« デジモンセイバーズ#29 | トップページ | [写真] 箱根は意外と赤くなかった / 短評 »

ライオン丸G#5

「正義は自ら選ぶオプションとなっておりますの巻」

金に目がくらみ強く必要とされ,トッポギの用心棒をやることになった獅子丸.金の心配がなくなった獅子丸は店に退職を申し出るものの,惜しんでくれたのは客のブス2人とそのブスたちから回収できてない代金を立て替えてほしいオーナーしかいない.
そんな獅子丸の用心棒としての初仕事は,謎のトラックを港まで護送すること.獅子丸はまったく知らないけれど,トラックの中にはさらわれたサオリやコスKが入っている.港で商売相手と落ち合ってサオリたちの身柄を売り渡そうとするトッポギ.しかしこの取引は既に豪山の知るところで,豪山の手下と用心棒のジョーが取引に乱入.そんな戦場で何もできず逃げ出すしかなかった獅子丸は,絶叫の後,はじめて自分の意志で行動するのだった.

どうしようもない世界をどうしようもない主役が流されていく「ライオン丸G」.前代未聞のヘタレヒーローである獅子丸はここまでいいように流され殴られ蹴られてきたわけですが,5話にしてようやく正義の萌芽が!…なんとなく芽生えたような気がしなくもなく(苦笑).ひたすら戦いたくないばかりだった獅子丸.けれど自分がやろうとしていたことや今の自分ができることを思い知ることによって,ようやくまともな方向に動き始めます.とはいえ現状ではまだまだヘタレ.改善の余地は山盛りだけど,凄いマイナスからのはじまりとしてはかなりの改善ぶりではないかと! 今後も頑張って,最終回までにはそこそこのヒーローになってくれ!

