« デジモンセイバーズ#2 | トップページ | デジモンセイバーズ#3 »

桜蘭高校ホスト部#3

「自分のことだけ棚に上げの巻」

桜舞う春,新入部員としてホスト部の一員となったハルヒだが,庶民である上にどっちかって言うとホスト部が嫌いな彼女は金持ちの道楽にはどうにも精神的についていけない.しかし男装した女の子が一人混じっているというこの異常な状況が正されそうなイベント,身体検査がやってくる.検査で女の子だとわかればきっとホスト部にはいられない.やっとこの無茶な状況に終止符を打つ機会が訪れたはずが,己の卑しさゆえに性別を隠蔽する計画に乗ってしまうハルヒ.彼女は豪華な身体検査を何とか性別をバラさずに切り抜けることはできるのか.

原作の持ち味を十二分に生かし,さらにアニメとしての独自の魅力を重ねてくれる素晴らしき「ホスト部」.やってることはベタですが,盛り沢山に詰め込まれた素敵な動きと細々としたエピソードが毎度たまらない3回目.しかも今回はあの岡村天斎が絵コンテに! キッズ向けの名作「メダロット」で披露されたあの冴え渡るコメディの腕前をまたここで眼にすることができるとは思わなかったのでもうファンは大喜び.ディフォルメをオチにするのではなくさらに動かして笑いを重ねていく手腕,脇でぶつくさ言わせる様子の面白さ,落としたり持ち上げたりをもういたたまれないほどにやり切る判断.そして極めつけはあのラスト! 笑顔から声だけとなりエンディングへと突入していくあの一連の流れが本当に素晴らしい.

