« 焼きたて!!ジャぱん#48 | トップページ | 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか »

焼きたて!!ジャぱん#49

「親と子,キャバクラの別れの巻」

河内渾身のヴィクトリーに対するリアクションが過ぎて出血多量で倒れたピエロ.しかし瀕死の彼の血液型は世界的にも稀な上に他の血液型は輸血できないボンベイ型.このままボンベイ型の血液提供者が見つからなければピエロは死んでしまう.そんなときに輸血を申し出たのが獅子頭のモナコ王.今ピエロの命を奪おうとする血液型は,図らずもピエロの親が誰であるのかをも示す.しかし死の淵をキャバクラヘブンで遊ぶピエロはそのことを知らない.

河内がメインの決勝戦第2戦のはずが,リアクションしすぎたピエロが一気に主役の座を奪っていく「ジャぱん」.これまで長らくリアクションにちりばめられてきた彼の生き様は,ついに現在に到達した上本当に取り返しのつかないことに! 本作の華であるリアクションは根本的に何かが間違ってるんですけども,そのリアクションに巻き込まれてしまって要人が被害者に.相当切ないシーンでも,背景がキャバクラなおかげでシリアスになりきらない「照れ」がいかにも本作らしい.

前半.サスペンス風に場を盛り上げるだけだったはずなのに,河内のツッコミが遅れたおかげで死にかけるピエロ.前回ラストでは救急車の中で健在ぶりを示したもののやっぱりあれはカラ元気.…まあ,普通背中にナイフが刺さったままで4時間放置すりゃ死ぬしな.というわけであっという間に容態は悪化.稀代の世界レベルは,決勝3回戦を前にして一人旅立ちそうな大ピンチ.
しかも死にかけピエロを救うには思ってもみなかった障害が.危篤のピエロの血液型は大変にレアなボンベイ型! 稀血の1種であるこの血液型は,他の血液型の血を輸血できないという厄介なもの.恐らくヨーロッパでも赤十字あたりがボンベイ型の血を持つ人を把握していそうな気はするけれど,ピエロを助けるためには一秒でも早く大量の血が必要なんだから,この状況で涙に溺れているような奴はクズでしょう.
ともかくまだピエロは生きてるんだから,ベストを尽くすために動き出そうとする大会参加者たち.最初から諦めること自体を知らない和馬に引きずられ,己の中にもあった諦めない魂を思い出し,河内がかっこいい指示で全員を周辺に散らせようとしたその途端,いきなり王様が横から出てきて水を差す! ピエロのためにはよかったけれど,折角の見せ場を奪われた河内がやっぱり気の毒だ…(苦笑).
実は自身もボンベイ型だったモナコ王.この血液型は両親がその因子を持っていないと生まれないということで,近親婚が多い王侯貴族ならではの血液型…って,こんな珍しい血の奴がそこらにぞろぞろいるわけがないということで判明するご都合主義だが衝撃の事実.モナコ王とピエロには血縁が! 2回戦の主題は未だ響いているのです.
死の淵で走馬燈を走らせるピエロ.己の孤独な出生を思い出し,求めに求めて頑張っても結局見つからなかった父母に対してついに怒りを抱きます.やってることは世界平和レベルまで昇華してたんですが,それすらも両親に会いたいという一心だった彼にとっては大きな挫折.その痛みゆえに自堕落になったピエロがしけこむのはおなじみキャバクラ・ヘブン.お久しぶりですさつきさん(笑).
三途の川がわりのキャバクラで遊ぶピエロのところには,頼んでもいないフルーツが到着.これはなぜか同じキャバクラで遊んでいた王様からの贈り物.…本来はもっと湿っぽくなる再会なんだけど,舞台のバカバカしさで不思議にドライな雰囲気に.王様はピエロと話すことによって彼が自分の息子であることを確信.本当にぎりぎりのところで息子に会えたのはいいものの…さすがに自分がピエロをここまで放っておいた父だとは切り出しにくい.
で,そんな王の葛藤に気づかないピエロはいい気分で親に対する不満をぶつけまくる.たった1つの望みを叶えられなかった責任をまだ見ぬ両親に押し付けて,あんな奴はどうでもいいと見事に屈折するピエロ.本来もっと早く捻じ曲がっていてもおかしくなかったのでかなり頑張ったほうだとは思うんですが,これを目の前でぶっちゃけられる王様は辛い(苦笑).必死でフォローを入れてなんとか翻意させようとするものの,見事に曲がっちゃったピエロの心はもはや真っ直ぐには戻りようもなく…こうしてピエロは,本当に貴重な時間を失ってしまうのです.

