« デジモンセイバーズ#33 | トップページ | R'sM 2006年アニメ大賞 »

ライオン丸G#9

「かっこいい奴はわかりにくいように出来ておりますの巻」

横浜で起きたカブキモノ襲撃事件の犯人は,ジョーの昔のパートナーであるユリとその手下たちだった.ジョーは豪山に逆らい続ける彼女たちを殺してでも止めるつもりで,そんなジョーの冷たい覚悟が獅子丸は嫌でならない.ジョーは獅子丸を置いて一人,横浜へと向かう.
ユリのところへ赴いたスナックZのマスターは,暴走するユリたちにいたぶられ人質にされた.たまたま電話をかけたコスKはマスターの窮地を知り,獅子丸とともに探偵事務所へと急ぐ.けれど現場に先に到着したのは,ジョーの好きな人の顔を見てやろうと押しかけたサオリだった.

最初に比べればかなり更正し,まともなヒーローものに見えなくもなくなってきた「ライオン丸G」.前回に引き続き今回の主役もジョーさんで,獅子丸とは違い真面目にダークヒーローをやっているストイックな彼の背負う過去とともに,そんな彼の中に残っている甘さが描かれます.見た目はかっこよく生身でも強く非情であり,さらに変身までしちゃう上にどうしても消し切れない優しさまで抱えているだなんて,まるで化け物のようなスペックのジョーさん.その格好よさを根本的に格好悪いエロライオンに分けてやってはくれないか(苦笑).笑いは控えめの今回は,2元中継でお届けされる激しいバトルが最大の見所.ともかく派手なアクションで,特撮スタッフの頑張り具合が素晴らしい!

