« アストロ球団#14 | トップページ | アストロ球団#15 »

金色のガッシュベル#134

「出会ったばかりに全てを託しての巻」

ファウード内,肝臓の部屋でザルチムたちの拘束を受けることになったガッシュたちだが,呪いの効果を気力で乗り越えたアリシエによって戒めを解かれた.既に縛られたティオとキャンチョメたちを除いて戦いは仕切り直しに.ただしガッシュ側は攻撃のための術が尽きかけている.ウォンレイも敵のままで,ウマゴンは心が乱れてろくに戦うこともできない.
術なしで涙を流しながら戦うウォンレイ.呪いに苦しめられる大切な人を守るには封印を解く力となるしかない.そんなウォンレイを攻撃するリーヤ.ウォンレイと同じ立場でありながらも,リーヤは呪いに苦しむアリシエとともに戦う.

笑いも悲劇も人一倍のテンションで展開する「ガッシュ」.ついに対決することになったかつての仲間はどうしようもなく気の毒で,けれどそこに同情していては最良の結末は得ることができない…というわけで既にボロボロのアリシエがもう一頑張りする羽目に.あれだけ辛そうでも術を放つアリシエの根性はさすがなので,清磨たちは彼の諦めの悪さをよくよく見習っておくべきです.この先に待つ長丁場で力尽きそうな瞬間は必ず訪れるはずですが,それでもなお諦めない粘り強さは何よりも重要.いや,ほんとに.

ファウード中,肝臓の部屋でザルチムに捕まったガッシュたちを救ったのはアリシエの一撃.並の体力ならば倒れている状況でもほとんど気力と意地だけで術を放つ彼の持久力は素晴らしい.体調が正常ならあのシェリーと正面から闘っても容易に倒れることはなさそうだから,まともなバトルなら間違いなく強敵だったに違いない.しかしそんな有利不利すらもひっくり返すのがリオウの呪いであり,ファウードという特殊な状況であるわけです.
アリシエと同じことはウォンレイにも言えます.術なしでも十分に闘える彼の強さも相当のもので,頼もしい攻撃手であることは既に皆様ご存知のとおり.けれどリィエンを人質に取られた彼は,どれほど辛い目に遭おうとも彼女のためだけにしか行動できない.リィエンにアリシエ並みの強さがあればこうはならなかったんだろうけど,今更誰にもどうにもできないし….
肝臓での闘いは仕切り直し.呪いの効果でアリシエは指一本動かすのすら辛いけど,なんせガッシュ側には攻撃呪文が足りないのでもう一頑張りしなくちゃなりません.一応主役なんだからもうちょっと意地で頑張るのかと思ったら,今の清麿にはザケルガ1発が精一杯.しかもそのなけなしの術をリィエンを救いたい一心でウォンレイが体で防いじゃったもんだからいきなり打つ手なし.さすがは序盤.主役は役に立ちません.
攻撃手段を失ったガッシュたちに代わってウマゴンとサンビームがウォンレイに挑む.ウマゴンの炎は広範囲に持続してダメージを与えることができるからかなり強いんだけど,仲間であった頃のウォンレイの姿なんかをつい思い出して乱れてしまう心が弱い.心の乱れは炎の乱れへと繋がってウォンレイの攻撃を受けてしまうことに.もちろん呪文なしだから致命傷には至らないものの,肉体的な痛みよりは仲間に蹴られたという事実そのものが痛くてたまらない.
攻撃に躊躇のないウォンレイには,生身でも戦闘センスがあるガッシュが呪文なしで立ち向かうしかない.もちろんこれは人一倍友情に篤いガッシュにはあまりにも酷.なんせ敵は泣きながら殴りかかってきます.…ガッシュ側にもう少しだけ強い覚悟があればこの段階で展開が変わってくるはずなんですが,それが足りないゆえに手を出せない展開がどうにも甘くてもどかしい.
ウォンレイとリィエンはきっともっとずっと辛い.リオウの呪いに巻き込まれてしまったあの日から,ウォンレイとリィエンの状況はひたすらに悪化するばかり.最初はリオウに敵対しようと思っていたとしても,大切な人がじわじわと悪化していく状況がウォンレイから平常心や反骨心を奪ってしまった.…自分のパートナーが死にかける程度で仲間を信頼する心をなくしてしまうだなんて,ウォンレイの心は実に甘くて弱い.
そんな甘すぎる者たちを叱咤するかのように立ち上がるアリシエは,情け容赦なしに術なしのウォンレイを術を使って吹っ飛ばす.彼らが守りたいのは世界と仲間の両方を守りたいガッシュの志.ウォンレイと同じ立場に置かれても冷静な上に容赦もない彼らは強い.

