« 古代王者恐竜キング#4 | トップページ | 機動警察パトレイバー#46 »

デジモンセイバーズ#44

「気合で砕け不可能の盾!の巻」

父の真意を確かめるために,アグモンとともにデジタルワールドへと向かったマサル.再びゴツモンの案内でイグドラシルを訪れるが,クレニアムモンがその前に立ちはだかる.沢山の人間を苦しめて,神ならば何をしてもいいのかと憤るマサルに対し,人間の可能性を見極めたいと考えたクレニアムモンは,通りたいなら自身の最強の矛をかい潜り最強の盾を打ち砕いて見せろと言うのだった.
クレニアムモンに挑むシャイングレイモンとマサル.最強の盾アヴァロンは堅く,マサルが殴ってもシャイングレイモンがグロリアスバーストを連打してもヒビ1つ入らない.ジオグレイソードも砕かれて,マサルたちはクレニアムモンの反撃で何度も地に伏すことになった.けれどマサルはくじけない.あの盾を砕くためなら何度だって繰り返してやると,デジソウルを強く燃え上がらせるのだ.

危機に瀕する2つの世界を救うためにはまず神と化した父を殴らねばならない…終盤に至り,ここまで真面目に見てきた奴でないとわけのわからない展開になってきた「セイバーズ」(笑).人間界を滅ぼすつもりのデジタルワールドの神・イグドラシルがマサルの父である大門博士の姿をしていたため,こんな不思議なことになっております(苦笑).
今回マサルを試すのは人間を滅ぼすことには批判的だったクレニアムモン.イグドラシルを守る最強の盾に向かってマサルは愚直に拳を振るいます.表面的にはマサル側がともかく劣勢.けれどデジモンにとって人の強い願いは自由意思を乱すものであることは既におなじみ.デジソウルを極めた純粋で強い意思は超強力な洗脳電波みたいなものだろうから,そんな精神攻撃を間近から食らってよく耐えたもんだとクレニアムモンを褒めたい(笑).

終末の際にある2つの世界を救うため,無理やり仲間を気合で説得し弟分とともにふたりきりでデジタルワールドに戻ってきたマサル.偶然のいたずらでまたもゴツモンと合流できたため,これ幸いと彼を道案内にイグドラシルのところへと走る! …ゴツモンと合流できなかったら一体どうするつもりだったんだお前ら(苦笑).だからふたりだけで行かせるのはダメだってのに….
ターゲットは目前.逸る心で「はやくイグドラシルをぶっとばさないと!」なんてアグモンがぽろっと言ってしまって,イグドラシルはすなわち父だからマサルの足が止まってしまう.本当は父を殴りたくなんかないけれど,他に会話の手段がないとすれば仕方がない.にやりと「父さんは必ず俺がぶっ飛ばす!」なんて弟分に笑って…巨大樹の根元付近に到着.そしてウェルカム爆撃が!
この間と同じく,やっぱしここでイグドラシルを守っていたクレニアムモンに爆撃されて吹っ飛ぶマサルたち.もちろん初撃はあくまで警告という礼儀正しさも相変わらず.…本当に倒したいならいきなり体のど真ん中狙って撃てばいいのに(笑).父を殴るためにも先に進みたいマサルと,断じて許さないクレニアムモン.デジモンたちには今からでもイグドラシルの軍門に下れと寝返り交渉するわけですが…アグモン以上にゴツモンが寝返らないのが凄く意外だ.
神に逆らうなどもってのほかと考えるクレニアムモンに対し,「本当にそう思ってんのかよ!」と思っていることをそのままぶつけるマサル.確かに人間がこの事態を招いた元凶ではあるけれど,今そのイグドラシルの決断によって沢山の人が苦しんでいるのだ.「神だったら何をしてもいいのか! 俺は絶対そんなの認めねえ!」と真正面から睨んでくる人間…マサルに,クレニアムモンは何か感じるものがあるらしい.
それでも「イグドラシルの判断は絶対だ」と言い張るクレニアムモンに思い切り腹を立てるマサル.イグドラシルの操り人形を叩きのめして通ってやると,ただの人間とデジモンはロイヤルナイツに喧嘩を売る.「人間ナメると酷い目に遭うぜ!」とクレニアムモンを殴ったマサルはオーバードライブ! 弟分をシャイングレイモンに変えた上,彼自身も「人間の可能性」を見せつけるために生身で喧嘩に参加するのです.
今回のクレニアムモンは元々持ってた最強の槍クラウソラスに加え,イグドラシルから与えられた最強の盾アヴァロンも装備.元々防御力の高かった彼はさらに強固な盾を手に入れた上,人間に可能性があるというなら,最強の槍を潜り抜け最強の盾を見事打ち砕いてみせろと宣告する! …再会し数分経たずにもうバトル.怒涛の展開に唯一置いていかれるゴツモンが気の毒.喧嘩っ早いにも程があるけれど,マサルたちにとって語ることと戦うことは等しいしなぁ….
ちなみにその頃,無謀なマサルたちを追いかけて,ようやく前線に出られる心の強さを手に入れたトーマたちも乱気流に巻き込まれつつデジタルワールドへと落下しておりました.もちろん2回目なのでどこかの考えなしとは違い,きちんと事前に決めたポイントへと降りて早速イグドラシルを目指しております(笑).…一度は信頼して行かせたはずなのに,今は本気でマサルたちを心配している,その手のひら返しっぷりが,なんだかなぁ…(苦笑).
イグドラシルの根元付近では,クレニアムモン対シャイングレイモン&マサルの戦いが展開.巨大な究極体の戦いの中に,サイズが明らかに違うマサルが混じっているのが面白い.クレニアムモン自慢の盾をぶん殴ってみるけれど効かなくて「あ痛てぁぁあぁ」とマサルが苦しんで見せるのは「なんてな!」ってなわけであくまでもフェイク.その隙にシャイングレイモンが背後に回り込んで,グロリアスバースト!
けれどイグドラシルや他のロイヤルナイツたちからの信頼も篤いクレニアムモンの力は半端じゃない.激突直前にゴッドブレスで己を守り,並の究極体なら一撃で潰れるはずの攻撃を食らったって無傷! これほどの者が守っているなら,警護のために彼以外のロイヤルナイツをこの場に置く事は無意味なのだろうし,イグドラシル自身も静かに座したままで動きもしないわけです.
強力な防具と風を使いこなすクレニアムモンをひたすら攻めるシャイングレイモンとマサル.ついにはグロリアスバーストの連打までやってみるわけですが,アヴァロンの盾はびくともしない.…しかもこれまで様子見していたクレニアムモンがちょっと攻勢に出たら,あっという間にクラウソラスに当たって倒れてしまうシャイングレイモン(苦笑)! …攻撃力は抜群なんだけど防御力は今ひとつ.そしてあまりの打たれ弱さにびっくりだ(笑).
最強の矛にやられていきなりくじける弟分に「勝負はこれからだ!」と叱咤激励する兄貴.なんとしてもここを突破したい彼らの強く求める心によってジオグレイソードが召還されるわけですが…元々ジオグレイソードは扱いやすさで評価されていた武器なので,当然のようにアヴァロンの盾には通らない.そして,ともかく手持ちの全部をぶつける単純極まる戦いぶりは「可能性など微塵も感じん」と厳しい評価を下されてしまうのです.
本気のクレニアムモンは,クラウソラスで仰向けに倒れたシャイングレイモンを狙う.これを間一髪で避けて逆に上空を取るシャイングレイモン! 弟分の頑張りに「取った!」とマサルもうれしそう.そしてこの一撃に全てを賭けたはずなのに…とどめのジオグレイソードが砕けてしまった! クレニアムモンとアヴァロンとクラウソラスの力は到底シャイングレイモン一体でなんとかできるレベルじゃない.勝つための方法が見つからない….
それでもマサルはくじけずに,またも挑んでまた吹っ飛ばされて,結局シャイングレイモンの横で倒れることに.…ゴツモンも一緒に吹っ飛ばされておりますね(笑).圧倒的なクレニアムモンは高い崖の上.見下ろされる負け犬たちは「いってぇ」「どうする,兄貴」と大の字のままでぼやくけど,「わざわざ言わせんなよ」とどこまでも不敵な喧嘩番長の拳には,今もデジソウルが輝いている….
必死で頑張っても力及ばず,命や大切なものが失われる経験を何度も味わってきたマサルたちにとって,この程度の窮状はまだ甘い.いくらでもやれることはある.何度だってやってやる! 「百回やってダメなら千回! それでもダメなら一万回でもやってやる!」…その意気や良し! でもお前らタイムリミットのこと完全に忘れてるだろ(笑)! そしてどこまでも折れない一本気な兄貴のことを,弟分はさすがと思うのだ.

あんだけ殴られてもなお立ち上がるマサルはやっぱりどうかしています.しかも「心さえ折れなければ負けじゃねえ! つまり俺たちは,絶対に負けねえ!」なんてもう強引にも程があり.…けれどこの気合と根性とポジティブシンキングこそがマサルを構成するほとんどで,それこそがデジモンや人間を惹きつけてやまない奴の魅力なわけだから仕方ない(苦笑).そして強引極まる彼は,盾をぶっ壊そうと強く心に決めました.
「考えてみろよ.あの盾がぶっ壊れたときのことをよ!」だなんて,世界を救うとかはどうでもよくて純粋な破壊欲だけじゃないか(苦笑)? しかもそんな動機でバーストモードになれるだなんて,極めた奴は滅茶苦茶だ! ともかく我を通したいマサルは頭でっかち野郎を吹っ飛ばすまで諦める気はさらさらない.シャイングレイモンは炎の剣で盾を集中攻撃! 反撃されて退いたところを今度はマサルが入れ替わりに襲い!…盾に吹っ飛ばされました(苦笑).
バーストモードのシャイングレイモンでも,クレニアムモンの強さにはまだ届かない.横で見ているゴツモンからすれば絶対無理にしか見えないわけですが,ふたりはちっとも諦めない….「俺は皆と約束したんだ.父さんに逢って,拳で語り合ってくるってな!」…これまでどこまで約束が守られてきたかという実績はさておいて吼えるマサルを無駄なあがきと評するクレニアムモン.けれど心が折れない限り負けじゃないとマサルは意地を張り続け….
「ならば…」とクレニアムモンはその意思を折るために容赦なく徹底攻撃! いくら「まだだ!」と意地を張っても,心は折れなくても体の方がついていかない.立てないままでエンドワルツを食らってしまうかと思えたそのとき! ミラージュガオガモンのフルムーンブラスターがふたりを救った! 「そこまでだ!」「これ以上,マサルたちに指一本手出しはさせないわ!」「お前,許さない!」と頼もしい援軍の皆さんが到着だ!
これは自分の問題だからと置き去りにしてきたマサルにとって,援軍の到着は予想外.どうして…と驚くマサルに「心配して来てやったのに,その言い草はいただけないなぁ」とトーマ.一度決めたことを曲げるかっこ悪さは覚悟の上,余計なお世話と言われようとも,2つの世界の未来のためにも支えてやると決めたから! …本来は嫌がられても最初からついて来るべきだったけど,残ったおかげでリリーナの命が救えたんだし,もういいことにしておこう(笑).
マサルの示す人間の可能性は,来るはずのない「仲間」という形で現れた.「世の中,計算だけじゃ測れないものってあるのよ!」と計算外どもの面倒をみてきたヨシノは教え,「特にマサルには,計算や常識は当てはまらない」となんだって計算できるはずのトーマも言う.彼らは無謀で真っすぐなマサルの行動にアドリブで合わせ続け,どんな絶望的な状況も一緒に打ち破り続けた…その結果さらに絶望的な状況に陥り続けてはきましたが(笑).
「可能性なんてもんは,諦めなけりゃどっからでも湧いてくる」というマサルの凄い世迷言.けれどそれがバーストモード究極体3体という形を取れば,クレニアムモンの堅い心の壁だって揺らぐ.…恐らく可視外の精神世界では,マサルやら未来やらを至極信じきっている援軍3組が,絶対にクレニアムモンは負ける!という洗脳電波を発しているはずで(笑)いくらイグドラシルに対する忠誠心で理論武装しても,これは耐えられないに違いない….
精神面では優位に立ちはじめた元DATS側.今度は「盾を狙うんだ!」とかマサルが言い出します.冷静に考えると盾より先に矛をぶっ壊すべきじゃないかと思うんですが(笑)きっとマサルの精神的な影響力が仲間すら巻き込み,無理に同調させているに違いない.「防御力を落としそこから突破口を開こうってことか!」と適当な理屈付けしてくるトーマをあっさり否定するマサル.「俺は,あいつの鼻っ柱をへし折りたいだけだ!」
デジモンバトルは気力の勝負で,物理的な勝敗以上に精神的な勝敗が重要.完膚なきまでに相手の心を折るには相手の一番の自慢を砕いてやるのが最短なのだと天性のセンスで気づいているのでしょう.かくしてはじまるバーストモード究極体による総攻撃! そもそも防御に使用される盾は必殺技で狙い放題の当たり放題.ついには「何人たりとも傷つけることは!」できないはずの盾に亀裂が入る!
不可能を可能にしたのは人間ならではの「仲間」の力.必殺技連打でまずは撹乱.レイヴモンが後ろに回り込み,背後からの攻撃を避けるために上に逃れたクレニアムモンをミラージュガオガモンが大地に叩き落す.その上空にはシャイングレイモン…回避防御不能のクレニアムモンにファイナルシャイニングバーストを浴びせれば盾の亀裂はさらに深くなり!止めは上空から降ってくるマサル! 「こいつが人間の!可能性だああっ!」…不落の盾は人の拳で砕かれる!

流れとしても映像としても実に熱い連携の果て,とうとうイグドラシル所縁の盾を砕いちゃったマサルたち.防御も崩せたしここからが本番…と思いきや,クレニアムモンは自ら最強の矛を人の子の前に置きました.事前に示した通りに槍をかいくぐり盾を打ち砕いたからクレニアムモンの負け.彼は「行くがいい」と先に進むことを許してしまうのです.この潔い対応にはびっくりだけど,元々彼自身は穏健派だったしな.
そして,拳を合わせたクレニアムモンをあっさり全面的に信頼するマサル.罠ではないかと疑う奴には「こいつはそんな小さい真似はしねえ!」ってなもんですよ.戦いの高揚感が消え正気に戻ってきたのか,なんでわかるの?と不審がる仲間には「決まってんだろ! こいつで語り合った仲だからだよ!」と拳を見せる始末.…その超理論にはさすがにヒく仲間たちがおかしい.クレニアムモンまでちょっと呆然としてる(苦笑).
今回クレニアムモンが認めたのは,どこまでも己を貫き神すら砕くであろう真っ直ぐな気力と,その真っ直ぐを周囲から支える仲間の力.両方とも単純な戦闘力ではなく,しかもそのどちらが欠けても2つの世界の未来を賭けるには値しなかったに違いない.そして神を殴りに走る彼らを行かせたクレニアムモンは考える.「神は絶対ではない.バンチョーレオモン,お前はそのことを知っていたのか…」…ついに直接対決.吹っ飛ばされたり落ちたり上がったりする次回に続きます!

|

« 古代王者恐竜キング#4 | トップページ | 機動警察パトレイバー#46 »

レビュー◆デジモンセイバーズ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14227470

この記事へのトラックバック一覧です: デジモンセイバーズ#44:

« 古代王者恐竜キング#4 | トップページ | 機動警察パトレイバー#46 »