今回も相変わらず丁寧な1話からのあらすじよりスタート.獅子丸が回を重ねるごとにライオン丸のことが気に入ってきてるのも芸が細かいぞ.で,そんな獅子丸をここまで何度も痛め付けてきたドSタイガーことジョーさん.オーナーの件がどうやら誤解とわかった獅子丸は平謝りの上,なんだか子分みたいになった上,横浜での事件を一緒に解決することになったってのが前回のお話.鍵はエロい女探偵のユリさん.色っぽい彼女はきっとジョーのセフレに違いないと獅子丸は睨んでいるわけですが….
このエピソードのもう1つの鍵がスナックZのマスター.毎度背景と化している無言の彼がいきなり喋った! しかもユリさんと昔なじみどころではなく,マスターはユリさんの育ての親だった! そしてマスターが昔捨ててしまった事務所に今ユリがいることも判明.…やっぱりマスターに対するユリさんの当てつけなんだろうなぁ.
「お前,カブキモノを襲ったな」とジョーと同じくユリが犯人と断定するマスター.その上で,豪山の恐ろしさはわかっているだろ!と強く諌めます.しかしユリは育ての親の諌言を容れない.逆に手下どもがマスターを取り囲むけれど,意外にも彼は大変強い.やや数には押されていますが力量は彼の方が明らかに上.…そんなマスターを仕留めるのは青い目のユリさん.育ての親を瞳の力で吹っ飛ばし,腕が落ちたわねと言い放つ.にやにやと笑う青い男を従えた彼女は,氷のように冷たいのか.
己の力と部下を使ってしがないスナックのマスターを床に転がしたユリ.仕事人エレキテルも見る影なしと言い放つ彼女が何をしたいのかわからないマスター.…彼が見いだして育て,強くしたユリ.きっとその力と強さを見込まれて,彼女は豪山のところでジョーと組むことになり,そして今は,そんなジョーの属する豪山を挑発するようなことをしている.ジョーは昔と変わらず豪山の部下なわけだから,彼女のやっていることは自殺行為.けれど彼女のはそれを願って待っている…ジョーが自分を殺しに来ることを.
思った通りジョーは豪山に刃向かうユリを殺すつもり満々.それが即席子分の獅子丸にはどうにも納得できない.なんで元相棒同士が戦わなきゃならないのか,しかもあっちは絶対にまだジョーのことが好きなのに! …理由を語らずジョーは去り,入れ替わりにいつものブスどもに見つかってしまって獅子丸げんなり.美女と殺されるのとブスに迫られるのだと一体どっちがマシなんだろうか.しかもこのブスども,ロンリーな気持ちを一人で慰めるための,絶対に画面には出せないモンスターが入った袋を獅子丸の顔にひっつけやがるし(笑)! 空気読めお前ら!
さて,マスターのいないスナックZではサオリ・コスKの姉妹がごろごろしております.サオリさんのジェンガ,高! 仕事前の彼女はコスKに学校に行けとお説教.じゃないとお姉ちゃんみたいになるわよと,反面教師としては素敵な説得力のある指導っぷり.勉強しないと栄養が胸に行くとか本気で言ってるあたりが,彼女の頭の中身の軽さを示しているのです(笑).余計なことを言い出す姉はジョーの元カノ?の件で随分落ち込んでいるらしく,そんな彼女に姉らしくないとコスKは言い残し登校.サオリさんも自分らしくないのは居心地が悪く,早速ジェンガ崩して動き出します.
コスKにとっては記事を執筆する時間と化しつつあるオザキ授業.新入生の新宿タイガーは,以前ヒカリマルを誘導してたあいつだけれど…結局誰? コスKのところには姉から早速出かけてきますと連絡が入る.マスターがいつまでも戻ってこないのでコスKへの連絡になったらしいけど,では彼は一体どこに? …コスKが電話したマスターの携帯は,恐ろしい奴が持っていました.
聞こえてきたのは見知らぬ男の声.「あなたはぁ,このオッサンの…なんなんですかぁー?」と最初から相当足りない感じが怖い! 娘です!と咄嗟に答えたコスKに,マスターの現状を腐ったミカンに例え,相当洒落にならなそうなことを伝える男.マスター本人は電話口に向かって「来るな!」と叫び,そのことで男にさらにやられていく音が聞こえてきて…「今から言う所に,パパ引き取りに来てよぉ」という邪悪な声の相手はコスKには無理! 怖くてどうしようもないときは,とりあえず獅子丸に相談だ!
ホストクラブDreamin'ではブス2人に膝枕している獅子丸.もちろん接客なんかぶっちゃけどうでもよく,ジョーとユリのことを考えて上の空.なんか怖い顔でじーっと考えた末,うわーっ!と立ち上がり「やっぱ俺,納得いかねえ!」とブス祭りを置き去りにして席を立つ.それを追うブスの前にはさらにコスKが登場.「わっ,ぶっさいく」って思いっきり言っちゃってんなぁ(笑).ジョーたちのことも気になるけれど,マスターが変な奴らに捕まったってのはもっと洒落にならないのですぐさま出発! …残されたブス2人は蘭丸にブーブー言う汚い奴を押し付けていて,本当に最悪だ(苦笑).
しかし現場に先に踏み込むことになったのは姉の方.ジョーの元彼女?の顔が見てやりたくてユリ探偵事務所に一人押しかけていたサオリさん.他のものは自信がないけれど,あたしにはおっぱいがある!と自分に強く言い聞かせ(笑)踏み込んでいったらその先は暴漢どもの巣.あのイカれた青い男たちがマスターを人質にして,運悪く飛び込んでしまったサオリを餌食にしようとするのです.

