« 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#75 »

金色のガッシュベル#127

「リーダー役はほんとに必死の巻」

残るはあと2日.ファウードに向けて最後の乗換えを行い,軽飛行機でニュージーランドを行くガッシュたち.戦いの時はすぐそこなのだが,飛行機の中の雰囲気は暗い.皆,キャンチョメが気づいてしまったファウードの正体が怖くて仕方がなく,清麿の無理のありすぎる予測にすらすがりつく始末.
その頃,ザルチムの報告によってファウードに魔物たちが近づいていることを知ったリオウ.彼の望みが叶うまでにはあと2日.それを邪魔しにごく近くまでやってきた5体の魔物を倒すため,彼は配下の2体の魔物を向かわせた.

ファウード編導入部で早速アクションがはじまる「ガッシュ」.前回キャンチョメが白状した恐ろしい事実に面白いほど浮き足立ってみたり,ファウードの見えない気配にビビってみたりと仲間たちの反応もなかなか楽しいわけですが,見所はやはり清麿の一杯一杯の仕切りっぷり.怖気づく仲間を詭弁やら強制的な勢いで引き摺っていき,しまいにはザルな降下作戦に引きずり込む恐ろしいリーダーぶりが情けないやら面白いやら(笑).現状では舞台を知り尽くしているリオンが大幅に優位なわけですが,どこまで無理をすればその差を逆転できるんだろう?

小型飛行機に乗り換えたガッシュ組は,ファウードに対する最終アプローチを開始.命の危機に瀕しているはずのリィエンを救うためにも,ファウードを止めるためにも,ここはぜひとも気合を入れて突入していきたいところ.特に最終的には気合とか眼力で乗り切ることの多いガッシュたちにとって,気合の有無は本当に死活問題だったりするわけで.しかし全員思った以上にローテンション.必死で盛り上げようと頑張る清麿が気の毒なほどの空気の淀みっぷり.
キャンチョメの教えてくれたファウードの姿が現実ならば,富士山よりでかい相手のサイズからするとここにいる5人の魔物の子では正直お話にならないので,べっこりへこんで戻らない.まあ,中には尿意のほうに意識を持っていかれているオバカさんも2名ほどいるわけですが(笑)この2人だって怖いのは間違いないだろう,恐らくは一番怖がっているのは,相手を最も正確に把握しているモモンと清麿なんだろうし.…その処理は女の子には辛いなぁ(苦笑).
そして実際に清麿は無理をしていると,耳に痛い反論をしてくるのがキャンチョメ.結構勘がいいんだよね.確かに富士山よりでかい魔物に立ち向かうなんて,怖くない奴がいるわけがなく.そこを問い詰められてつい口ごもってしまう気の毒なリーダー.嘘でないからこそ,清麿は反論できないわけです.
とはいえ時間が限られ敵を目前にしたこの状況で,リーダーまでへこんではこの先失敗する確率が上がるだけ.どんな形であっても,仲間達の心の支えにならなければまずい.そんなわけで清麿は自分でも信じていない大嘘をつきます.ファウードの正体はきっと眼の錯覚!心霊写真と一緒!って,もちろん言ってる本人が一番信じてないことは間違いなし(苦笑).
東京タワーも眼の錯覚次第で魔物に見える,という頭脳担当とは思えないイカれた主張を展開する清麿.しかし本当に怖がっている仲間達には,溺れそうなところに投げ込まれた麦わらのようなもので,もう絶対沈むんだけどすがらずにはいられない(苦笑).あからさまに嘘だとわかっていても,そう思わないとやってられない状況なわけですよ実際.そんなわけでバレバレの方便のおかげで士気はちょっぴり上昇.…根本的には何も解決していないけれど.
さてその頃のガッシュたち5人以外のこの先絡んでくる連中の動向.まずはガッシュとそっくりな外見の魔物・ゼオンたち.ガッシュたちのイメージが暖色系とすればゼオンたちは寒色系.過去,魔界の図書室で左側の本を開いたゼオンは,恐らく今ファウードを支配しているリオウと同程度の知識を既に持っています.あまりに危険で封印された魔導巨兵ファウードは,何らかの方法で操ることが可能.…ゼオンたちの狙いは,自分の意のままにファウードを動かすことで,その点ではリオウと目的は一緒.彼らはうまいことファウードを手に入れ,見たことのない景色を手に入れることはできるのか.
続いては今シリーズではガッシュたちの当座の敵となるリオウ.部下のザルチムにガッシュたちやそれ以外の連中が近づいていることを聞かされて苛立ちまくり.中でも気になるのはカルディオたち.既に巻き込まれているアースたちが来るのは当然だけど,まったくの無関係で巻き込まれたカルディオたちは,一体どんな立ち位置となるんだろう?
そしてザルチムの報告から判明するのは,敵の動向ばかりではない.このタイミングで敵が来るのはおかしいと,スパイの存在を感じとります.そのスパイがガッシュたちのところにメッセンジャーを送りつけた奴と同一人物なのは間違いなさそうで,現状でファウードを巡るこの状況についてかなり詳しい奴と言えば….

