« デジモンセイバーズ#25 | トップページ | 機動警察パトレイバー#27 »

ライオン丸G#1

「引き抜くと変身するようになっておりますの巻」

景気最悪でモラルは崩壊,治安も現在以上に無茶苦茶になっている西暦2011年の日本.スカルアイというコンタクトレンズをキメた命知らずのカブキモノたちが跋扈するネオ歌舞伎町で,ホストクラブDreamin'に勤める地域内ワーストのダメホスト,獅子丸はちゃらんぽらんに生きていた.巨額の借金を作ってヤクザの豪山興業に追われ,ホストクラブでも常連客は金のないブス二人きり.もはやこの街で生きる価値すらなさ気な彼は,借金のカタにある仕事をするように強制される.

抜群の技術力を惜しみなく投入し徹底してバカをやる,そんな特殊な理想像をいい感じに体現してくれそうな「ライオン丸G」.ハイソな子弟の華麗なる遊戯の直後によりによってこれか!という状況自体が我ながらどうかしているわけですが,気に入ったものを書いていくのが楽しいので,久しぶりに下品なネタをにやにやしながら書いていこうかと思います.
昨今数多い過去の名作のリメイクものですが,本作は「これを許可した奴はどんだけ心が広いんだ」と呆然としそうな設定のイジりっぷりがまず見所.ネオ歌舞伎町のダメホストを主役に据えることにより,「海底人8823」を源流とし,80年代90年代の浦沢御大参加の特撮作品で特に頻出した末に「シャンゼリオン」で1つの頂点を極めた,「変身ヒーローとしてはどうかしてるヒーロー像」が赤裸々に描かれます.監督は大根仁,アニメ好きとしては脚本協力に川崎ヒロユキ,企画協力に佐藤大の名が入っているのも見逃せないところ.…そしてこの作品,そんな物語のイカれっぷりに反してアクション部分が抜群! ハイテンポの戦闘,軽やかな剣戟など,今回以降だけど物語を食う勢いで大暴れしているのでぜひ一度見るといい!

西暦2011年10月,今から5年後の物語.シリアスに未曾有の危機が告げられる…ってことはないものの,現在がさらに腐ったような性質の悪い将来像が主役の早口でナレーションされます.最悪の景気状況と崩壊したモラルを体現した街こそ,本作の舞台となるネオ歌舞伎町.…名前はちょっと変わって中身は更に悪化,神様がいたら即刻滅ぼしそうな背徳の街って奴ですね.
この街で現在一番の問題は,髑髏マークの入った赤いコンタクト「スカルアイ」の流通.一体どんな仕組みなのか,これを入れた人間は凶暴となりバカ力を発揮するモンスターと化すらしく,これをキメて暴れる奴らが通称「カブキモノ」.…アッパー系のドラッグみたいなもんらしいですが,キメた奴らが徒党を組んで昼間から路上を徘徊しているあたり,もうすっかり警察も匙を投げちまってるんだろうなぁ.
こんなゴミタメのような街で漂って暮らすホストの獅子丸君こそ,何の因果か本作の主人公.金髪に白のスーツ,かっこいいというよりは個性的な容貌.へらへらといいかげんで金もないし力もないし人望もないし下品,さらにインキンでぼりぼり掻くような奴がモテるはずもなく,名前以外は主役とは思えないようなどチンピラ.ただし,どうやらわずかながらまともな優しさは持ち合わせているようで,瓶を頭にぶつけてしまったホームレスのおっさんに怪我はなかったかと一応声くらいはかけてみたり.
そんなダメ人間がまさか金を持ってるはずもなく,むしろ白昼からヤクザに「今月の利子持ってきてねえじゃねえか!」と捕まった上に,運悪く口に含んだ牛乳をそいつらにぶっかけるという間の悪さ(笑).開始早々ヤクザから全力で逃走するという大変に情けない主役ですが…そんな獅子丸の名に,おっちゃんが反応しています.
新宿の路地裏を逃走する獅子丸.徒っぽいお姉ちゃんや女子高生の横を走りすぎたら…さっきのホームレスのおっちゃんが再び登場.そこを避けてさらに逃げると,獅子丸とは対照的な黒い服の怖そうな男とすれ違う.…今後登場するメインの連中が逃走劇の中でどんどん顔を出し,クライマックスはやっぱり黒いあいつ.もちろんまだ互いの正体も知らない時点から視線ががっちりからみあっているのは,柄にもなく宿命的なものでも感じているんだろうか?
新宿ネオ歌舞伎町はもちろん夜の街.この街のどこかのビルの上,宵闇の中で異形の誰かが戦っていたりするんですがそんなことはさておいて,ホストクラブ「Dreamin'」では開店前のミーティング中.野郎どもが集まってお嬢さん方から気持ちよく銭を巻き上げるという接客業界は,見た目以上に体育会系.店長の蘭丸がクサい態度で従業員教育.もちろん基本は膝をついて「ダウンサービス!」(笑). なんせこの歌舞伎町には「何かが」転がっているらしいので,熱血指導にも意味なく力が入るというもの.当然大切なミーティングに遅刻するような奴は死んだ方がマシなのであり,獅子丸君は遅刻しました(苦笑).
借金取りに追われて逃げてようやく職場にたどり着いた獅子丸君.いくら馬鹿馬鹿しいとはいえ店長のご指導を「つまんないこと」の一言でぶった切るような空気の読めないアホにろくな接客ができるわけもなく,当然成績は万年最下位,ネオ歌舞伎町マガジンでは「死ねばいいのにダメホストNo.1」として鈍く輝いてしまってる.オーナーがこの付近のカブキモノが同伴とアフターのホストを狙っていると伝えるものの…獅子丸には両方とも縁がないに違いなく(苦笑).
ホストがダメなら客もダメ.営業がはじまれば店内では煌びやかに気持ちよく金を搾り取る仕事が始まるその片隅で,ブス二人に挟まれた獅子丸君が気の毒過ぎる(笑).しかも奴らが入れてるボトルは大五郎にビックマン.金を絞り取ろうと思っても脂肪か変な汁しか出なさそうな昆虫どもが,獅子丸の下半身のボトルを積極的に狙ってくるから下品すぎて最悪だ(苦笑).
職業として接客せざるを得ないとしても地獄であるこの状況.そこから獅子丸を救う新たなご指名が入った!…と思ったら,その相手はあの借金取りだから運命って残酷(笑).置き去りにされたほてったブス二人は蘭丸と小競り合い.さすがにホストにだって客を選ぶ権利くらいはあると思うんだけどなぁ.
さて,借金取りのお兄さんたちとアフターすることになった気の毒な獅子丸.無理やり引きずり込まれたのはひなびた雑貨屋,豪山商店.その地下こそが豪山興業の本拠地であり,ピンクの照明の中でぱっつんぱっつん花の首を落としている和服の野郎がお待ちかね.…昆虫にタカられるのと変なヤクザの前に引っ張り出されるの,どっちがマシかなぁ…どっちもマシじゃないなぁ(苦笑).

