« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

古代王者恐竜キング#16

爆発焦がしてまた燃えて!

Dr.ソーノイダが完成させたスーパーアクトコントローラーは,カード恐竜の能力を強化した上に,今までよりも恐竜をコントロールする能力も上がっているという優れものだ.ウサラパたちはこの装置で強化されて全身から高熱を放つようになったスーパーアクロカントサウルスとともにリュウタたちの住む三畳市へ向かい,これまでに取られた恐竜カードを取り戻そうとする.
恐竜を連れて海岸沿いの道から三畳市を目指すウサラパたち.その途中でアクトホルダーが誤操作し,アクロカントサウルスはガソリンスタンドの真横で止まってしまう.恐竜の発する熱により燃料が大爆発.その振動はDラボにまで伝わり,リュウタは何が起きたのかを確かめるために自転車で爆発の現場に駆けつける.そこには炎を喜ぶアクロカントサウルスの姿があった.

安定した世界の中で天真爛漫な娯楽を意図して見せてくれる「恐竜キング」.大人から見てこれだけ下らなくてわかりやすいなら,きっとターゲットの子どもはとても楽しんでいるんじゃないかと思います.伏線や思想はスパイスみたいなもんで,作品の味わいを増すけれど舌の単純な子どもにはただの苦味だったりしますからね.…これくらい娯楽に徹する姿勢がブーム期の「ムシキング」にできていればなぁ…(苦笑).
てなわけで今回は娯楽の王道.見ていて本当に面白い秀作回! なんだかとても作り手たちに愛されているレックスとエースを主役に据えて,爆発満載の愉快話を繰り広げます.このどたばたとした面白は,どう考えても演出の工藤寛顕と高橋晃・和田喜彰・長生中の3人作画監督とスタジオダブのせいだ絶対(笑).ちなみに今回からエンディングにひろみちお兄さんがでかでかと出て踊るようになっております.

続きを読む "古代王者恐竜キング#16"

| | トラックバック (0)

Shining Tears X Wind#4

負けてる癖に偉そうなのはおかしいと思った

謎の爆撃を受けて消滅した宰相シュマリの陣とソウマ.黒幕の死によってフィリアスとセイランの紛争は収束するものの,突如介入し攻撃してきた第3勢力・ベイルガルドは2国に対して剣を向ける.この新興国の指導者はソウマやキリヤたちと同時期に学園で行方不明となった生徒会長であり,自らを皇帝トライハルトと名乗るのだった.
エルフの国アストライヤを後継するベイルガルドは,謀略によってアストライヤの女王を殺めたセイランと,操られたにせよ直接手を下したフィリアスのことを許さない.綻び始めたこの世界を救うという大義を掲げてフィリアスの首都を陥落させたトライハルトにも,キリヤやソウマと同じく心剣士の能力が備わっていた.

超展開の連発でまだ4話なのに既に視聴者の大部分を置き去りにした「シャイニングティアーズ」.恐ろしいことにゲームの方も相当イカれているらしく,アニメだけではわからなくてもゲームをプレイすればついていけると言い切れない出来が凄まじい.物語をわかりやすくするためのギミックとして,バカな主役に周囲が状況を説明する構図はよく利用されるもんですが,バカな主役に吹き込むのが寝言では絶対わかりやすくはならねえよ…(苦笑).
今回の見所は第3の男・生徒会長の再臨とソウマとゼロの一人二役.気を抜くと独り言にしか聞こえないという厳しい状況での保志君の奮闘ぶりもなかなか面白いですが,意味はよくわからないがともかく凄い自信な生徒会長の居丈高ぶりが愉快! あれに比べると相当どうかしてるソウマすらややまともに見えてくるんだから,上には上がいるものです.

続きを読む "Shining Tears X Wind#4"

| | トラックバック (0)

美少女戦麗舞パンシャーヌ#7

食い物を粗末にすんなよお前らも!