ウォンレイとは敵対中のガッシュたち.しかし彼らがリィエンのことを考えていないわけがない.リィエンの呪いを解いてからファウードを魔界に帰すなどというまどろっこしいことに必死になっているのは,リィエンを助けたいからに他ならない.しかも一応あの清磨が必死で言うんだからそれなりの実現可能性があることだって,仲間だったウォンレイには理解できるはず.…それでも味方に戻れないのは,リィエンがあまりに弱っているからなのでしょう.ディオガ級の力をこれ以上1体でも失えないリオウがリィエンを殺すことは考えられないけれど,ガッシュたちが万に一つ失敗したときのリスクが怖い.今の彼には,一人を守ることを考えるだけで既に限界です.
影使いのザルチムは巨大な影の剣を作り出して振り下ろし,必死のアリシエはリーヤを盾に変えて皆を守る.とっくの昔に限界を越えているからふらふらで,そんな苦しい中でも今はお荷物の清麿たちにここから逃げろと説得を開始.囚われたティオやキャンチョメたちは力を求めるリオウにとって利用価値のあるものだし,ついでに言うならザルチムの態度からファウード内の探索に大きな意味があるのも間違いなし.そして…「僕はもう,長く持ちそうにない!」
最善の道だとわかっても仲間を置いて先に行くのは辛いこと.特にこれまでの戦いで,仲間を守るために力を尽くしてきたガッシュのような魔物ならばなおのこと.それでも,アリシエの助言に従うと即決したガッシュ! 術のない無力な自分たちが今できるのは逃げることだけと,目的のために一時的に情を抑えるこんな態度は今まで決して見られなかったもの.慣れない態度を即刻選ばねばならないほどに,ガッシュはどうしても両方が救いたいわけです.リーダーの決断は絶対でアリシエとリーヤを盾にガッシュたちは退避を開始.そしてわずかな希望を繋ぐため,アリシエとリーヤは残る力の全てで3組を守ります!
リィエンと同じくファウードの封印を解くまでは体力の回復はないはずのアリシエ.けれど過酷な状況で家族を守り暮らしてきた彼には,厳しい環境によって鍛え上げられた素晴らしい持久力がありました.毎日5時間かけて水を汲みに行く暮らしだって,家族の笑顔があるならば幸せ.…だからこそ,たとえ自分の命が尽きたとしても,ファウードの復活だけは決して許してはならない.アリシエの覚悟は最初から命がけです.
命がけで粘るアリシエとリーヤの盾を前に,ウォンレイはひたすらにリィエンの苦境を大義名分にして振りかざし頼るしかない.悲しいけれどリィエンはアリシエのようには強くない.だからこそ愛しくてたまらないから攻撃が止むことはなく,ついにアリシエたちには限界が訪れる.辛くても逃げてくれた3組の希望の光たちの名を叫んで,自分が力尽きたあとの全てを託して倒れていく.出会ったばかりの2人なのに,ガッシュたちへの信頼はなぜこれほどまでに深いのだろう.

仲間と分断されながらも肝臓から血管通路へと逃走するガッシュたち.リィエンと世界の両方を救うにはあまりにも頼りない3組ですが,無茶でも3組でなんとかしなきゃ,信頼して任せてくれたアリシエとリーヤに合わせる顔がないってもんで! ウマゴンという足とモモンというセンサーをどのように使って活路を見つけ出すのか.次回に続きます.

|

« アストロ球団#14 | トップページ | アストロ球団#15 »

「レビュー◆金色のガッシュベル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/7432104

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のガッシュベル#134:

« アストロ球団#14 | トップページ | アストロ球団#15 »