« 1・2月開始新番組チェックとか | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#64 »

練馬大根ブラザーズ#5

「オラ営だって立派な仕事の巻」

練馬大根ブラザーズは今日も地域のはじかれ者.彼らの犯罪行為をバレバレで内偵するカラクリ刑事も加わって夕食のラーメンをいただきます.食事が終わればイチローは江古田に出勤…かと思ったら今日の予定は歌舞伎町.新宿ナンバー1のホストの偵察にお出掛けだ.カラクリ刑事を首尾よく自宅に軟禁したあと話題のナンバー1ホストの面を拝みに出かける練馬大根ブラザーズ.女を転がしまくって金を搾り取る彼よりもイチローのほうがいいという理不尽な理由から,今回のターゲットはナンバー1に決定だ.

大人のふりした子どもたちが無駄なあがきを繰り広げる「練馬大根」.努めて大根畑という現実を見ようとしない彼らに猶予を与える保護者であり執行者のカラクリ刑事も加わって,練馬大根ブラザーズの夜の社会見学はなおも続きます.今回の見学先は人心をころころ転がすホストクラブなんだけど,そんなところで働く奴でも現実に普通の暮らしすら営めないようなダメ人間よりは人として断然勝っているという厳しい教訓が描かれているようなそれは考えすぎなような(笑).

前半.23区の外れにある練馬区は都心で働く人達のベッドタウン.ヒデキの畑の周囲はしっかり宅地化されて今夜も静かに眠る権利を要求します.たぶん周辺住人からは凄く迷惑な畑だと思われてるんだろうなぁ…こんだけブーイングを食らうんだったら土地は売るなり返すなりして別の土地に移ればいいんじゃないかとメンバーですら思っているわけですが,「練馬大根ブラザーズ」という名前にこだわるヒデキは移住に関して断固反対.自分で作った縛りにぐるぐる縛られて,ここにあるのは大根と叶わぬ夢ばかり.
そんな地域の迷惑者たちを今日も内偵しているつもりなのが前回から登場したカラクリ刑事・ユキカ.あんなのは叩けば埃が出るんだから適当な罪状で引っ張っちゃえばいいものを,練馬区警察は真面目です.彼女の弱点はかわいいもの.あまりのかわいさにバーサーカーモードにスイッチオンだからパンダには擦り寄られたくないんだけど,それでもパンダはやっぱりかわいい.つかず離れずのアンビバレンツの狭間で苦悩する派手な年増のお姉さんは無駄に目立つので内偵なんかになるわけもなく,あっさり発見されてなぜかラーメンに誘われます.
カップめんのCMが言う通りラーメンの前には境界などなく,一時休戦して同じ食卓でラーメンすする仇敵同士.敵には塩ではなくバターラーメンが与えられ,そんなラーメンのうまさを讃える歌を絶唱する4人は見事息ぴったり.もちろんこれはヒデ兄ちゃん渾身のカラクリ餌付け計略だけど,融通の利かない彼女にいくら恩を着せても正直効果はなさそう.しかしどんな恩も着なさそうな彼女が唯一執着するのがパンダ.愛らしいパンダさえここにいてくれれば,ユキカは結局何もできないに違いない.
さて今回彼らを待つ舞台は歌舞伎町.吸い込まれそうな瞳でおなじみの江古田のナンバー1・イチロー先導で偵察に出かけることに.江古田にすら影響を及ぼす新宿のナンバー1ホストなら凄い金持ってるから巻き上げてやろう…なんてことはこの段階ではほんのちょっとだけしか考えていなさそう.むしろ田舎者が魔都歌舞伎町におっかなびっくり物見遊山に出かける気分じゃなかろうか.
とはいえ練馬大根行くところ手に入らない金と大騒動あり.早速彼らの行動を妨げるのは今日のラーメン代はゴチなカラクリ刑事.この女についてこられると荒事をヤりたくなったときにできなくなってしまうから,うまいこと彼女を動けなくしなきゃいけません…とはいえ計を案じられるほど頭は良くないので,とりあえずカラクリを追跡してみます.
派手なカラクリ自転車を一輪車に乗って追跡するヒデキたち.傍から見れば凄まじく目立っているこの一団の先頭を努めるカラクリ刑事は,追跡者を安心させたあとで今度は自分が追跡しようと悪巧み.佇いやシステムからペットまで凄く特徴的で彼女らしい(笑)カラクリ部屋に帰って安心させたあと,勇んで彼らを追おうとしたらあら出られない.ユキカについてこられては困る練馬大根ブラザーズは粗大ゴミをかき集めて玄関口を塞ぎやがるという実にベタな対処を取っておりました.
とまあ,カラクリとのふれあいはちょっとしたくすぐりで,今回の本題はここから先.邪魔者を幽閉した練馬大根ブラザーズは愛と欲望の危険な街・歌舞伎町について歌います.実際あの街,たとえ昼間でも一人で歩くのはなかなか怖い街でありますよ.そんな街に燦然と輝くホストクラブは「愛LOVE遊」.これってやっぱり愛グループのインスパイアなんだろうな.凄く目立つもんなぁ(苦笑).
ホストクラブには初回は極力お安い料金で遊べるシステムがあるので,回を重ねるごとに貧乏に磨きのかかる練馬大根たちでもちゃんと店に入って偵察ができます.そして目にした新宿ナンバー1ホストは大変なキザ男であり,なおかつ女たちをころころと転がすオラ営のスペシャリストでありました.オラ営とはすなわちオラオラ営業.尊大な態度でお客にがんがん金を貢がせるという,ホスト本人にそれが許せるだけの魅力がなければ長期間は維持できない営業スタイルです.
新宿ナンバー1のオラ営は転がされて貢がされているほうだってすっかり幸せなんだけど,その幸せは女心の理解できないヒデキには意味がまったくわからないし,ナンバー1の強引な営業手法は線が細すぎるイチローにはあんまり参考にもならない.折角新宿まで来たのにこのままじゃ収穫ゼロになっちゃうので,そんな弱気じゃだめだとマコはイチローにはっぱをかけてみたものの,イチローがマコの頬にばしっと平手をかましてしまったために大変なことに! マコさんが今更イチローへの恋に目覚めた(笑)!
バカかマゾの練馬大根ブラザーズの中ではきっとバカだと思われていたマコさんですが,やっぱりマゾっ気もあったんですね(苦笑).愛する人にばしっとされる快感に目覚めたマコさんはすっかりイチローのとりことなり,新宿よりも江古田のほうが優れていることを証明するべく,新宿ナンバーワンを今回のターゲットで選ぶのでありました.…イチローの普段の営業スタイルって,友営? それとも枕?