モルディブに行きたがっていた理沙が急にそれを言わなくなった.そのかわりスイムスイムスイームと泳ぐ真似を繰り返しているのが凄く不審だ.一体何があったのかを調べるために娘の後をつけた由美子が見つけたのはダイビングスクール.セーラー服と眼鏡で変装した上で侵入したその中では,太ったインストラクターが海の危険を集まった生徒たちに叩き込んでいた.
黒いウェットスーツもはちきれそうな講師・丘ダイバーが教えるのは,魅力的だが危険な海で安全に過ごすための各種の技術.水など一滴もない道場の中でスイムスイムスイームを泳ぐふりを繰り返し,甲羅干しやらシンクロやらビーチバレーやらを教える彼に,なかなか筋がいいと褒められる由美子.娘の異変は丘ダイバーの指導を受けたせいだったのだ.

短期シリーズを快調に高品質に突っ走る「パンシャーヌ」.へっぽこドラマ愛好家ならば絶対見逃せない素晴らしい出来が続いていて,この調子で1年くらい続けばいいのに,惜しいなぁと思うことしきりです.毎度ではないもののゲストが豪華なのも本作の大きな魅力の1つで,今回は踊れるデブ,パパイヤ鈴木が謎のダンスで大暴れ(笑)! 普通なら相当お寒い状況をその個性と熱量で強引に押し切っていきます.
そして今回のパパイヤ以上の見所はやはり脚本の大和屋暁! ギャグ・コメディ系の脚本では定評があり,その軽快かつ豪快なノリと天高い投げっぱなしを可能にする展開の妙が魅力.ごく普通の状況が転がるように変質し異常になっていく面白さは,比較的最初から異常な状況からはじまる浦沢脚本とは種類が異なります.食べ物を大切にしようという教訓を語るためには食べ物をおもちゃにすることを恐れない本末転倒ぶりをお楽しみください!

続きを読む "美少女戦麗舞パンシャーヌ#7"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#15

恐竜助けに休暇などなし!

日頃の疲れを癒すため,海に近い温泉町へとやってきたDラボの関係者たち.恐竜も学問も忘れて羽を伸ばそうと古代博士が決めるのだが,恐竜に関することを全て禁止ワードにして皆の顔に墨を塗る悪ふざけはやりすぎだった.この温泉にはリュウタたちだけではなくアクト団のウサラパたち3人も訪れていたが,すぐ側で同じ湯船に入っていても,すっかり気の抜けた2組は互いに気づかない.
そんな温泉に突如出現した上に大暴れするアクロカントサウルス.Dキッズもアクト団も恐竜を捕らえようとするのだが,ディノホルダーが手元になかったりショーの出演者に間違えられたりでアクロカントには噴煙を上げる沖の島へと逃げられてしまった.このままではアクロカントが噴火に巻き込まれるかもしれない.リュウタたちは大人たちを置き去りにして,夜中の宿を抜け出した.

1クールかけて整えられた舞台の上で奔放に遊びはじめる「恐竜キング」.今回は,いつもはかなりゆったりと話を進める本作としては,相当いろいろ詰め込んだ展開のめまぐるしさが珍しい.もっとエピソードを削って大らかに回してもいいはずなんだけど,これは演出の杉山慶一氏と脚本の三浦浩児氏の個性がぶつかりあった結果? 特に三浦氏の脚本はいかにもキッズ向けらしい賑やかなものが多いから,そこが増幅された感じかも….
横道に逸れまくる無駄なこと満載の今回だけど,その中心にあるのはポリネシアンな太鼓…ではなくて特殊なバトルフィールドの出現.以前もあったタイムスリップっぽいバトルフィールドの出現条件は,今回はアクロカントが白亜紀前期で北米大陸,トリケラトプスが白亜紀後期で北米大陸だから,期と地域の一致くらいで発生するのだろうか?

