« デジモンセイバーズ#45 | トップページ | 古代王者恐竜キング#6 »

機動警察パトレイバー#47

「いつか別れの時が来るまでの巻」

特車二課の新たな顔として活動を開始したAV-ゼロ.真面目で有能な第1小隊が運用する新型機の評価は日々高まるばかり.そんな複雑な日々の中,突然野明が東京から姿を消してしまった.ゼロの台頭に大好きなアルフォンスとの将来の別れを感じた野明は耐え切れず,無断で北海道の実家に戻ってしまう.
仕事は最高と言いながらも,いきなり家に戻ってきた理由については親にも話さない野明.彼女は自転車で思い出の場所へと一人出かけた.幼い頃夕焼けの中で大好きな犬との別れに泣いた初代アルフォンスの墓.あの時の悲しみと今自分が感じているものが同じだと気づいた野明は,3代目も初代と同じように最後まで愛することを心に決める.苫小牧まで迎えに来た遊馬とともに東京に戻った野明を待っていたのは,大切な愛機とテロ事件だった.

終わり別れることは悲しいし寂しいけれど,別れを迎える前に得たり与えたりしたものは確かに残ると静かに語る「パトレイバー」.とうとうテレビシリーズの最終回! とりあえずの別れを迎える2話連続の後半は,消え行くものに対する愛情について語ります.別れる寂しさをついに克服する野明や,そんな野明を支える遊馬や仲間たち,そして常に見守ってくれた後藤隊長ともこれでお別れと思うと寂しいけれど,全話全力で見直した今ならばもう悔いはない!
メディアミックスの初期の大成功例として取り上げられる本シリーズですが,その中ではテレビシリーズはあまり良いものとしては扱われていません.精緻で作家性の爆発する初期ビデオや映画,健全な近未来SFとして独自の悪役像を描ききったコミックに比べると,テレビアニメは粗は目立つしテーマもネタも薄いし…けれど子どもから大人までの広い支持を得たのは,間違いなく適度な薄さでバラエティに富んだこのシリーズ.間口の広い素敵な娯楽作品の最後を飾るスタッフは,脚本伊藤和典,演出青木康直,絵コンテ吉永尚之と全力の布陣!

