« デジモンセイバーズ#28 | トップページ | 機動警察パトレイバー#30 »

ライオン丸G#4

「正義と悪の号泣の混沌の巻」

借金ダメホストな獅子丸の命を豪山興業が狙い,ライオン丸に変身できる獅子丸をジョーが狙うという状況でさらに獅子丸を狙う勢力が増えた.人身売買もこなすトッポギたちはサオリを誘拐.そのサオリがライオン丸の正体について語ってしまったことにより,獅子丸がトッポギたちにさらわれてしまう.無理やり獅子丸にキンサチを抜かせ,ライオン丸に変身させて大喜びするトッポギ.彼の片目を潰した豪山のジュニアに勝つためには,豪山の抱える用心棒,タイガージョーに匹敵する力が絶対に必要なのだ.

完全に巻き込まれた主役が,諦めずにひたすら逃げようともがく「ライオン丸G」.いいとこなしの獅子丸と誰もから一目置かれそうなライオン丸の間にはDMCのヴォーカル並に大きなギャップがあり,もう,さっさと諦めてライオン丸活動に専念しちゃった方が楽なんじゃねえか?と思うのも同じ(笑).実際ジョーさんみたいに用心棒として食っていく道だってあるんだし.ただし今回ラストで獅子丸の前に提示される道は,いくら感動的だとしてもさすがにダメか…(苦笑).

スカルアイでぶっ飛んだスワンキーズだって,変身した獅子丸なら倒せてしまう.けれどそれによってあのおっかないジョーさんにつきまとわれて喧嘩を売られることになったので,下手に強くなるのも正直考え物ではあります.その上キンサチはちっとも獅子丸の側から離れてくれないし,ついでに安すぎて質草にもならないし.
獅子丸自身はわかってないけれど豪山は借金を回収するために彼を窮地に追い込みまくっているから,キンサチでの変身がなければたぶん1話で死んでいる.前回だってすぐ変身しちゃえばぼろぼろになることもなかったはずなのに,抜かなかったおかげで気絶するわジョーにも蹴られるわ軽蔑されるわと本当に散々.そこまでされても変身するのはごめんってんだから,ヘタレぶりもここまで貫けば男気のように見えなくもなく….
キンサチに選ばれた人間のはずなのに,殴られ蹴られてぼろぼろの獅子丸.公園で目覚めたら横にはあのじいさんがいて,痛くて辛くてたまらない主役は哀しく叫びます.「つうかさ,あんたがこの刀から持って現れてから,調子狂いっぱなしだよ! 俺さ,この街救うことになんか全然興味ねえし!」…じいさんに必死で刀を持って帰れと言うけれど,選ばれしものの定めとか言われて逃げられず,しかもじじいは怪我人を置き去りにして去りました.選ばれたはずの獅子丸は,リポDの炭酸にすら負けるのに.
さてその頃,トッポギ配下にさらわれたサオリさんはようやく目覚めておりました.鈍いというかアホのサオリさんは状況を飲み込めていませんが,ここにいる先客たちは皆腕に竜の入れ墨の入ったデブの手引きで,例の試着室からさらわれてきたことが判明.…だから「あんたあたしの客取ったでしょう!」って話じゃないんだって(苦笑).ついでに頭の良さとバストサイズは関係ないし!
しかしそんな飲み込みの悪いヒロインその1でも,さっきのデブが笑いながら檻の外にやってくればようやく状況を掴めるってもんで.しかも上客であったはずの彼は,サオリを「工業哀歌バレーボーイズ」に出てくる女に例えるという女性としては最悪の屈辱を与えてきます…だからそこでヒロインその1はノルな(笑)!
本当に状況読めてないアホのサオリさんは,首謀者であるトッポギを変態呼ばわり.実際に彼は変態で「ドSなんだよ!」と衝撃の告白.放っておけばあんなこともこんなこともされぞうな貞操…ではなく生命の危機に,「あたしに変なことしたら,ライオン丸が黙ってないんだからね!」とやぶれかぶれに叫んだことにより,またも獅子丸がトラブルに巻き込まれていくのです.
姉と連絡が取れなくなったコスK.いつものスナックZにも戻ってこないし,巷では誘拐事件も流行しているということで早速獅子丸のところに相談に.…いくら変身できるったって中身はダメホストなんだから,あんなのに相談したってどうにもならないと思うんだけどなぁ(苦笑).実際獅子丸は男と逃げたんだろうとにべもなく,サオリさんへの執着も「まあ,仕方ないよね!」の一言で振り切ってしまう.
しかし姉が男と逃げたというちゃちな推測は,コスKには絶対に納得できない回答であったご様子で,「あたしとおねえちゃんのことなんも知らないくせに!」と主役の頬を叩き蹴るヒロインその2.…たった二人きりの姉妹である彼女たちもまた,語られるべき重い過去を背負っているに違いない.しかしそんな暗さを見ようともしない獅子丸は犯しちゃうぞとか言い出してるし.…おもちゃを売らなくていい変身ヒーローは本当に気楽だよなぁ(笑)! もちろん獅子丸にそんなことをする余裕などなし.だってトッポギが部下連れでお迎えにやってきた!
高笑するおっかないトッポギたちにアジトへと連行されちゃう獅子丸.例のキンサチの小太刀を獅子丸に無理やり持たせた上で,引き抜かせてみる! どうあっても変身したくない獅子丸は「だめなんですよー! だめですってー!」と可憐に悲鳴を上げるものの,結局抜かされてライオン丸に変身しちゃう.変身バンクはいつものようにかっこいいんだけど…「もうー!だからやだってゆったのにー!」と嘆く主役.子どもみたいな奴だよなぁ.
あっさり欲しかったものを手にいれたトッポギは,早速その旨を仇敵へとお電話.今日はフライトアテンダントでキメている豪山のジュニアのところに喜びと警告を伝えます.…過去,目玉1個を奪われているトッポギは,そちらが虎ならこちらはライオンだと,わかる奴にはわかることを電話連絡.…ジュニアのお仕事ごっこ,この界隈のこの業界では大変に有名なんだろうなぁ(笑).
虎に対抗できるライオン.その虎である用心棒のジョーには大変よくわかる言葉なのですぐさま喧嘩に行こうとするも,豪山のボスはそれを止めてシャドウ3体を放ちます.豪山にとってライオン丸は商売の邪魔.本来はそのままジョーと戦わせて潰してしまえばいいのにすぐにそうしないのは,ジョーでは絶対勝てないからなのか,あるいは戦うこと自体が相当面倒なことを引き起こすからなのか….

