万$ウイングで宙に釣り上げ,金で固めて物言わぬ小さなコインに変える,強引極まりない技の冴えは健在.かくして門番は消滅.
そんなハレクラニはビュティに危害を加えることなく素通り.平凡な日常でボーボボに倒された彼が望むのは,ボーボボとの再戦と勝利のみ! そして宇治金はあっさりハレクラニに乗り換え.パチ美を捨てることに何の抵抗もないのは冷たい氷だから.なんとなく天の助と似たようなコースを辿りそうな気がするけれど,体に気をつけて頑張れ!
さて,ハレクラニが対戦を望むボーボボとおつきのツッコミヘッポコ丸は,屋台が立ち並ぶ死のラーメン街道で食事中.そんなにビュティさんが心配ならさっさと先に進めばいいのに,ブタのラーメンを食いきって器をブタに投げるボーボボ.彼なりの焦りの表現らしいけど,警察呼ばれても知らないぞ(苦笑).
このラーメン街道の番人はメンマ.既に「あの」Jを足蹴にすることで己の強敵ぶりを誇示! もちろんゲストに雰囲気を持って行かれるのは芸人としては我慢ならないところなので,ボーボボはひたすらにJとKを誤解.わかっていないへっくんが真面目に修正しているのが気の毒なような間抜けなような(笑).「いろんな意味で無念」ってJのダイイングメッセージも悲しいぞ.
この道の番人・メンマ.毎度ながらの無駄に豪華な声にびっくりだ.そんな強敵に話の都合上一緒に挑むことになるのは,懐かしい3バカ文明たち! 泣き声は「にんじゃ」ってどうなのか(苦笑).ボーボボとヘッポコ丸のコンビでは強烈なボケとリアクション芸人がいないので,寄ってくる3バカ文明に「甘えるなカスどもがー!」と早速その役を押し付けるボーボボ.とはいえ3文明も普通に喋れるので,こいつらも宇治金と同じく仲間を待っていた口なんでしょう.
そしてはじまるラーメンバトル! ラーメン作って食わせて美味いと言わせたら勝ち!という食バトル.でも天の助がいないので余計な脱線はなく,ボーボボが一応インスタント麺(ただし固形)を持ってきたのに対し,3バカ文明はカーメン,緑の謎の物体,自分…と最初から食い物でないものを揃えてくるという暴走ぶり.この場で一番賢いのは,ちゃっかりツッコミ役におさまって傍観するヘッポコ丸だと思います(笑).
食卓ルーレットで自分の前に止まったものは全部食えという強烈なルール.初回で地獄を見ることになったのはメソポタミア文明.なんせ全部がメソポタミアのところに寄ってます(苦笑).メンマ曰く,彼女のラーメンは食えば美味さに痺れて固まってダイイングメッセージを残す,奥義・美味硬直ラーメンであるわけですが,残されたメッセージには「ぶっちゃけカーメンが効いた」…そりゃそうだろう.
このように笑いを取るだけなら特段問題はないものの,「美味い」と言わせるものを作るのは少々難しい.ボーボボがラーメン老師となって特訓を行い,世界最高ラーメンを開発したとしても,究極のラーメンの割には当たり障りのないカップめんがコンビニに限定販売される程度なんですよコーナーの企画って.しかも実際に監修してるのは別人だったり,「この味は!普通だー!」だったり(笑).
こうなったらボーボボ側にできるのは「全部食え」というルールを逆手に取ること.とりあえずラーメンでないものも食わねばならないということはメソポタミアが身を持って示してくれたので,メンマが準備した特盛10ラーメンを奥義・マスター・あちらの娘たちに僕からサービスでまずは他人に押し付ける.非情なボーボボは展開によってはいつだって仲間を切捨て可能.もちろん文明たちだってばっさりと! そう,いつだって「真犯人はボーボボ」だ.さらに絶対食えないぎょうざをメンマにお届けし,食べ残したメンマを無理やり負けに追い詰めて,また一人,素敵な声が消えていく!

どんな状況であってもとりあえず自分だけは勝ち残っていきそうな悪辣な主役ボーボボさんと,それを呆れて見守るヘッポコ丸はついに出口へ.3バカ文明は,ここまでやられたんだからボーボボが油断も隙もない悪人であることをいいかげん認識するべきだと思います(笑).
舞台は次のフィールドへ.ボーボボ潰せコールで大歓迎されるボーボボたちの明日はどっちだ.ついでにこの作品自体,一体どうなってしまうんだろう…? まったく先の見えないバトルロイヤルの先に待つのは一体何か.次回に続きます!

|

« 陰陽大戦記#50 | トップページ | 金色のガッシュベル#124 »

レビュー◆ボボボーボ・ボーボボ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボボボーボ・ボーボボ#72:

« 陰陽大戦記#50 | トップページ | 金色のガッシュベル#124 »