« 機動警察パトレイバー#35 | トップページ | ライオン丸G#10 »

デジモンセイバーズ#34

「正義は破れて闇に堕ちの巻」

倉田のギズモジャベリンによって,聖なる都は滅亡した.指名手配されたマサルたちは薩摩が万が一の時のために残していた倉庫地下の基地に潜むが,なぜか基地にはサユリやチカ,さらにバンチョーレオモンまでもが合流する.けれど,そこにヘリに乗って去ったトーマとガオモンの姿はない.
ノルシュタイン家の迎えに従い来日していた父の元に向かったトーマとガオモン.そこで待っていたのは父と病弱な妹だけでなく,あの倉田の姿までもがあった.倉田は妹の病を治すことを代償に,手を組みたいとトーマに提案する.

人間界へと舞台を移した上に,これまで以上に激しい展開がマサルたちと横浜を襲う「セイバーズ」.倉田に全て上手を取られ聖なる都防衛に失敗したマサルたちを,さらにとんでもない苦難が襲うことになります.これからしばらく物語の渦の中心となるのはトーマ.すっかり脇役に馴染んできた彼がいきなり取った思い切った行動が,両陣営を揺るがし引っ掻き回すのです.
聖なる都防衛戦では完全にマサルの影に入ってしまった上に,ナナミとの戦いでは自身もマサルに相当毒されつつあることまで判明したトーマ.明らかにアイデンティティの危機って奴に直面していて,このままではただの説明役に堕ちてしまいそう…しかし彼の行動1つでここまで状況が混沌とするんだから,君は絶対に空気なんかじゃない.脚本は掛け合いの面白さが特別な横手氏で,女性たちの精神的な強さも目立ちます.

