« デジモンセイバーズ#36 | トップページ | 機動警察パトレイバー#38 »

ライオン丸G#12

「求めても得られぬことで心は壊れますの巻」

獅子丸とジョーの隙を突いて襲ってきたライオンタイガーを止めたのは,獅子丸にキンサチを与えた老人だった.彼は反撃したい獅子丸を「耐えろ」と抑えてこの街の外へと逃がす.ライオンタイガーは老人に手痛い一撃を加えたものの,豪山から与えられた赤と青のコンタクトレンズの力が切れたのか自滅.この「赤青」をこの国に広めて装着者たちを己の意のままに操ることが,豪山の野望だった.
逃げ出した獅子丸は逃亡者の定番である港の倉庫にもぐりこみ,傷ついたジョーの手当てをする.ネオ歌舞伎町ではキンサチとギンサチを取り返した老人が倒れているのをコスKが発見し,スナックZに運び込んで手当てをする.そして,さらわれたサオリは豪山の事務所に運ばれていて,パパに認められたいと狂乱し部下たちすら撃ち殺すジュニアに引き回されていた.

ネオ歌舞伎町を巡る調子っ外れなヒーロー譚もついに終幕へ.死と血に満ちた最終エピソードがはじまる「ライオン丸G」! 大人マニアしか見ていない深夜の特撮番組の終盤ということで,コメディをやる分そこそこ抑えてきた血の気がここに来て一気に噴出! 元々登場人物が生々しい作品だったからこそ,彼らから流れ出る血もひどく生々しいんだよなぁ….
変身して戦って勝つという変身モノの基本パターンは,初代「ライオン丸」の昔ならともかく,変身ヒーローが完全に陳腐化した現在では明らかにギャグのネタ.本作は主役を成人とすることでその面白さを遺憾なく発揮し,時には暴力すらも笑いに変えていたわけですが…ここから先は暴力が笑える範囲を超えていきます.たとえばタライ落としのように、倫理さえ無視すれば他人が他人に無意味に暴力を振るうのを見ることは面白いもの.けれど見知って仲良くなった人が洒落にならない目に遭わされる様子を笑うのは,いくら慣れていても難しい….

