« 金色のガッシュベル#141 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#62 »

練馬大根ブラザーズ#3

「誰より弱くて誰もが勝てないの巻」

ホストクラブに仕事に出掛けたイチローが通り魔に襲われて病院に収容されたと連絡を受け,深夜の救急病院に向かったヒデキとマコ.病院内でヒデキは大きなたんこぶを作り,重病人ということで検査の末に緊急手術されてしまう.実はこの病院はいない客も自作する主義のぼったくり病院.マコは若さと往生際の悪さを評価されて病院の客引きアルバイトとして雇われる.その才能で瞬く間にナンバー1に上り詰めるマコだったが,勝手にカモにされて金を搾り取られたヒデキは当然,この病院の存在を許すことはできないのだ.

子どものようなおっさんたちの酔っ払った馬鹿話を深夜にご披露する「練馬大根」.初回2回目は凄まじい社会的な踏み込みで視聴者の度肝を抜きましたが,ナベシンにしても浦沢御大にしても本来は純粋なキッズ畑の出身である上にかなり重症なスロースターター.てなわけで3話はこれまでに完成したテンプレートをそのままなぞった,実に軽い上にまったく内容のない(笑)話となっております.
実際,ナベシンも御大も元々時事ネタや社会的なネタにネタ以上の興味を持つタイプとも思えず,ゆえに社会の暗部をえぐるシリーズがずっと続くはずもなかったわけで.むしろ視聴者に考えさせたら負けだと思うタイプの2人だからこそ,こんな全年齢対象のしょうもない話だって深夜に平気でやってしまえるわけです.てなわけでそんな作品に惹かれるという病を負った視聴者としては,こいつら下ネタ好きだなぁと笑いつつマコのナース姿を鑑賞してれば大丈夫だと思います(笑).

前半.練馬区には畑も残ってるんですが土地は主に宅地として利用されていて,ヒデキの畑のステージは夜間にゃ当然騒音公害.住人が都心に出掛けている昼間はともかく,夜中に野外バンド活動なんかされたなら即刻苦情が殺到するに違いない.しかしそんな逆境にわざわざ身を置いた上に絶対叶わない夢に向かって邁進するなんて,練馬大根ブラザーズは余程のバカかマゾに違いありません.ドーム立てるにゃ360億!…そんな金,練馬区だって持ってはいないぞ.
バカとマゾだときっとマゾであるイチローは今日もお店へのらくら出勤.なーんも考えてなさそうなイチローの頭の中にはパンダしかなく,今日は不在のふわふわのもこもこを讃え哺乳類同士のエクスタシーにもだえる歌を絶唱してたらバットで殴られましたとさ.…いい気持ちっぽく気絶してるんでマゾで獣姦でしかもバカなんですね.
イチロー去りし後,ステージ茶の間に取り残されたのはマコとヒデキのイトコ同士.ご就寝しているマコさんをじっと見ながら悶々と,間違った法律の知識でなんとか理性を保っているヒデキ.抱きたくてたまらない淫夢をドラムセットになすりつける野郎はうざいセクハラ以外の何モノでもなく,マコはヒデ兄ちゃんにいいかげんにしろとクレームをつけるのでありました.シャツ1枚で寝ていたマコは寝ても起きても扇情的で,そのいやらしさにヒデキが鼻血を出してふざけていたら急を告げるのが夜中の電話.割とどうでもいいおふざけの末,ここに至ってイチローが通り魔に襲われて病院に担ぎこまれたことが判明.2人のカモはまんまと病院へと駆けつけてしまいます.
バカとマゾだとバカッ気の強いヒデキはあわてて病院に飛び込んだわけですが,横から出てきた女医にいきなり一斗缶で殴られる.これは不意打ちなので見事にクリットした上に,その犯人の女医がヒデキににじり寄って重病人の急患の地位に押し込みやがりました.これは物凄くわかりやすい傷害&詐欺行為なんだけど,悲しいかなヒデキは大変なバカなので騙されているのがわからない.気を抜けば食い物にされる苛酷な東京の食物連鎖の中では,彼らはプランクトンレベルではなかろうか.
イチローが入院しヒデキは急患,残されたのはマゾではないからバカに違いないマコ.この若いだけが取り柄で往生際の悪いお嬢さんは院長になぜか見込まれて病院の客引きバイトをすることに.…こんなところで往生際が悪いという風説を流されて,双子座B型の自分は大変に複雑な気分です(苦笑).ここまでの流れを見ればマコだってカモであることは自明.いくら看ギャのナンバー1になったとしてもどうせ搾取されてんだろうなぁという諦めはもちろん真実で,練馬大根ブラザーズのカモっぷりには一分の隙もありゃしない.…ちなみにボルボックス並みのヒデ兄ちゃんはレントゲン撮影ことスナップ写真撮影会の末に頭が悪いので手術室で眠らされてしまいましたとさ.
手術室で麻酔で眠らされ,目覚めたら包帯ぐるぐる巻きで保険の利かないタコ部屋に強制的にご案内されるヒデキ.ちなみに金のないヒデキは入院する前にやっぱし金を借りたわけですが,この借りちゃいなマネーはなかなか素晴らしい.CDにはこのバージョンを収録してほしいぞ.で,ヒデキはタコ部屋でミイラ男でふはふはのほはほはのイチロー君とようやく再会.さらに殴られて連れ込まれた2人は自分たちが手術なんかされてないことに気づきます.ミジンコに手術なんて勿体無いですからね.
ようやくどうも騙されてると気がついたミドリムシどもですが,マコのみは絶好調で敵の策の中.ナースコスで外を歩く男どもを引きまくるマコさんは実に生き生き.彼女の天職はきっとここにある.究極リアルを追求したイメクラ病院は野郎の金を搾り取るための出来のいい装置で,エロさに引きずられた野郎は喜んで骨抜きになるんだろうから男ってのは愚かなもの.何はともあれマコさんのナースコスは大変にコケティッシュでいかがわしく人目にさらすのはあまりに勿体無いというわけで,無力なはずのアメーバどもはこの病院をぶっ潰しにかかります.