完璧な準備の上で事を進めて来た倉田と,それを止めるために急激に強くなった元DATS.最終的には元DATSの成長は間に合わずエルドラディモンはギズモジャベリンによって消滅させられ,瀕死のバロモンがマサルに託そうとしたものはほとんど消えてしまいました.…弱いものを守りながらのはじめての組織戦は,物量・計画とも倉田が圧倒的に有利の上,元DATSには非情な判断ができないというハンデもあったので当然の結果.…この失敗でどれほどの罪のない命が奪われてしまったかを考えると,当然のことがどうしようもなくやるせない.
しかも人間界では元DATSはすっかりお尋ね者で,日本政府はマサルたちをデジモンの扇動者として犯罪者扱い.太陽の下を大手を振って歩けなくなった犯罪者ご一行は,文字どおり地下に潜伏することとなりました.黒さん白さんが薩摩隊長から教えられていた,倉庫街の地下に作られた秘密基地.非常の場合のために備えてくれたことはありがたかったけれど,もし現状を予見していたなら,もうちょっと早い段階で色々手を打って欲しかった(苦笑)!
基地にやってきた一行の中には,前回ラストにヘリに乗って行ったトーマとガオモンの姿はなし.ヘリにはノルシュタイン家の紋章があったので,どうやら実家絡みで連れて行かれたらしいけれど….トーマ帰ってくるかなと不安気なイクトに対し,当ったり前だろといつものように強気なマサル.仲間を見捨てたりしない,きっと理由があるはずと深い信頼っぷりの彼.あんだけ迷惑をかけまくりながらもなおも信頼しているあたり,トーマにはむしろ迷惑な話かもしれません(苦笑).
さてその頃,地の底から過分な信頼をその背に負わされているとも知らないトーマたちは,ヘリで国内の某所に到着しておりました.彼らを出迎えたのは車椅子のリリーナ.父に連れて来られた病弱な彼女はトーマの妹で,どうやらトーマがおとなしくヘリに乗った原因らしく.彼女とガオモンとは初対面らしいので頻繁に会っているわけではなさそうですが,兄妹仲は相当良好のようです.…マサルだけでなく,こいつもお兄ちゃんだったんだなぁ.
ガオモンを怖がらず,本当の犬みたいと喜ぶ彼女は純真で,感じているのは久しぶりに兄に会えた喜びくらい.しかし同行しているトーマの父はちょいと話が別らしい.交通事故で母を失ったトーマにとって,この厳しげな父は少々複雑な相手.また父にとっても,トーマは勝手に日本に帰ったりするような放蕩息子であるらしい.…DATS内では真面目すぎるとまで思われているのに,この家ではマサル以下の扱いなのかも….
妹を餌,あるいは脅迫材料にされてここに来ることになってしまったトーマ.自分はどこにも行かないから安心して休めと妹に言って部屋に戻した後,露骨な敵意を見せつつ,何も知らない妹を利用した父と本格的に戦いはじめます.父も父で子のためを思っているようなんですが,その子どもはきっと自分ではなくてリリーナばかりなのだと,トーマには見えているんだろうなぁ.
親子の関係も重要なテーマである本作.大門家や野口家と同様に,ノルシュタイン家にもそれなりの事情がありました.この家では父子の仲や信頼関係は既に最悪.「僕や母さんが苦しんでいたときは何もしてくれなかったくせに,今更何を!」とか言い出しちゃって完全に恨んでるトーマと引き合わされたのが,なんと…倉田! 待っていた彼は指先でこつこつと椅子の肘掛を叩きつつ,「お帰り,トーマ君」とか言いやがるのです.
大嫌いな父の差し金で,ついさっき自分たちをほぼ全滅に追い込んだ仇と顔を合わせることになるとは! トーマもさすがにこの展開には絶句.しかもこいつが病弱なリリーナの体を診るだなんて,どう考えてもろくなことにならない! 「きっと良くなりますよ」なんて,デジモンだけでなく人すらまともに人間扱いしてなかったお前にだけは言われたくねえ! …リリーナを救うという甘言で倉田は父に取り入って,父もそれが嘘だと見抜けず,こんな絶望的な状況に….
自分が妹を助けるかわり,トーマに自分を助けてもらいたい.「公明正大な取引をしたいんです」とか言い出す倉田.しかしもちろん公明正大など言葉だけ.倉田は妹の病や命を盾にして,自分に従えと脅迫していやがるのです.もしマサルが同じ立場に立ったなら,恐らく話をまったく聞かずに倉田を殴り倒すだろうけれど…トーマはここで我慢する.「…話を,聞こうじゃないか」と用心深く歩み寄るのです.
トーマが洒落にならない状況に追い込まれていたその頃,アグモンも大変に辛い状況に陥っておりました.なんせデジタルワールドからここまで,歓迎の宴会の後はろくに食事もせずにバトルの連続.もう腹が減りすぎて死にそうです(笑)! その緊迫感のなさに兄貴まで呆れておりますが,緊迫感のぶっ壊し具合は兄貴の家族の方がさらに上手でありました(苦笑).
なぜか秘密基地に豪華な弁当を持ち込んでいるサユリさん.そしてなぜか前衛的なおにぎりを持ち込んでいるチカさん.腹の減った全員が「いっただっきまーす!」と食い始めようとしやがるので,さすがのマサルも懸命にそれを止めました.…ボケがボケでいられなくなるのは平和が壊れてしまった証.本来ボケのはずのマサルがツッコミに回っているのが痛々しいなぁ….
マサルが聞きたいのは弱肉強食早い者勝ちとかの問題ではなく,なんで大事な家族がこんなところに雁首揃えていやがるのか.「…あたしが呼んだから」としれっとヨシノが白状し,「あたしが行くって言ったから」としれっとチカも同調.これに対し普段から家族を守ることには人一倍の気合で望むマサルは「俺たちの立場がわかってんのか!」と怒ります.なんせ「俺たち全員,お尋ね者になってんだぞ!」
けれど,テンパるマサルに母は大丈夫と言うのです.「何があってもマサルは私の息子だから」と絶大なる信頼を寄せた上,彼女の手には大好物の卵焼き.…ここまで無条件に信頼されてしまうとさすがのマサルも反論しにくいし,気づけば皆が先にばくばくと弁当を食っていたため(苦笑)マサルも大慌てで参戦! …ここでお預けを喰らっていた腹の減ったデジモンたちが大変に可愛い.特にポーンチェスモンの表情が素晴らしい!
夕方.ここに二人を置いておくのは危険なので,マサルは母と妹を自宅へと送り出すようです.「無理しちゃだめよ」と妹に言われ,何言ってんだと応えるマサル.「トーマのスカタンがいない分,俺が頑張らねえとな!」という彼らしい意気込みっぷりは頼もしいけれど,「その止めてくれる人がいないから心配なの!」というチカの見解は大正解(笑).さすが妹,兄のことはよくわかってます.で,そんなほのぼの家族のところになぜかバンチョーレオモン登場! …マサルとアグモンに親しげなのは師匠なんだから当然だけど,彼がサユリやチカを優しい目で見るのはなぜだろう?

ほのぼのとは対極で内実は崩壊寸前っぽいノルシュタイン家.トーマは父から倉田に協力しろと命じられるけれど,「自分の人生は,自分で決めます」と当然のように反発.状況を考えろ戻ることなど許さないと言われても,「はっきり言ったらどうです.ノルシュタイン家の家名が汚されることを,一番気にしていると!」と彼らしくない超強硬な態度! …どうやら父が面子を優先したために母が辛い目に遭ったってのが,トーマが父を嫌う原因らしい.しかも母は既に他界しているから,この問題を解決するのはなかなか難しそうだ.
そんな親子喧嘩の間に挟まるのが倉田.「結局DATSのやり方では,被害を広げることにしかならなかったんですよ」とじわじわトーマをいじめはじめます.トーマたちが小さな正義感からやったことは,苦しみと悲しみしかもたらさなかったとつつかれるのは,もちろん倉田が全部悪いんだけど!まだ生々しい傷だから,ひどく痛い.
「とりわけ大門マサル,彼のせいで事態は一層悪くなる!」と倉田.凄い父譲りのデジソウルでデジモンたちと深く通じ合い,どんな無茶な言葉すらも通してしまいそうなカリスマを持つマサル.そしてそれが率いられるデジモンたちにとってもかなり危険なことだとトーマもよく理解していて,その上で.「期待しているんです.私とトーマ君が手を組めば,この戦いを終わらせ,そして,新しい世界を築くことができると」…倉田は悪.マサルは正義.けれど最優先するべきは正義でも悪でもなくデジモンたちの未来とそして….
妹すら退けるほどの深刻な雰囲気で,これからどうすればいいのかを考えるトーマ.倉田を殴って場を壊すのは簡単.けれどその代償として失われるものも大きい.逆に倉田と手を組むことによって手に入るものもある…トーマにとって,これはある意味好機.「僕が望むのは,平和な世界.それを一刻も早く,実現すること」と本心を語る彼の瞳は見えない.そして,「ともに,新しい世界を築きましょう」と,倉田に手を差し伸べる!
トーマが凄い選択をしていたその頃,地下基地にはなぜかバンチョーも加わっておりました(笑).エルドラディモンは救えなかったけれど,もっと強くなって倉田を倒すとマサルとアグモンの闘志は燃え上がるばかり.そんな力馬鹿どもにバンチョーは警告.新デジヴァイスには絶対的な力を引き出すバーストモードが存在する.しかし…「バーストモードは諸刃の剣.使い方を誤れば,その凄まじいパワーに飲み込まれ自滅する」…使うことを強く諌められるバーストモードこそ,これまでひたすら強くなり続けてきたマサルとアグモンにとっての終着点なのか.それともまだ先があるのか.
ここで近くにデジモン反応が.聖なる都の生き残りのピッコルモンを保護するために外に出たマサルたちだけれど,一足早くギズモンが駆けつけて殺してしまう….かくしてはじまるギズモンたちとマサルたちのバトル! オーバードライブでシャイングレイモンとロゼモン.そしてフルチャージでヤタガラモンが登場.究極体2体+完全体1体という戦力はなかなかのものなんですが,ギズモンは数が多くてやっぱり劣勢.しかもマサルはジオグレイソードの出し方がわからなくなっているし(苦笑).
決定打を欠き乱戦の続く空,登場したのがトーマとガオモン.遅れてきた彼らはいきなりオーバードライブしてミラージュガオガモンに.その上でトーマは…シャイングレイモンを指差して,「行け」と命令! 最初から全力で仕掛けてくるミラージュガオガモンに対し,いきなり味方に攻撃されて混乱するシャイングレイモン.これはちょっとした悪ふざけ? …違う!
ミラージュガオガモンにいきなり味方を攻撃させるトーマ.マサルは怒ってすぐに止めろと言うけれど,トーマは逆に「君がいる限り,戦いは終わらない.僕は,君を倒す」とか言い出した.いきなり姿を消していきなり戻ってきて,そして倒すとか言い出す男の考えがマサルにはまったくわからない.マサルの鋭いパンチも片手で止めるトーマは…「僕は,倉田博士と一緒に,平和な世界を作る!」