後半.歌舞伎町にも朝は来て,ナンバー1は凄い外車フェローリ(なぜか発音できない)で華麗にご帰宅.練馬大根どもはタクシーでその後をつけてしまい,ナンバー1の御殿はわかったもののタクシー代を借りちゃいなマネーすることになりましたとさ.今,ヒデキの借金ってどれくらいあるんだろう.30万を越えたあたりから,利息を支払うのも難しくなってくるらしいですよ?
新宿のお店ではまさに暴君として君臨しころころ転がしていたナンバー1.しかし自宅の御殿の中では見るからにおっかない恐竜女に稼ぎを根こそぎ奪われるやら家事に務めるやらと立場が逆転.ここで出てきたアイアンハンドの恐竜女役声優がまたもう無駄に豪華! こんな仕事を受けて深夜に悠長に歌ってくれてどうもありがとう(笑).恐竜妻にアレまで握られちゃってるナンバー1ってふうがわりい.つまり岡山弁で恥ずかしい.
いくらオラ営でも夜間の勤務明けだってのに,休みもせずに洗濯も皿洗いも料理も掃除もてきぱきこなすナンバー1はけなげ.夜の顔と朝の顔のギャップに面食らった練馬大根たちはとっとと金を奪ってこの不条理な状況からとんずらすることに決定しますが,宝は常に竜に守られているものであります.恐竜妻の寝室の金庫を朝寝の隙に開けちまおうと思ったら,寝たふりだったアイアンハンドに早速狙われちゃいました.
確かに全員とってもやましい気持ちで部屋に侵入してはいますが,奥さんの体だけは狙ってないから安心してくれ(苦笑).ここで恐竜妻がイチローの目に釘付けに.イチローにすとんと落ちる部分,実に楽しそうに声も演じていらっしゃいますな.竜の宝を狙ったギャングは逆に竜に仲間が捕まってしまいさあ大変.叩かれて目覚めたマコがあたしのイチロー呼ばわりなのはまあいいとして,イチローは嫌がってるんだか楽しんでいるんだか微妙な反応.そして恐竜妻の正義の鉄拳(アイ・)アンパーンチを見事に食らい,邪魔者たちは御殿の外へと追い出されたのでありました.
相も変わらず圧倒的に弱い素手の練馬大根ブラザーズ.ここはおやっさんこと監督に泣きつくしかないとイチローなしでレンタルプリーズ.特にマコは愛するイチローのために必死.そんなマコのことをヒデキは従兄弟だけど大好きであり,これでイチローがヒデキに惚れると見事な三角形ができるなあ.あ,パンダがヒデキに惚れて獣入り四角形ってのもあるか.ちなみにおやっさんが出してきたのは「プランダースの犬」絵本.…これでどうやってアイアンハンドに勝てと言うのか!
使用法不明の武器を手に,竜退治に挑む練馬大根ブラザーズ.アイアンハンドに捕らわれた仲間を救うべく,ヒデキとマコで練馬大根プランダースを演じます.涙は心の汚れた大人が流すものであるとかの脚本家は常々語っていらっしゃいますが,恐竜妻も一応は人類である上に十分心も汚れていたのでしょう.真冬もへそ出しのマロと駄犬ヒデラッシュはどこか淡々としたナレーションとともに天に召されて怪獣の目にも涙.作り物の茶番にいい大人がわあわあ泣くなんて,作品はともかく泣いてるほうは実にみっともないですよ(笑).
弱みを見せた恐竜妻はもはや最強の暴君ではない.練馬大根ブラザーズは無敵のアイアンハンドを涙で砕き,貯め込まれたあくどいお金をいただきます.…しかし,たとえ女を転がして得たお金だってイチローのバイトと同じで勤労の成果に違いなく.しかもそんなお金よりも貴いものが彼女にはある.夢を無駄に追って日々を費やすバカどもにはない,自分とナンバー1と大量の子どもたちで営むまっとうで幸せな家庭生活.幸せな現実は叶わぬ夢を真っすぐに貫いて砕き,ギャングたちのやる気は見事失われたのでありました.

非合法活動に手を染めても根っからの悪人ではない練馬大根ブラザーズは結局今日も空回り.わざわざ借金して手にいれたチャンスを無駄にしちゃった空しさを埋めるべくユキカにラーメンをおごってもらおうとするものの,お前ら前半にユキカさんに対して何やったのかもう忘れちまったのですか(苦笑).バカでマゾで懲りない練馬大根どもの何も生まない空転はまだまだ止まりそうにもありません.次回に続きます.

|

« 1・2月開始新番組チェックとか | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#64 »

「レビュー◆練馬大根ブラザーズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/8679419

この記事へのトラックバック一覧です: 練馬大根ブラザーズ#5:

« 1・2月開始新番組チェックとか | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#64 »