« 練馬大根ブラザーズ#12 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#2 »

4月開始新番組チェック・2

春だけどさすがに花も姿を消した昨今,皆様いかがお過ごしですか? 自分は…いつになったら暇になれるのやら….こんな時はどうしても心がささくれるものですが,福山潤がひどい目に遭わされている作品を見るとなぜか心が休まります(笑).確実に変な方向へと芸風を広げている彼の行く末が大変に楽しみです.
さて,新番組感想まとめの続き.前回書いた新番組は比較的普通に面白い作品が多かったんですが,今回分の新番組は個性派揃い.中でも今期ぶっちぎりで珍妙なオーラを放つ「きらりん」や「ラブゲッCHU」に関しては,このあからさまな地雷をわざわざ踏む勇者が出るかどうか,感想書きのセレクト具合もある意味見物です.…自分っすか? いや,さすがにアレはちょっと….

△→△ スパイダーライダーズ ~オラクルの勇者たち~
今期フル回転中の真下関連作品…だけど,自分は石山氏目当てに見ているので一刻も早く真下味が抜けてくれることを祈っております(苦笑).真下監督のおかげでやたらと個性の濃い作品にはなってるんですが,キッズ向けとしてはその個性は明らかに邪魔になっている気が….やたら響く音楽やアルカイックな美女の微笑みよりも,主役同士の愉快な掛け合いや高いところで集団でポーズ取ってる敵の方が,本作にもっと大量に必要なセンスだと思います.

-→○ いぬかみっ!
現状ではオープニングの嘘つきっぷりが実に愉快.天然浮気者で不幸な少年と,美人なんだけど超自然であり癖が強すぎてお近づきにはなりたくない美女の数々…というのはもはや言い訳しようもないほどに「うる星やつら」…のはずが,大変面白かったなあ.冒頭2話の男祭(苦笑).これが長期シリーズならばもっとキャラのバリエーションを増やして物語としての幅を広げるべきなんでしょうが,それほど長くないはずなのでさじ加減が微妙なところ.でもこの構図だと,主役に嫉妬する少年くらいは欲しいかなぁ.本作に限っては福山潤の生来の繊細さや高貴っぷりは完璧に裏目に出てますが,今後その落差を生かせる展開が来るんだろうか.

○→△ .hack//Roots
前作視聴済.今期大忙しの真下監督作の中でも恐らく本命作品.うるさいくらいに鳴り響く音楽や割とどうでもいいところにたっぷり時間が裂いてしまう真下流が見事に炸裂.…でも前作ほどの引き込まれ方をしないのは,あいまいな世界のままでがっちりと筋を通してくれる伊藤脚本ではないせいだろうか.前作視聴者にはおなじみですが,ゲームという仮想現実にガチンコで取りくむ本作には,キャラの中の人をネットの行動から推測する楽しみがあります.画面の中に見えるものが何一つ信頼ならない面白さをアニメでも味合わせてくれるかどうか,期待しています.

-→△ 吉宗
原作未プレイ.これまたとんでもないところから原作を持ってきやがったなぁと笑ってしまいたいわけですが,なんだか奇妙に面白い.作品のリズムが実に独特で,基本的には古い作りで,しかし上り詰めない不思議なリズムで話を展開します.はた目には素直にテンションを上げたり展開を盛り上げたりすることをわざと回避しているように見えるんだけど,これは作り手の狙いなのかな? 今のところはもうちょっと華やかさがあればテレ東の平日夕方で通用するくらいの出来.折角の中期シリーズだからもうちょっとふざけてもいいと思うんだけど….

-→○ THE FROGMAN SHOW
極小人数で作られているというフラッシュアニメーション.はっきり言ってネタと雰囲気勝負な作品なんですが,これが存外面白い.作画の緩さが味になるというお得でずるい作品であるため,低解像度でも楽しさは変わることなし.今期の作品ではiPod視聴に最適です(笑).ベタネタの連発はそのネタの巧拙を問わず視聴者を笑わせるものであるという真実は既におなじみですが,本作の強みも弱みもそこにあります.作家が今並みか今以上のギャグが連発できれば勝ち,どこかで行き詰まってスランプに陥ったら負け…なんかアニメというよりはギャグマンガの連載を見守る心持ちですが,後進のフラッシュ作家のためにも頑張れ!