続きを読む "古代王者恐竜キング#15"

| | トラックバック (0)

Shining Tears X Wind#3

やっぱりあれは剣ではないのだと納得した

異世界の戦場で敵同士として再会したソウマたちとキリヤたち.独立傭兵騎士団としてこの戦いに参加していたキリヤとシーナは,世界を滅ぼす邪悪な仙女の仲間となっていた.キリヤたちは全てシュマリの陰謀なのだと主張.ソウマはそれを信じることができずキリヤと心の剣を斬り結ぶが,結局はキリヤに負けた上にクレハの心もソウマから離れ,心の剣も消えてしまった.
ここでソウマとキリヤの戦いに介入してきたのが宰相のシュマリ.しかしソウマに邪悪な仙女たちを斬らせるどころか,逆にシュマリこそがこの争乱の元凶であることをホウメイに暴露されてしまう.追い詰められたシュマリはクレハを人質に取って逃走.残されたソウマは今更キリヤたちと手を組むこともできない.自分のキリヤに対する苛立ちの正体に気づいたソウマは,クレハのためにたった一人で動き出すのだった.

あまりにも軽すぎる急展開と凄まじい都合の良さで視聴者を振り回しまくってくれる「シャイニングティアーズ」.出てくる連中はあらゆるものがどいつもこいつもどうかしていて,うかつな上に切り替えが早い.特に今回は栄華をがらがらと崩されるシュマリの情緒不安定ぶりや,キリヤの剣の思ってもみなかった能力に思い切り笑えるはず.ここまで滅茶苦茶面白いってことは,作り手は笑いを狙って作っていると思うんだけどなぁ…(笑).
けれどこんなうかつな世界の中で,今回は主役がまともな行動を1つだけやっています.これに関しては彼なりに一生懸命考えた結果,一見不思議な行動をとったのだとちゃんと推察できるんだけど…その他の全てが適当極まるこの世界では,他と同じく普通の珍奇行動としてスルーされそうなのが気の毒でなりません(苦笑).こんな世界でまともに行動したって,ヒロインの頭もあんなだしどうせわかってもらえないぞソウマ….

続きを読む "Shining Tears X Wind#3"

| | トラックバック (0)

美少女戦麗舞パンシャーヌ#6

お願い飼ったら捨てないで

娘の理沙が急にペットを飼いたいと言い出した.世話ができないでしょうと頭から由美子は娘の頼みを突っぱねて,娘はすっかりすねてしまう.実はもう発泡スチロールに入った何かを拾って部屋に持ち込んでいた理沙は,鳴き声からその生物に「チャウ」という名前までつけていた.結局チャウの存在は由美子に見つかってしまい,娘は箱を持って外へと逃げ出す.
そんな娘のペットを欲しがる不審な男が現れた.外套に帽子にヒゲの男はどうやらチャウの本当の飼い主であるらしい.なぜか復讐を誓っているこの男に由美子はチャウを返させようとするが,理沙はママの嘘つき,大嫌いと叫んだ.翌日の早朝,内緒でチャウの様子を見に行った理沙は男に後を着けられていた.発泡スチロールの中身を取り返すため,男は理沙に襲いかかる.

他愛も内容もない面白話をしれっとやれちゃう「パンシャーヌ」.一応今回は「ペットを飼う時は覚悟をしよう」ということを語ろうとしているらしいんだけど,謎の男役のウクレレえいじの怪演とゲートボールVSテニスが全部持っていっちゃうので教訓なんか完全にどうでもよくなる素敵な出来となっております(笑).
脚本はラストでひっくり返すネタ勝負をしているために結構賢く,いつもの大らかな間抜けっぷりはその分薄まって見えますが,由美子さんの母っぷりに関してはこれまでのどの話よりも濃く描かれてます.これは脚本の早野氏の個性だろうなぁ.個人的には回を重ねるごとにどんどんパンシャーヌフリークぶりが加速していく理沙さんがなんだか心配.正体バレしたらどうなるかが不安だけれど,できれば母と一緒のダブル変身が見たいなぁ.