後半はついに犠牲者発生! ピエロの入院した病院には関係者が集合し,リアクションに命を賭ける世界レベルのピエロこそが行方不明のモナコの王子であることが明らかとなります.聡明なモナコ王が王という立場すら度外視してここまでピエロに尽くすのは,己の子だと気がついてしまったから.
モナコ王家の家訓の中には,その獅子頭に相応しい「子を千尋の谷に叩き落す」という強烈な項目が存在し,王家の子は庶民の中で育てられるのがお約束.…確かに王室の人間にとっては厳しい環境なのかもしれないけど,一般人の暮らしを千尋の谷扱いはひどいよなぁ(苦笑).そんな厳しいしきたりを廃止するために23年前王が自らの子に行った操作が,結果的にピエロを孤独な旅へ送り出すことに繋がったのでありました.
8歳ではなく,出生後すぐに民間に預けられた王子.しかし預けた相手が極端に悪く,いきなり逃走の末夫婦は自殺….もし8歳まで待って預けた王子なら,自分で王宮に戻ってくることもできたかもしれませんが,乳児であった当時の彼にそんなことができるはずもなく,サーカスの忘れ物としてケダムに拾われ世界レベルの伝説が始まった,という種明かし.今,王の目の前でおねえちゃんを抱えてご満悦にバカ笑いしているピエロこそ,王が秘密裏に探し続けていたレオール王子その人でありました!
もちろん王子は最後の最後で思いっきり捻じ曲がったため,子どもを捨てる親には探してほしくないとまで言い切ってしまうほど.それでも王は再会した息子のためにその命を投げ出している真っ最中.「死なせてたまるか!」とほとばしる感情のままに王様はついにカミングアウト! ピエロが王子であり,自分がピエロの親であることを宣言! もちろんいきなりそんなことを言われたピエロは呆然だ!
現実では己の子を救うために特攻をかけている王様は,幻のキャバクラの中で自分の大切な子どもを抱きしめる.2人の血縁関係を示すかのように,今王様からピエロへと渡されているボンベイ型の血液.自分の命を捨ててもピエロの命を救う王の覚悟は悲しいほどに見事に成就.自分を抱きしめてくれながら,鼓動を弱めていく王様.待ち望んでいた再会は一瞬で,そのまま2人は別の世界へと別れていく….
生の世界へ引き戻されていく子と,死の世界へ旅立っていく父.伝えたいことは山ほどあるのに,ピエロの声は既に出ない.最後の最後でピエロがひねくれてしまったために失った時間は何よりも貴重で,もはや元には戻らない….父を呼ぶ声を伝えることもできないまま,ピエロは天上のキャバクラから料金も払わないままで現実に戻され,横に寝ている王はそのまま崩御.やっと出会った父を息子は失ってしまいます.

数日後.王が崩御し王子が戻ってきたモナコ公国にはかなりの激震が走ったはずですが,とりあえず世界大会が中止にならなかったことだけはよかったんじゃないか.とはいえピエロを見舞った日本チームが見たのは,とても病み上がりには思えないほどの王様ピエロの乱痴気騒ぎ! …そして,なんだかんだとピエロとはここまで生死をともにした仲なので,彼のあまりにも痛々しい強がりぶりを一瞬で見抜いてやる日本チーム.
リアクションを通じて事情をよく知っている日本チームに,ピエロは死にかけでみた幻覚について話します.臨死の社交場で王と会話したのはいいものの,事情を知らずに自分を救った父を思いっきり罵倒してしまった….23年の念願がこんな形で終わるだなんて,ピエロが酒に溺れたくなる気持ちはよくわかる.
けれど,本作には最終兵器が残っている.死んだ父に会いたい程度のお願いならば,十分美味いパンさえ焼いて食ってもらえば実現できてしまう異常事態なわけです.元々人情ドラマは話を走らせるためのレールに過ぎず,真の主役はそのレールの上で大暴れするリアクションそのもの.その真価がまたも発揮されるのが真打による決勝3回戦…なんだけど,この先のリアクションは相当危険.フィクションと違って現実は厳しいものなので,作り手は十分に考えてから手を出していただきたい(笑).いろんな意味でどきどきの次回に続きます.

|

« 焼きたて!!ジャぱん#48 | トップページ | 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか »

「レビュー◆焼きたて!!ジャぱん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/6376333

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたて!!ジャぱん#49:

» ジャぱんがまたスペシャルをやったんじゃよ [ ]
わたしがハマった次の回がちょうど運良く1時間スペシャルだったんですよね。そんでそ [続きを読む]

受信: 2005.10.14 23:17

« 焼きたて!!ジャぱん#48 | トップページ | 10月開始新番組チェック・2 とかアンケート結果とか »