前半.東京タワー間近の増上寺あたりに出動しているゼロと第1小隊.現金輸送車強襲犯が相手でも,新品のごつい2機は余裕の佇い.静かな境内からは投降の声もないので「突入します」としのぶは決断.…主に第2小隊の悪名のおかげで特車二課には破壊神という異名が未だ付きまとうわけですが,まともな機体を手にいれた第1小隊ならそんなにしぶらなくても大丈夫だと思うよ住職(笑).
奇しくも犯人機はゼロの前に作られてやっぱりダメだった量産機.本当に民生機に転用されてたんだすね.もちろんイングラムにすら勝てないレイバーがゼロとまともに戦えるわけがなく,電磁警棒なしで2機であっさり取り押さえてしまう.不格好に殴って壊すわけではなく,コックピットを指先で器用に開いて終了…グリフォンみたいな器用さだ.
てなわけでよく働き評価も上がる第1小隊の陰で,第2小隊はかなり微妙なことに.前回ラストでは小隊再編なんて物騒な話題も出ていたし,あれで落ち着いていられるほど隊員たちは図太くはないっていうかむしろ繊細…それでも以前自分たちがアスカからイングラムに乗り換えたのを覚えている面子については,不本意でも諦めがついているようです.
シゲが仕切るゼロのメンテナンスの続くハンガーを怖い顔で見ている太田.そんな怖い顔のおっさんに「自信がなくなったのかな?」と遠慮なく軽口を叩いてみる熊耳.隊員の中では精神的に最も成熟し安定している彼女から見れば,他の隊員たちは皆ちょっと幼稚に見えるんだけど成長してないわけじゃない.「自信は,最初からありません」と意外なことを答える太田.あれだけ傲慢に見えても内心は一杯一杯らしく,それがあの惨々たる成果に繋がったのかと思うと実にやるせないわけですが….
それでも「しかし,自負ならあります!」ときっぱり言い切った太田.被害を増やし始末書を書きまくりながらも任務をこなしてきた太田.他人と比較すれば劣るかもしれないけれど,1年前の自分と比較すれば確実に進歩している,この仕事に相応しい自分に近づいているという自負は,ゼロの存在で揺らぐほど底の浅いものではない.…それに,第1小隊とは方法も評価も違っても目指すところは同じ.競争相手ではあっても敵ではないのです.
結構な男の意地を見せつけて,でもやっぱりちょっとへこむ(笑)太田を熊耳が明るく励ましていたら,ひろみと進士もやってきます.いろいろ頭の痛い状況だからこその進士の気遣い.たまに家庭料理もいいだろうと仲間を誘いに来たのです.…ただし遊馬と野明は別で一緒じゃないかと勘ぐられていて,年上の仲間たちは2人の仲はそういうもんだと思い込んでいるらしく(笑).ところがここで野明を探して遊馬まで登場…「いなくなっちまった」.
いきなり二課から姿を消した野明がいたのは苫小牧の実家,泉酒店.唐突に戻ってきた娘を家族はもちろん大歓迎で,夕食だって豪勢であるわけですが…彼女の様子がちょっとおかしいことくらい,血を分けた肉親ならば当然気づいているはずです.久しぶりに見た母はちょっとやせて,父はちょっと太った.野明が嫁に行くまでは落ち着いて年も取れないと嫌事を言う父に,ほんじゃずっと今のまんまだと軽口で返す野明は妙に饒舌.
表面は笑って元気そうに見える野明.父は日本酒を手酌しながら仕事のことを聞いてみるんだけれど,「最高だよ?」と答える野明は矛盾している.好きで選んだ仕事で仲間も皆いい人ばかりでやりがいもあるなら,なぜいきなり仕事を休んで帰ってきたのか? …けれど娘の異常に気づいている父は「そうか」と言うのみ.野明の心が落ち着くまでは見守ってやるつもりのようです.
…野明のいない第2小隊に降る雨.ハンガーではなぜか遊馬が留守の主人に代わってアルフォンスを磨いています(笑).太田には「パートナーだからな」とごく当たり前のように返事して,たまに磨いてみたらどうだとまで言う彼もまた,相棒がいきなり行方不明で随分と調子を崩しているな(苦笑).で,そんな調子っぱずれな行動が隊全体にあっさり伝染してしまうほどこいつらって無垢なんだよなぁ….