マスターが危ない! そう思ってヒカリマルで一路横浜へとひた走った獅子丸たち.しかし探偵事務所の中には刀を首筋に突きつけられたサオリさんがいてびっくり! …人質役はヒロインの仕事.今日もサオリさんは本当によく仕事してますね(笑).ユリは不在で,青くてクレイジーな男がリーダーとなりサオリさんに危害を加える半歩前! その上奥から引き出されてきたマスターも生ゴミ扱いされるくらいにボロボロで.
これまでのいろいろで,とりあえず自分の周囲を守るためには力を使えるようになった獅子丸.早速戦いたいんだけれど,サオリさんの命を考えると動けない! …ここでマスターが獅子丸のため,最後の力でひとっ飛び! ボディアタックで男の態勢を崩したことでサオリを解放.体を張って命をかけて作ってくれた機会なんだから,絶対に無駄にすることはできない! 生ゴミにナリタインデスカーとバカにする青い男に,「お前らだけは許さねえって言ってんだよ!」と獅子丸はキンサチを抜き,怒りとともにライオン丸見参!
皆青い目の敵たちは,リーダー以外はナイフを持って向かってくる.リーチが短く天井も低いので長物を振り回すのには向いてないのでキンサチも変化.ブーメランのように戻ってくるのを利用して,ばったばったと雑魚を倒す! あっという間にリーダーの青い男以外は潰れ,しかも青い目が放つ衝撃波だってキンサチで防ぐことができる.力を使いこなし受け入れるようになったライオン丸は強い!
刀と太刀のぶつかりあい.果敢に斬り合うだけでなく蹴りが出るわ転がってる仲間を盾にするわと青い男は卑怯に仕掛けまくるわけですが,ライオン丸はもうくじけない.寝転がっても立ち上がって目まぐるしく展開する剣戟! 狭い空間でぶん回るカメラワークがかっこいい! …同じ頃ジョーたちが悲しくて美しい戦いを繰り広げているけれど,こっちは派手で力強い戦いで,なぜかテーブルの上に登って斬り合ったりしております.
まだまだ獅子丸の腕前は未熟.けれど変身の恩恵で持久力ならライオン丸の方が上.クッションを切り捨てたことで舞い飛ぶ白い羽根の中,向かって来る刀をライオン丸は素手で掴み,そのまま切り捨ててライオン丸,勝利! マスターは息も絶え絶えだけれどなんとか命を繋いでおり,心配する獅子丸にユリとジョーを助けてくれと頼みます.きっと2人は,ユリが昔よく行った港にいる.「頼む…」と言い残してマスターは気絶.獅子丸はまた走り出す!
夜の横浜港.橋が遠くに見える美しい夜景の中で対峙するユリとジョー…黒い2人.一度は袂を分けたけれど,「でも気づいたの.私も闘いの中でしか生きられない」…失った家族のためにジョーは戦い,ユリはジョーのために戦うのだと.青い瞳の彼女の前で,ジョーはギンサチを抜き放ってタイガージョーに.障害物のない広い空間でのナイフと太刀の戦いがスタート! 真っ直ぐでストイックなジョーと舞うようなユリ.滑らかで美しいユリにはジョーの攻撃も当たらない.間近に迫る鍔迫り合いには色気すら漂う.
コスKはマスターの手当てに残し,今度はサオリをヒカリマルに乗せて港へと走った獅子丸が到着したときには,既にバトルも佳境! 夜景をバックに戦う黒い2人を見る,白い獅子丸とサオリ.空中で切り結ぶ2人の最後.ユリは至近距離で青い目を開き…けれどその光は涙で消える.彼女が自分を殺すことなどできないことは,きっとジョーだって知っている…けれど太刀は止まらない! やめろと獅子丸が叫んだって,彼女は結局,斬られて落ちた.頼まれて,2人のために走っても結局間に合わなかった.何もできなかった自分に獅子丸は絶叫します.

そしてしばらく時は経ち.あんだけ思いっきり斬られていながらも,ユリさんはなぜかちゃんと生きておりました.ただし再び目覚めたときには,これまでのことを全て忘れてしまっていました.そんなユリさんを横浜まで見舞いに行った,獅子丸とサオリとコスK.忘れてしまったことを謝る彼女にも「いいんです」とサオリは笑い,「俺たち,そんなに知り合いだったわけじゃなかったんで!」と獅子丸もフォローする.…本当は色々と言いたいこともあるのを胸にぐっとしまって笑うのは,馬鹿2人だけどかっこいい!
豪山にはユリは死んだと報告したジョー.昔の相棒を記憶喪失にした彼は,いい人?それとも悪い人? 「ジョーさんはいい人だよ」と自信を持って断言するのはサオリさん.いい人だからユリは彼を好きになったんだと信じる彼女は,晴れやかに「とにかく,あたしにはわかるの!」と言い切った.…ちなみに今回の獅子丸には,おっぱいも含めてまったく報酬なし.でも前よりもっと姉妹と仲良くなったことは,ささやかな報酬と言えなくもないかな.
全てを忘れたことにより,ジョーとユリ,そしてマスターの関係を白紙に戻す.…それがユリの選択.実は何も忘れていなかったけれど,ジョーのためにふりをすることで身を退いた彼女.「…錠之介.あなたの家族を殺した相手が見つかったら.あなたもいつかきっと」…この言葉にはどんな意味が込められているのか.普通に考えれば悪い奴は最終的に一人に集約されるはずなんですが….さて! シリアスもアクションもそれなりに楽しいけれど,そろそろ見たい底抜けギャグが全力でやってくる次回に続きます.

|

« デジモンセイバーズ#33 | トップページ | R'sM 2006年アニメ大賞 »

レビュー◆ライオン丸G」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/13254146

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G#9:

« デジモンセイバーズ#33 | トップページ | R'sM 2006年アニメ大賞 »