« 古代王者恐竜キング#9 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#1 »

2007年4月開始新番組チェック・2

1週間ぶりくらいのご無沙汰? 今日は新番組チェックの2回目をまとめてみます.
今回書いた中では,まず文句なく面白いのが「大江戸ロケット」,癖はあるけどレベルが高そうなのが「桃華月憚」「精霊の守り人」「地球へ…」「アイドルマスター」,化ける可能性があるのが「ギガンティックフォーミュラ」「OverDrive」,これはこれでまあいいかもってのが「ポリフォニカ」「シャイニング・ティアーズ」.アニメ慣れしていない人には「精霊の守り人」「大江戸ロケット」を,コアなマニアには「桃華月憚」がお勧め.

---
[開始短評]

△→△ ギガンティックフォーミュラ
あの「キディ・グレイド」スタッフで,色んなロボット集めて世界の覇権を巡って「Gガンダム」かーと事前情報からは多少呆れつつも期待していたんですが…誰ですかそこに「かみちゅ」なんか混ぜた奴は(笑).コンセプトからしてもうパ…リスペクトしまくることがはっきり見えていたし,短期でも効率よく話を進めテンションを高めなければならないため,古今のロボットネタをがつがつ拾い食いするのはまあいいやと思ってたんだけど…まさかこの世界観とあのデザインがここまで食い合わせが悪いとは(苦笑).
ただしここまで激しい違和感は並の普通の空気アニメでは絶対に感じない種類のものなので,可能性が高いとは言えないけれど,何かの間違いで変な方向に大化けする可能性があります.ロボットもバリエーションの多さゆえか今ひとつモデルや動きの詰めが甘く,物語にも新しさをまったく感じないけれど,作り手たちがスロースターターだからもう一息待ちたい.化けるタイミングが最終回までに間に合うかどうかはわからないけれど….

-→△ 神曲奏界ポリフォニカ
原作未プレイ.最深夜帯でしかもなんだかよく見る種類のファンタジー.最先端のアニメからすれば作りもかなり古臭く…しかし,これが意外と悪くない! 人間と妖精の織り成す物語は意外ととっつきやすい上,ちょっと台詞で出てきた程度の設定を聞くだけでも,世界観の奥行きが十分あるようなのがとてもうれしい.これは原作者&シリーズ構成の榊一郎氏の手柄と見るのが良さそうだ.「捨てプリ」で当初想定以上の素敵なメディアミックスぶりを見せた氏の目が端々まで行き届いていれば,そしてシリーズの短さを計算に入れて物語を構成することができれば,可愛らしい佳作になる可能性が高い.ぜひ,オープニングのテロップのでかさ古さにひるまず中を見てもらいたい.掘り出し物です!

-→△ 地球へ…
原作未読.「妖奇士」の敗北&撤退で急遽投入された作品だけど,さすがは誉れ高い原作.絵や演出は古いんだけど,面白い! キャラのデザインの古さは「妖奇士」といい勝負と思うけど,物語がドラマの展開にに集中していて,作り手の主張をきちんと後回しにしているのが素晴らしい.…実際1970年代の少女マンガ系の作品には傑作が多いので,原作不足の昨今としてはこのジャンルでしっかり1本作っておいて今後に繋げるのは,制作会社としてはかなり大切なことかなと思います.この枠,久しぶりに最後まで見続けることができそうです!

-→△ 桃華月憚
原作未プレイ.…ええっと,何が起きてるんだかわかんねえ(笑)! どうやら構成そのものを相当ヒネって来ているらしく,1話の段階では原作の知識がない奴にはまったく状況がつかめないという状態こそが作り手の狙い通り…でいいんだよな? 作画は素敵な気合っぷりで美しく,一体誰なんだかはわからないけれど次々に出てくる女性たちは愛らしい.最後だけは一応大団円っぽく見えたけど,その途中で見えたものはかなり悲しい.もしこれがこの物語の行き着く先なのだとしたら,かなり苦いことになりそうだけど….自分の中で脚本の望月氏の信頼度は相当高いので,一体どんな物語を描くのかをしばらく見守りたい.たかがシャッフルどころでは済まない凄いものが見られる…のか?

△→△ 精霊の守り人
原作未読.キッズ向けと人間搭乗型の人型ロボットだけは鬼門であるものの,それ以外のジャンルならある程度以上の作品を必ず作ってくるProduction I.Gの気合の入った新作.美しい上に隅々までよく気の行き届いた映像は,休日の朝から見るには凄く贅沢! 暴れる河の様子をあんな風に表現できるのはきっとここだけだよなぁ….地上波でないのがやっぱり勿体無いですが,BS2に閉じ込めておくのは絶対に勿体無い作品なのでそのうち地上に降りるんだよな? 26話で既に確定しているというのも好材料.安心して楽しんでいけそうです.

-→△ シャイニング・ティアーズ
原作未プレイ.オープニングからエンディングまでというあまりにも徹底した保志っぷりに,たぶん作り手が狙っていない方向で自分大爆笑.主役が謎の生物を殴る蹴るでやっつけて,異世界に送られてもやっぱし殴る蹴るで大活躍って,お前どこの喧嘩番長だよ(苦笑).でも唐突に「ウテナ」になったり,異世界への順応力の高さがやっぱり番長だったり,…もう,保志君が殴ってるだけで面白くなっちゃってるこのおかしい頭を誰か止めてくれ(苦笑).
とはいえこの作品,主役がちゃんと女性に興味があってしかも相当積極的ってところがかなり好印象.異世界に巻き込まれていく知り合いたちがどう動くのかや異世界側の思惑も気になるので,ベタな異世界ものでも案外楽しく見続けていけそうな気がします.キャラは十分強いので,最終的には世界を恋愛で救う方向で話を回していってくれると面白そうだ!

△→△ OverDrive
原作稀に既読.「週マガ」からアニメ化した作品なのに原作の本誌での扱いの地味さが気の毒…(苦笑).ヘタレで自転車にも乗れない癖に,集中したときの吹っ切れぶりが天下一品の主人公が世界最高峰の自転車乗りになるまでを描いていく作品となるはず.自転車は作画が難しい題材の1つなので,積極的にCGを使ってくることになるかも.このジャンルでの最高傑作は「シャカリキ!」ではないかと思うんですが,この作品も途中から相当おかしなことになっていくらしいのでそこんとこに凄く期待したい(笑).1話は初回だからかもしれないけれど作画がかなり良好だったので,ぜひこのまま美しい映像を維持してもらいたい.題材がどうしても地味に聞こえるので,いくら原作が良くても作画がダメだと客はつかないぞ.頑張れ!

○→○ 大江戸ロケット
原作未見.様々なデザインのキャラが混在しながらも一体となっているとんでもなくリッチな画面は,現時点,今期中でもトップクラス! しかもマッドハウス制作なので,もう1つのトップとは違ってこの先もこの品質を維持するどころか,さらに上がっていきそうな予感がしていい意味で底が見えない! …色々な人のデザインを1作に混ぜ込むならば,これくらいしっかり消化しきってやってやらなきゃダメだよな(笑).
主役の清吉は実にいい少年で,話をぶん回していくのは彼なんでしょうが,彼と同程度に重要な扱いをされそうなのが銀次郎.山寺宏一が癖のあるいい2枚目をやっていて,この先の演技の冴えが凄く楽しみ! …ただし脚本も含めてあまりに完成度が高すぎて,感想を書くのが結構難しい作品じゃないかと思います.抜群の脚本に安心して身を委ね,最後まで見ていきたい.

△→△ アイドルマスター
原作未プレイ.サンライズの「舞-HiME」スタッフが全然違う種類の作品を,しかも地方局でアニメ化するという相当変則的な作品.…前の2作でこの出来でキー局で放映すればこのくらい売れるというデータは既に取れているから,当然この作品では,地方局放映の場合のDVD等の売上データを取るつもりなんだろうなぁ.地方局の方が確実に枠が安いので,もしキー局深夜とDVDの売り上げがあまり変わらないなんてことがわかれば,こういうマニア向け作品のかなりが地方局行きになるかもしれず…って全然作品の感想になってないですね(笑).
地方から東京にやってきた2人の少女たちや,東京暮らしの先輩たち,そしてロボットを支える様々な関係者たち…と登場人物の数は序盤からかなり多くて,そこそこリアルゆえにキャラの色を抑えてあるからか…顔が似てて見分けるのがまず難しいのがキツいなぁ(苦笑).話にも要素をかなり入れ込んできているので,うまく交通整理できるかが微妙.「乙HiME」は前作からのキャラの継承があったから最初からトバせたはずなので,そういう継承があまり期待できない本作ではどう転ぶか…あとは雪歩可愛い(笑)!

---
出来からすれば他作が圧倒的に上なんですが,なぜか「シャイニング・ティアーズ」が自分の電波アンテナにひっかかりまくってたまりません.…いや,たぶんこれまでの1年間の積み重ねがダメな方向に出てきているだけだし,作画も正直嫌な予感がひしひしとするんだけれど…どうしよう(笑).

|

« 古代王者恐竜キング#9 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#1 »

アニメ開始短評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/14685193

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年4月開始新番組チェック・2:

« 古代王者恐竜キング#9 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#1 »