仲間に裏切られたことがわかって愕然.正気を疑うマサルにトーマは「僕は常に冷静だよ!」と返答し…そのままマサルをぶん殴る! マサルほどの天性の才はないものの,憧れの人を目指して鍛えてきた彼の拳はどんな拳よりも重く鋭い.「力任せの勢いだけでは,誰も守れないし,救えない! いいか,よく聞け! 君には何もできない! 何もだ!」と,頭のないカリスマの襟首掴んで説教の上で強烈なボディーブローをかます!
仲良しとは言えないけれど,それなりに通じ合っていると皆が思っていた2人のぶつかり合いに皆混乱.居合わせたチカさんからしても衝撃の光景.前には兄の代理までしてくれた人なのに….そんな混乱を笑って見ている倉田が憎たらしい.上空でも究極体2体がグロリアスバーストとフルムーンブラスターで激突.力だけならシャイングレイモンが恐らくは上.けれどミラージュガオガモンには力を効率よく使う頭脳がついている.シャイングレイモンは海に叩き落され,巨体により跳ね上がった海水は倒れたマサルにふりかかる.
「ふざけんな…ふざけんなよ…なら,俺たちが今までやってきたことは,何だったんだ!」…猛るマサルに「既に話すことなどない!」と決別のトーマ.2人を同じくらい心配するチカの前での激しい殴り合いの中で,マサルの本性が現れる.どれだけ戦っても消費しきれないほどの闘気を持て余して喧嘩に明け暮れ,しまいには人外の怪物と闘うことでようやくバランスの取れた喧嘩番長は,トーマの渾身の一撃を受けても倒れず…逆に殴り倒す!
マサルから湧き出す漆黒の気迫.「許さねえ…トーマ,手前だけは,絶対許さねえ!」…噴出する黒いデジソウル! デジモンを殴り倒せる男を本気で怒らせたことで生まれたのは,倉田すら知らない未知の力.トーマに裏切られた憎しみや怒り,黒く禍々しいマサルの心が導く更なる強化は,シャイングレイモンを黒く染める.これはバーストモード,しかもバンチョーが恐れていた暴走…? 強いからこそ,制御できなくなった時が恐ろしい! 上り詰めて急激に沈む,もっと激動の次回に続きます!

|

« 機動警察パトレイバー#35 | トップページ | ライオン丸G#10 »

レビュー◆デジモンセイバーズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/13346803

この記事へのトラックバック一覧です: デジモンセイバーズ#34:

« 機動警察パトレイバー#35 | トップページ | ライオン丸G#10 »