本気で逃げるならライオン丸のままで全部蹴散らせばよかったのに,なぜか人間の姿に戻ってもまだ捕らわれのままの獅子丸.…テンパって,そのまま逃げるという選択肢が頭から吹っ飛んでいるんだろうなぁ(苦笑).切々とあんなのにはなりたくないと訴える獅子丸だけれど,トッポギはあらゆる手段で懐柔する気満々.偽スカルアイを差し出しいい金になるぞと誘うものの,獅子丸は豪山やジョーさんが怖くて踏み切れないってな時にシャドウがこのアジトに攻めてきやがりました.
ここが出番と無理やり引っ張り出され,またもキンサチを無理やり抜かせて不本意ながらもライオン丸見参.…既に呪文は完全無視(笑).そんでもって戦場に無理に押し込まれ,細い通路で謎の強そうな3人相手に戦うことになっちゃったライオン丸.中の人である獅子丸はビビり,しかし体は戦闘モードで反応する.元々獅子丸は身のこなしは軽い奴なんですが,ライオン丸モードでの華麗な戦いぶりは変身でもたらされる効果? それとも獅子丸の中に元々あったもの?
マントで視界を封じてみたり,迫る2体を流麗な剣さばきでかわしたりと善戦するライオン丸.敵3体のコンビネーションは抜群で普通ならかわしきれないはずですが,狭い場所に合わせて剣がなぜか鎌へと変形.長すぎて取り回しの効かない剣よりもこの方が明らかに有利で,数の差すら覆して反撃だ! …途中で回りすぎてくらくらキたり,吐きたくなってるのはご愛嬌(笑).結局3体のシャドウを追い払うことに成功はするものの,獅子丸は戦って強くなる自分が嫌でたまらない.「もう本当に嫌だー!」と叫ぶ彼に,トッポギたちは獅子丸コールを浴びせかけます.
ライオン丸にシャドウが負けたことを知った豪山は,結局ジョーをジュニアにつけてトッポギ征伐にやることに.トッポギの増長とライオン丸との接触のリスクを比較するとやっぱり前者を優先せざるを得ないってのは,超然として見えても案外卑近だ.…メイド姿でデザートを勧めてくるジュニアに至っては卑近を通り越して超然としている始末であり(笑)その情けなさにボスは指先の赤い光線でジュニアの体を操って,ジュニアの顔にたっぷりとデザートをお見舞いしちゃう.
で,敵が卑近であれば主役もまた相当に卑近で,獅子丸は今まさに金で身柄を買われようとしておりました.絶対無理と言い張る主役にお前が必要だとラブコールを送るトッポギは,その誠意を札束でもって示します.ダメホストを抱えるためだけに月2百万も払おうとする謎の誠意.「どうして…俺のことそんなに…」と問う獅子丸への返答は,「お前が…私たちにとって…かけがえのない存在だからだ!」
金額のこともありますが,かけがえがないとまで言われた獅子丸はうれしくてたまらない.部下の皆さんも口々に一緒にやろうと言ってくださり(笑)頭が簡単に出来ている獅子丸はあっさりと感激.あまりのうれしさにこれまでの哀しみを全部吐き出します…「俺! ガキの頃から.何の取り得もなくて,何やってもダメで,大人になったらなったで借金あるわ,ホストになっても女にモテねえわ,ここはいっつもかいいわ! 変なモンに変身しちまうわで!」…と号泣.ドラッグの偽物売買とか人身売買とかする奴に本心を吐露する正義の味方.それが感動的であればあるほど,滑稽なのです.
「軽く…人生諦めてたんですけど! …でも,かけがえのない,俺,今まで誰からも…そんなこといわれうわえってー!」号泣ゆえに後ろの方はちゃんと言えていませんが(笑)ここで獅子丸ついに陥落.…生まれて初めて必要としてくれたのは悪の組織.優しい悪の皆さんに獅子丸の号泣は止まらない!

さて,どんなに優しく受け入れてくれても,やっぱりトッポギたちは悪の一味です.姉を探すコスKは写メに残ったチャイナ姿を手掛かりにして早速あの店を発見.…しかし店自体への警戒を怠ったことにより,5人目の被害者として更衣室から拉致られてしまっておりました.
結局姉と同じところに囚われた妹.特撮ではヒロインの人質活動は大変重要なものなので,その職務を全うする姿は偉いというか間抜けというか…(苦笑).彼女たちにとってはトッポギは悪で,獅子丸はなんとなくたぶんきっと正義だったらいいなと思いたい存在.けれどその獅子丸はついさっきトッポギに抱き込まれたところで….
そして,正義の味方が悪その2に抱き込まれたのを知った悪その1は,悪その2の下っ端を捕まえて拷問.ジュニアさんのお寿司屋さんでは,光り物とはゴキブリのこと(笑).トッポギとの接触についてゴキ握りで吐かせ,トッポギもろともライオン丸まで潰す気満々.…汚い仕事で作られた金を手にうっとりする主役は,果たして正義を持ち合わせているのか? 混迷がわずかに晴れる次回に続きます.

|

« デジモンセイバーズ#28 | トップページ | 機動警察パトレイバー#30 »

レビュー◆ライオン丸G」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/12786224

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G#4:

« デジモンセイバーズ#28 | トップページ | 機動警察パトレイバー#30 »