ガッシュたちの飛行機はファウード近辺に到着し,計器すら狂う結界に接近.見えないけれど何かがあるこの空間で調子を崩すのは機械だけでなく,魔物の子たちも一緒.能力の鋭敏さには個体差があるようですが,魔物には他の魔物を感知する機能が備わっているから,ごく間近にある恐ろしい気配にも気がつくわけです.魔物が隣にいても感知できない鈍いガッシュですら気配に気づくくらいなんだから,ここまで一人でファウードを感じていたモモンの恐ろしさを推測できるってもんで.
魔物には感じられるけれど人の目には見えない正体を明らかにするために,清麿はガッシュを使ってザケルを放ちます.…電撃によって破れた結界から覗くのは,雲と雷を纏った巨大な何か.写真に映っていたものと同じものだけれど,実際に目前にしてみると洒落にならないほどでかい!
けれど,ここで戸惑って仲間に考える時間を与えては,大嘘で維持しているなけなしの士気も消えてしまう.それだけは避けたいと思ったのか清麿は強引に話を進めていきます.台風の目のように周囲を結界で包まれていると推測して垂直上昇を指示した上に,ファウード上空から降下して侵入するのだと無茶苦茶なことを指示.特にパートナーたちは清麿本人も含め別に特殊部隊でも何でもないので(笑)その事前に練ってきたという計画の机上の空論ぶりにびっくりだ.
リーダーの指示は高度3千メートルからのパラシュート降下で,その先には怖いファウードも待っている.とはいえそれをやらせようとする清麿の怖さも尋常ではないため(苦笑)全員で命をかけるしかない.…もちろん,清麿がここまで怖くて無茶苦茶なのは,ここで一番事態を正確に把握しているからだと知ってはいるのだろうけれど.

ガッシュたちが無謀なパラシュート降下作戦を開始するのを,リオウ側も当然待ち構えています.実際真昼に陽動もなく敵本拠地にパラシュート降下じゃ,撃ち落としてくれと言っているようなもの(苦笑).パートナーも魔物を抱えて分散して降下して地上の目標地点に迅速に集まるのがたぶん正解.で,思いっきり不正解な侵入者を迎撃するのは,リオウ配下でも戦闘慣れしている2体の魔物.
リオウ配下の大きな魔物と小さな魔物,ブザライとキース.彼らは空中で身動きが取れない彼ら…ではなくアポロがまだ残っている飛行機のほうを攻撃! これが心理的に与える衝撃はかなりのもの.で,それから宙吊り状態のガッシュたちを樹間からじっくり攻撃.ザケルで反撃したりするものの,距離が開きすぎて術が到達する時間がかかりすぎて逃げられてしまう.ティオの防御技,セウシルも全員を覆うことはできない.…ろくな計画もなしに降下したから,こんなことに(苦笑).
まだマシな降下作戦としては,ティオとガッシュたちが陽動で地上攻撃&防御しながら降下.モモンとウマゴンたちは一緒にできるだけ離れた方向に向かい,着地次第モモンのアンテナとウマゴンの足でガッシュたちのところに急行.で,キャンチョメはポルクを使い,発見されないように降下した上,ガッシュの落ちた方向へ姿を隠しつつ近づくってところか? 実際の落下状況は,ガッシュとキャンチョメたちがペアで,ティオたちとウマゴンたちとエルがグループに.モモンがはぐれてしまったのでいきなり1魔物分の能力を失っているという前途多難ぶり.…でも,あんな無謀な降下作戦でもアポロたちを含めて誰も死ななかった時点で,運は良すぎると思います.
落ちたガッシュたちの前にやってきたのは,ベートーベンの交響曲第9番第4楽章・通称「歓喜の歌」を適当な歌詞で歌ってくれるキース! 声優が豪華な時点で既に想定された惨事ではあるわけですが(笑)まさにツッコンでくれと言わんばかりの態度に対しきちんとザケルでツッコむ清麿は律儀.「ベートーベンを,バカにするな!」って,大穴だらけの作戦でも無理やり仲間を引っ張ってきて,はじめて対峙した敵がこれじゃ確かに言いたくなるさ(苦笑).
本作らしいどうしようもないノリで早速開かれた戦端.見た目も歌もふざけているキースだけど,ザケルすらかわす変幻自在の身のこなしやバリーをライバル視するあたりからその実力も知れようというもの.そういやついこの間バリーと引き分けた奴がいたなぁ.メロンや椅子で学んだとおり,どれほどふざけた外見でも洒落にならない強敵だったりするので警戒を怠ってはなりません.…それは味方も同じことだったりするんですが.次回に続きます.

|

« 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#75 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/6434319

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#127:

« 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか | トップページ | ボボボーボ・ボーボボ#75 »