ジョーが潰されキンサチとギンサチは取られ!大ピンチの獅子丸たちをライオンタイガーから颯爽と救ったのはいつものジジイ! …豪山は獅子丸以上にこのジジイを狙っていたので,ライオンタイガーを操って襲いかからせる! もちろんジジイは老いたり腐ったものを食って腹を壊したりしようとも強く,鋭い攻撃を軽々とかわし,超常の力で自在に剣を宙に舞わせて…これはなかなかいい勝負?
ところがここで予想もしなかった動きがさらに! サオリさんが謎の黒い奴らに襲われた! …愛する彼女の危機をジョーは救いたいけれど動けない.獅子丸も助けに行きたいけれど,今は錠之介を連れて逃げろとジジイは強く言う…「今のお前に何ができる!」と.確かにキンサチなしの獅子丸はちょっと強いくらいであんまり役には立ちそうにもないから,悲鳴に思いっきり後ろ髪引かれながらも,何もかも全部後ろに残して走り出す! 今は仲間は救えないけれど,ここは堪えて…「爺さん…頼むぜ!」と逃走だ!
うまく獅子丸を逃すことができてほっとしたジジイ.その心の緩みをライオンタイガーが一突き! ついに当たってしまった攻撃は相当痛くて,これはもうダメか?と思ったら…突如敵からもうもうと煙が吹き上がる.あと一撃が入れられずのたうって苦しむ彼は,「豪山様に…栄光あれー…」と言い残して倒れる.いくら赤と青のコンタクトをつけていたとしても,キンサチとギンサチの力を1つの体で受けるのは耐え難かったんだろうなぁ….
刺客が着けていた赤と青のコンタクトレンズ.スカルアイで試された結果から豪山が作り出した「赤青」.装着者を豪山の意のままに操れるという優れもので,これを全国にばら撒くのが豪山の野望! その野望を邪魔しそうな者を始末するのが全国制覇への最後の仕上げとなるのです.…先に赤青を街中にばらまいて,数に任せて一気に邪魔者をやっつける方が楽そうな気もするんだけどなぁ(笑).
全国制覇に向け深刻な人手不足に悩む豪山.ジュニアや部下たちなどは言わずもがなで(笑)人間らしくなってきた錠之介はもう使い物にならず,世俗の穢れの塊みたいな獅子丸は使う気になれない.だから…「私と手を組まんか」とジジイに提案.どうやら昔は手を組んでいたらしい2人だけれど,「欲しいのは,このキンサチと,ギンサチだけだろう」とジジイはあっさりフリました.もちろん再戦は既に予定されているわけですが….この後,ジジイは行き倒れたところをコスKさんに保護されることになります.
さて,戦いの最中になぜかさらわれてしまったサオリさんですが,「お帰り,サオリちゃん」と出迎えたのは正義の味方なジュニアさん(笑).黒づくめは豪山の手下ではなく,ジュニアの部下でありました.ちなみにわざわざあんな格好をしていたのは,パパの仕事を邪魔すると怒られるから.サオリさんが奪うはずのキンサチが欲しくてわざわざ連れてきちゃったけれど,もちろん彼女の手にはキンサチはなくて….
欲しいものが手に入らないジュニアさんは,マスクを外して狂乱.「パパー! なんで!」と頭を壁に打ちつけまくり,額が裂けて血が流れ…閉じられた瞼のようなかたちに.ずっと性懲りなく変身っていうかコスプレを続け,父の豪山に認めてもらおうとしていた彼に訪れた限界.部下たちに,お前らもういらないわと宣告して唐突に撃ち殺す!
…これまでジュニアさんのコントにどんな無茶な設定でもつきあってきた,結構仕事熱心な2人.けれどジュニアさんに命まで取られる覚悟はきっと,していなかったはず.2人が吹き飛んで咲いた血の花にサオリさんは呆然.咲かせた彼は「ばばばばーん」と呟いていて…今までのどんなコスプレよりも怖い.結婚行進曲を歌う彼は一体何をするつもりなのか?
ジュニアさんがついに壊れていた頃,逃げ出した獅子丸はジョーとともに倉庫の中に転がり込んでおりました.ジョーの傷の手当をし,一斗缶の中に火をおこして暖を取り,さらに食料の買出しにまで行ってきたあたりが逞しい.はじめてネオ歌舞伎町を離れた獅子丸には行く宛もなくて,逃亡者の定番な港の倉庫を勝手に使うことにしたのです.
昔見た「ロボコップ」の真似をしてここに来た獅子丸.ぼろぼろのロボコップがこんな場所に匿われたように,壊れかかった殺人マシンもここに潜むのがきっとお似合い.…けれど殺人マシンのジョーさんはロボコップを知らなくて,獅子丸は懸命に物真似をしてみせる…最後には下品なアレンジをつけて(笑).
最後については「これはウソ」と笑う獅子丸.きっといつものジョーさんなら問答無用で蹴りを食らいそうなとこですが今日はついに笑ってくれて…「ウけた!」と獅子丸大喜び!ジョーはふざけんな!とモノを投げるけど,兄弟がじゃれあってるみたいなもんだ.…出来がよくて生真面目な兄と,ひょうきん者で心優しい弟のような2人.あのどうしようもない街から離れれば,彼らは普通の青年でいられるのです.
2人の青年がようやく腰を落ち着けて下ネタでなごんでいた頃,あのどうしようもないネオ歌舞伎町では,ジジイがスナックZで目覚めておりました.…夢の中で豪山が彼を呼んだ名は果心居士.たぶんここが本シリーズ中唯一,その名が出てくるシーンです.マスターとコスKの手当てによって命を繋いだジジイは,どうせお客さんなんか来ないからとコスKに言われてしばし逗留することに.…コスK,地味にひどいこと言ってんなぁ(苦笑).
獅子丸の臭いがついたあの最悪な街の中でも,一番べったり滲みついてるのはDreamin'とあのブス2人ではないかと思います.今日も今日とて開店前なのにVIPを自称し押しかけて,逆にPIG呼ばわりされてデブのみが辱められていたところ(笑),たぶん蘭丸には教えられていなかった特別ゲスト登場!「オサムちゃん!」と蘭丸に叫ぶのは,トドに似た凄いオカマの「日村さん!?」
5年前の2006年までは,蘭丸とお笑いを一緒にやっていたというオカマの日村さん.あとちょっとでブレイクするところまで行ったんだけどあまりに相方を好き過ぎて,性転換したことが原因で解散(笑)! てなわけで,元相方は芸能界へと復帰するためにここまで来た…という設定の即興コント.金髪ヅラのトドみたいな相方に迫られるのは,キツイなぁ(苦笑)!
しかもブスどもは当然のように日村さんの味方! 気持ちを受け入れてあげなさいよぉ!と絶叫(笑).もちろんあんな変な物体に何を答えりゃいいんだって感じですが,男は体でオトせ預けちゃいなと唆されて,豊満なボディを披露する相方は…最悪だねぇ(苦笑).性転換した設定の癖に股間が膨れてるあたりが甘い相方に帰ってくれと困る蘭丸.…折角お笑いを半分くらい忘れて真面目に演技してたのに!

