« 機動警察パトレイバー#47 | トップページ | デジモンセイバーズ#46 »

古代王者恐竜キング#6

いつでも誰でも女性は強い?

母が留守3日目の古代家の室内は大変なことに.残された男たちは散らかし放題あるいは片付けないから,中はもう滅茶苦茶だ.これを見つけたマルムは怒り,母が戻ってくるまでに全部片付けなさいと男たちに厳しく命令する.しかし掃除なんかしたくないリュウタたちは,マルムとパラパラを家に置いて研究場へと逃げるのだった.
その頃アルプスでは新たな恐竜が出現.アクト団はウサラパたちを現地に送る.大変に不安な飛行機で到着した彼女たちが発見したのは卵を暖めるマイアサウラだった.墜落する飛行機がかすめて攻撃されたと猛るマイアサウラ.運悪くそこに転送されてしまったリュウタたちは,卵を守ろうとする母に襲われてしまう.

映像面は相当濃いけれど物語もキャラも案外軽い「恐竜キング」.今回の主役は紅一点のマルムさん.きっぱりでてきぱきで手厳しくしかもちゃんと女の子である彼女は,この手の作品では典型的な行動派ヒロインそのもの.今時の作品には珍しく特殊なアレンジが加わってないのが…案外このスタッフらしいかも.勇者シリーズ初期3部作のメインヒロインたちは,どの子もヒロインの典型をきっちりなぞってましたからね.
そんな彼女の今回の敵は,どうしようもない味方の男たち(笑).でも同じようなダメ人間から見ると,,部屋を散らかしたらちゃんと掃除するべきという教訓をその身で示す母親じみたマルムさんよりも,誘い合わせて掃除から逃げ出す男たちの方がやっぱりどうしても共感できるし魅力的(苦笑).偉く濃いおんぼろ飛行機のパイロットとか,どんどん扱いが悪くなる古代博士とか,笑いどころもちゃんと充実しています.

