« 機動警察パトレイバー#46 | トップページ | [雑記] ともかくこのマスクが気に入ったんだ / 終了雑感 »

古代王者恐竜キング#5

チームワークとどの口が言う

近所の森に恐竜カードの入ったカプセルがないか探しにきたリュウタたち.レックスはとても状態の良いアンモナイトを見つけるのだが,リュウタの見つけたボールで遊んでいた恐竜たちに壊されてしまった.修復の時だって邪魔なだけだし,レックスは大ざっぱで適当なリュウタのことが嫌になってしまう.
ディノホルダーの反応で,中国・万里の長城付近で恐竜が出現したことを知ったリュウタたち.早速現地に向かうも,アクト団のティラノとカルカロドントサウルスの戦いが先にはじまってしまった.子どもたちが戦いのなかへ走っていこうとする途中,火球を受けて壊れた長城の中にマルムが閉じ込められてしまう.

見ている子どもが驚かぬよう,奇をてらわずにゆっくりと序盤らしい穏やかな物語を繰り返している「恐竜キング」.最初あの大量のアクト団を見たときにはもう悪い癖がはじまったのかとヒヤヒヤしましたが,現場に出るのが下っ端のウサラパ様たちばかりなのでかなり安定しています.3悪党のキャラが凄くベタなのもわかりやすくていい.毎度壊れる乗り物もなんだか楽しみになってきたし(笑).
5話付き合ってきた本作に感じるのは,物語の方がお約束に忠実な割に,キャラの方は随分とドライであること.もちろん主役の3人が仲間なのは間違いないんだけれど,熱い友情とか固い連帯感とか互いを尊敬しあう心とかがほとんど感じられないのが逆に面白い(笑).今後じっくり時間をかけて構築するのか,それともこのドライな状況のままで最後まで行くのか…ラストでもう1回アンモナイト出さないくらいだからなぁ(苦笑).

前半.本日の舞台は中国・万里の長城.小さな焚き火の残り火が大きな森林火災となり,その炎が例の卵カプセルの中の2枚のカードに反応しちゃって実体化! カード属性と同じものに接触することによって恐竜カードが実体化することにはさすがに慣れてきましたね.ただし今回の恐竜はいつもに比べてかなり凶暴.こんなのをアクト団の手駒にされると嫌だなぁ….
そんな厄介なアクト団.本日は例の島でジャンピングシューズで遊んでおります.子どものロトが作った跳ねるシューズでノラッティ~がぽんぽんうろうろ.こんなのに大喜びしているあたりが大変大人気ないわけですが(笑)100メートルを5歩で跳ねても壊れないバネは凄い.この世界の技術レベルは現在よりもかなり上っぽいけど,その中でもかなりの優れ物じゃないか?
ただし子どもは気まぐれで適当でいじわるなので,ジャンプを止めるボタンの位置は教えてくれない(笑).おかげでノラッティ~は基地の中をぴょこぴょこと跳ねて乱しまくり.ウサラパ様の鼻に口紅が刺さったりして大惨事(笑).当然腹立てて追いかけても跳ねて逃げるし…いい大人が昼間から何やってんだろうなぁ(苦笑).
ここで恐竜が出たという子どもたちの報告が入り,ドクターはウサラパたちを万里の長城へと送り出します.人類最大の建造物の長城は,未だ夢のままで実現するかどうかも怪しいドクターの恐竜王国なんかよりずっと価値あるものであることは疑いなし.…でも,本作は割と迷いなくそういう貴重なものを思い切り壊しちゃうんだよなぁ(苦笑).
ドクターからの指令を受けた3悪党は,どんな卑怯な手も厭わない所存でさっさと出立.子どもたちが偉くきびきび退出するのはなぜかと思ったら…ドクター,後ろ!後ろ!のお約束(苦笑).背後にはおっかないタルボーンヌが控えており,主にノラッティ~が汚した部屋の片付けはドクターの役目に.お部屋はちゃんと片付けようという教訓か.
さて主役側の動向なんですが,こちらは近所の森に卵カプセルを探しにきていました.世界各地に散らばっているらしいカードのカプセルがこんな身近でいきなり見つけるわけもないらしく,リュウタが発見した丸いのはただの古いボール.ここでリュウタがDキッズの活動方針として「恐竜を救うためにカプセルを探す」ってのをいきなり挙げてますが,それを決めるのに仲間と相談はしてない気がするな(笑).
3人の周囲をうろうろしているチビ恐竜たち.崖の地層を調べているレックスのところにガブとエースがいきなり走って割り込んできて邪魔! …とはいえ躾の足りない犬よりはちょい賢いくらいの動物の子どもに厳しいことを言っても仕方がないな(苦笑).ただしレックスは結構普段の行いがよかったらしく,足元に良いアンモナイトの化石を偶然見つけたのでありました.
ガブたちのおかげで発見できた綺麗で大きなアンモナイト.古代マニアとしては当然興奮する状態の良いものなんですが…ガブたちの遊んでいたリュウタの見つけたボールが飛んで来て,折角のアンモナイトに当たって壊れてしまってレックス怒る(笑).ガブたちのおかげで見つけたんだからガブたちに壊されても仕方ない…なんて大人なことは一切考えられない狭量さがリアルに子どもらしいや(苦笑).
大事なものを壊されてしまった悔しさを,いいかげんな上に恐竜にボールを与えたリュウタにぶつける大人気ないレックス.研究所に戻って壊れたアンモナイトを慎重に修復するレックスには,そこにちょっかいかけてくるリュウタが邪魔.…わざわざ手伝おうとするあたり,リュウタだって責任を感じてないわけじゃないんだけれど,そんな適当な手つきでは「はっきり言って邪魔」とレックスがクールに言い切った!
いくら鈍くて適当なリュウタだって,詫びる気持ちと親切心で申し出た手伝いにここまで言われたらさすがに怒ります.年齢相応に心の狭いふたりの仲が一気に悪化したところでようやく恐竜反応が出現! Dキッズはたとえ仲が険悪になっても恐竜回収には向かわねばならないようで,いつものように古代博士の助言は無視して出発(笑).…行き先を調べたってそもそも到着地をコントロールできるわけじゃないみたいだし(苦笑).
その頃,先に現地入りした3悪党は3人乗りハンググライダーで移動.…お姫様が空中ブランコなんて妄言は,思っても言ってはダメだウサラパ様(笑).そして程なくお約束のようにグライダーは落下するわけですが,本日はジャンピングシューズのおかげで地面には叩きつけられず…かわりに森の中に突っ込んでいて,ほんとどうしようもないなぁこの大人ども.
未だ止まるボタンを見つけられない3悪党は跳ねるまま.脳が揺さぶられて気持ち悪い….そんな彼らを救ったというか潰したのが長城近くから逃げてくる人の群(笑).止まったのはいいけれど取り残された3人が見たのは…かろからどんどん? カツカレカラアゲドンブリ? カルカロザンスサウルス?…正解はカルカロドントサウルス.ティラノに匹敵する最大級の肉食恐竜!
3悪党が早速ロープウェイに乗ったところで,リュウタたちも長城に到着.がきんちょどもがおばさん呼ばわりしたため「おばさん言うのは誰じゃあ! どの口じゃあ!」とウサラパ様が妖怪のようになっているのは横に置くとして,ゴンドラの中のバカ大人どもに生命の危機が近づいていました.上っていくゴンドラに近づくカルカロドントサウルス.ウサラパたちの口上を完全無視でゴンドラをどつき,そのまま中の人間たちを一口に!
…ジャンピングシューズを履いていたおかげで運よく戻ってこられたけれど,あの一瞬,確実に3悪党は死の淵に飛び込んでいましたよ(笑)! ガキンチョなんかもうどうでもよく,自分たちの命の危機をなんとかするためにティラノさんを呼びだしてしまう懲りないダメ大人たち.だから狭いところでやったら乗り物が壊れるって….案の定壊れて落っこちて,ここでようやく,ジャンプを止めるボタンがつま先にあるというどうでもいいことが判明するのでありました.
カルカロとティラノが揃ったところで時空の歪み発生.そして恐竜バトルがスタート! …遅れてきた子どもたちは戦場へと走るわけですが,来る前の仲違いの影響が出てしまって大変なことに.考えなしのリュウタは真っ直ぐガブとともに長城を降り,ロープウェイ乗り場の方が近いというレックスの言葉も聞かない.レックスはリュウタを追わずにロープウェイを目指し,意見の違う2人の間でマルムが困ってしまったところに…カルカロドントサウルスの吐いた火球が迫ってきてマルムのいる長城に激突して崩す!

後半.どうでもいいような仲違いが遠因となって仲間が崩れた長城の下に! あんだけ崩れて押し潰されなかっただけでも奇跡的.もしこれで死んでしまったら,たぶん一生仲直りできなくなるところでしたねリュウタたち.現在所属フリーのカルカロですが,技カードと一緒に実体化することで大技を使うことができるようで本当に厄介.元々自分よりでかい相手とかを襲ってたらしい恐竜だからなぁ….
とはいえ子ども達には,カルカロ戦よりも崩れた長城の中のマルムの方が重大です.長城の上でパラパラとともに困るレックスに対し,下に駆けつけたリュウタときたら,ディノホルダー越しに生きているのを確認したらいきなりガブをでかくするという拙速ぶり.ひとつ間違えば潰してしまうんだから慎重に除去しなきゃいけないはずなのに,一気にガブにやらせる!なんて,仲間を殺す気ですかこいつは(苦笑).
レックスの制止も聞かずに無謀にも突進させて当然のように崩れてる.やっちゃった後のことをろくに想像できないリュウタにガブなんか飼わせちゃ絶対ダメだと思います.今後のパワーインフレを考えるとついうっかりで世界を滅ぼしかねないくらいだから,そりゃマルムさんが「ダメかもしれない」と絶望しても止むを得ないか(苦笑).「あんたたちには期待してないから!」とはっきり言われて当然!
話を聞かないわ人の言うこと聞かないわ歩み寄らないわ,どうしようもない仲間に対し冷たい怒りを燃やすマルムさん.「自分勝手なダメキッズだから!」とリュウタたちを罵倒した上に「あたし,あんたたちに頼らなくても,ここから自分で脱出してみせるわ!」と独立独歩の方針を打ち出す男前ぶり.…もちろんそれを彼女が実現できるわけもないので,仲違いの2人もやっとまともに手を組むことに決めました.
ガブが崩れかかった長城に頭突っ込んでるので,リュウタはガブとともに救出に専念.レックスとエースは向こうでやってるカルカロとティラノの恐竜戦から現場を守ることに集中! 本当は役割は逆がいいかもしれないけれど,ともかく守って助けることに集中! …ちなみにエースの立ち姿は迫る脅威に備えるためのものであってウンコしてるわけではなく,崩れる長城を頭で支えるティラノは反省しているわけじゃない…っていうか長城の中を覗いてるみたいだな(笑).
マルムの埋まってる長城を守るために頑張るエース.今にもこちらに放たれそうな火球を逸らすために突進するけれど,直撃こそしなかったものの長城にかすってしまうのが辛い….ティラノはネッククラッシャーを発動してカルカロを吹っ飛ばしまたも長城の方へ! 衝突の衝撃から長城を守るため,エースがそう大きくもない体で必死にかばいます.…別にグルではないんだけれど,これ以上長城を崩されたらマルムさんが潰れてしまうから!
突進してくるティラノを火球で迎撃するカルカロ,それを支援するエースのサイクロン.大技の連打を食らったティラノはさすがに耐え切れず敗北.カードに戻って飛んでいく! …しかし力の余っていたカルカロの矛先がそのエースに向かってしまったのが怖い.確かに所属フリーのカルカロにとって,Dキッズもアクト団もおいしいご飯に過ぎないわけですが(苦笑)…「なんでだよ,敵じゃないんだ,やめろ!」
レックスやエースの背後では仲間たちが必死で救出活動中.パラパラやリュウタやガブだけでなく,遭難したマルム本人もせっせと頑張っているのです.そんな仲間たちを守れるのはエースとレックスしかいない.…それでもカルカロと戦うことをどうしても躊躇するレックスは,余程心が優しいんだろうなぁ.けれど優しさでは人の命は救えない.「なにぼやぼやしてんだよレックス! 早く技カードを使うんだ!」と叫ぶリュウタ!
訳もわからずこの世界にやってきた恐竜たち.本作としてはそんな気の毒な恐竜を子どもたちがちゃんと倒さねばなりません.罪のない彼らを積極的に攻撃するその根拠は…勝ってカードに戻さないことに助けることもできないから! だからレックスは心を変えて,今にも火球を吐きそうなカルカロの顎をもう一度サイクロンで狙う! 弱点に見事当たって火球を放つ前に倒れたカルカロは,元の2枚のカードに戻ったのでありました.
残る問題は遭難したマルムの救出.さっきの段階でガブの顔近くまで上ってきていた彼女を見つけたのは,マイペースにずっと掘り続けていた小さなパラパラ.そして,ようやく開いた出口からリュウタとレックスの顔も覗きます.大丈夫か,怪我は,と手を差し伸べる2人は,いかにも子どもらしくすっかり仲違いのことを忘れてしまったらしい.そんな2人の姿にほっとしたのか,男前なマルムも言うのです.「みんな,ありがとう!」

子どもたちが手に入れたのはカルカロドントサウルスとビッグファイアキャノンのカード.これはエースとレックスの頑張りの成果ではありますが,皆で力を合わせたチームワークの勝利!…なんですか(笑)? 途中までそれどころじゃなかったし,無謀に長城に突っ込んだ頭を動かさないようにじっとしていることがチームワークなのかどうかが甚だ疑問なんですが(苦笑),いい言葉でいい感じでまとまったんだからいいことにしとこう!
そして,子どもたちと同じくチームワークからは遥かに遠い3悪党たち.彼らは木の上に引っかかったティラノの恐竜カードを取るために例のシューズでぴょんぴょんと飛び…取れたのはいいんだけどまた渡り鳥にやられるという実に緩い間抜け悪役ぶりを曝しております.敵も味方もまだまだ結束が中途半端.あの壊れたアンモナイトも,結局はレックスが一人で修復したんじゃないかな(笑).次回に続きます.

|

« 機動警察パトレイバー#46 | トップページ | [雑記] ともかくこのマスクが気に入ったんだ / 終了雑感 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14276418

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#5:

« 機動警察パトレイバー#46 | トップページ | [雑記] ともかくこのマスクが気に入ったんだ / 終了雑感 »