« 桜蘭高校ホスト部#18 | トップページ | [雑記] コミケに行きました / 短評 »

機動警察パトレイバー#18

「人命第一と大好きは違うよな?の巻」

警視庁のパレードのためのレイバー研修を受けるため,アイドルの松本加奈が特車二課にやってきた.大ファンである太田をはじめ,整備班も含めて男性比率の高い二課は祝賀ムードに包まれる.けれど大切な愛機を練習機として貸し出さねばならなくなった研修担当の野明は複雑.アルフォンスは傷物にされるし,加奈ちゃんには異様に好かれるし….その上アイドル誘拐を企む者まで現われて,野明はそれに巻き込まれてしまう.

舞台設定を生かしてやれることは全部やっていく「パトレイバー」.今回はアイドルが誘拐という,割とよくある系統の話なんですが,なんたって松本加奈ちゃんが本物です! 高田明美デザインでボクっ娘で声がかないみかなんだから本物に間違いありません(笑).…放映当時ではこういう愛らしいアイドルは時代錯誤に見えたはずなんですが,当時から二回り以上した現在ではなんだか普通に見えちゃって,時代の巡りってのは本当に恐ろしいなぁ.

前半.何をどう間違ったのか,人気絶頂の国民的アイドルが特車二課にやってきてしかも宿泊することになっちゃって,第2小隊と整備班は浮かれた緊張状態に.特に薔薇の花束なんて抱えている太田のとち狂いぶりはいっそ不気味.あの性格でアイドルに熱を上げられても…(苦笑).皆がそれなりに浮わついてる中で,唯一平静なのが野明.アルフォンス以外のものにはとんと興味のない娘です.
交通安全週間のパレードでイングラムに搭乗するため,1週間の訓練にやってきたピンクで可愛い加奈ちゃん.アイドル本人に興味がなくても,査定の点数稼ぎの機会としては貴重なのでぜひ頑張らねばなりません.にしても…ああ,本当に高田明美だ(笑).松本名誉巡査のために整備班は鉄塔から歓迎の大垂幕を広げ,窓からは総出で大歓迎.そしてきっと一番浮かれている太田は,遊馬を引き剥がして薔薇を渡す.…そういやこいつって24歳だったっけ.
今回の任務は加奈ちゃんがイングラムを操縦できるよう指導すること.その教育係には野明が任命されております.パイロット技能を持つ連中の中でも,同じ女性で年齢も近いし,何よりも彼女の機体を練習機とするわけだから,至極当然の選抜です.
新パイロットの誕生には儀式がつきもの.特車二課の場合はマニュアルでレイバーキャリアに乗せるのがそれなんですが,もちろん今回は野明の時のようなガチンコではなく,あくまで歓迎の儀式.自動操縦で絶対成功するようにしておいて,加奈ちゃんに自信をつけさせるのが狙い.ゆえに遊馬があんまり監督することなく加奈ちゃんを1号機に乗せちゃったのがまずかった.齧った程度の知識で彼女が中のパネルを触ってしまったもんだから,折角の自動操縦装置が止まってしまいます.
若く明るい歌声のためのイカサマの種を切った状態で,「加奈ちゃん行きまーす!」と歩かせはじめる加奈ちゃん.自動操縦なしでちゃんと歩かせちゃってるあたり,彼女は相当筋がいい.ただし反転の上にバックというのはやはり難易度が高すぎたようで,バランスを崩して倒してしまうのもいたしかたなし.…で,可愛いアルフォンスが他人に倒されてしまうのを見て正気を失ったのが野明!いきなり1号機の足元に走ろうとするもんだから,あわてた遊馬が急いで庇いに行ってます.
イングラムに潰されるのを遊馬の間一髪のタックルで救われた野明.しかし庇ってくれた者への感謝などかけらもなく(笑)アルフォンスが傷ついたことでもう頭が一杯で,加奈ちゃんが泣いて謝るのも無視.初心者においてもあんまりなさそうな今回の自損事故の原因の大部分は,加奈ちゃんにはなさそうなんだけど….