大輪の血の花咲かせたジュニアさん,今度は怯えるサオリさんにウエディングドレスを着せて無理やり連れていく…パパのところに.赤青を作っている豪山は三眼の異形.「…化け物」と正直なサオリに「化けモンじゃない僕のパパだよ!」とジュニア.父は製造に忙しく,これを全国に広めろお前も忙しくなるぞ…と珍しくジュニアにまともな命令をする.しかしジュニアはパパに向かって,「もうやめようそんなこと!」なんて言い出すのです.
サオリさんの意志など完全無視で,「僕ね,結婚するんだ」といきなり言い出すジュニアさん.豪山が自分に何の期待もしていないと知ったのが心の壊れたきっかけ.ジョーみたいに変身して父に誉めてほしかったけれど,自分にはそんな素質なんかなかった….「ねえ,ここ見てよほら.パパの目みたいになったよ」と己の額を指さして,自分を認めてくれなかった父の子であることをアピールするけれど,悲しいくらいに才能がない.
自分は選ばれしものじゃない.それは散々コスプレしてみてわかってる.「でもさ…やっぱり変身してみたかったんだよ! でもできなかったよ!」と泣き言を叫ぶ息子.選ばれし者が不幸であるように,選ばれぬ者もまた不幸.そんな彼が見出した最後の変身がカタギになること.壊れた頭で普通の暮らしを夢想するけれど,子どもの数が野球チームやオーケストラくらいとやっぱり壊れていて,それでも笑うからサオリは怯えるばかり.…そんな哀れないい大人に,父は「愚か者…」,失せろと宣言します.
己の素質からすれば真逆であるカタギまで目指し,それでも拒否された.どれだけ求めても認められないなら,ジュニアにできることはあと2つしかない.己を消すか,向こうを消すか…「もういらないな.こんな変なおじいちゃん.いらない.…死んで.死んでよパパ.死んでよ! 死ねよ! 死ね! 死ね! 死ねー!」 …ジュニアの銃撃は全て豪山の剣ではじかれて,最後の弾まで撃ちつくした出来の悪い息子に禍々しく笑い,父は息子の胸を剣で裂く.
求めても得られずに自分が死んでいく.ジュニアに残されたのはたった1つの隘路だけ.不器用にも父へと愛を向け続けた彼の「パパ…愛してるよ」という真剣な言葉は,愛を知らない父にはもう届かない….わけのわからない戯言を吐き出す息子の体を父は剣で貫き「役立たずめ」と言葉を与え,彼を絶望の縁へと追い込んで殺す.
徹夜の上に目の前で血みどろ3連発!ウエディングドレス姿のサオリはなんとか事務所を逃げ出して,新宿の街を突っ走る.豪山の追っ手が放たれていることも知らず,何なのよあの親子…と一息ついたところであのジジイ登場.サオリさんの口を塞いでいきなり路地へと引き込みます.…あのまま走ってたら,たぶんすぐに黒い奴に殺されていたんだろうなぁ.
業に穢れスプラッタなネオ歌舞伎町の朝も知らずに,逃亡中の獅子丸は怪我したジョーさんのお世話中.鍛えられひきしまったいい体を褒め,女は黙っちゃいないはず!と軽口叩く獅子丸だけど,なんだかジョーさんの反応がおかしい.実はジョーさん,女のことは「…知らねえんだ」とぶっちゃけた! 殺人マシンの癖にっていうか殺人マシンだからこそ童貞なのか?ともかく「えええー!」と獅子丸びっくり!
がっちんがっちんの童貞であったジョーさん.道理でサオリさんとキスしたくらいであんなことを言い出したわけであり,あのエロい女探偵ユリさんとの仲も清かったのか….相当好きだったのに結局なびきもしないんじゃ,そりゃユリさんも敵対するな(苦笑).でもチェリーのままじゃきっと百戦錬磨のサオリさんはドン引きで,「それは困る!」とジョーも必死.…この必死ぶり,初恋か.
他はともかく,この分野においては一応ホストの獅子丸は結構頼りになります.「俺に任してくださいよ!」と引き受けて,今のごたごたが終わったらソープに連れていくとお約束! ばっちり筆降ろしの上磨きをかけて,それからサオリさんにアタックかけようとご提案.エロスにはからっきしな兄貴には,教師役として抜き太郎のヨッチャンをご推薦.世俗の垢にまみれたエロライオンでよかったな,ジョーさん(笑)!
獅子丸は自分の一番弱い分野を助けてくれる.「かわりに俺は,何をすればいい?」と聞く,世俗の垢になじみはじめたジョーさん.「ジョーさんが,俺に?」と獅子丸は凄くうれしい.…これまでずっとずっとジョーさんの足手まといだったけど,そんな自分を認めてくれて,感謝してくれたんだ!…「決めた」と即決するジョーさんのお礼は「お前をもっと強くしてやる」.これは現在実力不足に悩む獅子丸にとって素晴らしい申し出で,「じゃー俺も,ソープに連れてくの,約束します!」と手を差し出し,世俗の垢とストイックな武器は手を組むことに! …でもジョーさんは女の子はもっと優しく触ってあげてください.力み過ぎですよ!
さて,ジジイのお陰でスナックZへと無事に戻って来たサオリさんは,もちろんウエディングドレスのまま.普通なら何も口に出来ないような精神状態になりそうなのに,一気飲みしてタフだなぁ….姉がタフなら妹もタフで,姉が巻き込まれたトラブルについて「借金の取立て?」とさらっと聞くコスK.やっぱしもうバレバレでしたとさ(笑).
借金の原因は一時期本当にひどかったホスト遊び.一晩で200万とか使ってここまで転落したら,そりゃホストの獅子丸には冷たくなるよね! …もちろんそれだけじゃないんだろうけど(苦笑).けれど妹は返済計画を立ててあげると賢く逞しく,「もうホストクラブに行かないね!」と隠し切ることすらできなかった頼りない姉は泣く.…ここでサオリの借金隠しエピソードは比較的穏健な方向で完結!
着々と終わっていく物語の中,全てのはじまりである彼の役割もまた終わっていきます.ジジイは姉妹にキンサチとギンサチを渡し,時が来たらあの2人に渡してやってくれと依頼.マスターは酒「決戦」を注ぎ,ジジイはそれを煽って世話になったと去っていく.…これは別れの,末期の酒.マスターは「あの人はもう,帰ってこない」と語る…死ぬ気だと.後をあの2人に託し,傷ついたジジイは街を行く!
…でもってその託された獅子丸とジョーときたら,女の胸の触り方の実習なんかしてやがるわけですが(笑)ダメ獅子とダメ虎の元にコスKさんからお電話が.キンサチとギンサチを渡せと命がけのジジイに頼まれたと聞き獅子丸もびっくり! しかもサオリさんも無事であることが確認されて,ジジイが約束を守ったことが明らかに.潜伏先を早く教えろとせかすサオリ.「キンタマとギンタマ持っていくのよ! さっきからあんたのキンタマ光りっぱなしよ!」…ええっと,それは下についてる奴じゃない(笑).