借金背負って返すあてもないダメホストの獅子丸ちゃん.利子だけで月30万ってのはすぐさままともな弁護士のところに駆け込んで整理して,状況によっては自己破産も考えるべき状況なんですが,獅子丸にそんな頭があったならこんな借金背負ってないか.ここでヤクザさんたちが提案してくるのが,借金の3ヶ月分がチャラになるというスーパーチャンス! 女同伴でホスト狩りに遭ってこい…って,もうあからさまに保険金目当てに違いないよね(苦笑)!
豪山のジュニアさんは一応カブキモノへの報復が目的だと説明するものの,本当に報復するだけなら獅子丸なんかわざわざ呼んでくるわけがない.命が安いこの街だけれど,それでも殺しちゃえば幾許かの現金収入にはなるはずなのでもはや回収できそうにないお客を連れてきたってところか.ちなみにカブキモノのやっつけ役はフリーランス契約の錠之介ことジョーさんにお任せ.このジョーさん,冒頭で獅子丸と視線を絡み合わせていた男です.
てなわけで,かなり強そうなんだけど愛想のないジョーさんと,オトリ同伴役のキャバ嬢のサオリさんと獅子丸のトリオでカブキモノ退治を行うことが決定.…サオリさんのボンテージ衣装と乳首の色が,異様に男心を引きつけております(笑).役とは言えど美人とお近づきになれた獅子丸は彼女にこびりつき,サオリさんは辟易.しかも獅子丸,蹴られても嫌われてもついてくるのがまたウザく,ついには彼女のホームであるスナックにまで押しかけます.
スナックKでは無口なマスターとサオリの妹であるコスKが登場.コスKは,獅子丸のこともよく知っている.なんせ彼女こそネオ歌舞伎町マガジンの執筆者! ノンフィクションライター修行の一環で,獅子丸をネオ歌舞伎町中の笑い者にしていたことが判明.…あれだけしっかりレイアウトできれば,そっちで金が取れそうな気もするけど(笑).そして妹にはあのアルバイトについては秘密で,「…言ったら殺すよ」と獅子丸を脅すサオリさん.もはや獅子丸の命はネオ歌舞伎町一軽いことは間違いなし.
獅子丸とサオリさんを帰した後で,豪山ジュニアはジョーと秘密の打ち合わせ.予想された通りにジュニアは獅子丸たちをスワンキーズに殺させて保険金をもぎ取ろうと考えていたわけですが…そんなことはもうどうでもよくて,彼の着用する黒のボンテージが気になってたまりません(苦笑).「俺のこのカッコどう思う?」とか聞かれても,こんな変態に絡まれたら最悪なのでジョーもさっさと退場.…コスチュームでもって自分探しをしているらしいジュニア.1話にしてSM道を迷走する彼の明日はどっちだ.
さて翌日.カプセルホテルの朝は遅くて,仕事の時間に獅子丸はサオリさんの電話で起こされます.予定の時間をとっくに過ぎても,朝からトマトかじって牛乳飲んでのん気にやってるインキンホストは聞いたことのある音楽の中でしばし優雅でルーズな朝を演じた上に…「古い! つーか最近見直してみたら,そんなに面白くない!」と凄い方向に喧嘩を売った(笑)! そりゃ真実かもしれないが,いくらなんでもウンコホストに言われたくないよなぁ!
明後日の方向に敵を作りながらもようやくやってきた獅子丸ちゃんは,愛車の白いトライクで参上.その名もヒカリマル…って,獅子丸の精神もどこかで過去の作品と通じ合っているんだろうか.かくしてオトリ役の二人と険しい表情のジョーさんのトリオで,カブキモノの餌食となるべく偽装同伴を開始.そして今日もサオリさんの胸が大変に気になってたまらない(笑)! 二人の後ろからジョーが黙ってついてきてますが,懐の何かを髄分と気にしている御様子.
獅子丸とサオリの死出の旅路は,どんどんヤバい方向へと向かい最後にスワンキーズのアジトへと到着! 借金を返すために前に進んだエサの二人が辿りついた終着点には,当然ながらスワンキーズがお待ちかね! このままじゃ奴らに殺られることになるので「今でーす!」と助っ人を呼ぶんだけれど…二人の知らない打ち合わせ通りに,ジョーさんはちっとも来やしない(苦笑).
必死で助けを求めるもののジョーは無視.ヘタレの獅子丸には当然スワンキーズに対抗する手段など皆無.ゆえに必死で「もうこっちはイッパイイッパイっす! そろそろ出てきてませんかー!」って叫んでも,やっぱり来なくて大ピンチ! ヘビメタ崩れメイクで野球のユニフォーム姿というスワンキーズどもに囲まれ追い詰められて,サオリちゃんの胸触っていいからなんとかしてとか言われたって無理なものは無理!
間抜けな来訪者二人にバットを握って襲いかかるスワンキーズ.二人は必死で逃げてジョーに助けを求めるものの,やっぱり彼は動いてくれなくて…とうとうバットで顔を殴られ吹っ飛ばされる獅子丸.地に這う彼が見てしまったのは,スワンキーズのリーダーがするすると抜いていく真剣の生々しい鉄の色….程なく自分の中にぶっこまれるに違いないそれにビビる獅子丸の元に,あのホームレスのおっちゃんが,なんか赤いもの握ってやってきた!