借りた車で自損事故,泣きたいのは車を貸した方.「あんたの怪我なんかほっといたって治るけど,アルフォンスはね! どんなに小さな傷でもあたしたちが面倒見てあげなきゃならないんだから!」…本当に凄いマニアであった野明の本気の剣幕に,さすがの加奈ちゃんも泣くのをやめました.
大事なものを傷つけられて,夜になっても野明の機嫌は治ることなし.元々アイドルなんかどうでもよかった上にあの事件なので,これからの1週間に既に辟易してしまうのも仕方がない…なんてのはどうでもよく,野明と香貫花が一緒に風呂に入っていることの方が重要! 倒れるときに手で庇った加奈ちゃんにレイバー乗りの才能があるかもしれないことなんか,加奈ちゃんが遅れて風呂に入ってくるのに比べたら小さいことです!
「僕,深く深く反省しています」と殊勝な態度の加奈ちゃん.ビデオのタイマー予約すらできないほどの機械音痴でも,うまく乗りたいから見捨てないでと切々と,しかも裸で言われたら男なら全力で許すでしょうが(笑)野明にはそういう趣味はないので「訓練は厳しいぞ,しっかりついてくるように」と棒読み.ところがこれに加奈ちゃんが大喜びでしまいには「先輩,好きっ!」って…あれ? こっちはそういう趣味なのか(笑)?
研修2日目のメニューは銃講習.絶対にパレードには不要な講習ですが,講師役をやっていいとこみせたい太田が無理やりねじこんだんだろうなぁ….射撃のコツは先手必勝一撃必中.普段太田は後半ができてない上に両方ともコツではないわけですが,それでもちゃんと当てて頑張ってますね!
今度は加奈ちゃんが実際に洋上の的を撃つ番.でも「泉先輩に愛を込めて!」撃つもんだから太田と野明と遊馬がひっくり返る(笑).なんだって女の子が女の子に愛を込めるのか.女子高生なんかによくある奴ってところでいちご舎とか思い浮かべるような奴はダメ人間だ(苦笑).…この射撃もなかなか面白く,2号機に支えてもらいながら撃った弾は海面を水切りして遠くまで.意図的にこれができたら確かにマンガ.けれどイングラムという扱いの難しい機種で1日かからずここまでやれるのは,やはり天性の才能があるんでしょうね.
さて,隊長室では今回の件について後藤と南雲がまったりトーク.今回のパレードは警察の広報的には最重要のはずなので,第2小隊は普段の任務を全て忘れてタレントの相手に勤しむべき.現在の評判の悪さを考えるとマスコミ対策のためにも加奈ちゃんにはちゃんとパレードしてもらわなきゃいけないし,同時にあまりにも評判が悪すぎるから小事件も大事件も回されないだろうというのが後藤の読み.…ただし第2小隊には,何もないところからでも大惨事を製造できる,そんな特殊能力があることを忘れてはなりません.
実際にトラブルの芽は,二課の訓練の様子を遠くから監視しておりました.中国系である今回の犯人その1は,電話で彼のボスである犯人その2にご連絡.緒方建一に納谷六朗で声優が豪華だ(笑).ミサイルの密輸とアイドルの誘拐は結び付きにくいですが,実際はちゃんと結びつきがあって…よかったかも.犯人の目的が完全な誘拐であった場合,もっと悪い展開になったかもしれません.
芽がしっかり事件に育ってしまったのは夜.暗くなるまで街灯の下でジョギングやるあたりは熱心ですが,そのあたりは野犬が出て危ないから程々にするべき(苦笑).疲れてやめたい加奈ちゃんをなおも鍛える体育会系の野明先輩.大事なアルフォンスを貸すからには初日のようなことは起こさせたくないと熱心で…熱心が過ぎて走る加奈ちゃんとの距離がどんどん開き,気づいて振り向いた彼女の目をくらませる,見知らぬ車のヘッドライト!

