« 機動警察パトレイバー#3 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#4 »

デジモンセイバーズ#4

「俺はお前が気に入らないの巻」

不本意ながらもトーマとチームを組むことになったマサル.しかし頭よりも体が先に動いてしまうマサルと熟考タイプのトーマでは行動がまったく噛み合わない上に,互いに嫌い合っているからチームワークどころではなく,一緒に行動することすら難しい.そんなぎすぎすとしたチーム以前の彼らが倒さねばならない敵はドリモゲモン.穴を穿ち地中を自在に移動できるデジモンを,銀行強盗とともに行動させておくわけにはいかない.

まだじっくりと基本設定を描いている「セイバーズ」.恐らくはこの話が落ち着いた時点で導入部が終わり,そこからはマサルを中心として周辺がどんどん掘り下げられていくことになるんでしょう.慣れてきた作り手たちが好き勝手に物語をいじりはじめて独自性が色濃く出てくる時はもうちょっと先かな.
本作の特徴はやはりマサルの喧嘩バカぶり.たぶん考えてないだけで頭が悪いわけではなさそうな気がするんですが,その考えのなさを受け入れられない視聴者の代理となるはずのキャラが3人目のトーマ.ただしこいつにも感情移入しにくい常識離れのお坊ちゃま設定がついていて,現状のままでは代理にするのはちと難しい.完璧すぎる彼をいかに崩していくかがこの話の見所…かな?

前回の薩摩の命令でチームを組むことになったマサルとトーマ.もちろんどう考えても水と油なのでうまくいくわけないわけですが.この隊で出動可能なメンバーってマサルたち3人しかいないんだろうか.もしそうなら,これまでたった一人で任務を果たしていたヨシノはトーマ以上に有能なんじゃあるまいか….今日の敵デジモン1匹目は緑色にべたべたで臭いのでおなじみなヌメモン.こんなのがパートナーでなくてよかったなぁ主役ども(笑).
ビルの中.視界は良くないものの構造はわかっているしここに2組以上いるわけだから,トーマとしてはぜひ挟撃で仕留めたい.しかしもう喧嘩したい一心であるマサルは当然のように命令を拒否して勝手に追撃.命令するほうにもされる方にもチームとしての自覚がなければ,作戦行動なんか取れなくて当然.仕方なくトーマがマサル役を担って待ち伏せに回るものの,結局はアグモンの攻撃がガオモンに当たって何もかも台無し(苦笑).互いが互いの邪魔しちゃって喧嘩してんだからもうどうしようもありません.結局尻拭き役はヨシノのララモンに回ってぐだぐだ.見知らぬ他人で作った即席チームよりもまだ悪いチームワーク….
もちろんこの失敗の責任をマサルとトーマはお互いになすりつけあう.そんなとこばっかり気が合ってもなぁ(笑).基地ではトーマをトンマ呼ばわりで罵倒しまくるマサル.でも車で送ってもらったらその礼はきちんと言うってところが,柄悪いんだか育ちがいいんだか…(苦笑).案外かたくななトーマの方が普通に礼を言ったりすることは苦手かも.さらに美形で完璧なキャラらしく,トーマにも影がありました.マサルの家族に対し微妙な反応をするあたり,彼の家庭環境はあんまりよろしくはなさそうです.
こんな調子で全然チームじゃないマサル&トーマに次に襲い来るデジモンは,銀行強盗と意気投合したドリモゲモン.…うわ,強盗の声がびっくりするぐらい下手だなぁ(苦笑).ネット通販で購入したという変な機械で銀行の鍵を次々開いていたら,途中で落として壊して金庫に閉じ込められた実にドジっ子な強盗たちの前に突如ゲートが出現.そこからひょっこり出てきたのがドリル装備の使えるこのデジモンであったわけです.…ここで気にするべきはデジモンでも強盗でもなくあの怪しげなハイテク鍵開け機.あれが壊れたのがきっかけでゲートが開いたわけですが,一体誰がどんな技術で作って何のために流通させているのか?…これはトーマが気にしていた,地域によるデジモンの出現頻度の偏りに繋がってくるのかな.
強盗と一緒に逃亡中のドリモゲモンを一刻も早く捕まえなければならない.自由に穴を開けられる奴と盗む奴の組み合わせは大変よろしくないですからね.しかしそんなときでもトーマのカンに触るのがマサル.あの母親をごまかすのがどれだけ大変そうかまったくわかっていないトーマは,折角脱出してきたマサルに対し,母の機嫌が心配なら帰れと実にとげとげしい.
確かにDATSの隊員は2つの世界を守るという重大な使命に従事しているわけで,まだ新米な上に喧嘩バカのマサルに自覚が足りないのは間違いない.ただしあの程度でこれほど噛みつくってことは,トーマの家族コンプレックスはかなり深刻な気がするな.マサルがつい機械をいじって壊しても保険は当然とバックアップデータを見せつけるトーマ.…マサルはその見下ろす態度に腹を立ててますが,現状では味方のマサルをも敵の一種と見なして行動するのがベストなんだよな(苦笑).
てなわけで3人はデジモン反応の移動していく地区へと移動.移動はヨシノの運転する車を使ってるんですが,相変わらずデジヴァイスの中を嫌がるアグモンが外に出ている上に前に身というか頭を乗り出してくるので邪魔だし狭いし….自分の弟分には寛容なマサルはデジヴァイスに収納することもなく,それがトーマには気に食わなくて…互いをチームだなんて『認めてない!』とマサルと一緒にハモってる,だからそんなところばかり気が合っても…(笑).