前半.本日の戦いの舞台はアルプス! サンライズよりは日アニが似合いそうな牧歌的な光景の中で復活したのはマイアサウラ・卵つき! …卵をせっせと暖めていたところをカードにされたんだろうか? 出てくる恐竜たちはそれぞれ時代も違うし,一体どんな基準で誰がカードに変えたんだろう? 実験的というか,カードにすることを面白がってるような感じもしなくはないんだよなぁ….
さて,そんな恐竜出現を察知するのは例の島のアクト団.本日のウサラパ様はネットショッピング中.大人…おばさん向けの娯楽に欠けるこの島でも,ネット経由なら世の流行について行けるようです.ただしタルボーンヌに無駄使いはダメ!としっかり叱られておりますが(苦笑).そんなウサラパ様を笑っているノラッティ~たちもお菓子やおもちゃを取り上げられてお気の毒.年齢の割に精神的な成熟の足りない大人コドモな3人です.
本日も恐竜確保のために,ブランドショップからは程遠いアルプスど真ん中まで派遣されることになるウサラパたち.3悪党と言えば面白くて落ちる乗り物でおなじみであるわけですが(笑)今回は「ワシは太っ腹ぞい!」とドクターが請け負ってるのがとっても珍しい.…こいつら普段はどうやって金稼いでるんだろうなぁ.で,そんなジジイのあご髭に噛み付いてぶら下がっているティラノ.そんなもん食ったら腹壊すぞ(苦笑)?
てなわけで本日はゴージャスにも飛行機に乗っていくウサラパたち.無駄に豪華な衣装というか仮装を着込んだウサラパ様は空港を自分の舞台のように闊歩して…「責任者の方,いらっしゃるぅん?」と窓口にしなだれ込んだ上にくどくけど,さすがにチケット代100分の1ディスカウント交渉は不可能だろ(苦笑).しかし世の中には恐ろしいこともあったもんで,そんなぶっ壊れた価格でも乗せてくれる飛行機が現実に存在したのです!
もちろんあんだけ値引きして乗せてくれるような飛行機は,当然ろくなもんじゃありません.かなりのボケっぷりを示すじいさんが操縦する軽飛行機.ボロくて不安になり落ちないですよねぇ!と質問した回答も「さあ,わかんねえ!」と壮絶な返事(笑).これが最後のフライトでも悔いはないとか覚悟を決めていらっしゃるじいさんに対し,3悪党はこの世への未練たっぷり.死の淵を飛ぶ飛行機は一応スイス上空までは到達したものの,燃料が尽きて当然いつも通りに落ちるのか…(苦笑).
その頃の日本.こちらも実は収入源がなんだか怪しいリュウタの家では,母が留守で家の中がぐちゃぐちゃ! たった3日でこの汚れっぷりは…まあ全員片付けない上にペットが2匹もいたら当然か.天井から俯瞰のカメラワークに合わせ,広い室内を走り回っていくガブたちが面白いなぁ….で,そんなダメ室内を目撃してしまいいきなり腹を立てるマルムさん.人の家なんだから放置したってよさそうなもんですが,随分と彼女はお節介らしい.
リュウタとガブとエースが家中を荒らしたことは間違いなく,けれどここで自分は関係ないと他人のふりを決め込もうとするのが友達がいのないレックス.彼の部屋だけは綺麗なままに保たれていて,どうやら自分のスペースだけは掃除していたことが判明.…でも共有スペースがあんなことになっているんじゃ,全部リュウタのせいだと責任を押し付けるのは無理だと思う(笑).マルムは当然レックスを許さず,彼も掃除に駆りだします.
人間たちが掃除に追いたてられていたその頃,ガブ・エース・パラパラの3匹は音楽プレイヤーで遊んでおります.素敵音楽を気持ちよく聞いているガブたちにとって,音楽に合わせて一緒に吼えるパラパラは鑑賞の邪魔らしい(笑).あまりのうるささにガブが思いっきり噛みついたところで運悪くマルムさん登場.パラパラだって悪いのに,飼い主ともどもどうしようもないという厳しい評価を頂きます(苦笑).ここで主人と同じく逃げようとするも,やっぱし捕まってるエースがおかしい.
さて,ここに来てマルムは庭で残る一人が遊んでるのを発見.家の主人であり唯一の大人であるはずの古代博士ときたら,庭で投げ縄の練習を.まったくうまくいかなくてどうでもいいところに引っかかかり散らかしまくり,ついにはマルムさんにまで(笑).…これなら恐竜を傷つけず捕獲できるという恐竜バカぶりは相変わらずだけど,おっさんには生身の恐竜を捕らえることよりカードをうまく集める工夫を優先して欲しいんだけどなぁ…(苦笑).
しかしマルムにとって家中が滅茶苦茶になっていること以上に今重大なことはない! リュウタの母が帰るまでに綺麗にしなさいと男どもに命令! 汚すだけで片付けられない恐竜2頭はパラパラに尻尾を踏まれて動けなくなり,言い出したマルムさんは率先してキッチンへ.…男3人はリビングに残され,女の怖さをしみじみと共感.しかも昔は母もあのレベルだったらしく…あまりに滅茶苦茶な夫に呆れて丸くなってしまったのではあるまいか(笑)?
女の子はなんで母親ぶるのか? それは単に真似をしているわけじゃなく,いずれ母親になるかららしい.今は自分たちとほとんど変わらないマルムが母親になるなんて「…なんか想像できねえ」とリュウタの感想は正直.まだまだ性差がはっきり出てない子どもたちだもんな.しかし彼女が将来なる予定の「母」ってのは,子どもを守るためにも強くなければならないらしい.
しかし子どもは母のうるさい小言からはすぐさま逃げたいものであり(笑)その欲求に忠実に従っちゃうのが古代博士.大人の癖に研究所に仕事があるからと逃げる気満々.そしてそんなダメ大人の行動をリュウタたちも忠実に真似して,Dキッズとしての大事な研究が!とか言い出して一緒に逃げちゃう(苦笑).…3人揃って書置き残して逃げやがるダメ男たち.縛られて取り残されたパラパラがかわいそう….
さてその頃,アルプスでは軽飛行機がもう限界! マイアサウラの近くに来たのはいいんだけど,もはや着陸できないと悟ったか,じいさんは「お先に!」とパラシュート背負って降下! …悔いはなかったんじゃないのか(笑)? 飛行機に残ったパラシュートは1つ.結局ウサラパが装着しダイブするんだけれど,残る2人がウサラパの足にしがみついたのでやっぱし落ちましたとさ! そして問題は乗り手を失った軽飛行機の行方.落下する飛行機は真っ直ぐマイアサウラの方へと飛んで….
日本でもようやくディノホルダーに反応出現.アルプスに恐竜が出たことがわかり,迷わずマルムを置いていくリュウタたちは本当に友達がいがないなぁ…(笑).「お前たち,投げ縄持ってくか!」と言い出した父にも「あ,いいや! じゃ!」なんて笑顔で断るリュウタ.…お前ら主人公とは思えないくらいひどいよ(苦笑).けれど友達を置き去りにした報いはすぐさま訪れます.転送された先は落下直後の飛行機の前.その飛行機をぎりぎりでかわしていたマイアサウラがすっかり猛ったところに出てきてしまってもう大変!

後半.リュウタたちが転送されたのはいきなりマイアサウラの目の前! しかもなぜか恐竜はえらく怒ってこっちを見てるから,リュウタが反射的にガブをでかくしたのも仕方ない.襲ってくる理由がわからない分,余計に怖いもんなぁ….大きな2体は早速睨み合いバトル開幕.もちろんダメ男たちは彼女が卵を守ろうとしてるってことにはこれっぽっちも気づいていません.
真正面から激突するトリケラトプスとマイアサウラの頭突きあい.この激戦の合間に登場したのが一応生きてた3悪党.子どもたちが既に戦っているのを発見してすぐさまティラノを召喚! …いつも思うんだけどもうちょっと待って双方体力を消耗したところで出て漁夫の利を狙えばいいのに,バカだなぁ(苦笑).ところがティラノは恐竜たちよりもマイアサウラの卵の方に目をつけた!
で,こんな混乱した戦場に最後にやってきたのが置き去りにされたマルムさん.当然研究所では投げ縄を華麗に無視した上でここに到着! 彼女だって博士のことは嫌いではないと思うんですよ.他の子どもたちを同じく,凄くうざいだけなんですよきっと(苦笑).やってきた彼女は女性らしい広い視野でいち早く卵を見つけ,母が子どもを守ろうとしているのだと反射的に把握して叫ぶ!
マイアサウラはきっと卵のお母さん.今も卵を守るために襲ってきているだけなんだ! …本来は戦わなくてもいい相手だと知ったリュウタはガブをティラノに向けようとするんだけれど間に合わず.そこをしっかりもののマルムさんがパラパラ召還でフォロー! ティラノが食おうとするのを体当たりで止めたのはいいんだけれど,卵も崖下へ落ちていく! 落下し転がった末に岩で止まり,ヒビが入ってしまった大切な卵の運命は!
子を守るために必死なだけのマイアサウラと戦う理由なんかない.リュウタは戦いを止めるためにガブを一端カードに戻して場を鎮めることを狙います.…母は卵がないのに気づき,探して探して吼えて…見つけちゃったのがティラノサウルス(笑).まあ,卵にちょっかいをかけようとしてはいましたが,未遂なのにマイアサウラは卵を盗んだのはお前か!くらいの勢いで(苦笑)土をかけ目を塞いで華麗に大ジャンプ! 喉笛めがけてダイビングプレス!
母がティラノを襲いカードに戻していた頃,崖下では3悪党たちが必死であの卵を追っております.でも理由が食いたいためってのがなんだかなぁ…(苦笑).さらに崖上,ティラノを退けた強すぎる母の新たなターゲットはパラパラ! お母さんは卵が行方不明で完璧に錯乱.罪もないパラパラを体で掬って空高くぶん投げる! …戦わなくていい相手に襲われるのは最悪.マイアサウラは今度はリュウタたちを狙ってきたぞ!
この状況を収めるためには母に卵を戻してやらねばなりません.飼い主を置いて先に崖下へとダイブしていたガブとエースが真っ直ぐ卵を目指しております.さっきヒビも入ってしまったしどうなることかと思ったら…小さな声が.卵から赤ちゃんマイアサウラが孵りました! 中身がどろっと流れ出さなくて本当によかったなぁ(苦笑)! で,その小マイアサウラを狙う3悪党を退けるのは,ガブとエースの率いるヤギの群れ!
なぜかいきなりヤギを味方につけているガブたち.お前らどこの牧羊犬? …やっぱしチビ恐竜たちは犬より賢いくらいという見立てで良さそうだ.恐竜とヤギの連合軍は見たところ大変に牧歌的で弱そうですが,大人ヤギとか近くで見ると目とかかなり怖いし,それ以上に数の力ってのは怖いものです.悪いウサラパたちをチビ恐竜とヤギの群れが一緒になって体当たり! 吹っ飛ばされてまとめられた3悪党は遠くへと転がされていきました!
なんと今回はチビ恐竜の活躍によって一件落着! 派手でリアルな恐竜バトルで完結しないこのパターンもOKだとすると,物語のバリエーションは一気に増えそうだ.…子どもを取り戻したマイアサウラは正気を取り戻し,リュウタたちがそんな母子の姿に安心したところで何か言い出すディノホルダー.『私たちを,静かな,元の場所へ…』という言葉はどうやら目の前のマイアサウラのものらしい.
今,目の前にいる恐竜の気持ちを翻訳して伝える機能もあったらしいディノホルダー.さらにリュウタたちの体ごとホルダーが輝くと,親子のマイアサウラをカードに戻すこともできたのでありました….子どもたちは2枚のカードを新たにゲット.カードの中では時間も止まってしまうんだろうけど,2匹一緒で幸せそう.でも本来彼女たちがいるべき場所はこの時代ではないんだから,なんとか過去に戻してやれるといいんだけどな.

アルプスから日本に戻ってきてからも,あのマイアサウラの凄まじい攻撃を思い出し,つくづく母の強さって奴をリュウタたちは痛感.子どものためなら何でもできる母は偉大で…本当は父だってそれなりに偉大なはずなんだけど(笑)義務から逃げ出したリュウタたちはサイテーであります.ダメ男どもに憤慨するマルムさんは夕食前の大掃除を強く指示! 男なら義務から逃げずに頑張れ(苦笑)!
日常や非日常から精神的に成長している子どもたちに比べると,アルプスの3悪党にはあんまり成長の跡が見られない(苦笑).飛行機はもう墜落してしまったためしょんぼりと腹減らしながら戻る帰り道…「エド,あんたが肉団子に見えてきたわ,かじっていい?」とか聞きだすウサラパ様,野蛮(苦笑)! …恐竜は先に察知できるのになんで転送機能を使わないんだろう.石版のかけらは持っているのに.敵味方の能力差もちょっぴり気になりながら,次回に続きます.

|

« 機動警察パトレイバー#47 | トップページ | デジモンセイバーズ#46 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14356949

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#6:

« 機動警察パトレイバー#47 | トップページ | デジモンセイバーズ#46 »