続きを読む "美少女戦麗舞パンシャーヌ#6"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#14

シークレットは落ち着きなくて悲劇的

イタリアのピサの斜塔の近くにパキケファロサウルスが出現した.それを知ったリュウタたちは行列を放棄して早速現地へと向かう.頭が虹色に輝くこの恐竜は,アクト団のDr.ソーノイダがカード化する前から育て上げ,独自の加工を加えた特別な恐竜だった.パキケファロサウルスのことを我が子のように思っていたドクターは,珍しくウサラパたちの恐竜回収に同行する.
ローマではパキケファロサウルスが街中を走り回っていて,リュウタたちは自転車に乗って追いかける.恐竜なのに頭は眩しく輝き,スピードもパワーも並の恐竜に比べれば段違いに上.エースをカードに戻さねばならないくらいの攻撃を繰り出すパキケファロの育ての親を自負するドクターは育ての親として必死にアピール.しかし当のパキケファロは,どうやらまったくドクターのことを覚えていないようだった.

2クール目ではこれまで繰り返してきた基本パターンをどんどんアレンジしていくはずの「恐竜キング」.作り手の冒険がはじまるこの時期は作品が急激に面白味を増し,また作品のテーマについて語られはじめるとても大切な時期なので,ぜひとも適度な深さで作品世界をしっかり固めて戴きたい.…サンライズの場合,3クール目から先はテーマ語りに集中しすぎて子どもを置き去りにする悪癖もあるから気をつけろ(苦笑).
今回は現場にぞいジジイ登場.そもそも3悪党に回収業務を任せていることが原因で,何度も子どもたちに出し抜かれてきたアクト団がこういうシフトを取ってくるようになったのが相当厄介.ジジイだからマシだけど他は難物揃いだもんなぁ….映像的な見所は2Dと3Dの融合.演出のいとがしんたろーと作画監督の佐久間信一・斉藤佑が凄くいい仕事をしています.あと,CMのfeaturing ひろみちおにいさんぶりが面白い(笑).

続きを読む "古代王者恐竜キング#14"

| | トラックバック (0)

Shining Tears X Wind#2

いくらなんでも早すぎると思った

無限大陸エンディアスに送られてしまったたソウマとクレハ.クレハの胸から現れた剣を振るい怪物たちを撃退したソウマの前には見知らぬ獣人が現れて,彼のことを伝説の心剣士と呼んだ.名乗らない獣人に連れられてソウマたちが歩むこの世界には,世界の危機を救うために心剣士が現れるという伝説があったのだ.自分たちがその救世主だと信じたソウマには,クレハと二人でいられるこの世界は案外居心地が良かったのだ.
謎の獣人に連れられてやってきたある村では,妖魔たちが村人を襲い家々に火をかけていた.その襲撃をクレハの剣で鎮圧したソウマたちは,妖魔たちがカオスゲートという次元の裂け目を通じて出現することと,先に学校で神隠しに遭った後輩の末路を知る.この地に生きる人々のためにもカオスゲートを封印することを心に決めたソウマたちは,案内のままに獣人族の国セイランの首都と足を進めたのだった.

本当に唐突な展開にも登場人物たちがちっともうろたえないのがむしろ怖い「シャイニングティアーズ」.急展開の連続に視聴者は相当驚いているのに,主役どもときたらとんでもない切り替えの早さであっさりそれに対応する行動を取ってしまうもんだからもうどうしようもありません(苦笑).今回のラストなんか「ええ? もう?」と叫びたくなるくらいの急展開だけど,どうせあいつらはちゃんと切り替えて適応してしまうんだ…(笑).
とはいえこの作品,シリーズ構成の力が足りてないが故のこの惨状とはどうにも思えない.そもそも短期間でゲームのサブストーリーを全部やるという前提自体が不可能なんだから,まともなシリーズを作り上げる無駄な努力をさっくり諦めて(笑)わざと笑わせに来ているんじゃあるまいか.そういう意図がないとあのまさきひろなんかここに持ってこないと思うんだ!