ドリモゲモンを手に入れた強盗たちは早速ATMを狙ってお金をゲット.デジモンは完全に便利な道具扱い.もちろん不法行為を幇助するデジモンをDATSは放っておけないので,犯行現場に乗りつけてガオモンとララモンをリアライズ.犯人はあわてて車で逃走しようとするものの,これを止めたのがアグモンとマサル.…でも直前に立ちはだかって体で車を止めちゃうだなんて,見ている奴は絶対真似するな.アグモンの力があるから押し合いになっているのであって,普通の人間があんなことやったら絶対に轢かれるぞ.
追い詰められた強盗の心に反応したのか,紫の変なオーラを振りまきつつドリモゲモンが暴走して巨大化.マサルにとっては相手が強くなった上にでかいから殴りやすくなったあたりは好都合のはずだけど,状況を丁寧に計算しているトーマにとってはいい迷惑.しかも真面目に作戦を考え直しても,その計画を聞きもせずにマサルが特攻かけて振り払われて海に飛ばされて落っこちているってどういうことだ(苦笑).アグモンも兄貴を見習って海に飛ばされてるあたりも含め,この無駄すぎる生命力と行動力が実に彼らしくて楽しい.人としては間違いなくダメだけど,キャラとしてはいい立ち方してるよなぁ.
マサルたちは海の中.ヨシノは犯人たちをララモンのシンガーソングで眠らせているから,今やまともに動けるのはトーマのガオモンのみ.彼はドリモゲモンが地中に逃げるのを防ぐためにわざと船の方へと追い込んでいるわけですが,これを海中から見ていた問題児が中途半端にトーマの意図を把握しちゃったからさあ大変.折角袋小路に追い詰めようとしたそのときに,泳いで移動したマサルたちが先回りで挟み撃ち…って,それはヌメモンのときにやってほしかった(苦笑).
水如きで俺の闘志は消せないぜ!と言ってることはかっこいいけど邪魔なマサル&アグモン.こんなところで挟撃しちゃうとドリモゲモンを船に誘導できないけど,話を聞かないマサルのおかげで結局トーマの予測通りドリモゲモンは地中に逃亡.…ぶっちゃけ敵よりも迷惑な味方に計画をがたがたにされつつも,それでもトーマは諦めずにガオモンを進化させてドリモゲモンの行くところへと先回り.そしてトーマのやることは何から何まで気に食わないマサルは,ドリモゲモンの逃亡した穴の中を睨みます.
精度は相当のものですが,ちょいとばかり計算速度に難のあるトーマの計算通りの場所にドリモゲモン出現.ここは一気にガオガモンの攻撃で気絶あるいは戦闘不能に追い込みたいところ.けれど当然のように敵は来た方向に逃亡しようとして…ここで穴の中から殴られて吹っ飛ぶドリモゲモン.なんと穴を伝ってマサルとアグモンが追ってきた! またもトーマの意図していない挟撃が発生しただけでなく,ようやく殴ることができたおかげでアグモンも進化! 2体の進化したデジモンに挟まれれば,たった1体では勝負にならないはずなんだけど….
夜は過ぎて夜明け.追い詰められたドリモゲモンはデジタルゲートへと逃亡するつもり.これを止めるためのジオグレイモンとガオガモンの攻撃がぶつかって…相殺! 術の相性ってのは属性だけでは判断できず実際にぶつけてみなきゃ何が起きるかわからないってのがお約束.運悪くドリモゲモンを救うように無効化してしまった2つの術の間で,犯罪者はデジタルゲートの中へと逃亡してしまいました.…もし一組きりの作戦ならば確実に仕留めて卵に戻せたはずだったのに,度重なる仲間の妨害のおかげで大失敗.もう,あんな奴とチームなんか絶対に組めない!

基地に戻ったトーマとマサルの間の亀裂は決定的に.あんな奴と一緒にチームを組むのは無理と直訴するものの,隊長はチームの解散を許しません.どうやら彼には2人を組ませた意図があるらしく,その意味を自分たちで考えろと叱ります.マサルだけがダメならばすぐにコンビの相手を変更すれば済む話なので,これはトーマ側にも何かの問題があって,それはマサルと組むことでしか解決できないのだと考えるべきなのかな.
さて,中途半端な強化暴走状態で逃げたドリモゲモンをこのままにしておくと,向こうの世界に悪影響がありそうなのでぜひ捕まえたい.しかしそうするには人間をデジモンのようにデジタルワールドに転送しなきゃならず,それにはかなりの危険が伴うということで止められて….
けれど,そんな制止で止められるほど,トーマの責任感は軽いものではありません.彼はヨシノの目を盗み,ガオモンとともに勝手にデジタルワールドへと旅立ってしまいます…この短時間でマサルの無謀チャレンジャー精神がトーマに感染しちまったのか? 本当に暴走が激しいのはどっちなのか.水と油が結びつくための媒介は果たして見つかるのか.次回に続きます.

|

« 機動警察パトレイバー#3 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#4 »

レビュー◆デジモンセイバーズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/9919306

この記事へのトラックバック一覧です: デジモンセイバーズ#4:

« 機動警察パトレイバー#3 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部#4 »