死を覚悟の上,豪山の元にジジイ参上.もちろん悪とは組む気のないジジイは実に華麗な戦いを繰り広げます! 獅子丸と錠之介を守りたいジジイと,キンサチとギンサチが欲しいだけの豪山.けれど使い手と小太刀の間の結びつきは強くて,豪山が手に入れるにはあの2人の命そのものが邪魔….2振りの剣と1刀の戦いは場をよく知っている豪山が有利で,襖を目隠しにして攻め立ててついに,ジジイの首元に剣が入った!
老いた上に傷ついたジジイと怪物の豪山の戦いはやはりジジイの負け.しかし,それでも…「私が死んでも,獅子丸と錠之介が,いる! あの2人が,きっと,お前を倒す!」とヒーローたちに決着を託す! 「言いたいことはそれだけか…」と豪山.死ね!とその瞳が光って響く断末魔の絶叫! …分刻みに血の色が濃くなっていく物語は,次回でついに完結するわけですが…なんで予告があんなことに(苦笑)! 本当にあいつらは大丈夫なのかと大変不安になりつつ,しかし思い切り期待もしつつ!ヒーローもののフォーマットを破る,最終回に続きます!

|

« デジモンセイバーズ#36 | トップページ | 機動警察パトレイバー#38 »

レビュー◆ライオン丸G」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/13621941

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G#12:

« デジモンセイバーズ#36 | トップページ | 機動警察パトレイバー#38 »