続きを読む "Shining Tears X Wind#2"

| | トラックバック (0)

美少女戦麗舞パンシャーヌ#5

やっぱし今時番長とか言い出す奴らは絶対どうかしてる!

夕方のいきなりの連絡で健介の両親がやってきた.由美子はパンシャーヌの力を使って夕食を用意し,来てほしくない訪問者を作り笑いで歓迎するのだが,義父母たちは孫だけを連れて寿司屋に出掛けるという非道ぶりを息子の嫁に見せつける.由美子はそのひどい仕打ちに苛立って,せっかく作った料理をひとりで過食する.
息子の嫁をいびり孫を可愛がり,すっかり調子に乗った義父母たち.しかし理沙がふいに言い出した熟年離婚という言葉に,互いを疑いあった2人はいきなり地を見せて戦いはじめる.昔はスケ番と番長であった義父母は隈取顔でセーラー服と学ランの怪人となり,学校の体育館で深夜の決闘を演じるのだった.

心底くだらない話を毎度きちんとこなしていく,勤勉なアホの「パンシャーヌ」.少なくともここまでは期待どおりの素晴らしい出来になっているので,やはりいい笑いのためには映像面の充実は不可欠なのだと痛感してしまいます.シリアスならば物語の魅力で映像面の齟齬はある程度補えるけど,ギャグには絵を完全に補うほどの引きの強さはないですからね(笑).
今回はまたも浦沢回.義父母が怪人になる理由がよくわからなかったりとかご近所が意味もなく押しかけて投げてきたりとか,浦沢脚本の奔放さは今回も好調.存在しないはずの黒子との会話や,ラストシーンの異様なテンポもかなり面白い.…でも一番個人的におかしかったのは,「番長やスケ番になるような奴にろくなのはいない」という教訓かなぁ.世界が滅びそうになったりするから,本当にろくなことにならないよね(苦笑).

続きを読む "美少女戦麗舞パンシャーヌ#5"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#13

解決編は明るく楽しく!

アクト団の基地の中で捕まってしまったリュウタたち.ガブたちの恐竜カードを全て敵に奪われ八方塞がりの状況を救ったのは,レックスが拾っていたケラトサウルスのカードだった.恐竜を実体化させ暴れさせ,そのどさくさに紛れてなんとか逃げ出したリュウタたち.けれどすぐにまた,今度は融通のきかないタルボーンヌに捕まってしまう.
子どもは勉強の時間だと,逃走中のリュウタたちを勉強部屋に押し込むタルボーンヌ.同じ部屋にはアクト団のロトやロアたちも閉じ込められ,タルボーンヌが見張るこの部屋からは出られないと忠告される.けれどリュウタは掃除用具入れに入っていた工具を使ってトイレを壊し,タルボーンヌを修理に釘付けにすることでまたも逃げ出すことに成功する.

素晴らしい緊迫感の前編の後に,実に緩くて爽快な後編を繋げる「恐竜キング」.幼い子どもが見ていて楽しいキッズ向け作品というのは,何カ月に渡って伏線を駆使して主役を追い詰めるようなもんではないので(笑)主役たちは自主的な行動と頼りになる人の助力によってあっさり危機から脱していきます.作画に平岡正幸,脚本に平野靖士と,1クール目の最終話らしい強い顔揃えも当然見所.
敵に捕まる大ピンチから救ってくれたのはレックスが拾ったカードで,タルボーンヌによる監禁から救ったのはリュウタの悪知恵.その逃げ方はお前ら真似するな的な方法だけど(笑)こういう他愛のない不謹慎さはいたずら盛りの子どもの心を強く掴むもの.それに前回のどうでもいいエピソードをきっちり使ってくるところもまた気持ちがいいんだよなぁ….絵コンテ・演出は名手ヤマトナオミチ.父のはっちゃけ具合が本当に素晴らしい!

