« 古代王者恐竜キング#8 | トップページ | デジモンセイバーズ#48 »

2007年4月開始新番組チェック・1

お待たせ! 今日は今期開始の新番組のうち,視聴が進んでいるものについてさくさくまとめてみようかと思います.視聴前や短評を書く前には,大抵公式サイトをチェックに行くようにしてるんですが,そこで発見したものをまず貼り付けてみようかな.

「エル・カザド」のスペシャルバナー.動画は音が鳴り響くので(笑)注意!

こういう風にサイトに貼り付けられるものが,通常のバナー以外にあるといいよね.

---

[開始短評] ※記号は開始前の期待→視聴後の印象

△→△ グレンラガン
ガイナックス作品の初回らしく,ともかく映像が贅沢で抜群! 以前は「エヴァ」によって以降の子ども向け時間帯の作品の温度を急激に下げた会社だけれど,その「エヴァ」が会社から離れた時期にこういう熱いものをキッズ向けのゴールデンタイムに投入するというのがなかなか面白い.ドリルという天与の才能を持った少年が地の底から宇宙の果てまで貫いていくのだろうけれど,そのテーマをきっちり描ききるためには今の熱量を下げずに維持できるかどうかが最大の鍵.…ただし過去実績からするとペース配分できないからこその現状のハイクオリティの可能性が高いので,将来的に絵がヘタれたときに重要になる脚本面で,2クール目の中盤あたりでのシリーズ構成の中島氏の大活躍を凄く期待したい!

△→○ ゲゲゲの鬼太郎
前作3期目まで視聴済.キッズのゴールデンタイムに全力の気合で挑む東映が,最強コンテンツの1つをここで投入! 放映されるまではわざわざ今持ち出さなくてもいいんじゃないかと思ったけど,実際に新シリーズを見てみると…「ガッシュ」からの上野ケン好きだから余計そう思うのかもしれませんが,これはアリだ.純真快活であったはずの子どもたちは狡猾でせせこましくなり,大人は金と日々の暮らしに夢中.過去のシリーズよりさらに妖怪と人間の距離が遠くなっている現代だからこそ描ける物語が確実にあって,この作品ならばそれを十二分に表現できるはずなのでぜひ頑張っていただきたい! …どっかのタイミングで巨悪を倒すためのバトルものに変化していく可能性があるけれど,できればずっと1話完結か短期シリーズで繋いでくれるといいな.

△→△ マイメロすっきり
前作視聴済.太っ腹なサンリオのお目こぼしによりのびのびと無法の限りを尽くしてきたウィーヴの稼ぎ頭が,なぜか今期は半分以下の枠に押し込まれてしまって気の毒なことに.とはいえこの枠に移るから仕方ないと諦めていた本作独自の毒に関してはあんまり薄れていないので(笑)野放図なエッセンスを今まで以上に凝縮し,今までできなかった凄いことをやらかして行けばいいと思います.この短さなら,マイメロさんが1度も出ない話とかクロミさんミュージカルとかピューロランド撮影の実写とかやれるはず.今度こそ怒られるかもしれないけど…やっちゃえ(笑)!

-→△ ロビー&ケロビー
特にCGを使わせたら本当に凄い紅監督の最新作…なんだけど,これはガチでキッズ狙いか? 駄目なナベと帰りたいカエルの珍道中で,CGエフェクトはやっぱり凄く綺麗だ! ただしキャラが愛らしくてちょっと毒がある程度では,正直半分になった「マイメロ」さんにすらあっさり食われてしまうだろうから,安易に食われないための独自の魅力の追求は絶対に必要.真裏に地上波最強クラスの作品がいるため,相当頑張ってチャンネルを変えられない工夫をしないと「マイメロ」さんとともに期中に共倒れする恐れすらあるんじゃなかろうか.頑張れ!

○→○ ハヤテのごとく!
原作既読.元々連載開始当初はかなり温度が低かったのが途中からどんどんテンポが上がっていった種類の作品なので,序盤ならばこの温度で問題はないはず…っていうか伏字はそのまま口に出した上にピー音でごまかすのか君たちは(苦笑).原作者の師匠譲りで相当シュートなネタも今後は出てくるはずなんですが,ネタ元が同じ制作会社とか同じ雑誌とか同じ局とかにはなりにくい本作がどこまで頑張れるかは未知数.日曜午前じゃ視聴者も多いし誤魔化しきれない.判断を間違えると正直怒られるどころでは済まないはずなので本当に気をつけろ(笑)! 動かしにくい絵柄なので,作画面での面白味を味わえるようになるのは夏頃からかな….本作独自の課題としては,時間の括りが案外厳しくて安易にオリジナル話を挟みこむことができないという構造上の問題があるんですが,これは原作を嫌ってほど膨らませたりサブキャラたちを大活躍させたりしてうまく乗り切ってもらいたい.これも頑張れ!

△→△ ヒロイック・エイジ
冲方丁シナリオなだけで,物語面での安心度はかなり高目な本作.今はもういない偉大なる存在に育てられた純粋培養・純真無垢な少年が,恐らくはこの世界全てを救うために偉大なる力を示す…って「風の大陸」? 彼はトバティーエか(笑)? もちろんティーエにしては随分と野卑だけど,この先は貴賓としての扱いを受けることになるんだろうな.視聴前に思い浮かべたときよりもずっと主役の性格がよかったので,この先も楽しく見守っていけそうです.「シュヴァリエ」は見続けるほどに辛く苦く終わったから,できれば今回は陳腐でも,お約束の喜びで終わってくれるといいなぁ.

△→△ エル・カザド
真下監督の黒い作品の3作目.視聴者が期待するのは様式的すぎて笑いと紙一重の凄いガンアクションとか単純には形容しがたい登場人物たちの複雑な愛情とかともかく鳴りっぱなしの音楽であったりするわけですが,そんな凄いもんが1話からフルスロットルになるわけがない(笑).謎と過去を背負った少女たちはまだ出会ったばかり.その出会いが不思議な化学反応を起こして作品世界が病んでいくのはこれからが本番のはずです.ローゼンバーグの愛情とか相当ヤバそうな気がしてならないぞ….真の真下節が発動するのは少なくとも1クール目の後半以降となるはずなので,そこまではどきどきにやにやしながら待ちたい.今回は一体どんな光景を見せてくれるのか,少女同士の愛情はどのように表現され昇華していくのか,本気で期待しています!

△→△ CLAYMORE
原作時々既読.休刊が決まっている月ジャンの看板作品ということで,アニメ以前に原作がどうなるのかがまず読めない(苦笑).とはいえ大変に繊細な絵柄である原作をあれだけ雰囲気出して動かしたんだから,これは結構偉いと思います…ただ,この品質をこの先も維持するのはさすがに無理だと思うので,絵柄がどんな風に崩れるのかが凄く気がかり.目が小さくバランスの難しい絵柄なので,下手な崩れ方をすると本当に大変なことになってしまいそう….物語面ではあまり問題が見当たらない分,映像面での出来で作品に対する評価が決まってきそうです.

---
今期の感想書きの対象については,「パンシャーヌ」は確定としてもう1本がどうにも確定できない.もしも見つからない場合は,「ウテナ」とか過去の作品を書きはじめるかもしれません.

|

« 古代王者恐竜キング#8 | トップページ | デジモンセイバーズ#48 »

アニメ開始短評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14616057

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年4月開始新番組チェック・1:

« 古代王者恐竜キング#8 | トップページ | デジモンセイバーズ#48 »