今回も主役の早口でご案内されるこれまでのあらすじからスタート.しかも1話から4話のちゃんとしたダイジェストになっていて,毎度ながらここはものすごく上手い.本来はこの街を救わねばならないはずのダメホストは悪者に金で雇われて,あるべき正義はすっかり行方不明状態.アホだけどスタイルのいいサオリさんも,生意気で余計なことを書くけれど可愛いコスKもさらわれちゃってるってのになぁ.
けれどサオリさんよりもアホな獅子丸はそんなことにはとんと気づかず,もらった手付金握って「Dreamin'」に別れを告げにやってきます.すっかり調子にノッている獅子丸は重役出勤の上に店やめますと宣言するものの,店長の蘭丸もナンバーワンのアキラも,そんな些細なことは別にどうでもいいらしい.…本当に,まったく,必要とされてないんだなお前(苦笑).
店は勝手に盛り上がっていて,獅子丸に寄ってくるのはやっぱりいつものブス二人だけ.毎度ながら気持ちが悪いこいつらと別れることができると思えば,辞めるのはそう悪いことじゃないな(笑).とはいえ自分を惜しんでは欲しいので,マイクを奪い椅子の上に立ち「獅子丸ちゃんは,今日で,このドリーミンを辞めます!」と涙で引退宣言するものの…驚くのはブス2人のみ.残りの連中がやめないでって…「思うわけねーだろ!」ってなわけで巻き起こる激しいブーイング.どこまでも獅子丸,いらない子です.
そんな悲しい状況に「困るよ!」と言ってくれたのが優しいオーナー! 獅子丸はやっとうれしくて「すいません,お世話になりました!」と宣言するものの…オーナーが惜しいのは獅子丸ではなく金の方.ブスどもから回収できてない代金は獅子丸の借金になっていて,それを支払ってもらえないと困る! さらにモンスターどもは獅子丸払いで高い酒とか入れてやがるし,どんだけ苦しめれば気が済むのか(笑).
折角の手付金を雌豚にむしられまくった獅子丸.ダメホストを雇っていてくれた恩のある店にツバを吐きかけ旅立つ先は初仕事,トッポギと一緒に港まで夜のドライブをすることになる獅子丸だけれど,雇い主は笑うばかりで何しに行くかを教えてくれない.トラック引き連れた旅の先で,獅子丸はついに思い知ることとなります.
実はトラックの中にはサオリ,コスKを含めた5人の女が収まっております.獅子丸を手にしたトッポギは用済みのサオリもろともこの港で売り飛ばしてしまうつもり.一度ガスで眠らされた姉妹が目覚めたのはトラックのコンテナの中.5人揃って1セットの上玉として,取引されてしまうのです.
倉庫街に到着したトッポギは早速客と取引を開始.ところがこの客は最初からなんだか挙動不審で,どうしてかと思ったら車の陰からジョーと豪山の配下が登場.ここでの取引は豪山にすっかり漏れていて,罠を張られていたのです.…トッポギにとってはこれはいきなり大ピンチ.いくら獅子丸がいるとは言っても,絶対に正面からは当たりたくないジョーがいる!
そしてピンチに陥る男がもう一人.のこのこと連れてこられた獅子丸が見たのはトラックの中の見知った顔2つ.サオリたちにとっては獅子丸は味方…のはず.しかし助けてくれない彼は,実際はサオリたちをさらった悪人と同類だったりするから困っちゃう.ここで覚悟を決めて悪に徹することも,悪から正道に戻ることもできずうろたえるばかりの獅子丸.自分から何かを決めることすら,怖くてたまらなくて動けない.
追い詰められたトッポギは,金的蹴りで戦端を開く.闇からはトッポギ配下がわらわらと湧き出てくるんだけれど,さすがにジョーは強すぎて,変身すらすることなく素手で次々にやっつけていく! …この隙にサオリとコスKが逃げようとしてるんですが,姉は転んでしまい妹だけが逃げることに.必死で妹を守ろうとするサオリさん,アホだけどいい姉だなぁ….そんなサオリのピンチを救ったのは獅子丸!ではなくてジョー.両足揃えて綺麗に蹴って倒し,転んだ彼女を引き上げるのが「かっちょいい!」とか思った瞬間別の奴に捕まってるサオリ(苦笑).
倉庫内はやや広めなのでそこそこのリーチの武器がぜひ欲しいところ.てなわけで距離があっても攻撃できる鉄パイプを握ってる奴が結構いますね.数に差がありすぎるので間違っても囲まれないような位置取りが重要.個人対集団では集団に取り囲まれた時点で普通は終わるので,囲まれることがないように,太い柱の死角なんかをうまく使って倒しまくるのが基本かな.
トッポギが獅子丸に加勢しろというのを聞くサオリさん.自分たちの味方だったはずの獅子丸は,本当は彼女を助けてくれたかっちょいいジョーさんの敵で裏切者? …グルだったのかよ!と怒るサオリと加勢を求めるトッポギの間に挟まれてやっぱりどうしても動けない獅子丸.「馬鹿野郎,クソ野郎,インキン野郎ー!」と気持ちよくシャウトするヒロイン.しかし彼女は被害者のまま.気絶させられ他の女たちと一緒に運ばれていく….
トッポギは獅子丸にキンサチを突きつけてジョーを倒せと命令.獅子丸は無理に太刀を手に取らされて…けれど,ここまで来てもジョーは怖くて,獅子丸はついに雇い主を放棄して爆走&逃走.安くはない金を注ぎ込んでもらったってのにこの始末.そして裏切られ取り残されたトッポギはジョーを背後から鉄パイプで殴るものの,「どーだまいったか!」と勝利宣言したってジョーがあの程度でやられるわけがない.結局トッポギもこの場を逃げ出し,変身すらしなかったジョーたちが,勝者として置いてきぼりを食らいます.
本日は幼児プレイ中の豪山のジュニア.携帯でなぜ変身しなかったのかとジョーに聞いたら,「あいつが…変身しなかったから」ってな御返事.本来はボコボコのバラバラにしてほしかった敵を逃がしてしまった用心棒は,獅子丸に夢中になりすぎて仕事をおろそかにしまくりだ.ここで「カタをつける!」と宣言したのだって,実際はトッポギじゃなくて獅子丸の方だろうしなぁ….他人の新機種ケータイを握りつぶし,トッポギの部下にアジトを吐かせようとするジョーの前に飛び出したのは,逃げたはずのコスK! 「あたしが! …そのかわり,お姉ちゃん助けて!」
連れて来られても結局何もできなかった獅子丸.逃げ出した路地裏でキンサチを手にふらふらと…「チクショー!」とやっぱり抜けずに叫ぶ! 自分が利用されるばかりってこともわかってる.ライオン丸でない自分を必要としている奴なんかいないってことも知っている.行き場を失った獅子丸は叫ぶ.必要とされているのは強くて街を救うというヒーローだけ.獅子丸にとってはそんなことどうだっていいってのに!
…でも,サオリさんはグルだと知って怒っていた.助けてくれないくせに変身するなとまで言われた.変身するのも戦うのも嫌で,街なんかどうでもよくて…けれど,あんな風に罵倒される哀れな自分を自ら受け入れるのは,そして女の子にあんな顔をさせあんなことを言わせるのはもっともっと嫌なのだ.獅子丸はついに立ち上がり…はじめて自分で,腹を決めます.