続きを読む "古代王者恐竜キング#13"

| | トラックバック (0)

Shining Tears X Wind#1

自分がやらなきゃならないと思った

街で頻発していた神隠し事件.聖ルミナス学園でもその被害が出たため,学園の生徒会ではその対応について話し合っていた.一体誰の仕業かはわからないが,差し当たってできることは掲示板などで生徒たちに注意を呼びかけることだけだろう.そんなことを決めた直後に,生徒会長がもう一人の女生徒とともに行方不明となる.
行方不明事件と,その夜街に響いた狼の声には関係があるに違いない.生徒会役員たちは次の休日を利用して調査に出ることを決めたが,約束の時間に姿を見せたのはソウマとクレハの2人だけ.そして少し遅れて突如やってきたのは,狼のような獣人とマオと名乗る少女だった.

今期の作品中では別の意味であまりにも面白すぎる「シャイニングティアーズ」.そもそもこの作品,ゲームとのタイアップや銀髪浅黒肌の主人公からはどうしたって「.hack//Roots」やその主役であるハセヲが思い浮かぶわけですが,保志声の主役はそのハセヲと「セイバーズ」のマサルを混ぜてレッドブルで割ったような珍妙な奴でありました.こいつ脳みそに翼でも生えてんじゃねえかと心配になる壮絶にノリの良すぎるこの主役…放っておくのはやっぱり勿体無い!
短絡的かつ思い込みの激しい主役・ソウマ君と,そのソウマ君の周囲で実に都合よく回る作品世界が奏でるハーモニーは…あまりにも単純すぎて長文使いとしては逆に形容し難いレベルで面白く(苦笑),さすがに今回ばかりはこの面白さをうまく文章化できるかどうか自信が持てません.でも,そこで尻込みしていては自分の表現の幅を広げることはできないと,ある種の義務感でもって大きな壁に果敢に挑んでみる次第です.…やっぱりダメだったら途中でも諦めます(笑).

続きを読む "Shining Tears X Wind#1"

| | トラックバック (0)

美少女戦麗舞パンシャーヌ#4

たった4人で1本行こう!

最近近所でぼろぼろの服で蒼い顔の不審人物が悪さをしているらしい.その人物は格差社会の被害者ではなくゾンビなのだと義理の弟は主張する.翌朝,由美子がごみ置き場で出会った不審人物は,ごみの捨て方がなっていなかった.逃げ出した彼を注意するためにお墓まで追いかけた由美子を,不審人物と同じ風体の男が襲う.けれど由美子は痴漢撃退法その13でこれを逆襲し退ける.
由美子は再びさっきの不審なゾンビを発見.しかし彼は花を供えたり墓掃除をしたり水を撒いたり,狸に餌をやったりと善行を積み重ねている.悪い奴ではないこのゾンビ,実は500年前に三角関係のもつれで呪われ,こんな姿になっていた.呪いを解き成仏するには千個の善行が必要なのだが,あと1度で呪いが解けると言うのだ.こんな善いゾンビがご近所で悪さをするはずがない.そんな矛盾に由美子が悩んでいる間に,買い物に出た娘が行方不明になってしまった.

誰も追ってこないような気持ちの良いイカれっぷりで快調に飛ばす「パンシャーヌ」.浦沢御大作品の場合,いつもだと他のスタッフがクレイジーなノリにどうしてもついていくことができず(苦笑)一度テンションががくっと落ちるはずなんですが,早野円脚本は相当頑張ってる! 前回の内容を踏まえて墓参りからはじまる今回は凄い.だってメインの4人っきりで,メイクを駆使して1話作っちゃってるんだもの!
実写の場合,役者たちのスケジュールを合わせたりロケ地を確保したりというアニメとは別種の苦労が伴います.特に本作の場合,こんな実験番組のために人間や場所を長時間拘束できるはずもないので(笑)役者はできるだけ少なく,撮影場所も出来るだけ少ないことが強く要求されているはず…ってのを想像すると,今回の涙ぐましい綱渡りっぷりが余計面白い.大人なら,持たざる者の必死の工夫もぜひ笑ってやってください!

続きを読む "美少女戦麗舞パンシャーヌ#4"

| | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »