« 2006声優アワード適当予想 | トップページ | デジモンセイバーズ#43 »

古代王者恐竜キング#3

恐竜がそんなに犬らしくていいのか?

それぞれに自分の石板と恐竜を手にいれたリュウタたち.小さな恐竜たちを犬と言い張って飼うことにした彼らだが,レックスとエースはちょっとしたことですれ違って仲が悪くなってしまった.そんな中,ディノホルダーに新しい恐竜反応が出現,リュウタたちは揃ってロンドンへと向かう.
今回恐竜が出現したのは,ロンドンの大英博物館.写真に映った石版らしきものを確かめるために古代博士も既にここに赴いていたのだが,石版は一足先にアクト団のウサラパたちが手に入れてしまった.残るはカードから恐竜に戻ってしまい,博物館中を逃げ回るサイカニア.かくしてアクト団とリュウタたちのサイカニア争奪戦がはじまった.

変に大人に媚びることなく,子どもしか喜ばないような話をそのままやる開き直りっぷりが凄く面白い「恐竜キング」.キャラにしてもネタにしてもガチでキッズしか狙ってないのがよくわかる潔い作りで,逆に大人にとっては急激に敷居が高い作品になっているのが素晴らしい.3話にしてウンチ食うなんて,作り手の本気っぷりが嫌になるほど伝わって来ますよ(笑)!
てなわけで今回の見所はレックス君とエースの間抜けな仲違いを中心に,サイカニアが大英博物館の中をあっち行ったりこっち行ったり…また人類の重要な遺産がいろいろ台無しにされていますが(笑)前回ほどのインパクトはなし.見た目こそ可愛らしいもののあらゆる面で犬並みのチビ恐竜たちは,中身が人間のようなモンスターではなく,人とは別種の動物として描かれていくようです.

前半.古代家の朝はいきなり下ネタからはじまることになりました.レックスが恐竜図鑑を眺めていたら,エースが図鑑の上でいきなりウンチ! それを叱られたエース,ウンチを食う! …大人としては冒頭からの凄まじい飛ばしっぷりに呆然としますが(苦笑)日曜早朝ならまだ食事前だろうから大丈夫だ!たぶん,きっと(笑)!
リュウタとマルムはチビ恐竜と庭で遊んでおります.ガブは無理やり犬でも通るかもしれないけど,パラパラやエースは本当は無理だ….石版を探すために父が不在ということで,本日の古代家は実に平和.発掘された恐竜の骨と一緒に出て来たという石版.カードと石版は完全に時代の違うものなんだろうか? なのに石版の側に必ずカードがあるのは,石版に引き寄せられてるってことなのか?
…そんな面倒な話はまあどうでもよく,子どもたちにとってはエースのウンチの方が大問題.エースが本の上にやらかした上にそれ食った,そんな衝撃の事実を聞かされれば怒るのも仕方がないよなぁ(笑).かくしてエースはドッグフード抜きになるらしい.…エースは肉食だからドッグフードでもいいのかもしれないけれど,草食のガブたちはダメな気がする.父がドッグフード風のエサを開発したりしているのか,それとも本当に犬なのか?
さて,本日の舞台はロンドンのたぶん大英博物館.そこから出た写真の片隅に例の石版らしきものが映っていたという理由でイギリスに向かった古代博士はまあいいとして,アクト団ときたら恐竜の骨を使った占いで行き先を決めていて,もううさん臭いったらありません(苦笑).「恐竜の骨で占ってるから間違いないぞい!」と頑張るドクター.この人,科学者っていうか呪術者に近いんじゃ….
てなわけで霧のロンドンに集まる古代博士と3悪党.ウサラパのショッピングに付き合わされていた2人が気の毒だ(笑).3悪党は博物館中を勝手に闊歩し,骨組みに驚いて転んだことで運良く石版を発見! …言動を見ている限り決して有能でないっていうかむしろ無能な3悪党だけど,運だけはずば抜けて良かったりするんだろうか?
3悪党が展示場を滅茶苦茶にしたために,ようやくセキュリティが働いて警備員たちも出動! ブランド品を抱えて逃げる3悪党たちは警備員たちと乱戦を繰り広げ…その最中に転がっていた卵型カプセルからカードが出てきて崩れた土に触れ,博物館の中でサイカニアが実体化! スピノの時と同様に,恐竜カードは石版なしでもカード裏面のマークと同じものに触れると実体化するようだけど,ガブたちも同じように石版なしでも実体化できるのかな?
突然のサイカニア登場には古代博士ももちろんびっくり! しかし彼としては恐竜出現の現場に居合わせたのはまさに僥倖.息子たちもディノホルダーに出た反応を見てロンドンへと転送装置で駆けつけてきますが,博士は転送装置が使えないですからね.…本日のDキッズはレックスとエースの間で発生した不協和音を引きずったままで登場.しかもその不仲の理由はウンチを食ったことで,こんな理由で調子崩す正義の味方ってのは前代未聞だよなぁ(苦笑).
アクト団より先にサイカニアを捕らえねばならないリュウタたち.しかし到着直後にレックスの下から逃げ出すエース! とっとこ逃走するパートナーを捕まえるのが先と,いきなりレックスはサイカニア探索から離脱! …恐竜も子どもも自分勝手で,チームワークの欠片もないんだなこいつら(苦笑).父はサイカニアをおびき出すため,水辺の恐竜ということでカバのエサの手配に向かい,3悪人と子どもたちのサイカニア探しがここからスタート!
静かなはずの夜の博物館を騒がしくする2組の探索者たち.リュウタたちが入ったのは再現された恐竜の像が展示されている部屋.そこにリアルなサイカニアがいて,しかもまばたきしております(笑).けれどガブがトリケラトプスの模型に擦り寄って夢中であったため,サイカニアの間近に迫ったのに逃げられてしまう.自分の同類にちゃんと擦り寄っているガブは,カードになる前の記憶をちゃんと持っているみたいだ.
アクト団3悪人の男2人は,レックスの下からとっとこ逃げてくエースを発見! けれどその後に追ってきたレックスと思い切りぶつかって,持っていたウサラバさんのお買い物が四散する大事故に! しかも今回のレックスは完全に自分のパートナーを最優先していて,泣く子をいじめてる大人のことなんか眼中になし! 「失礼!」とそっけなくエースを追っていくクールな子どもとサイカニアに翻弄されるいい大人たちはやっぱし情けない…(笑).

後半.大英博物館内ではじまったサイカニア追走劇.次の舞台はエジプト関連の展示室…って,またお前らエジプトの貴重な歴史の遺産をどうにかする気か(笑).おばちゃんことウサラパ様はこの部屋の貴重な装飾品に夢中で,サイカニアが背後を通過していくのにも気づかない職務怠慢ぶり.さらにまだもめてるレックスとエースもやってくるけど,こちらはやかましいので当然おばちゃんも気づきます.
こりゃカルノタウルスを捕まえるいい機会!とウサラパ様が恐れ多くも展示されている棺の中に隠れると,レックスから逃げたエースは壺の裏側に隠れてしまう.…ちょうど同じ頃,エースとよく似た行動をパラパラが取っておりました.観葉植物を勝手に食ったことをマルムに叱られたパラパラは鉢の陰に隠れる.その困ったような怯えたような態度は,逃げ回るエースと,そして恐竜とはまったく異なる動物の取る行動をマルムに思い起こさせる….
で,なんかもめてる子どもと恐竜をタイミング良く見つけたノラッティ~たちは前回入手したスピノを召還! 天井の高い屋内での恐竜バトル,マルムさんはパラパラを原寸に戻して対抗! …カードから原寸に戻されればどんな状況でもバトルがはじまるってのは面白い.今後も戦場のバリエーションはかなり期待できそうです.VSスピノではさすがに力負けするパラパラは,トサカから出る不思議な音で仲間に助けを求めます.早く来てもらわないと,敵のショックウェーブで溺れてしまう!
そんなヒロイン?の危機に颯爽と駆けつけるのは主役?のリュウタたち.ガブを元のトリケラトプスへと戻した上で,何の迷いもなく技カードをいきなり使用! これまで仲間を苦しめていたスピノをあっさりカードに戻します.…しかし本当にアクト団はカードの回収に関しては本当に優れていて(笑)ノラッティ~たちはスピノを掴みすぐさま退散.やっぱし今後アクト団とまともに渡り合うには,カード回収面で何らかの工夫が必要な気がするなぁ.
ガブが見事に勝利を収めてもバトルフィールドこと不思議空間は解けないまま.これはほぼ同時にはじまっていたエース対ティラノの対戦の影響.ひたすらにレックスの下から逃げたエースは追い詰められて,ついにレックスに飛びかかった…わけじゃない.レックスの背後から迫るティラノから主人を守るために突き飛ばしただけで,エース自身はレックスを守ることに懸命! たとえどれだけ体格差があろうとも,体を張って命をかける忠誠心を見せるのです.
棺に隠れていたおばさんミイラことウサラパも再度登場…あんまり隠れた意味はなかったな(笑).レックスはエースを原寸に戻して肉食恐竜同士のバトルがスタート.しかしティラノはあまりにでかすぎて1対1ではまともに対抗できない.ここで古代博士がカバのエサ持って登場し,事態がさらにおかしなことに.ウサラパは自分のためにサイカニアをおびき出してくれるだなんてオカバ…おばかさん!と有頂天.ティラノが負けるとは欠片も思っていないわけですが,まさかそのエサが仇になろうとは…(笑).
粘るレックスはサイクロンを発動.エースは風となってティラノに迫るも,あの巨体を吹っ飛ばして倒すには至らない.まったく効かないわけではなさそうだけど,事前にティラノのバランスを崩しておくとかしなきゃ決め技にはなりえない様子.逆襲のティラノはドクターが作成した技,ボルケーノバーストを放ち!熱すぎる技を食らってさすがにカードに戻ってしまうエース.このままじゃアクト団にカードを取られてしまう!
カード回収に関しては本当に優秀なアクト団にカードを狙われたエース.けれどこれを見事救ってくれたのは,明らかに役に立たないと思われた古代博士のカメレオン鞭! …そういう便利なのは子どもたちにも持たせて練習させようよ(笑)! カルノタウルスのカードはDキッズ側が回収したのでウサラパは滑り損.けれどまだまだ元気なティラノがいるからこれで襲ってやる!と決意したところにサイカニア登場.ティラノを吹っ飛ばして父のカバの餌を食い出しました(苦笑)!
まさかそれは役立つまいと思ったカバのエサにすっかり夢中のサイカニア.けれど姿を現したのが運の尽き.今度こそあっさりティラノにやられてカードに戻されてしまいます.古代博士はサイカニアのカードも回収しようとするも,鞭がティラノにくっつくという最悪の形で失敗(笑).結局土の石版もサイカニアのカードもアクト団の手に入ってしまった上,引き際を心得ていたウサラパはティラノが限界であることを悟りあっさり撤退.今回はDキッズの完全敗北だ.

エースを取られなかっただけかなりマシだけど,またも出張損となってしまった主役たち.しかもカードに戻ったエースはチビ恐竜には戻せたけれど,やっぱりレックスから逃げ隠れしている.さっきティラノに勇敢に挑んでいたのが嘘みたいだ….けれどここでマルムが教えてくれた習性が,理解し合えない2種族になんとなく理解の橋をかけてくれます.あのときエースがウンチを食べたのは,叱られたのに驚いて隠そうとしたためじゃないのか?
怒られて困ってやらかしたことだというマルムの説明になんだか納得したレックスは,自分も悪かったとエースに詫びてようやく仲直り! …もちろんそんな行動を取るのはあくまで犬の話であり,たぶんワニとかトカゲとか鳥とか,より恐竜に近い種の動物はそんな行動は取らない気が激しくするんだけれど(笑).本作の恐竜たちは,種よりも環境の与える影響の方が大きいという前提で,類似の環境で生きる生物と同様の行動を取ると仮定されているようですね.
着々と恐竜カードを集めるアクト団では,サイカニアのカードをアクトコントローラーで攻撃的な性格に書き換えてしまう.ドクターの野望を実現するために生来の性格を無理に書き換えるのはやっぱし可愛そうだ….トイレトレーニングさせられているカルノタウルスも気の毒だけど(笑)無理やり心を操作されたりはしていないわけだし.書き換えた内容は元に戻せるのか.また書き換えたことでどのような影響が出るのか.いろいろ気になりながらも次回に続きます.

|

« 2006声優アワード適当予想 | トップページ | デジモンセイバーズ#43 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14097024

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#3:

« 2006声優アワード適当予想 | トップページ | デジモンセイバーズ#43 »