隊長室に入った電話を受けた後の後藤が榊と一緒に見たのは,なぜか総出で野明の代わりにイングラムたちを磨いている隊員たち.「なんだか妙な具合だな」と面白がる榊に「可愛いでしょあいつら」と後藤.決して優等生たちではないけれど,2人にとっては見守りがいも鍛えがいもある部下たちなのです.そんな可愛い中から後藤は遊馬を呼び出して,さっきの電話について伝えます.…彼が行くのが一番の適任ですからね.
その日の北海道はすっかり晴天.草原に立つ1本の木の根元に野明が自転車でやってきました.根元の一箇所をそっと撫でている彼女にとって,小さな花の咲くこの場所は悲しい思い出の地.初代アルフォンスが地の下で眠る場所.…あの日の夕暮れ,幼い野明はただ悲しみに泣いていた.「泣いたらアルフォンスは安心して逝けんぞ」と父に言われても,どこに逝くのかすらも分からない未熟な心のままに….
それは全ての存在がいつかは必ず行くところ.そうなることは生まれたときから決まっていたのだから,見送る側は気持ちよく送ってやらねばならない.「でも…でも…土の中で一人ぼっちでかわいそうだよ!」とぐずる野明に,生きている間にあれほど可愛がったんだから「ちっともかわいそうなんかじゃないぞ」と父は言う.もちろんその言葉をそのまま納得できるほど,野明は大人ではなかったけれど.
アルフォンスを心配させちゃだめだと言われ,頷いて…それでもやっぱり我慢できずに泣いてしまう野明.あの日は野明にとって,恐らくはじめて大切なものと永遠に別れた重要な日で,思い出してちょっと泣いた野明は立ち上がる.今はもう初代のアルフォンスはこの世にはいないけれど,野明は可愛がったアルフォンスのことを,別れたあの日のことを決して忘れない.「…おんなじだ」と野明はようやく気づきます.
いなくなっても残る.消えたものは礎となり再び芽吹いていく.失われてもそれはなかったわけではない…とか,きっとそういうことを感じて吹っ切れた夕方の帰り道,自転車を押して橋を渡る野明を待っていたのは遊馬.隊長から教えられてわざわざ東京から駆けつけたんですねこいつ(笑).日が沈み暗くなる中でついていく街灯.夜の訪れは人間には逆らえないけれど,人間は闇の中に光をもたらすことができる.
「やぁ」と軽く遊馬.「あ…んと,あのね」と何か言おうとする野明に「…吹っ切れたのか」.「…うん」と野明は笑顔で答えてくれたから,遊馬もようやく笑顔で答えるように頷く.…いろいろあった長い1年の中でもここまで2人の心を近く描いたシーンはなかったんじゃないかと思います.少なくとももう同僚の範疇は完璧に越えてるので,幸せそうでいいですな(笑).
実家に自転車2人乗りで戻ってきた野明はすぐさま東京へと戻る準備を開始.その唐突な行動力に「誰に似たんだか…」とぼやく父に「隊長がよろしくと申しておりました」と遊馬.それに「よろしくお願いしたのは,こっちの方だ!」とさっぱりと答える父はやっぱり彼女の父だ.そして東京へと戻る2人.遊馬はとんぼ返りな上に結局野明一人で立ち直っちゃったんでアレですが(苦笑)機中での「いい親父さんだな」という言葉が案外深い.父との折り合いの悪い彼にとって,他人の父でもこれは特別な言葉のはずです.
羽田空港で制服持参で2人を待っていたのはひろみ! 帰ってきて早々なんですが,川崎のコンビナートでテロが起きたということでそのまま出動.…別れの経験を思い出した野明と彼女がここまで育てあげたイングラム.一度は未来の悲しさに負けて置き去りにしたけれど,別れるまでの間にできることが沢山あることも思い出したから,自分より先に時代遅れになっていく最高のパートナーのところへと戻るのです.

後半.川崎コンビナートでのテロ事件に対応するために,既に第1小隊のゼロ2機と第2小隊の太田機が現地入り.オイルタンクやらガスタンクやら何かあれば大爆発するようなものが大量に並んでいるため,電磁警棒や火気の使用は全面禁止に.もちろん太田も銃を撃ってはいけません.…上空のヘリから送られてくる情報でもここではレイバーの捜索が難しく,地道にレイバーで現地を探すしかないような状況で野明たちが到着.
早速隊長に「ご心配をおかけしました」と頭を下げる無断欠勤の野明.それに「心配? 俺が? どうして」と本気でとぼける後藤があまりにらしくて苦笑い.後藤は「へらへらしてる場合じゃないぞ!」とやや厳しく言って,現状が決して気を抜けるようなものでないことを伝えます.追い詰められた犯人はここで何をしでかすかわからない.ちょっとした犯人の暴発が大惨事に繋がるのです.
けれどそれが任務なら,相手がどんな厳しい状況だろうと果敢に挑んできたのがこの1年の軌跡.「行けるな」と聞く遊馬に「もちろん」と答える野明.事実上第2小隊のエースコンビがここに復活! 野明は慣れたコックピットに体を沈めてイングラムを起動させます.いつか来る別れから逃れることはできないけれど…最後まで悔いがないように使うのは自分の責任.それをはっきり自覚した彼女は,イングラムを使い切るために歩いていきます.
コンビナートの間を歩いて慎重に犯人機を探すゼロとイングラム.太田はサーモグラフィーを確認するけれど,周囲が機械だらけの熱源だらけであまり役に立たない.ここで変に意地を張ることなく熊耳に熱源のモニタリングを任せているところは,彼の1年分の成長の証の1つじゃないかと思います.…あれだけ頼りがいのある尻に1年も敷かれ続ければ,そりゃ素直に頼れるようになるわなきっと(笑).
肉眼で犯人機を探す太田.その太田機から送られた映像の中に何かを発見したのは熊耳.動くものを見たような気がした…ってのは錯覚じゃない! コンビナートの配管と機械の奥に潜んでいたレイバー,クラブマン.発見されたのを悟ったか四脚で高く跳ね上がり,盾ごと太田の左手を奪って逃走! 今回は発砲は厳禁なので,距離を取られてしまうと追走するしか選択肢がない….とはいえ潜んでいた目標を燻り出せたのは,逮捕へと繋がる第1歩です.
ターゲットの発見によって俄かに緊迫の度が増す現場.遊馬は後藤のミニパトを借りて現場に走り,他のレイバーたちも犯人機に向かって走ります.次に犯人機に接触したのは第1小隊の2号機だけど,これはまたあっさりと返り討ち(苦笑).とはいえ思いきり倒されて胸部を損傷しても量産機のようにパイロットが酷い怪我をせずに済んでるんだから,ゼロはやっぱり素晴らしい.
犯人機は五味丘機のいる方向へ.待ち受ける五味丘は犯人機を止めきれず吹っ飛ばされて!視野から相手をロストして一時的に動けなくなった上,敵機の脚部でタンクに張り付けにされてしまう.…いくら有能な機体でも,ゼロは現状では経験が足りない.特に頻繁に特殊な状況に追い込まれるこの仕事では訓練で学習できるバリエーションでは対応しきれない状況が頻出する…ってのがゼロの大弱点なんだよなぁ.
敵機を必死で押し返そうとする五味丘機.しかし相手は容赦がなくて,背後に打ち込まれた脚部のおかげで後ろのタンクが破れて油が漏れ出した! …爆発の危険があるからこれでもう電磁警棒も厳禁.五味丘機ごと人質に取られたようなこの状況で「どけぃ!」と太田がタックルをかます! …相変わらず紙一重の戦いぶりだけどクラブマンの足一本を奪ったのは偉い.しかも自分が壊れるのも相手を壊すのも「いつものことです!」って感じでタフなのだ.
最後に決めるのはもちろん野明の1号機.いきなり無線で遊馬にクラブマンの重量を聞き,戻ってきた13トンという答えに何事かを決心して置き去りに走る….仕事柄とはいえ何の資料もなしに即座に装備重量が出てくるあたり,遊馬はいいレイバーマニアだなぁ(笑).「…行ける…」と爆走した野明のアルフォンスは犯人機に真正面から突っ込んで,足元に入り脚部の根元,コックピットの真下からクラブマンの全身を持ち上げる!
イングラムの性能限界の重量を高々と持ち上げるアルフォンス.ばちばちと関節に過負荷をかけまくりながらもふっ飛ばして見事ひっくり返す! こんな芸当はゼロにはできない,1年使い込んだ野明だからこそ可能な見事な即興の離れ業…巻き込まれそうになった遊馬が慌てて逃げているのはご愛嬌(笑).ただ可愛がるだけでなく必要があれば損傷も恐れずに果敢に戦うのも成長の証.彼女の姿勢が変わったのは城門の戦いからだっけ.
駆動系をイカれさせながらも勝った1号機に走り寄る遊馬.「大丈夫か!」と叫んだら「だめだ!」という返事が戻ってきてびっくり! …でも,「膝! アルフォンスの膝のジョイントが壊れちゃったよ!」ってな返事だったので一安心.もちろん野明自身はまだ結構無理しているんだろうけれど…「ばーか,あんな無茶するからだ」と遊馬に怒られても「でもうまくいったでしょ?」とにかっと笑えるくらいだから,この先もきっと大丈夫!

ゼロにはできない芸当で見事犯人機を仕留めたイングラム.小隊再編に絡んで現場に視察に来ていた課長も,「…現状維持って線で,頑張ってくれるってさ」ってなわけで一安心だ! …ちなみにもう1つ大切なお知らせが.AV-ゼロの正式の呼称は「ピースメーカー」に決定.相変わらず銃の名前ではありますが,平和を作るものだなんて豪勢な名前に込められた重すぎる期待を思うと「なんだかなぁ」って気分になるのはわかる(笑).
事件が終わった後でもまだまだ落ち着かない現場.電池は結局役に立たなかったけれど,整備班の仕事はシゲの言うようにキャッチャーがファーストのカバーに走るような地味だけど重要な仕事.今回の場合は何機も現場で壊れてしまったので完全に無駄足ってわけでもない.シゲにゼロを任せてイングラムにかかる榊.彼の上にも時代の波は打ち寄せていますが,自分に越えきれぬ波は後進に任せる覚悟を決めたようです.
野明は「イングラムに乗れたことを,凄くうれしく思います」と榊に報告.ここにイングラムがあって自分が乗れて素晴らしい整備を受けられて,それはなんて希少な僥倖! 「だから,上手くいえませんけど,よろしくお願いします!」と心から頭を下げる.…榊にとってイングラムは最後の名機.「機械の進歩が,早すぎらぁ」と去る彼は,イングラムが現役から去れば二課に長くはいないはず.榊にとってもイングラムがここにあることは幸せなのです.
今日はいいところのなかった五味丘がよくあれの腹に飛び込めたねと褒めると,1年つきあえばできることとできないことの違いははっきりわかります!と野明はいい返事! アルフォンスに注ぎ込んだ時間と愛情の価値は野明の駆るアルフォンスの動きそのもので証明ができる.それはまだまだゼロには到達できない領域で…「泉巡査,これからもよろしく!」とパイロットとしての力量を認めた五味丘は握手を求めてくるのです.
そして,満月の下の野明と遊馬.まだ現場で休んでいる2人のささやかなエピローグ.準待機は明日までだから「…映画行こっか」といきなり言い出す野明.アルフォンスの損傷を変に引きずらず全面的に整備班にお任せする吹っ切れぶりに「お前,変わったな」と遊馬が驚くと「うん,変わった」と野明は素直にそれを認める.…35話,グリフォン編のラストではまだ曖昧だった彼女の変化は,今は随分とはっきりとしたものになっています.
いつか別れる日のためにアルフォンスを限界まで使う.ただの愛玩物ではなく大切な相棒として,イングラムの機種としての限界を目指し,時代の波も乗り越えさせる.そうやってとことん愛して使い切ったら,きっとやがて来る別れの日も笑顔で迎えられるに違いない.これから野明が過ごしていきたいのはそういう厳しい日常.…そんな覚悟を決めて変わった相棒に「いいんじゃない?」と遊馬は言い野明は照れ笑う.
夜は続かず必ず朝が訪れる.時は止まらず流れていく.けれどその時の中を孤独に進むわけじゃない.皆で一緒に走って行く.…その途中で誰かや何かを置いて行く事もあるけれど,その記憶や想いは先に進む者たちが背負っていく.そしてそんな荷物がいつか,背負う者の知恵や勇気に変わっていくのかな.…そして,まだ置き去りにしなくていい野明たちを待つ別れは遠い.いつか別れの時が来るまで,彼女たちはどこまでも波を越えていくのです.

|

« デジモンセイバーズ#45 | トップページ | 古代王者恐竜キング#6 »

レビュー◆機動警察パトレイバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14336150

この記事へのトラックバック一覧です: 機動警察パトレイバー#47:

« デジモンセイバーズ#45 | トップページ | 古代王者恐竜キング#6 »