いきなりジョーは来るしやっぱり獅子丸は役に立たないし,怒るトッポギはホンモノのスカルアイを自分と自分の部下に装着し豪山に殴りこむことを決定.日本の優れた商品をコピーし,肝心の時には本物で自分たちを強化するあたり,もう負ける気満々としか思えない(笑).ところが殴り込む前にやってきたのが獅子丸.いつもの情けない顔ではなくてきちんと真顔で,「サオリちゃんはどこだ」と脅します.
折角手なずけたはずなのにいきなり裏切られたトッポギの恨みは深く,スカルアイによってさらに倍増.裏切者をクズと連呼するものの…腹を決めた獅子丸はビビらない.むしろ「ああそうだ!」と全面的に認めちゃう.「確かに俺はヒーローなんてツラじゃねえよ.この街がどうなろうと知ったこっちゃねえ.…だけどな,女売りさばいて,金稼ぐような,金玉腐ったクソ野郎にはなりたかねえんだよー!」と絶対に譲れぬ意地を吼える! 自ら望んでキンサチを引き抜き,やっぱり例の呪文はないものの…「ライオン丸,見参!」
狭い敵のアジトで颯爽と戦うライオン丸.この戦いも多勢に無勢,しかも相手はスカルアイによるブーストつき.どうしても防戦主体となるところで太刀は片手盾へと変形.ライオン丸の素早さがあれば小型の盾でも十分広い範囲を防御できるし,意外と取り回しのいい鈍器としても使えるし…何よりも殴るだけなら,自分を一度は受け入れてくれた元仲間の命を奪うこともなさそうだ.
中の人がやる気となったライオン丸は主役なので強い! 特別な片手盾があればトッポギの銃だって全部はじき返してしまえる.くるくると回転するライオン丸が跳弾させた弾は皆トッポギへと戻っていき,急激に近づいて猛る心のような抜き身の太刀を真っ直ぐに悪の喉元に突きつける! …いくらスカルアイがキマっているとしてもここまで圧倒されてしまっては,さすがに正気に戻るらしい.やればできるじゃないかと必死でライオン丸を懐柔しようとするトッポギだけれど,既に愛想を尽かしてしまった獅子丸が手を組むなんてことはありえない.金ならあると言われても,ライオン丸が悪に与えるのは決別の一閃しかないのです.
さてその頃,コスKはジョーを手引きして例の服屋の試着室からトッポギのアジトへ.服屋の店主が銃まで出してジョーを牽制してますが,凄くあっさりジョーに殴り倒されて終了してんのが情けない.コスKが鏡のところでくるくる回ったりしながらも(笑)無事到着.…しかし到着した時には既にトッポギたちは全滅していてコスKびっくり.…それに対して,ジョーはこれが誰の仕業なのかを明らかに察しています.
元に戻った獅子丸は早速サオリさんたちを救助! 「ごめんね遅くなっちゃって!」と極力軽い正義の味方の獅子丸ちゃん.綺麗どころには自分の働く店の宣伝も忘れません.…いや,そこはついさっき辞めたんじゃねえの(笑).しかし一度裏切られたと思ったサオリさんの態度は激悪.折角オッパイ大きい順で助けてあげたのに「敵か味方かはっきりしなさいよ!」と全力で平手打ちするなんて(苦笑).
ここで遅れて着いたコスKとジョーが合流.「自分の力がわかったろう」と戦う気満々のジョーに対し,獅子丸がビビらないどころか後ろについていってしまう.…重大な決心をして自分とは思えないほどの結果も出して,相当高いところまで舞い上がってたんだろうなぁ….かくして始まる本日のラストバトルは,新宿の摩天楼を見下ろすビルの上での1対1.2つの太刀は2体の異形を呼び覚まし,白と黒,タイガージョーとライオン丸が推参し見参する.…アホ姉妹にはちょっと難しい言葉だったかな(苦笑)?
開けた屋上での二人きりの戦いはまさに火花散る真剣勝負.獅子丸もかなり頑張ってるけれどジョーは洗練されていて迷いがない.ライオン丸の柔軟な避けっぷりは見事なんですが,攻撃に関してはやっぱりまだまだ覚悟が足りていないのかもしれない.東横インの看板を目前に,まるでゲームのような人間離れした舞闘を見せるふたりの獣.主題歌も流れてかっちょいい!
ライオン丸の武器は分銅鎖へと変化.ジョーの太刀を絡め取ってそのまま己の武器に変えるあたりは面白い.しかしあっさり取り返されて,しかもジョー側は鎖鎌に変化.普通なら距離を取ってダメージを与えるための武器を相手武器にからみつけてそのまま引き寄せ,得意の超接近戦に引き込むあたりが非凡.しかも鎖を拳に巻きつけることによって打撃ダメージを上昇させる戦闘慣れっぷりが恐ろしい!
こんな凶悪なラッシュを思いっきり食らってそれでもまだ戦えるほど,今のライオン丸は強くない.倒れ,慌てて己の太刀を鞘へと戻し,武装を解いてしまいます.まだ変身したままのタイガージョーの前で全ての武器を放棄して,ごめんなさいと必死に命乞いする獅子丸はやっぱりヘタレ.…ちょっとどころか,相当調子に乗りすぎちゃった(苦笑).
ここでジョーは例のジジイが言っていた完全に目覚めてはいないという言葉を思い出し,いろいろ物足りない気持ちを蹴り一発に込めて獅子丸にお見舞い.野犬の悲鳴のような声で蹴りに倒れる獅子丸に,「まだ弱い!」と一層の奮起を期待する一言を残して退場.…そんな絶対強者に欲情するサオリと,驚くばかりのコスK,そして,当然ではあっても力及ばず悔しい獅子丸.

さて,ジョーにこそ負けてしまったものの雇い主のグループを壊滅してしまった獅子丸は,「すいませんでした!」と土下座して唾吐きかけた「Dreamin'」へと復帰.戦うべき時にはその力を奮う覚悟だけはできたようですが,自分から望んで戦う方向には行かないあたりが彼らしい.ダメな子扱いはそう簡単には変わらないでしょうが,今後はホストとしても一皮剥けるんだろうか.
助け出されたコスKも元気.「ライオン丸にライバル現る,戦慄!最強タイガージョー」とかアオリ倒す記事を執筆しまくる興奮したコスKにはオザキ授業は邪魔.「そんなの何の役に立つってんだよ黙ってろ!」とか吠えまくり.…中二病のこじらせ方が尋常じゃねえなあの教師(笑).
5話かけて変身したくないダメホストはどうしてもの時には変身するヒーローへと変化.ジョーに敗北したことも人並みにくやしくなってきたようなので,その悔しさを糧にこの先更に強くなっていけそう.…ただし未だ全く足りていないのは戦う動機.これがちゃんとないとヒーローでも肝心なところで心を折られて負けるんだけれど,うまく見つけ出すことはできるんだろうか? 次回に続きます.

|

« デジモンセイバーズ#29 | トップページ | [写真] 箱根は意外と赤くなかった / 短評 »

レビュー◆ライオン丸G」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/12870409

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G#5:

« デジモンセイバーズ#29 | トップページ | [写真] 箱根は意外と赤くなかった / 短評 »