-→△ プリンセス・プリンセス
原作未読.今期流行の学園モノの1本.やっぱり不幸なんだけど,こっちの方が福山潤らしい使われ方をしてますね.男子校には潤いがないからと下級生を着飾って目の保養に使っているこの不憫な男子高校生たちと,「女子高生」の女の子たちで合コンとかしたほうが絶対いいと思います(笑).現段階でも作り手がノッているのがなんとなく見えるので今後のハジケっぷりが楽しみ.どうせありえない設定なんだから,手加減せず思いっきりやっちまえばいいと思うよ!

△→△ XXXHOLiC
原作最初の方のみ既読.当然不幸なんだけど福山潤の使い方は間違ってない…っていうかこれは「いぬかみ」の使い方が異常過ぎるんだなきっと(苦笑).びっくりするほどひょろ長いキャラクターデザインとか怠惰な雰囲気が面白いけど,スーパーハイクオリティってわけではない(特に全身カット).深夜アニメとしては適度でも,原作ファンがこの制作会社に期待する品質に達しているかどうかはやや微妙かも.まあ,熱狂的なファンは作画を問わずに買うだろうけど….

△→△ ああっ女神さまっ それぞれの翼
前作視聴済.前作と同じく高品質の手堅い画面.一見地味だけどこの品質で最後まで行けばきっと予測通りに素晴らしいはず.たぶん本作あたりから原作を読んでいない領域に突入するので,どうせエンドレスハッピーエンドなんだとわかっていても(苦笑)先が楽しみです.本作のコンセプトが合わない奴は既に切っているだろうから,敵は間違いなく作画の崩れのみ.類似の後進どもに埋もれつつも頑張れ.

-→× きらりん☆レボリューション
原作未読.…これまた凄いのが来たなぁおい(苦笑).バカキャラにバカテンションでバカ話.主役声優の怪演のあまりの凄さに耳を覆いたくなる感じの少女向け.ツッコミの練習には最適ではないかと思います.この愉快なテンションで一体何話くらい続けるつもりなんでしょうか.そして本作は想定ターゲットの女児にどこまでアピールできてるんでしょうか? ここまで強い電波を放つ逸材はなかなか珍しいので,ぜひ野生児らしく,無駄にあがいたりせずに電波を垂れ流し続けてください(笑).

-→△ 夢使い
原作稀に既読.かなりのアニメ好きすら引くほどの開始数である今期,そこそこの品質や独自性や露出度の作品は確実に埋もれると見ていますが,この作品も…この分だと埋もれるな.キャラそのものというよりは,余白紙面に対し偏執狂的に書き込まれた緻密で通俗的かつオカルトなモチーフこそが原作者の魅力そのものではないかと思うんですが,その魅力に普通の色がつけられてただの背景として沈んでしまったのがどうしようもなくもったいない.アニメとしては決して間違ったことはしてないんだけど,それでは伝え切れないことが多すぎることに,作り手たちが気づいてくれればいいんですが….

△→△ 妖逆門
原作なんとなく既読.いろいろとどっかで見たようなものが寄せ集まったキッズ向けでおもちゃつき.でも原作がサンデーなのでどうしてもどこかが醒めていて,男児向けには絶対に必要なあふれ出る熱量が足りないかも….恐らくは中盤から終盤にかけて途方もなく大きな山をつくってきそうなので,その中盤に達するまで,いかに客を集めて運んでいくかが大きなポイントになりそう.マニア的には「切るんじゃなかった」と後悔しそうな種類の作品なので,余裕があればついて行くと,先々凄く楽しいものが見られるかも.

-→△ うたわれるもの
原作未プレイ.原作の出自が信じられないほどに重厚で,歴史小説でも読んでいる気分にさせられます.男女比も適当だし少女たちもまっとうに魅力的だし,アクションもなかなか.この先彼らがどうなっていくのかとても気になる.オープニングを見る限り,あんまり良い未来は待っていないんだろうけど….本作もポイントはやはり品質の維持.絵が崩れた段階で折角ここまで積み上げてきた重厚さが吹っ飛んでしまうので,ぜひ最後まで頑張っていただきたい.

-→× ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
今期の電波作品その2.…たぶんターゲットは深夜アニメ好きの中高生だと思うけど,これでそれを釣ろうとするのは男子中高生に大変に失礼な気がする(苦笑).ツッコミどころ満載で,特に主役が可愛い声優の卵にはどうしても思えない.声優は将来的な野望への第1歩であり,先々は業界を牛耳って子ども達を洗脳して日本を自らの王国にすることが目的なんじゃないかとか,つい疑心暗鬼になってしまう自分が嫌でたまりません.「きらりん」と並ぶ電波ツートップとしてアニメ界を流星のように駆け抜けて…やっぱりフェードアウトするのかなぁ(笑).

○→△ リングにかけろ1 日米決戦篇
前作視聴済.誰もが知る名作を現在の技術で堂々とアニメ化…の続きなので,粗筋とか説明されなくっても皆知っているからまあいいよな(笑).前作の終盤は作画の乱れがありながらもそれを補って余りあるほどの熱さ.時期が開いたことで一度それがリセットされる形になりましたが,実際に本作が凄まじいインフレをはじめるのはこのあたりから先で,物語としても明らかに別物に化けていくことになるから,その羽化をどこまで再現できるか楽しみにしたい.今はまだ艶っぽさが足りないけれど,この先どんどん凄いことになっていくといいなぁ.

-→△ 獣王星
原作既読.ノイタミナ枠としては珍しくアニメっぽいんだけど…一番アニメっぽくあって欲しいアレがアニメっぽくなくなるのが既にわかっているのでどうしようもなく切ない.ダイナミックでソリッドな原作に対してなんてことをやらかすのか.脇の声優陣はごく一部を除けばしっかりしているので,なんとか最後までふんばってくれることを祈りたい.一応,アクションと策謀渦巻く中盤以降が見物になるはずなんだけど…(苦笑).

△→△ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん
何も考えなくてもくだらなくて楽しいショートギャグ.開始作が多い今期でも埋もれないくらいの独自性がきちんと出ているところが素晴らしい.やってることはひどくベタ.けれどそのベタなリズムをまったりと楽しんで構わないのだと作品の形式がはっきりと語っているので,視聴者も安心して笑いに身をゆだねることができます.作画も割にいい感じなので,もしかすると今期のダークホースかも….数話をノーマークでスルーしていた奴が今から見ても大丈夫なので,ぜひ一度見ていただきたい.面白いです.

-→○ 彩雲国物語
原作未読.超人的な能力の主役が同じく超人的な仲間たちとともに世直しをする話…という理解でいいのか(笑)? 一見「ふしぎ遊戯」っぽい構図ではありますが,こっちの方が随分と地に足がちゃんとついているので安心して見られます.作画はこの時間帯並みに安定,さらに内容がかなり面白いので先が気になる.美青年だらけではあるけれど決してそれだけではなく,むしろヒロインの魅力の方に満ち溢れているところがうれしい.ただ,似たような顔の美形が並ぶと見分けるのに苦労しそうなので,もうちっと顔のバリエーションが欲しいかなぁやっぱり(苦笑).原作には結構ストックがあるはずですが,この先「マ王」と同じく原作が尽きてきた段階でどんなオリジナルで繋いでいくかも見所になりそう.

…まだ見ている作品はあるけれどこの辺で勘弁してください(苦笑).

|

« 練馬大根ブラザーズ#12 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#2 »

「アニメ短評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/9709642

この記事へのトラックバック一覧です: 4月開始新番組チェック・2:

» 18年春の新番組・いぬまとめ [いぬ日記]
涼宮ハルヒ ● いつも春は作品数が多いけど、今年は、際立って多いんじゃないカー。全部見たけど…「全部見た」というだけで自慢になりそう。冬にやってれば目立っただ... [続きを読む]

受信: 2006.04.30 01:12

« 練馬大根ブラザーズ#12 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#2 »