« アストロ球団#15 | トップページ | アストロ球団#16 »

12月上旬アニメ雑感

長かった秋もついに終わって急に寒くなってきた昨今,皆様いかがお過ごしですか? 自分は…通勤長いのってかなり辛いな(苦笑).電車2本を乗り継いで毎朝通っているんですが,事前にiPodビデオで録画を見る仕組みを作っておかなかったら今頃未見の海を漂っていたに違いありません.投入した金額はそれなりだったけど,長時間の電車移動のある暮らしには便利な仕組だったりしますので,ボーナスで一式どうぞ.

---
久しぶりに,書いてないけど見ている番組について雑感を.

<日曜>
 ◎マイメロ
 ○エウレカ,Canvas2,ぱにぽに
 △はっぴいセブン

「マイメロ」は作り手の間違った方向への気合が素晴らしい.主に幼児と女の子の魂を掴んで離さないクリーチャー,萌えたい少年・青年どものニーズに的確に応える愛らしいキャラクター,そしてひねたマニアやいい大人の視聴に耐える不条理ギャグぶりと死角なし.波はありますが,あらゆる世代に楽しんでもらえる作品の正解例です(笑).「エウレカ」は良質なジュブナイルをなおも継続中.敷居の高い導入部分は表面的なかっこ良さで乗り越えさせて,大きく話が動き出したあとは内的なかっこ良さで引っ張るのと同時に,表面的なかっこ良さの無意味さを示していくんだな.「Canvas2」は,ともすれば軽くなりがちな内容を地に足をつけてじっくり描写してくれるのがうれしい.実写にも耐えると思う.「ぱにぽに」は楽しいけど情報量が,情報量が…(苦笑).「はっぴいセブン」はお約束の塊として堅調.性格違いを含めてキャラ数が多いけど,かなり書き分けは健闘しているんじゃないかな.

<月曜>
 ○うえき,ガンソード

「うえき」はバトルモノでは王道のトーナメント展開中.けれど大味な力押しで全てが決まるのではなく,適切で的確な組み合わせが勝利に繋がるところがいかにもサンデー原作らしくて楽しい.「ガンソード」はクライマックス間近.燃える要素はてんこもりでも,全体に流れる妙に醒めた雰囲気が邪魔して発火には至らない.それを押しが弱いと考えるのか,それとも本作なりの味と考えるのかは人それぞれかも.

<火曜>
 ◎カペタ
 ○アカギ,BLEACH,ガラスの仮面
 △アニ横,ガンパレ

「カペタ」面白い! 原作の繊細な絵柄をアニメに持ってきたところも結構凄かったんだけど,色がついて動くことによって原作よりも圧倒的にわかりやすくなってます.情が先行する原作がより客観的な方向に整理されているところも好ましい.「アカギ」は他作にはない圧倒的な熱さがいい.淡々としたようで熱いナレーションはお手本にしたいくらいだ.「BLEACH」は絶賛インフレ中.剣みたいなものによるバトル描写は見事な密度.ただしさすがはインフレ真っ最中で物語の停滞ぶりが気になる.「ガラスの仮面」は中盤をすっ飛ばして2人の王女編へ.ここはかなりの気合で描かれそうなので楽しみです.「アニ横」は毒にも薬にもならないところが素晴らしい.「ガンパレ」はやっぱり系列他作を知っていると見続けていられるんだけど,ないとあまりにも辛いなぁ.

<水曜>
 ○NARUTO,ARIA
 △シャナ,アイシールド21

「NARUTO」はアニメオリジナル.他愛ないお約束話が多いんだけど画や動きがいいので楽しい.この先に待つ因縁に満ちた本筋を中和するためにもこのくらいの明るさは必要のはず.「ARIA」は実に手堅く展開.ただし,完成度の比較的高い原作にアニメ制作側で手を入れすぎているような気もする.「シャナ」はいかにも今時のジュブナイルらしく,よくわからん用語がごろごろ出てきたり現実のすぐ裏側に非現実があったり.相当わかりやすく翻訳してくれてはいるんだけどね.「アイシールド」は原作はもっと先鋭的なんだけど,アニメでは懐かしさすら覚えるようなベタな描かれ方がされていて勿体無い.もっと繊細に尖ってくれたほうがいいのに.

<木曜>
 ○舞-乙HiME,ビィト,ソルティレイ
 △ローゼンメイデン

「舞-乙HiME」は高く安定.前作で見知った顔が前作やチャンピオンとは違う役を演じているのが面白い.はちきれそうな足が可愛い….「ビィト」は実は凄く面白くなってるんだけど,この面白味を共有してくれる人はいるのだろうか(苦笑).新キャラもようやく旧メンバーになじんできていい感じ.「ソルティレイ」は尻上がりに良くなっているどころか安定しはじめたからびっくり.てっきり腰砕けるかと思ってたんだけど,この安定感はAICの力なのか? 「ローゼンメイデン」は美麗な作画とキャラの魅力が素晴らしい.話をどう落としていくのかで最終評価が決まるなぁ.

<金曜>
 △ケロロ軍曹

「ケロロ」は相変わらず揺るぎもしないほどに安定.ここまでキャラが見事にこなれると,何年だって作り続けていけそうな気がする.

<土曜>
 ◎蟲師,
 ○銀盤カレイドスコープ
 △武龍,シュガシュガルーン,ふたご姫

「蟲師」は気合の篭った原作の再現が見事.ただしあまりに見事すぎて寸分違わぬあたりが大問題.原作読んでしまうとそれでいいやと満足してしまいかねないってどうだろう.「カレイド」は相変わらず毎回面白くなり続けているのが凄いや.キャラの魅力もたっぷりでとても楽しい.「武龍」は何よりもプロレスに対する敬意が物凄くうれしく(笑)そして声優の熱演が素晴らしい.「シュガルン」は特段の破綻もなく安定.学園モノの醍醐味であるクラスメイトたちのキャラ立ちも順調.「ふたご姫」は手堅い迷走.結構とんでもない展開のはずなんだけど,ベースのテンションが割と低いせいで大暴走に見えないのが勿体無いかも….

とりあえずこんな感じ.落ち着いて感想を書く時間が欲しいなぁ.

|

« アストロ球団#15 | トップページ | アストロ球団#16 »

「アニメ短評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/7468889

この記事へのトラックバック一覧です: 12月上旬アニメ雑感:

« アストロ球団#15 | トップページ | アストロ球団#16 »