前半.暇な超金持ちたちの道楽であるホスト部の本日の出し物は花見の宴.アンティークカップのように姫を選んでうっとりさせる環とか,高級西洋陶磁器知識から海外アンティーク市事情へと繋いだ上に指に火傷でべたべたという持ちネタに持っていく双子たちとかいつものようにお元気.珍しいのはただ傍観して後で笑っているのではなく,お姫さんたちに写真集を売りつけに出ている鏡夜.これもまた大切な収入源のようですが,定価が大変気になります.
和装のハルヒとハニー先輩たちは緋毛氈の上で茶会など開いておりますが,ハニー先輩がかき混ぜすぎで大失敗でも誰もそれを咎めることができない.いくら最高学年でも,あの外見を責めるのは心が痛い(苦笑).…このあたり音楽の使い方も絶妙です.これは空の花よりも地のホストを愛でるための宴.中でも環の満開ぶりはいろんな意味でアレであり,無駄なポーズの取りっぷりも含め美しく咲き誇るバカって感じでどうにもこうにも.少なくとも凧と同じに環の株はハルヒの中でストップ安.惚れるどころではないみたいですよ?
春の新入生には考えることがいろいろあって,いつまでもバカの相手はしていられません.常陸院の双子と選択教科について相談するハルヒ.双子とハルヒはクラスメイトなので,言うまでもなく接触時間は環に比べて段違いに長い.それに今更気づいた父こと環が衝撃の事実を母こと鏡夜に愚痴ると,母さんは正確な計算で傷口にさらに塩を塗りこみました(笑).さすがは影のボス,相手が殿だからこそまったく容赦がありません.
いかがわしい双子とこれ以上つきあっちゃならねえとハルヒに哀願する殿.いやもうこの部の存在がそもそもいかがわしいんだけど当然のように自分のことは棚に上げ,これはハルヒがちゃんと女子生徒道を歩んでないのが原因らしいので今からでもちゃんと女の子の友達を作ってきらきらするのが「父の願いぞー!」と絶叫.その無駄なテンションの高まりとセリフのリズムが面白過ぎてたまらねえ(笑).…ひとりぼっちでここに進学しているハルヒの場合,現状では事情を知っている普通の女の子の友達って作りようがないんだな.
とはいえ自称父の願いを無理に振り回さなくても,明後日の身体検査ではさすがにハルヒの性別は「バレますね,さすがに.女だって!」…明るいハルヒの言葉とは逆に,なぜか改めてショックを受けている部員一同.ハルヒが女の子に戻ったら,きっとハルヒさんは激烈ラブリィで注目の的でハルヒ困っちゃうだろうから,王である環がパーフェクトに守るのだ…そんなダメ妄想を頭の中でぶんぶん振り回す殿は傍目で見ても凄くバカ.
しかしここから先がまずかった.このアニメは学園ラブコメディで自分はラブコメ要員で残る男子はホモホモ要員だからこれでいいのだと状況が状況だけにあまりにひどいことを言う環.これは原作由来のメタなギャグですが,そんなベーコンレタス確定みたいなことをラブ抜きのコメディ要員というかむしろヘタレ専門に言われたら,そりゃ誰だって腹が立つに決まっていますよ(笑)?
その上ハルヒが女の子とバレたら,今度は女子ではなく絶対男子にモテまくる.その上ホスト部からいなくなり,環とのなけなしの接触機会も0になる…今更な事実に真っ白になっていく殿は,即座に転向してハルヒさんの性別の秘密を守る活動を開始.「だから! 俺たちだけのお姫様でいてください!」…姫を選ぼうと思えばよりどりみどりのはずなのに,もうすっかりハルヒさんに夢中ですね殿.
こうしてハルヒの性別隠蔽大作戦が華々しく始動するはず…だったのが,唯一協力的でないのが当の本人.現在約533万円の借金については別の方法で返済しようかと明後日の方向に前向きで実に協調性がない.なんせホストもこの部もどっちかっていうと嫌な彼女にとって,性別バレはむしろ望むところ.この状況じゃむしろ自分からバラしかねない….ここで寡黙なモリ先輩が口にした,活路を開く一言とは…「大トロ」.
前回ハルヒが食べ損ねた大トロ.庶民にはなかなか食べられない大トロ.でもこの部にいれば食う機会がありそうな大トロ.乙女の食欲につけこんでみたら,大トロと性別詐称がバーターというこの無茶な取引にハルヒはさすがに乗らないのかと思ったら,「…ほんとに食べられるんですかー」…乗りました(笑).
ヒロインを大トロで釣って迎えた身体検査当日.双子がハルヒの脇につき,他の連中も総出でハルヒの性別を守るための大作戦を決行.超豪華な身体検査が凄く嫌になってみたりハニー先輩とモリ先輩がバレバレの医師コスプレで人目を集めて実際には賑やかし以外の何者でもなかったりと不安満点なこの状況.鏡夜先輩曰く,どうせ皆お抱えドクターに見てもらってるんだから身体検査はちょっとしたただのイベント.しかしここには陰険でイタい罠と謎の侵入者がいたのです.

後半は落ちて持ち上がる.無駄に豪華な桜蘭の身体検査.女生徒たちは双子の半裸にうっとりで,双子の演技も腐っているけれどこの学校もきっと腐ってる….で,衆人の目がそっちに行った隙にハニー先輩たちがハルヒを特設コーナーに押し込んだら,中には環がスタンバイ.…そりゃいきなりこんなところで半裸の野郎とご対面させられたらびっくりするわけですが,本当にびっくりするのはここから先.
ハルヒに迫る胸囲測定.もう絶対バレそうな状況でやたらかっこいい環は「…守るよ」と一言残して更衣室を出る.黒髪のハルヒカツラを被った彼は藤岡ハルヒをやるつもり.…誰がどう見ても環なのに身代わりをやるつもり! なんでしょうこの痛々しい人は(笑).ハルヒは悶絶し双子は大爆笑.どうもさっきのホモホモ発言を根に持った一同が環のバカぶりを見通した上でハメたらしく,「絶対にバレないって,お前らが!お前らが!」とうろたえる殿がおかしすぎる.ハルヒには当然本気で怒られるし,やっぱり殿はコメディ専門.ラブはなし(笑).
ヘタレがヘタレたのはまあいいとして,それではハルヒはどうやって性別をごまかすのかと思ったら,この身体検査の先生方は全部鏡夜の病院の医者なので問題なし.特別室を準備すればバレることもない…なんてことはもちろん環だけが知らない.あのホモホモ要員発言は思った以上に根深かったらしい.男性は思った以上にこういうのを気にするものだから,皆さんも身の回りの人を勝手にカップリングしてしかもそれを本人たちに伝えちゃだめですよ(苦笑).
結局課題のハルヒさんは別室検査という至極穏当な結論となり,ハルヒの性別を隠蔽するふりをして環を皆でいじめよう大会は無事に終焉を迎えたわけですが,まだここにはもう1波乱残ってました.さっき鏡夜が見つけて放置していた不審者が,警備員に捕らえられることもなくなんと特別男子保健室へと侵入.そこではちょうど着替え真っ最中のハルヒがいて,動転した彼はハルヒの口を塞ぎ…そんな危機に颯爽と飛び込み,変質者に見事なタマちゃんキックを食らわす環! 壁にめり込むのはいろんな意味でやりすぎな気がしますがまあよし!
そしてぞろぞろ参上する,我らだけのお姫様を守る奇人集団.毛並みがよくて顔が良くてお金もある上にハルヒさんが大好きな桜蘭学園ホスト部,ここに見参.…原作ではこの下りで蹴りを入れるのは別の奴なんですが,ここである程度かっこつけさせておかないと本当にただのヘタレで終わってしまうので,シャツをかけるシーンなど,全体的に環の株を上げる方向に補正が入っているみたいですね.もちろんこんな変人集団にいきなり立ちはだかられたらそりゃ誰だって怯えるもので,ついでにこの不審者は命乞いまで開始.ゲストの癖にノリいいなぁ.
彼の姓はヤブ.医者なのにヤブ.お人よしをこじらせて借金の保証人とかになってしまって最終的には激貧となった経営ベタのお人よし.借金まみれとなって家を出た妻と娘の後を追い,娘に一目逢うためにここに迷い込んでしまった気の毒な男.殿以外はあまりの情けなさに呆れる部類の物語.けれどどうしようもなくバカでお人好しな環は鏡夜に地図を用意して差し上げろ,と依頼.面白いけれど実に優しい男なのです.

ヤブ医者が再び家族に受け入れられるかどうか.それは周囲が決め付けることではなくて彼自身が確かめるべきことだと環は考えています.もちろん受け入れられない可能性の方が高いんだけど,だからといってその機会を自分から奪ったりはしない.実に彼らしい自然な寛容さの発露によって,ハルヒの中の環株は凧のように急上昇で大空へ.
ハルヒは身体検査の続きを受けるためにホスト部の連中に退室を依頼.それも,男子生徒として! うざいしおもちゃにするし金持ちだし嫌味だし,でも自分を守るためにここまでしてくれる人たちのことは,どっちかって言うと嫌いってわけにはいかないでしょう.ホスト部にいるのは食のためではなく「借金返済のためです!」と愛らしい笑顔を向けるハルヒ.そして….
画面の外に消えていくその後の変質者環出現のドタバタ.かわりに画面は青空へ.最後のドタバタをセリフだけでこなして余韻を持たせて…一気にエンディング.この流れがともかく素晴らしい! コマをそのまま映像にするのではなく,原作の大量の要素のうちから他人の目から見て本当に必要なものだけを選抜することこそ,原作に忠実ではないアニメの真骨頂ではないかと思いつつ,次回に続きます.

|

« デジモンセイバーズ#2 | トップページ | デジモンセイバーズ#3 »

レビュー◆桜蘭高校ホスト部」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/9835067

この記事へのトラックバック一覧です: 桜蘭高校ホスト部#3:

« デジモンセイバーズ#2 | トップページ | デジモンセイバーズ#3 »