3人を追ってここまで来たおっちゃんは,赤い小太刀をぼろぼろの獅子丸に投げます.その上で,「私の言葉を繰り返せ!」とかいきなり言い出すわけですが,ヒーロー失格の獅子丸は「…えーと,誰?」と大混乱.しかしここで変身しないと死んでしまうので,これから言う言葉を繰り返さねばなりません! 「カーゼーヨー,ヒカーリーヨー,ニンポーシシヘンゲッ!」「ニンポー…何それ?」そこで考えたら負けだ獅子丸!
もう手続きとか1話にしてぐだぐだ.とはいえ全部言えなくても金砂地の太刀を抜いたら変身できるので,あの呪文は別にいらないものなのか(笑).赤い小太刀から次第に広がる,白く輝く刀身を見て,そして自分を包む状況が変身バンクで激変するのを見て! 「何これー! えー,タスケテー!」と悲鳴を上げる主人公! …ここまで凄まじいダメ主人公は前代未聞.これほどビビられると今後まともに戦えるかどうかすら大変に怪しいわけですが,かくして異形の獅子へと変身してしまった獅子丸の狼狽ぶりについては,次回に続きます.

|

« デジモンセイバーズ#25 | トップページ | 機動警察パトレイバー#27 »

レビュー◆ライオン丸G」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/12496923

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G#1:

« デジモンセイバーズ#25 | トップページ | 機動警察パトレイバー#27 »