後半はなぜか遊馬が主役.同日夜,電話を取った遊馬が聞いたのは,加奈ちゃんを誘拐したからイングラムと交換したいという犯人その2の提案! 遊馬本人は加奈ちゃんに対して太田ほど熱狂的ではないわけですが,国民的なアイドルを人質に取られたとなっては顔も険しくなろうというもの,…ところが,ここで加奈ちゃんが普通に二課に帰ってきちゃいました(笑).性質の悪い冗談だと遊馬は怒り,犯人その2の方は話が違っておろおろ.日本の古い諺の「慌てる…物貰い良くない」は途中が消されてるなぁ(苦笑).
実際これは冗談でもナメてるわけでもなく,単に間違えたのです.加奈ちゃんはジョギング中に野明とはぐれて,野明はまだ戻ってこなくて.ついでに野明と加奈ちゃんは背格好が似ていて…案の定さらわれてしまったのは野明の方だったから遊馬も呆然.犯人的にはアイドルをさらってイングラムと引き換えにして警察の面子を丸潰れにする計画だったわけですが,婦警をさらってイングラムと引き換えにしても,やっぱし警察の面子は丸潰れだなぁ.
数奇にもイングラム大好きな奴の命とイングラムを引き換えねばならなくなった第2小隊.公衆電話を室内に引き込んで全員で取り囲んで相談中.人命尊重な遊馬は野明とイングラムの引き換えを即決.太田は敵の捕虜になるくらいなら自決せよと言い切るわけですが(笑)仲間を見捨てるわけにはいかないので遊馬は取引を承諾.もっとモメると思っていた犯人は拍子抜けで大喜び!
ドジばかりの婦人警官と最新鋭のイングラム.警視庁がどちらを大切と判断するかは目に見えているので,本庁の応援なんか期待できない.ゆえに隊長にも内緒で,内々に解決するしかない!と決意する一堂.決戦は今夜12時の埋立地のバーガーショップ.人命第一,野明もイングラムも渡さない!…と盛り上がりまくる輪の中で,さすがに加奈ちゃんは置き去り.…しかしはぐれたことを気に病み,ついでに野明のことが大好きな彼女が静観できるわけもない.そして野明を案じる彼女はさすがアイドル.なぜか思いっきりカメラ目線です(笑).
待ち合わせのバーガーショップ,深夜12時にレイバーキャリアが店の前に到着.運んでいるのは約束どおりに遊馬のみ….そしてショップの店員こそが犯人その1こと張.口では接客しつつ手元で紙を差し出して指示を出します.その指示の中でも「日本を出てから女を帰す」ってのは大変にまずい.けれど抵抗できる状況ではないので指示通りにお会計のふりで起動ディスクを渡したら「ありがとう…ございます!」と遊馬を殴り倒してそのまま逃走する犯人その1! …そんな派手なことしたら,目立たぬための店員のふりなんか無意味じゃないか(苦笑)?
その1に殴り倒されても,今日の遊馬は「倍返ししてやるぜ!」と気合十分でかっこいい.運び去られるキャリアを追ってきた香貫花のオープンカーに同乗させてもらって追跡.そのまま浦安方面へ….派手なスポーツカーと人気のない道ではあっさり追跡が見つかりそうな気もしますが,巨大なレイバーキャリアの後方には,素人では確認しにくい大きな死角が存在するのかもしれません.
イングラムが運ばれたのは18番倉庫.確認したら香貫花車はすぐに倉庫内に乗り込んで,その1を捕まえ野明はどこだと脅します.殴られた遊馬はもちろんのこと,香貫花も野明に何かあったら「Kill you!」と本気.けれど2人の攻撃もここまで.野明が犯人その2こと劉に銃をつきつけられつつ再登場….
今回は冒頭から酷い目に遭っている野明ですが,なんでこんなのと間違えた?とか言われたくらいはまだ良くて,大事なアルフォンスと自分が交換された上にイングラムはバラされて外国の軍隊に売られることや,パイロットにも商品価値があると,犯人が自分を無事に帰すつもりもないことを暗喩されてしまってもう散々.…しかし,この死の商人たちはわかっていません.彼らが喧嘩を売ったのは,日本中に悪名轟く集団なのです(苦笑).
かくしてはじまる第2小隊の超絶レイバーショウ.まずは「泉! お前の死は無駄にせんぞぉ!」と天井破って2号機が登場! 最初から人質は死んだものとして行動しちゃう太田には,折角の人質もまったく効果なし! 同士討ちをまったく恐れない彼こそが,第2小隊の不祥事のほとんどを生産しております(笑).…ただし太田は後先をあんまり考えないので割と捕まりやすく,敵レイバーに羽交い絞めにされて動けなくなり.ここでその1が手に入れたばかりのイングラムで反撃しようとしたもんだから野明動揺!
「あたしのアルフォンスに手を出さないで!」と必死の野明.自分よりもアルフォンスが大切で,前半でイングラムの前に飛び出したときだって,自分の身のことなんかまったく考えていなかったくらい.かっこいい正義のロボットであるはずのアルフォンスは,決して兵器でも悪人の手先でもないから…起動するイングラムに「あたしのアルフォンスは,そんな子じゃないよぉ!」と叫ぶ野明.そして,本当にアルフォンスは悪を撃つのです!
なんとコックピットには今回ゲストの加奈ちゃんが.急展開についていけなくなったその2が呆然とした機を逃さず,野明は悪の手からついに脱出.「悪人ども控えい控えい,この紋所が目に入らんかーい」と妙に時代劇がかった加奈ちゃんは初心者とは思えぬ大活躍.やっぱしこの子,筋いいんだなぁ….ついでにキャリアの荷台に隠れていたらしいひろみちゃんもその1を怪力で持ち上げて大活躍(笑).
逃げる黒幕をコケながらも捕まえたり,敵レイバーを転ばせて仕留めようとして大事になったり,イングラム2機による極秘ミッションは実に騒がしいどたばたヒーローショウへと変貌(笑).このあたりは画がともかく派手で,音楽に合わせてメカがバカっぽく動いてるのがいい.で,この騒動の直接の原因となった野明は自分の失態に「…ゴメン」.そんな野明の頭をなでて,「でも,無事でよかったな!」と笑い,「大丈夫だよ,きっと」とウインクする遊馬.怒られる方が,無事でないよりもずっとずっとマシなのです.