後半.良くできた集金装置であるこの病院は患者は自ら作る主義.特に首魁の院長は金の亡者の熟女であり,お注射10万怪我100万という法外な値段設定にも微塵の疑問も抱いてない.先生と呼ばれる職の中でもお医者は法曹関係と並んで他の先生方に命令することのできる最強職の1つ.患者作って絞り上げる業態をローリスクハイリターンと絶唱するこの病院の場合,傷害行為をローリスクと歌い切るってことは近辺の警察なんかをもれなく抱き込んでしまっているに違いない.
悪魔の魂を抱いた白衣の天使どもの歌声に,ようやくマコも自分が搾取されるケンミジンコであったことに気づきます.つうか25円ってどんな内職作業だよ(苦笑).イチローにとっては底の抜けたザル並に金払いのいいお客でもありましたが,悪は悪なので話は別.…ちなみにイチローの披露した泳ぐ金魚,無駄に真似してみたくなる素晴らしい芸であります(笑).くにくにと.
お金があればなんでもできる.別にカリスマトリマーとか犬神様でなくても犬にも猫にもサルにもできる.そんなあまりにも幼すぎる拝金妄想にマコがイッちゃって声まで上げてしまったため,潜入捜査を気づかれてしまう練馬大根ブラザーズ.もちろんこんな秘密情報を知ったなら絶対ただですむわけがない.しかし成り行きでそんな洒落にならない逆境にマコを置き去りにするヒデ兄ちゃんたちああ無情.指1本以上触れされるわけにはいかないものをうっかり置き忘れるだなんてとんだドジっこです(笑).
白衣の悪魔の手先はバカ2人を夜の練馬に取り逃がし,残った一人はどこに行ったのかなーと思ったら院長の背中に潜んでました! 二人羽織で院長の体を盾にして逃げまくる若さを誇るマコさんですが,院長自ら取り出した槌が見事にマコさんのど頭をクリット.これで練馬大根ブラザーズ全員が殴られて気絶するノルマを達成です.そして下水道に逃れた微生物ことヒデキとイチローは残してきたマコさんの無駄なぴちぴちぶりが損なわれるのを案じ,いつものようにレンタルショップに駆けつけるのでありました.
路地裏のレンタルショップでパンダで遊ぶおやっさんことナベシン監督.そんな作品の神に出来の悪い作中人物はいつものようにすげえのを依頼.マコさんだけがミニパト状態でのレンタルプリーズも芸が細かい.で,お約束のように気に入ってくれたおやっさんが差し出したのは思ったよりも小さな潅腸.しかも無駄にメカニカル.「何すりゃいいんだこれでー!」と絶叫するヒデキの気持ちは視聴者にだってよくわかる(笑).
さて,絶賛捕らわれ中のマコさんの動向なのですが,ヒデ兄ちゃんが妄想した通りのベッドに拘束される大ピンチ.悪の病院で捕まったとなれば全身バラして大安売りというのが世間じゃ相場なのですが,マコさんの場合はバラさずに血を抜かれます.血を2リットルも取られればアカギだって死にかかるのであり,ましてやあんなでかい注射器でアカギよりも小さなマコから血を抜けばもうガチで死ぬはず.しかも麻雀で鷲巣を潰すチャンスもなしに,やりたいこともできずに命を散らせるマコの無為な人生.ここまではヒデ兄ちゃんに寄生してうまいことやってきたマコですが,哀れ院長にその命ごと搾取されてしまうのか?
しかし! 3分あれば大団円に持ち込める本作はここから怒涛の寄り切り.神から借り出したメカニカル潅腸と畑で育てた大根背負い,ヒデキとイチローが話をまとめに参上だ! バンド活動の合間に適当に育てたに違いない大根は壁をも貫き,バカでマゾではあるものの水虫菌並みに生命力に溢れた練馬大根ブラザーズは院内を徹底的に汚染した上,メカニカル潅腸の力を借りて院長の大腸菌で見事な仕上げを施します! 前行くお尻に自動追尾の空飛ぶ潅腸.誰の尻に刺さっても悲惨な最後を遂げるからこそ,特に使い方の説明もなかったんだろうなぁ(苦笑).…にしても,こんな深夜帯にこんな小学生レベルの映像をつくる奴もつくる奴だし,見る方も見る方できっと何かの病気だと思います.本当に.

ラストの展開で転がるように対象年齢が下がったせいか,今回は汚染地域には戻れないという実に大人しいオチ.食物連鎖の頂点に君臨する万物の霊長であっても大腸菌とかその他もろもろには負けますんで,皆様も清潔にお過ごしください(笑).次回に続きます.

|

« 金色のガッシュベル#141 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#62 »

「レビュー◆練馬大根ブラザーズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/8470900

この記事へのトラックバック一覧です: 練馬大根ブラザーズ#3:

« 金色のガッシュベル#141 | トップページ | 焼きたて!!ジャぱん#62 »