最後にはいつもの大暴れになってしまったわけですが,一応こっそり野明を助けに行った一同は出来る限り静かに特車二課へと帰還.皆で部屋に戻るその途中,いきなり加奈ちゃんが野明に「僕先輩のこと諦めます!」とか言い出しました.「だって遊馬さんの方がずっと先輩のこと愛してるんだもん!」(笑).…いや,確かに遊馬は一生懸命だったけど,それはたぶん愛情よりは友情とか兄妹の情に限りなく近かったので違う違うと揉めてたら…「なにやってんの君たち」と香貫花に聞く小声の主は!
そもそもあれだけやらかしておいてごまかせるはずもなかったわけですが,案の定ちゃんと感づいていた後藤隊長.「早かったんだね.あったかいコーヒー入ってるよ!」なんて,少なくとも彼らがここを出て行く段階ではもう感づいていたみたいですが…「揚げたてのポテトも買ってきたんだけど,一緒にどう?」と差し出されたのはあのバーガーショップの袋! うわ,本当に全然隠せてないよ(苦笑)! さらわれたことは不問とするにしても,勝手にレイバーを動かした件で,全員で夜通し始末書書くことになるんだろうなぁとか思いつつ(笑),次回に続きます.

|

« 桜蘭高校ホスト部#18 | トップページ | [雑記] コミケに行きました / 短評 »

レビュー◆機動警察パトレイバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/11485837

この記事へのトラックバック一覧です: 機動警察パトレイバー#18:

« 桜蘭高校ホスト部#18 | トップページ | [雑記] コミケに行きました / 短評 »